フロアクリーニング
更新日:2019/11/07

室内犬はカーペットが必要です!犬用カーペットを《選ぶポイント》と《お手入れ方法》

室内犬はカーペットが必要です!犬用カーペットを《選ぶポイント》と《お手入れ方法》

室内犬にとって、フローリングでの生活は体に大きな負担がかかります。骨折や脱臼などのケガのリスクをおさえるためにも愛犬にはカーペットが必須アイテムといえます。今回は、愛犬と人が快適に暮らすための犬用カーペットの選び方と、お手入れの方法を紹介します。

昔は犬といえば、外で飼うのがほとんどでしたよね。
しかし、最近のペットブームの影響もあり、小型犬を室内で飼っている方が大半ではないでしょうか?

室内で一緒に暮らせるのは、人にとっても犬にとっても嬉しいメリットが、たくさんある反面、気を付けたいポイントもたくさんあります。

基本的なしつけや快適な生活環境、体調管理などは飼い主が責任をもってあげなければいけないことですよね?

生活環境の中で気になることのひとつに、犬に適したカーペット選びがあげられます。

今回は、犬と人が快適に暮らすためのカーペット選びや、カーペットのメンテナンスについて紹介します。

>>プロのフロアクリーニング業者の一覧

愛犬のためにカーペットを敷こう!フローリングはダメ

愛犬のためにカーペットを敷こう!フローリングはダメ
  • こまるちゃん
    こまる

    念願のわんこを家族に迎えたよ~♪


  • モップ

    わぁ~よかったね~♫
    ちょっと待てよ…こまるちゃんの家はフローリングでは?

最近の住宅は、ほとんどがフローリングですよね。
犬を飼っている人ならご存知のとおり、フローリングによる愛犬へのリスクは見て見ぬふりはできない!

というか、放置しておけるような感覚の人は、「犬を飼ってはいけない人」といっても過言ではありません。

たかがフローリングでそんなに大げさな話?

と思われる方も多いかもしれませんが、フローリングが犬の体にいかに負担を与えるかがわかれば納得できますよ。

  • モップ
    モップ

    フローリングって滑るよね…。
    これが、犬にとっては大きな負担になるんだ!

犬がフローリングで滑ると起こる問題について知ろう!

  • 骨折
  • 捻挫
  • 膝蓋骨脱臼(小型犬に多い)
  • 椎間板ヘルニア(ダックスフンドなどに多い)
  • 股関節形成不全(大型犬に多い)

ご近所のマルプーちゃん(マルチーズとトイプードルのMIX)は、ジャンプして着地に失敗(泣)骨折して、ギブスの生活をしていました。

同じマンション内で、トイプードルの男の子も同じく骨折経験があります。

毎日遊びたい!お散歩に行きたい!犬にとっては、ギブスでの生活は本当に大変そうでした。
人間でも骨折したら痛いし、ギブスでの生活も大変ですよね。

カーペットをしていたら、「骨折しないのか!」といわれれば、100%そうではありません。
しかし、カーペットがあるのとないのとでは、大きな差があると思います。

愛犬のカラダのことを考えて、ぜひカーペットは用意してあげましょう。

人も犬も快適なカーペットを選ぶ5つのポイント

人も犬も快適なカーペットを選ぶ5つのポイント

愛犬のために「カーペットを買おう!」と決めたものの、どんなカーペットがいいのか悩みますよね?

そこで、人も犬も過ごしやすいカーペット選びのポイントを紹介します。

犬も過ごしやすいカーペットのポイント「手入れがしやすい」

これは犬だけでなく、小さいお子さんがいるご家庭でもカーペットやラグを選ぶ時は重要なポイントです。

犬のしつけができていても、たまにトイレを失敗したり、体調不良で嘔吐してしまうこともあります。
汚れを落としやすい、洗濯機で洗えるなどお手入れがしやすいものを選びましょう。

