【キッチンの掃除方法】自分でキッチンを掃除する方法をまとめて紹介

キッチンクリーニング
更新

キッチンは汚れやすい場所なのに、掃除の手が届きにくいですよね?キッチンの掃除をサボってしまうと、汚れがたまり無残な状態になってしまいます。今回は、手軽に実践できる簡単なキッチンの掃除方法について紹介します。

【キッチンの掃除方法】自分でキッチンを掃除する方法をまとめて紹介

キッチン周りは掃除箇所がたくさんあって、面倒ですよね?

しかし、毎日のお料理に使うキッチンは「キレイにしておきたい」っと思っている人は多いと思います。

キッチン掃除は面倒だけど、キレイにしたい人にぜひ試してほしい、手軽に掃除できるキッチンの掃除方法があるんです。

「そんなうまい話ある?」と思うかもしれませんが、それぞれの掃除箇所に合った方法と、重曹とクエン酸があれば、キッチン周りはキレイになります!

今回は、キッチンまわりの掃除に使える洗剤や、キッチンを掃除する方法について紹介します。

重曹とクエン酸をキッチンの掃除に使う方法も、合わせて紹介します。

>>プロのキッチンクリーニング業者の一覧

【キッチンの掃除】掃除で活躍する重曹とクエン酸の特徴

【キッチンの掃除】掃除で活躍する重曹とクエン酸の特徴

【キッチンの掃除】重曹の特徴

重曹の最大の特徴、それは「弱アルカリ性」であるということです。

弱アルカリ性の重曹は酸性の汚れに強く、水ではなくお湯と一緒に使うと効果が上がります。

キッチンの汚れは油汚れが多く、この油の汚れは酸性の汚れなので、酸性の汚れに強い重曹がキッチン周りの掃除に大活躍してくれます。

キッチン周りのお掃除には、身体に安全な物がいいですよね。

この重曹は食品にも使われているナチュラル洗剤なので、安心してキッチン周りの掃除に使えるのは嬉しいです。

【キッチンの掃除】クエン酸の特徴

キッチンの汚れは、油汚れだけではなく水垢どのアルカリ性の汚れもあります。

キッチンの水垢には、お酢やクエン酸の酸性でキレイに掃除できます。

クエン酸も重曹と同じ、ナチュラル洗剤のひとつです。

重曹とクエン酸があれば、キッチン掃除に大活躍してくれますよ。

【キッチンの掃除】換気扇を重曹でつけ置きで掃除する方法

【キッチンの掃除】換気扇を重曹でつけ置きで掃除する方法

油煙を吸い込む換気扇(レンジフード)は、キッチン周りの中でも特に油汚れがひどい箇所なんです。

油でベトベトな換気扇掃除は、正直面倒くさいですよね?

しかし、放っておけば事態はさらに悪化してしまいます。

さあ、今こそ換気扇(レンジフード)掃除を始めましょう。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
大きなビニール袋(45Lゴミ袋)
ハサミ
古歯ブラシ
あると便利
ゴム手袋
1

キッチン換気扇のコンセントを抜くか、ブレーカーを落とす

安全を考えて換気扇(レンジフード)のコンセントを抜くか、ブレーカーを落とす。油で汚れた換気扇の掃除なので、汚れがつかないようにゴム手袋することをオススメします。

2

キッチン換気扇のつけ置き掃除する準備する

シンクに大きなビニール袋を広げ、その中に60℃位のお湯をためる。

3

ビニール袋にお湯と、重曹(粉末)を入れて溶かす

お湯10Lに対し、重曹1カップを入れて溶かす。

4

換気扇(レンジフード)のネジを緩めて外す

換気扇カバー、フィルター、プロペラまたは、シロッコファンなどのパーツをはずします。プロペラまたはシロッコファンは大抵の場合、ネジで止まっています。ネジが回らない、ネジが見えない原因は油が固まっていることが大半です。ドライヤーで暖めてあげると油がゆるみ、ネジが回り安くなりますよ。ただ、一部の機種は、シロッコファンがはずせないことがあるのでその場合は、取扱説明書の指示に従ってください。

