【アナグマの基礎知識】アナグマを駆除する時の注意点を知っておこう!

ハクビシン・アライグマ・イタチ駆除
更新

丹精を込めて育てている野菜や果物が食い荒らされるのは、とても我慢できないことですよね。アナグマによる被害の場合は、法律に基づいて駆除する業者に依頼するか、遠ざける方法で駆除しましょう。アナグマは害獣なので、やはり駆除するのが一番です。

【アナグマの基礎知識】アナグマを駆除する時の注意点を知っておこう!

丹精を込めて育てている野菜や果物が食い荒らされるのは、我慢できないことですよね?

その被害は、アナグマによる可能性があります。

アナグマは害獣なので、やはり駆除するのが一番です。

そこで今回は、アナグマの特徴や、アナグマを駆除する時の注意点について紹介します。

>>プロのハクビシン・アライグマ・イタチ駆除業者の一覧

【アナグマの駆除】アナグマが駆除される理由

【アナグマの駆除】アナグマが駆除される理由

人によっては可愛いと感じるアナグマですが、日本では害獣の扱いです。

なぜなら、果実を食べるなどの、駆除するべき理由があるからです。

アナグマは自然に生息する害獣

日本の主要な地域に、アナグマが生息しています。

本州の他に、四国や九州に生息して、基本的に山のように自然の恵みが多いエリアに多いです。

アナグマにも色々な種類がいて、その大部分は「二ホンアナグマ」です。

また外来種の「アジアアナグマ」「ヨーロッパアナグマ」もいます。

野菜の畑や住宅を荒らすアナグマ

アナグマは、スイカなどの果物が大好物です。

家庭で育てている菜園から、木に実った柿まで、かなりの雑食のため食い荒らしてしまいます。

農林水産省の「全国の野生鳥獣による農作物被害の状況(平成30年度)」では、アライグマに近い扱いで、莫大な被害の一端を担っていることが分かります。

アナグマは文字通りに穴を掘って、同じ巣を使い年々拡大されます。

過去には約1kmにも及ぶ、巨大な巣穴も発見されています。

アナグマによって掘られて空洞になった箇所は、建築物が崩れやすくなる恐れがあります。

【アナグマの生態】アナグマの生態を知ろう!

【アナグマの生態】アナグマの生態を知ろう!

日本のアナグマは、基本的にイタチ科に分類されます。

駆除の計画を練るためにも、まず生態を知っておきましょう。

【アナグマの生態】温厚で人慣れしている場合もある!

二ホンアナグマは、イタチ科アナグマ属です。

主に夜に行動する動物で、冬眠するものの、エリアによっては年中動きます。

身体は50cm程度と小柄であるのに対して、重量は55~10kgとかなり幅があるのが特徴です。

茶褐色か灰色のずんぐりで、小型犬に近いシルエットになっています。

かなり温厚な性格で、他の野生動物と争うことはまれです。

子育ての相互扶助のために、メスが1匹、母親と行動を共にするケースもあります。

【アナグマの生態】アナグマによく似ている野生動物

アナグマによく似ている野生動物は、生息圏が重なっているので、駆除する時は十分に注意しましょう。

  • ハクビシン
  • タヌキ
  • アライグマ

ハクビシンは、アナグマによく間違えられる動物です。

アナグマよりもスラッとした体形で、暗めの灰褐色のカラーリングがよく見られます。

タヌキは、アナグマとは違うイヌ科タヌキ属です。

しかし、見た目はそっくりで、昔からセット扱いにされてきました。

身体が灰褐色ですが、脚は黒色です。

アライグマは、アライグマ科アライグマ属に分類されています。

しっぽのシマ模様で区別することが可能で、かなり凶暴です。

【アナグマの駆除】アナグマを駆除する前の注意点

【アナグマの駆除】アナグマを駆除する前の注意点

厄介なアナグマの駆除ですが、その前に日本の法律と行政の手続きを知っておきましょう。

アナグマの駆除は、法律と各自治体によって、野生動物が保護されているからです。

アナグマは法律で守られている動物です!