犬も過ごしやすいカーペットのポイント「耐久性、防音性がある」

犬も年齢とともに落ち着くものですが、若い犬は家の中でも走ります。

我が家の愛犬(トイプードル♂)は7歳ですが、毎日のように廊下をドッグラン状態にしてボール遊びをしています。

耐久性に優れたカーペットを選べば、走ったくらいではボロボロになりません。
また、防音性に優れたカーペットを敷くことで、マンションの下の階の方への配慮もできます。

犬も過ごしやすいカーペットのポイント「インテリアに合う」

あまり固い素材のカーペットは、やはり人も犬も居心地がいいとはいえません。

柔らかいところが好きな犬も多いですし、人も犬と一緒に寝そべったりするのが最高に幸せな瞬間ですよね。

とくにリビングは、過ごす時間も長いです。
あなたの自宅のインテリアに合うものが理想的です。

  • 肌ざわり
  • 色合い
  • デザイン

このあたりを考慮して、好みのものを探してみましょう。

犬も過ごしやすいカーペットのポイント「滑り止め加工している」

ラグやカーペットは使っていると、どんどんズレてしまうことがあります。

愛犬が走る度に滑ってずれる→元の位置に戻す動作は面倒です。
一体何のためにカーペットを敷いているのかわからない状態になることもあります。

裏側に滑り止め加工がされているものを選べば、簡単に解決できます。

犬も過ごしやすいカーペットのポイント「防ダニ、消臭効果がある」

人と犬が快適に暮らすためには、ダニやニオイの対策も欠かせません。

ものすごく高級ではなくても、このような効果のあるカーペットも売られてるので探してみましょう。

犬と暮らすには、家中にカーペットが必要?すっごくお金もかかるし、厳しい!と思う人もいるかもしれません。

家の中を全体的に安全な場所にしてあげることは、とても大切です。
やはり費用もかかりますし、お手入れの手間もかかります。

犬がメインで過ごすリビングや、滑りやすい階段など、優先順位を決めてカーペットを敷いて下さいね。

ほっとラインがオススメする犬用カーペット【3選】

ほっとラインがオススメする犬用カーペット【3選】

愛犬家の集まりやトイプードル大集合などで、必ずといっていいほどあがっていたのが「どこのカーペットを使ってる?」という話題でした。

「犬用 カーペット」と検索すると、たくさん商品がでてきます。
どれを選べばいいのか、とても悩みますよね?

オススメの犬用カーペットを3選紹介します。

【オススメの犬用カーペット】東リ/タイルカーペット

防ダニ加工と、1枚ずつ洗える点がメリットです。
カラーも豊富で床暖房にも対応しています。

耐久性にも優れていて、愛犬が走り回ってもボロボロになりませんでした。

また、タイルカーペットにありがちな、ジョイント部分に汚れがたまりやすい、変形するという感覚はなかったです。

ただ、デメリットとしては1枚あたりの重量がわりとあるので、洗いにくかったです。
裏面のズレ防止加工のせいなのか、固いので洗いにくいというのが実際に数年間使っていた感想です。

【オススメの犬用カーペット】サンコー(三つ葉)/ズレないタイルカーペット

1枚あたりのサイズが小さいので、洗いやすそうなタイルカーペットです。
ハサミでカットでき、ほつれてこない優れものです。

50枚も入ってこのお値段なので、トイレのしつけが心配な子犬でも、ガンガン洗って使えそうですね。

【オススメの犬用カーペット】NBL/ペット対応抗菌カーペット

ホットカーペットの上からカバーとしても使えます。
家庭用のハサミでカットできるので、お部屋の形や家具の配置にあわせてカスタマイズできます。

「ペット対応」という表示があってこの価格は、コスパがよさそうですね。

  • モップ
    モップ

    メーカーや種類によって金額が違うから、自分好みのものを選ぼう!

筆者の経験上、「ペット用」や「犬用」という表示がなくても、使いやすい商品はたくさんあります。

筆者の知人は、100円均一でジョイントマットを購入して、常に買い替えているという人もいます。
多頭飼いで、常に汚れなどが気になる場合は、それもひとつの方法ですね。

余談ですが、ゲートを探す際「ペット用」として購入して…後日、西松屋で子供用をみた時に、あまりの値段の差に思わず泣きそうになりました。

犬のトレーナーさんにぼやいたところ、「”ペット用”というだけで高く設定してあるんですよねー。もったいなかったですね。」とのことでした。

犬用のカーペットの購入価格はいくらくらい?