5

外したキッチン換気扇パーツをつけ置き掃除する

外したキッチン換気扇パーツは重曹を溶かしたお湯の中に入れる。1~2時間つけ置きする。

6

換気扇(レンジフード)パーツを取り出す

つけ置きが終わったら、換気扇(レンジフード)パーツを取り出し、古歯ブラシなどで軽くこすり洗いをする。油汚れが簡単に落とせるので、ビックリしますよ。

7

換気扇(レンジフード)パーツをすすぎ洗いする

よくすすぎ洗いをして、乾かす。乾いたら元の位置に取り付ける。

8

つけ置き掃除に使ったビニール袋に入ったお湯を捨てる

ビニール袋の底部分一か所をハサミで切り取って、流すだけで完了。

【キッチンの掃除】ガスコンロの汚れが頑固になる3つの原因

【キッチンの掃除】ガスコンロの汚れが頑固になる3つの原因

【キッチンの掃除】ガスコンロには焦げつき汚れが付きやすい!

調理中に吹きこぼれたり、飛び散ったりした食材や調味液が、焦げつき、ガスコンロのあちこちにこびりついた汚れです。

【キッチンの掃除】ガスコンロには油汚れが付きやすい!

炒め物や、揚げ物で飛び散った油が主な原因でできる汚れです。

この他、熱せられた油が蒸気となり、ガスコンロやキッチンの壁などについてしまうのも、大きな原因の一つです。

油を使う時は、サラサラしている状態ですが、時間の経過と共に樹脂化して、ベタベタ汚れ→カチカチ汚れへと状態が変化します。

そのため放置している時間が長ければ長いほど、どんどん頑固になり、落としにくくなってしまいます。

【キッチンの掃除】ガスコンロには混ざった汚れが付きやすい!

「焦げつき汚れ」+「油汚れ」が混ざった汚れは、頑固な汚れとなります。

ガスコンロの汚れが頑固な理由は、時間の経過と共に固まってしまうからです。

固まった汚れは、ただこすって洗うだけでは、なかなか落とせません。

まずは、汚れを柔らかくすることが重要です。

「焦げつき汚れ」はふやかす、「油汚れ」は熱して油をゆるめると落としやすくなります。

【キッチンの掃除】ガスコンロの外せるパーツを掃除する方法

【キッチンの掃除】ガスコンロの外せるパーツを掃除する方法

ガスコンロの五徳、汁受け皿、グリル排気口カバーなど外せる部品は外し、外したパーツはつけ置き洗いしましょう。

お湯で汚れを柔らかくして、油汚れに強い重曹を使うのがポイントです。

用意するもの

必須
ゴム手袋
大きなビニール袋
ガムテープ
重曹(粉末)
スポンジ
古歯ブラシ
ハサミ
1

大きなビニール袋をシンクに広げて、ガムテープで止める

大きなビニール袋をシンクに広げ、周りをガムテープでとめて、お湯がためられるようにする。ビニール袋で覆わないと、シンクが油でギトギトになってしまいます。

2

ガスコンロの外せるパーツをつけ置き掃除する

大きなビニール袋に50℃以上の熱めの、お湯をためる。お湯の中に重曹を1カップ入れて、ガスコンロの外せるパーツを外し、お湯につけ置きする。30分~1時間放置しつけ置きする。

