最終更新日:

トイレの黒ずみが取れない!頑固なトイレの黒ずみは重曹でサヨナラ!

トイレには見えない場所にまで黒ずみが「ビッシリ…」この頑固なトイレの黒ずみを落とすのに効果的な重曹とクエン酸を使った掃除方法を紹介します。トイレの黒ずみはこれでサヨナラしましょう。これでもダメならプロだっています。諦める前にやれることをしましょう。

トイレの黒ずみが取れない!頑固なトイレの黒ずみは重曹でサヨナラ!

突然の来客で、お客様が「トイレを借りたい…」といったら、お宅のトイレは大丈夫ですか?

目に見えるトイレの黒ずみも気になりますが、便器のふち裏や便座の裏側は大丈夫ですか?

便座の裏側はなかなか目にしない所なので、びっしりついた黒ずみ汚れにビックリしますよ。

そこで今回は、トイレの黒ずみ汚れの落とし方や、トイレの黒ずみを予防する方法について紹介します。

>>プロのトイレクリーニング業者の一覧

【トイレの黒ずみ】トイレの黒ずみ原因は汚れの蓄積

【トイレの黒ずみ】トイレの黒ずみ原因は汚れの蓄積

水垢とは、水道水に含まれるケイ酸、カルシウム、マグネシウム、鉄分などが蓄積してできるザラザラした白っぽい汚れです。

ということは、もともと水垢の白っぽい汚れが、ホコリやカビなどの微生物と結びついて黒ずみになってしまったという事なんです。

この3つが「水垢、ホコリ、カビ」などがタッグを組むと大変です。

便器にくっつき、なかなか落とせない頑固な汚れになります。

こまめに掃除していれば、黒ずみ汚れは付きにくいですが、今ある黒ずみをなんとかしなくてはいけません。

【トイレの黒ずみ】軽度な黒ずみを掃除する方法

【トイレの黒ずみ】軽度な黒ずみを掃除する方法

トイレの黒ずみを取る前には、まずはトイレの水たまりを抜いて空(から)にしましょう。

【トイレの黒ずみ】トイレの黒ずみを掃除する前に止水栓を止める!

用意するもの

あると便利
ドライバー
1

トイレの止水栓をマイナスドライバーを使って止める

トイレの止水栓はマイナスドライバーを使用するか、手締めにより開閉します。お使いのトイレによって異なります。

2

トイレのレバーを数回引いて水をなくす

トイレの水を流すレバーを回して、数回水を流せば便器の水がなくなり完了。

この作業はトイレの黒ずみを取る時には、必ずやることなので覚えておきましょう。

さあトイレに水がなくなったら、黒ずみを取りましょう。

【トイレの黒ずみ】クエン酸を使ってトイレの黒ずみを掃除する方法

用意するもの

必須
ビニール手袋
クエン酸(粉末)
トイレットペーパー
トイレブラシ
1

クエン酸(粉末)を使ってクエン酸ペーストを作る

ビニール手袋を装着し、クエン酸に水を少しずつ入れて混ぜると、クエン酸ペーストが完成です。水が多いとペーストが緩くなってしまうので、水の量は少なめにする。

2

クエン酸ペーストを使って黒ずみに塗るって放置する

クエン酸ペーストをトイレの黒ずみ部分に塗ります。その上からトイレットペーパーをかぶせてパックします。1~2時間放置します。

3

トイレットペーパーをはがしてからトイレブラシを使ってこすり洗いする

時間が経ったら、トイレットペーパーをはがしトイレブラシでこすり洗いします。止水栓を開けて、水を流して完了。

軽度で日が浅い黒ずみなら、これで十分キレイになるでしょう。

【トイレの黒ずみ】頑固な黒ずみ汚れを掃除する方法

【トイレの黒ずみ】頑固な黒ずみ汚れを掃除する方法

トイレの黒ずみ汚れは、こすり落とすのが手っとり早い方法です。

しかし、硬い研磨剤でこすってしまうと、便器に細かい傷がつきます。

傷に汚れが入り、逆に汚れやすくなります。

そこで適度な硬さで洗浄力がある重曹がオススメです。

【トイレの黒ずみ】重曹でトイレの黒ずみ汚れを掃除する方法

用意するもの

必須
ビニール手袋
重曹(粉末)
トイレブラシ
1

ビニール手袋を装着して、先程と同様の方法でトイレの水を空にする

ビニール手袋を装着し、先程と同様の方法でトイレの水を空にする。

2

トイレの黒ずみに重曹(粉末)をかけてこすり洗いする

黒ずみの部分に重曹をかけて、トイレブラシでひたすらこすります。

3

トイレの止水栓を開けてトイレレバーを引く

トイレの止水栓を開け、トイレレバーを引いて水を流して完了。

これで落ちなければ下の方法で掃除してみましょう。

重曹の洗浄力を上げるには、クエン酸と一緒に使うのが効果的です。

【トイレの黒ずみ】重曹とクエン酸でトイレの黒ずみ汚れを掃除する方法

用意するもの

必須
ビニール手袋
重曹(粉末)
クエン酸(粉末)
トイレブラシ
1

重曹(粉末)をトイレの黒ずみ汚れにたっぷり振りかける

ビニール手袋を装着し、重曹をそのまま黒ずみ部分に振りかける。ここでポイントは重曹をたっぷりかけましょう。

2

クエン酸(粉末)を使ってクエン酸水スプレーを作って吹きかける

空のスプレーボトルにクエン酸を小さじ1~2杯と、水を500mlを入れてよく混ぜるとクエン酸水をスプレーの完成です。重曹の上からクエン酸水スプレーを吹きかける。重曹とクエン酸が科学反応して発砲し、洗浄力をアップしてくれる。