一般的にかかる費用は、180×180のカーペットで5,000円程度となります。

どんなに高くても10,000円程度あれば購入可能ですが、フロアタイルを廊下や階段まで敷き詰める場合は、もっと値段がかかります。

さらに費用はかかっても、フローリングの方がいいという方はフローリングにペット対応のコーティングをしてもらう方法もありますよ。

【犬がトイレを失敗した】カーペットを掃除する方法

【犬がトイレを失敗した】カーペットを掃除する方法

愛犬が健康で、家族の一員として快適に暮らすためには、カーペットのお手入れも必要です。
カーペットを購入する時は、「洗濯機使用可能」かどうかを確認しておきましょう。

ある程度しつけに詳しい方はご存知かと思いますが、愛犬がトイレを失敗しても叱らずに黙って掃除が基本です。
叱られたことにより、愛犬が飼い主の前でトイレをしなくなるのを防ぐためです。

黙って掃除…洗濯機にぽ~んっ!だけならいいですが、手洗いが必要なカーペットや、水洗い不可の場合はちょっと泣きたくなりますね。

人間の赤ちゃんと一緒で「なんでこんな時間のない時に~(泣)」というのがあるあるですよね?

手洗いのカーペットは、中性洗剤を薄めたもので優しく洗って、外に干すだけです。

手洗い不可のカーペットで、トイレを失敗した時のお手入れ方法を紹介します。

用意するもの

必須
ペットシーツ
ペット用除菌スプレー
トイレットペーパー
雑巾
1

トイレットペーパーやトイレシーツでカーペットの汚れを拭き取る

トイレットペーパーを使って、カーペットのある程度の汚れを拭き取る。トイレシーツをかぶせて、カーペットの汚れを吸収させる。

2

雑巾を使ってカーペットを水拭きする

雑巾を水で濡らして、固く絞った雑巾で叩くようにカーペット拭く。最後に除菌スプレーをカーペットに吹きかけて完了。

自分で手入れできない犬用カーペットの手入れ方法

自分で手入れできない犬用カーペットの手入れ方法

洗濯機で丸洗いができないカーペットや、自分では取り切れないシミがついたカーペットのクリーニングは、業者に依頼すればキレイにしてもらえます。

業者の利用方法は2つです。
それぞれの特徴と、料金相場を紹介します。

犬用カーペットをクリーニング店に依頼する

  • 送料を負担すれば宅配で依頼できるお店もある
  • お店によってはポイントがつく
  • 料金相場…1帖当たり1,500~3,000円(一般的なカーペット)
  • 料金相場…1帖当たり3,500~4,000円(高級カーペット)

自分の車で持ち運べる人は、送料を負担しなくていいのでいいですね。

郵送で依頼する宅配クリーニングなら、冬の間しか使わないカーペットを保管してくれる業者もあるようです。

犬用カーペットをハウスクリーニング業者に依頼する

  • 業者が自宅に来てくれる
  • 他のハウスクリーングと組み合わせてお得になる場合もある
  • 料金相場…1帖当たり1,300~2,000円(シャギー系)
  • 料金相場…1帖当たり2,500~3,000円(高級カーペット)

業者が自宅にきて、その場でクリーニングをしてくれるので、重たいカーペットを持ち運ぶ必要がありません。

だたし、日程を業者と相談して決める必要があるので、その分スケジュールをあける必要があります。

また、愛犬が来客に反応する場合は、業者に来てもらっている間の対策も考えてあげたいところ。

  • ハウスクリーニング業者に犬がいることを前もって伝えておく
  • クリーニングの間は別の部屋かケージで待機させる

いくら愛犬が可愛いといっても、犬好きの人ばかりではないので、業者への配慮もしておいた方がいいですよね。

また、作業中に誤って愛犬が洗剤を口にしても大変です。
安全対策のためにも、別の部屋かケージで待機させましょう。

どうしても無理な場合は、抱っこしておくか、家族で協力して外にお散歩に連れ出すのもいいですね。

それも難しい時は、ペットショップや動物病院、トリミングサロンなどのお預かりを利用しましょう。

  • モップ
    モップ

    クリーニング店でもハウスクリーニングでも、業者によってはカーペットに防ダニや、消臭加工などのオプションがつけられるよ!

犬用カーペットの汚れが落ちない時は業者に依頼しよう!

今回は、犬と人が快適に暮らすためのカーペット選びや、カーペットのメンテナンスについて紹介しました。

愛犬との暮らしは、毎日の生活を本当に豊かにしてくれます。

体調管理や完全対策など、大変なことももちろんありますが、それ以上の幸せを与えてくれる存在です。

お金も時間もかかるのは、ある程度当然のこと。カーペットもそのうちの1つなので、愛犬と人が暮らしやすく、あなたの自宅にあったカーペットを選んでみて下さいね。

クリーニングに困った時は、出張に来てくれる業者の利用が便利です。

フロアクリーニングクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

フロアクリーニングをプロに依頼するなら

フロアクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にフロアクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、 住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、 まいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
1 投票, 平均点: 5.00

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事