3

つけ置きしたパーツをスポンジや、古歯ブラシを使って洗い流す

パーツを取り出してスポンジや、古歯ブラシを使ってこすり洗いして汚れを洗い流す。後にビニール袋の底を少し切り取りお湯を流す。こうすれば、シンクの油汚れを防げます。

4

外したガスコンロのパーツを元の位置に戻す

パーツを乾燥させて、元の位置に戻して完了。

【キッチンの掃除】外せないパーツを掃除する方法

【キッチンの掃除】外せないパーツを掃除する方法

外せないパーツをつけ置きすることはできませんね。

そこで、重曹を使ってパック掃除しましょう。

用意するもの

必須
ゴム手袋
空のスプレーボトル
重曹(粉末)
キッチンペーパー
スポンジ
古歯ブラシ
タオル
1

重曹(粉末)を使って重曹水スプレーを作る

空のスプレーボトルに50℃以上のお湯100mlと、重曹(粉末)50gを入れてよく混ぜる。セスキ炭酸ソーダでも代用できる。

セスキ炭酸ソーダの方がもアルカリ性がやや強いので、重曹よりもやや少なめの量で大丈夫です。

2

重曹水スプレーをガスコンロに吹きかけてパックする

重曹水スプレーをガスコンロの汚れにたっぷり吹きかける。その後、キッチンペーパーを被せてパックする。キッチンペーパーの上から、重曹水スプレーを吹きかけて30分~1時間程放置しパックする。

3

スポンジや古歯ブラシでガスコンロをこすり洗いをする

ガスコンロをスポンジや古歯ブラシを使って、こすり洗いして、汚れをタオルで拭き取って完了。

【キッチンの掃除】スチームクリーナーで掃除する方法

【キッチンの掃除】スチームクリーナーで掃除する方法

スチームクリーナーは高熱の蒸気を出して、頑固に固まった焦げつき汚れと、油汚れを柔らかくするのに適しています。

用意するもの

必須
ゴム手袋
スチームクリーナー
タオル
大きなビニール袋
ガムテープ
1

キッチンのガスコンロの取り外せるパーツを外す

五徳や汁受け皿、グリル排気口カバーなど外せるパーツは外ておく。

2

スチームクリーナーを使ってガスコンロを掃除する

ガスコンロにスチームクリーナーの蒸気を当てて、汚れを浮かせる。汚れと水分をタオルで拭き取る。

3

外したガスコンロのパーツをスチームクリーナーで掃除する

外したパーツはシンクを大きなビニール袋に入れて、その中でスチームクリーナーをかける。細かい所は、歯ブラシでこすり洗いをする。汚れと水分を拭きとって完了。

【キッチンの掃除】IHクッキングヒーターを掃除する方法

【キッチンの掃除】IHクッキングヒーターを掃除する方法

用意するもの

必須
重曹(粉末)
ペーストを作る容器
ラップ
アルミホイル
タオル
1

重曹(粉末)を使って重曹ペーストを作る

重曹30gを容器に入れ、水10mlも入れて混ぜると重曹ペーストが完成です。

2

重曹ペーストでIHクッキングヒーターをパックする

IHクッキングヒーターの汚れに、重曹ペーストを塗り、上からラップしてパックする。そのまま、一晩放置する。

3

IHクッキングヒーターを指でこすり洗いして拭き取る

ラップを剥がし、指でこすり洗いをする。指でこすっても落ちない汚れは、アルミホイルを丸めてこすり洗いをする。最後はタオルで汚れを拭き取り完了。

【キッチンの掃除】キッチンの床や壁を掃除する方法

【キッチンの掃除】キッチンの床や壁を掃除する方法

キッチン周りの床や、壁も油でベタベタしていませんか?

時間が経過すれば、油汚れが固まって頑固な汚れになります。

キッチンの床や、壁も重曹水スプレーでスッキリできます。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
空のスプレーボトル
雑巾
1

重曹(粉末)を使って重曹水スプレーを作る

空のスプレーボトルに500ml60℃位のお湯と、大さじ1杯の重曹を入れて蓋する。スプレーボトルを振って重曹を溶かぜば重曹水スプレーの完成です。重曹が多少多くても問題ありません。

2

重曹水スプレーをキッチンの床や壁に吹きかける

重曹水スプレーをキッチンの床や壁に吹きかけて、乾いた雑巾で拭き取れば完了。

【キッチンの掃除】キッチンのシンクを掃除する方法

【キッチンの掃除】キッチンのシンクを掃除する方法

キッチンの汚れは、重曹ペーストで掃除するのがオススメです。

重曹ペーストとは、少量の水に重曹をとかしペースト状にしたもので、重曹のつぶつぶ感も残したものです。

重曹ペーストは重曹水のように水垂れする心配もなく、また残った重曹のつぶつぶが研磨効果もあり、キッチンのシンク掃除に向いています。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
容器
混ぜる棒
スポンジ
1

