トイレ洗剤で迷ったらコレ!オススメのトイレ洗剤とブラシを大公開

トイレクリーニング
更新

トイレ洗剤やブラシはたくさんの種類が販売されていますよね?皆さんはどのように選んでいますか?今回は、トイレ洗剤の選び方や、効果をアップさせる方法、日頃のお手入れ方法について紹介します。面倒な掃除が少し楽しくなれば幸いです。

トイレ洗剤で迷ったらコレ!オススメのトイレ洗剤とブラシを大公開

トイレ洗剤といっても、様々な種類が販売されていますね?

一体どれを買えばいいのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

上手に洗剤選びをするポイントは、洗剤の種類、洗剤の特徴、トイレの汚れの性質3つを知ることにあります。

3つを知ることで、トイレの様々な汚れにあった洗剤を選べるのでトイレをキレイにできます。

今回は、トイレ洗剤を上手に選ぶために知っておきたい事や、オススメのトイレ洗剤や、トイレブラシについて紹介します。

>>プロのトイレクリーニング業者の一覧

【トイレの洗剤】トイレ洗剤は大きく分けて3種類ある!

【トイレの洗剤】トイレ洗剤は大きく分けて3種類ある!

トイレ洗剤の種類は、大きくわけて3つあります。

【トイレの洗剤】普段のトイレ掃除使える「中性洗剤」の特徴

普段のトイレ掃除に使える洗剤で、初期の汚れ向きです。

洗浄力は弱めですが、その分刺激も少ないので安心です。

サラサラとした液体なので、トイレを傷つけるようなことはありません。

【トイレの洗剤】尿石を落とせる「酸性洗剤」の特徴

黄ばみや、尿石汚れ向きす。トイレ汚れの主な原因は水垢、カルキ、尿石で、こういった頑固な汚れに有効で、アンモニア臭も取り除いてくれます。

【トイレの洗剤】黒ずみを落とせる「塩素系洗剤」の特徴

水垢やカビが原因でできる黒ずみや、よく聞く「さぼったリング」を落とすのは、除菌効果のある塩素系洗剤が適しています。

プラスチックや大理石には、ダメージを与えてしまうこともあるのが注意点です。

【トイレの洗剤】トイレ洗剤は汚れ別に洗剤を使わける!

【トイレの洗剤】トイレ洗剤は汚れ別に洗剤を使わける!

トイレの汚れにどの洗剤が適しているのかについて紹介します。

【トイレの洗剤】日常的な汚れにはトイレ用中性洗剤

トイレ掃除は毎日、少なくとも週に数回と、他の掃除に比べてマメにすることが多いですよね?

日々のトイレ掃除に刺激の強い酸性洗剤や、塩素系洗剤を使っていると、トイレに傷ついたりする可能性があります。

そこで日常的な汚れには、中性洗剤が適しています。

【トイレの洗剤】頑固な尿石、黄ばみ、水垢、アンモニア臭は酸性洗剤

尿石や黄ばみ、水垢、アンモニア臭はとても頑固です。

そんな汚れには、酸性洗剤が活躍してくれます。

【トイレの洗剤】トイレの黒ずみがひどい時は塩素系洗剤

黒ずみなどは中性洗剤では落ちにくいので、塩素系洗剤を使っての掃除が有効的です。

さらに除菌や、消臭効果も得られるので一石二鳥です。

このようにトイレの汚れの種類によって、洗剤の種類も変えた方がいいです。

洗剤によっては落としにくい汚れもあるので、その汚れに合った洗剤を選ぶとトイレ全体の汚れを落とせます。

【トイレの洗剤】トイレ洗剤のオススメ商品5選

【トイレの洗剤】トイレ洗剤のオススメ商品5選

【トイレの洗剤】花王/トイレマジックリン

日常のトイレ掃除で使用できる中性洗剤です。

洗浄、消臭、除菌、防汚4つの効果があり、同じマジックリンシリーズの中でも更にパワーアップしています。

スプレー式になっているので、汚れている箇所に集中的に吹きつけできます。

便器だけでなく壁や、床にもスプレーして5分程度置いて拭き取れば、トイレ全体の除菌や消臭ができます。

【トイレの洗剤】ジョンソン/スクラビングバブル

トイレブラシは不衛生な気がして、置いておくのが嫌だな~という人にオススメな商品です。1回使い切りの流せるトイレブラシです。

便器の中を掃除しやすいように考えられた特殊なブラシに洗剤を染み込ませてあるので、これ1つで便器の中を掃除できます。

他の商品と混ざっても危険なガスが発生する成分は入っていないのも安心です。

【トイレの洗剤】ユニリーバ/ドメスト

長年愛されている塩素系洗剤で、頑固な黄ばみや黒ずみも落とせます。

洗浄力だけでなく、除菌力も優れていいます。

トロっとした濃い液を先端ノズルから直接汚れに密着できますが、塩素系ですので取扱いは注意しましょう。

また、トイレの便器にも使用できるのはもちろんですが、排水溝やシンクにも使用できます。

【トイレの洗剤】キンチョー/サンポール

古くから親しまれている酸性洗剤です。酸性タイプは使用時には、換気やゴム手袋などの使用が必要という注意点がありますが、酸性洗剤のなかでも強力的な洗剤で、黄ばみや黒ずみをスッキリ落としてくれます。