日本の野生動物は、鳥獣保護管理法で守られています。

したがって、個人が勝手にアナグマを駆除できません。

箱罠で捕獲する場合は、狩猟免許や自分が住んでいる自治体への許可の申請が必須です。

正しい知識を得るためには、市役所の窓口などに問い合わせましょう。

基本的なアナグマを駆除する4つの方法

個人がアナグマを駆除する方法は下記の4つです。

  • 餌を仕掛ける箱罠
  • 撃退アイテム
  • 犬を飼う
  • 食料を外に置かない

確実に捕まえたいケースでは、中に餌を仕掛ける箱罠です。

夜行性のアナグマを閉じ込められるので、朝に回収できます。

電気柵、アナグマにとって危険な動物の尿の匂い、ミント系の匂いでも、一時的に撃退できます。

アナグマは比較的小さいので、鋭敏な感覚を持つ犬を飼うのも有効です。

ゴミ箱を閉じておくこと、それから食料になる野菜や果物を外に置かないことも忘れてはいけません。

筆者が住んでいる地域はアナグマが法律で保護されており、捕まえるだけでも行政の許可が必要だと知って驚きました。

【アナグマの駆除】業者にアナグマ駆除を依頼する流れ

【アナグマの駆除】業者にアナグマ駆除を依頼する流れ

狩猟免許を持ち、行政への手続きにも詳しい業者に依頼すれば、安全かつ迅速に駆除できます。

捕獲したアナグマの処分も任せられるため安心です。

【アナグマの駆除】アナグマ駆除の料金相場

アナグマ駆除を業者に依頼する料金相場は50,000~100,000円です。

大人しいアナグマだけであれば、侵入口に金網を張るだけで追い出せます。

行動している場所、特に糞尿を確認できたエリアを重点的に殺菌することが多いです。

業者が箱罠を設置するケースでは、アナグマなどが捕まった時点で回収に来ます。

【アナグマの駆除】現場の見積もりから再発防止まで対応

業者に依頼すると「アナグマを直接見たのか?」といった質問の後に、現場に業者が確認にきます。

現地調査は基本無料ですが、駆除を依頼しない場合は出張料を請求する業者もいます。

見積もりを書面でもらう時には、詳細が分かる内容にしてもらいましょう。

アナグマは夜行性のため、巣穴を見つけて追い出して塞ぐのが基本的な流れです。

再発防止としてアドバイスや対策してくれることが多いです。

【アナグマの駆除】今後のアナグマの駆除が変わる可能性

【アナグマの駆除】今後のアナグマの駆除が変わる可能性

アナグマの駆除には、食材としての側面もあります。

一部の有識者は「乱獲によってアナグマが危険に晒されているのでは?」と警鐘を鳴らしています。

【アナグマの駆除】人気が高いジビエ料理の素材になる!

日本のアナグマは、狩猟によって仕留めた獲物を調理する、所謂ジビエ料理として人気です。

合法的に駆除している猟師の中には、アナグマの肉を料理店に売っている場合もあります。

アナグマは、鹿、ウサギ、イノシシと比べても、かなり美味しいと評判です。

業者にアナグマの駆除を頼んだ時に、肉だけもらうことはやめましょう。

なぜなら、管理されていない野生動物には寄生虫などの問題があり、素人が扱うと危険です。

【アナグマの駆除】固有種として保護強化の可能性もある!

一部の有識者による「アナグマが危機に瀕している」という主張は、まだ立証されていません。

猟師や許可を得た農家による駆除は、基本的に自己申告で進められています。

絶滅しそうな種には指定されていないが、将来的にアナグマの保護が強化される可能性はあります。

トラブルのないアナグマ駆除という意味でも、業者に任せた方が安心です。

巣穴から追い出して、家屋や畑に近づけさせない対策することも選択できます。

筆者の友人にジビエ料理が好きな人がいるので、アナグマの味について今度聞いてみようと思います。

しかし、公的なデータでも実態が不明というのは少し驚きました。

アナグマの駆除は業者に依頼しよう!

今回は、アナグマの特徴や、アナグマを駆除する時の注意点について紹介しました。

インターネット通販のグッズだけでは、どうしたらいいのか分からず、アナグマの駆除にはなりにくいです。

業者に依頼して、活動範囲の特定から駆除までしてもらいましょう。

農作物や家屋への被害は、アナグマ以外の野生動物の可能性も考えるべきです。

荒々しいアライグマでは、素人が手を出すと逆効果になるケースもあります。

最新の法律や自治体の動向に従って、円満な解決するためにも、プロの知恵と力が必要です。

ハクビシン・アライグマ・イタチ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ハクビシン・アライグマ・イタチ駆除をプロに依頼するなら

ハクビシン・アライグマ・イタチ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にハクビシン・アライグマ・イタチ駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事