3

発泡後にトイレットペーパーをかぶせてパックする

発泡した所にトイレットペーパーをかぶせて1~2時間程度放置する。

4

トイレットペーパーを剥がしトイレブラシを使ってこすり洗いする

時間が経ったらトイレットペーパーを剥がして、トイレブラシを使ってこすり洗いする。トイレの止水栓を開けて水を流して完了。

この方法で落ちない黒ずみ汚れは、業者に相談することをオススメします。

【トイレの黒ずみ】便器のふち裏や便座裏を掃除する方法

【トイレの黒ずみ】便器のふち裏や便座裏を掃除する方法

トイレの見落としがちな箇所といえば、便器のふち裏や便座の裏側です。

これらは、掃除頻度が少なく、長年蓄積された頑固な汚れが待ち受けている事が多いです。

黒ずみはもちろん、尿などの飛び跳ねによる尿石などもあり、なかなか手ごわい汚れです。

重曹+クエン酸でパックする方法で掃除するのもいいですが、年季の入った汚れだと正直厳しいかもしれません。

そこで年季が入った頑固な汚れには、トイレ用酸性洗剤パックがオススメです。

用意するもの

必須
ビニール手袋
トイレ用の酸性洗剤
トイレットペーパー
トイレブラシ
1

ビニール手袋を装着してトイレ用の酸性洗剤をかける

ビニール手袋を装着し、トイレの水を空にしてからトイレ用酸性洗剤を汚れにかける。洗剤をかけた上にトイレットペーパーをかぶせ、その上から再度洗剤をかけます。

2

トイレ用の酸性洗剤をたっぷりかけたら放置する

トイレ用酸性洗剤をたっぷりかけたら30分~1時間程度放置する。

3

トイレブラシと雑巾を使ってこすり洗いや拭き取りする

トイレブラシでこすり洗いをして洗い流す。フチ裏はキレイに流れにくいので、雑巾で何度も拭き取り完了。

【トイレの黒ずみ】掃除しても黒ずみが落ちない時は最終手段

【トイレの黒ずみ】掃除しても黒ずみが落ちない時は最終手段

トイレの黒ずみ汚れや、尿石が石のように固くなっていて落ちない場合は、なかなか落とせません。

そんな時は、最終手段としてサンドペーパーで削り取る方法があります。

しかし、サンドペーパーでこすってしまうと、汚れと共に便器も削ることになり便器に細かい傷がつき汚れがたまりやすくなってしまいます。

もちろん、プラスチック製の便座などには、この方法は使えません。

​あくまで最終手段として考えた方がいいでしょう。

サンドペーパーで削りとる前に、自分では落とせないトイレの汚れは、業者に依頼してみるのが得策です。

【トイレの黒ずみ】トイレの黒ずみを予防する方法

【トイレの黒ずみ】トイレの黒ずみを予防する方法

やはりトイレの黒ずみを防ぐには、こまめな掃除が必要です。

日が浅ければ浅いほど、黒ずみも落ちやすいので日々のトイレ掃除がものをいいます。

極端に言えば、トイレ使用のたびに何もつけなくていいので、トイレブラシでこするだけで黒ずみ防止できます。

とはいえトイレ使用のたびは面倒くさいですよね?
そこで裏ワザの紹介です。

トイレタンクの中にトイレ洗剤もしくは、重曹を入れるだけで トイレの使用頻度によりますが、1~3日に1度の掃除頻度で大丈夫です。

液体のトイレ洗剤よりも、粉末の重曹の方がゆっくり溶けるのでオススメです。

たったこれだけで黒ずみを防げるなら、ラクなもんだと思いませんか?

興味のある方は是非試してみてください。

自分で落とせないトイレの黒ずみは業者に依頼しよう!

今回は、トイレの黒ずみ汚れの落とし方や、トイレの黒ずみを予防する方法について紹介しました。

キレイなトイレになっていますか?

紹介した掃除方法で落ちないトイレの黒ずみは、業者に相談しましょう。

プロの掃除は一味違います。

技術、経験、洗剤、道具などを駆使して仕上げる掃除は、やはりお金を払うだけの価値がありますよ。

まとめ

  1. トイレの黒ずみを掃除する時は、ドライバーで止水栓を止めて、便器の中の水をなくしてからにしよう
  2. トイレの黒ずみは、軽度ならクエン酸、頑固な場合は重曹とクエン酸で掃除しよう
  3. 見落としがちな便器のふち裏や便座の裏側も掃除しよう
  4. 掃除で取れないトイレの黒ずみをサンドペーパーで削り取る方法もある。あくまで最終手段なので、様子を見て慎重にしよう
  5. こまめにトイレ掃除して黒ずみを予防しよう

トイレクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレクリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったトイレクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す