新配合されたマイナスイオンの相乗効果によって、汚れを落とすのが2倍の速さになっています。

【トイレの洗剤】ライオン/トイレのルック

濃い液なので、汚れに密着して洗浄してくれます。

酸性タイプの商品ですが、塩素ガスが発生しない酸を使用しており、混ぜるな危険の表示がないので安心です。

先端ノズルが特殊な形状なので、ブラシが入りにくい便器の裏まで洗剤が届きます。

いかがでしたか?同じ中性、同じ塩素系、同じ酸性でもメーカーや商品によって性能は違います。

まだ使用したことがない洗剤があれば、参考にしてみて下さい。

【トイレの洗剤】洗剤効果を最大限に引き出す2つのポイント

【トイレの洗剤】洗剤効果を最大限に引き出す2つのポイント

なかなか取れない頑固な汚れがある時は、トイレ洗剤の効果をアップさせる2つのポイントについて紹介します。

【トイレの洗剤】水を抜いてから洗剤を使って効果を引き出そう!

トイレにたまっている水を抜いておくことによって、洗剤の効果がでやすくなります。

トイレの中にたまっている水は普通には取り出せないので、紙コップや灯油用のポンプなどを使用して吸い出すといいでしょう。

【トイレの洗剤】トイレ洗剤はつけ置き掃除して効果を引き出そう!

つけ置きをすることで、トイレ洗剤の効果をアップできます。

トイレットペーパーを敷いてトイレ洗剤を染み込ませると、そのまま流せて楽に掃除できます。

もっと効果を上げたい場合は、ラップを使ってパックも効果的です。

この2つを組みわせると、トイレ洗剤の効果をアップができます。

頑固な汚れにお困りの場合は、ぜひ一度試してみて下さい。

【トイレの洗剤】トイレ洗剤を使う時の3つの注意点

【トイレの洗剤】トイレ洗剤を使う時の3つの注意点

各商品の説明書きにも記載されていますが、ここで再確認をして正しく使いましょう。

【トイレの洗剤】酸性洗剤と塩素系洗剤を併用しないようにする!

これはよく耳にしますね?酸性洗剤と塩素系洗剤を併用してしまうと、危険な有毒ガスが発生し危険です。

すべてのトイレ洗剤が混ぜると危険なわけではないので、裏の説明書きを読むようにしましょう。

【トイレの洗剤】トイレについた洗剤は拭き取る!

トイレ掃除した後に洗剤が便器に残ってしまうと、トイレ洗剤の気化ガスなどが温水便座内部に入って故障に繋がることがあります。

【トイレの洗剤】酸性洗剤はあまり長くつけ置きしないようにする!

酸性洗剤を長時間つけ置きしたりしていると、トイレに傷がつくので長時間のつけ置きしないようにしましょう。

トイレ洗剤だけじゃない!トイレブラシの上手な選び方

トイレ洗剤だけじゃない!トイレブラシの上手な選び方

突然ですが、トイレのブラシをどのように選んでいますか?

たくさんの商品があって迷いますよね?

トイレブラシを選ぶ基準は「楽なもの」「機能的」「オシャレ感」など人によって様々です。

そして、トイレ掃除に欠かせないトイレブラシが、どれ位汚れているか知っていますか?

実は、家庭で使用しているトイレブラシ1本には35億!

ではなく、8千万~23億個の雑菌が潜んでいるらしいのです!(ジョンソン調べ)

そんなに雑菌がついているトイレブラシでは、トイレ掃除の意味がありませんよね?

自分が何を優先したいかを考えてみましょう。

  • 便器のフチ裏まで密着して洗えるものを選ぶようにする
  • ブラシの硬質と軟質が両方あるブラシを選ぶようにする
  • 収納ケースにブラシ部分が触れないようにストッパーが付いている物を選ぶようにする
  • 持ち手の長さが丁度いいものを選ぶようにする
  • 使用期間とお値段で選ぶようにする
  • インテリア重視で、オシャレな物を選ぶようにする

【トイレの洗剤】使い捨てトイレブラシを使った筆者の感想

【トイレの洗剤】使い捨てトイレブラシを使った筆者の感想

最近よく見かける使い捨てのトイレブラシを実際に使ってみた感想です。

【トイレの洗剤】使い捨てのトイレブラシのメリット

  • トイレブラシをいつでも清潔に使える
  • トイレブラシの場所を取らない
  • トイレブラシのメンテナンスが不要です

【トイレの洗剤】使い捨てのトイレブラシのデメリット

  • ブラシに比べるとやわらかい分、頑固な汚れには向いていない
  • その都度補充が必要で意外にコストはかかる
  • トイレに流せるものでも、つまる危険があり注意が必要です

筆者宅は築10年になるのでトイレのフチ裏の汚れは固まっていて、使い捨てのトイレブラシでは取れませんでした。

また、同じ商品を使っていた知人は、「使い捨てのブラシをトイレで流していたらトイレが詰まった」と聞いたので、毎回ビニール袋に入れて捨てています。

それでもコストについては気になるほどでもないし、何より場所を取らないのと毎回捨てられるという点が気に入って使っています。

【トイレの洗剤】雑菌の繁殖をおえるトイレブラシケース

【トイレの洗剤】雑菌の繁殖をおえるトイレブラシケース

トイレブラシを使うデメリットを考えた時、一番気になるのがブラシの衛生面ですよね。

付属のケースに収納する時に、ブラシが底に付かないように設計された物を選ぶと、雑菌の繁殖を少しでもおさえられます。

ただし、絶対にお手入れが要らないわけでないので、やはりメンテナンスは必要です。

【トイレの洗剤】オシャレや可愛いトイレブラシケース

【トイレの洗剤】オシャレや可愛いトイレブラシケース

インテリアにこだわる方は、トイレの中もオシャレなものや可愛い物にこだわりますよね?

自分がとことん気に入っているトイレブラシなら、メンテナンスも苦にならないかもしれません。

【トイレの洗剤】コストで選ぶトイレブラシケース

【トイレの洗剤】コストで選ぶトイレブラシケース

コストで選ぶ場合、2つ考え方が別れますよね?

  • 安い物を使い捨て感覚で使いたい
  • 高くても良い物を長く使いたい

トイレブラシの場合は、とにかく汚れるので「あまり高すぎるものは…」という意見が多いのではないでしょうか?

しかし、家の中には「徹底的にお気に入りしか置かない!」というこだわりを持っている人もいますよね?

お手軽なトイレブラシと高級なトイレブラシを4つ紹介します。

【トイレの洗剤】安い物を使い捨て感覚で使いたい人にオススメ

【トイレの洗剤】高くてもいい物を長く使いたい人にオススメ

トイレ洗剤だけではなくトイレブラシも清潔に保つ方法

トイレ洗剤だけではなくトイレブラシも清潔に保つ方法

日常的にトイレブラシをお手入れする方法

用意するもの

必須
バケツ
ゴミ袋
ぬるま湯
クエン酸(粉末)
1

トイレブラシをつけ置きするクエン酸液を作る

バケツにゴミ袋を二重に被せ、中にぬるま湯とクエン酸を混ぜて溶かす。

2

トイレブラシとケースをつけ置きする

トイレブラシとケースを30分程度つけ置きする。

3

トイレブラシとケースを天日干しする

トイレブラシとケースを水でよく洗い流し、天日干しをしてよく乾かして完了。

月に1回定期的にやってほしいトイレブラシを漂白する方法

用意するもの

必須
酸素系漂白剤
バケツ
ゴミ袋
お湯

酸素系漂白剤は粉末タイプと液体タイプがありますが、「過酸化水素水」の入った液体のものを選びましょう。

過酸化水素水は、オキシドールの主成分としても使われており除菌、殺菌効果が優れています。

1

漂白剤を使ってトイレブラシをつけ置きする液を作る

バケツにゴミ袋を二重に張り、漂白剤とお湯をバケツに入れる。漂白剤の量はパッケージの浸け置きの欄を参照してください。

2

トイレブラシとケースをつけ置きする

トイレブラシとケースを30分程度つけ置きする。

3

トイレブラシとケースを天日干しする

トイレブラシとケースを水でよく洗い流し、天日干しをしてよく乾かして完了。

トイレの洗剤で落とせない汚れは業者に依頼しよう!

今回は、トイレ洗剤を上手に選ぶために知っておきたい事や、オススメのトイレ洗剤や、トイレブラシについて紹介しました。

日常的にトイレ掃除すれば、汚れもさほどたまることもないかもしれませんが、それでもどうしても落とせないような汚れも出てきますよね?

また、長年蓄積してしまった頑固すぎる汚れには、どうしても太刀打ちできないこともあります。

そんな時は、業者に掃除を依頼してみましょう。

プロならではの知識と技は、きっと気になるトイレ汚れをゴッソリ落としてくれるはずです。

キレイなトイレは本当に気持ちがいいものです。

ささやかかもしれませんが、そういった気持ちのよさ、居心地のよさが日常に癒しを与えてくれますよ。

まとめ

  1. トイレ洗剤は大きく分けて3種類ある。中性洗剤、酸性洗剤、塩素系洗剤の特徴を理解しよう。
  2. トイレの洗剤は汚れ別に使いわけしよう
  3. 酸性洗剤と塩素系洗剤を併用しない、拭き取る、酸性洗剤はあまり長くつけ置きしないしように注意する
  4. おすすめのトイレ洗剤とトイレブラシもぜひ参考にしてみてみよう

トイレクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレクリーニングをプロに依頼するなら

トイレクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にトイレクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事