重曹(粉末)を使って重曹ペーストを作る

重曹50gを容器に入れ、水15mlも入れて混ぜる棒でかき混ぜると重曹ペーストが完成です。

2

キッチンのシンクに重曹ペーストを塗って放置する

キッチンのシンクに重曹ペーストを塗り、30分程度放置する。

3

キッチンのシンクをスポンジでこすり洗いをする

30分後スポンジでこすり洗いをし、水道水でしっかり洗い流して完了。

【キッチンの掃除】排水口を重曹とクエン酸で掃除する方法

【キッチンの掃除】排水口を重曹とクエン酸で掃除する方法

排水口のヌメヌメ汚れは、できることなら触りたくありませんよね?

そんな時は、キッチン用手袋があれば解決します。

さあ、キッチン手袋をはめて排水口を掃除して、ヌメヌメ汚れとサヨナラしましょう。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
クエン酸水または、お酢
ゴム手袋
古歯ブラシ
スポンジ
タライ
1

排水口を掃除する前にゴミを前もって取っておく

キッチン用手袋を着用し、排水口のゴミを取る。キッチン用手袋を着用していれば、イヤなヌメヌメも気になりません。

2

重曹液を作って排水口のパーツをつけ置き掃除する

タライに60℃位のお湯を入れ、1カップの重曹を溶かす。その中に排水口パーツを入れて30分程度つけ置きをする。

3

排水口に重曹を振りかけてからクエン酸を振りかける

ゴミ受けを外した状態で、排水口にたっぷり重曹を振りかける。排水口が見えない位たっぷり振りかけて、クエン酸水またはお酢をかける。クエン酸水やお酢をかけると重曹と化学反応してシュワシュワと泡がでます。10分~30分程度放置して洗い流す。

4

排水口のパーツをスポンジや古歯ブラシを使って洗う

つけ置きしていた排水口パーツをタライから取り出し、スポンジや古歯ブラシで洗い元に戻し完了。

【キッチンの掃除】電子レンジの汚れや臭いを掃除する方法

【キッチンの掃除】電子レンジの汚れや臭いを掃除する方法

電子レンジは、油汚れなど意外に汚れがつきやすい場所なんです。

油汚れがひどい場合や、コゲつきがある電子レンジは重曹で掃除できるって知っていますか?

電子レンジはキッチン掃除する時には、合わせて掃除しておきたい場所ですよね。

用意するもの

必須
重曹水スプレー
キッチンペーパー
1

キッチンペーパーに重曹水スプレーを吹きかける

キッチンペーパーに重曹水を吹きかけて、電子レンジの庫内に貼る。

2

湯呑に重曹水を入れて、電子レンジで温める

電子レンジ内に湯呑に重曹水を入れて600wで2分程度加熱しそのまま10分程度放置する。

3

キッチンペーパーを使って電子レンジの庫内を拭く

キッチンペーパーで庫内の汚れを拭き取って完了。

【キッチンの掃除】魚焼きグリルの焦げ汚れを掃除する方法

【キッチンの掃除】魚焼きグリルの焦げ汚れを掃除する方法

重曹は魚焼きグリルの網についた、頑固な焦げ付きも落とせますよ。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
ゴミ袋または、網が入る大きさの桶
スポンジ
古歯ブラシ
1

重曹とぬるま湯をゴミ袋の中に入れて重曹を溶かす

40℃程度のぬるま湯1Lに対し、重曹大さじ3杯をゴミ袋または、魚焼きグリルの網が入る大きさの桶に入れて溶かす。

2

魚焼きグリルの網をゴミ袋の中に入れてつけ置きする

網を重曹水につけて、30分~1時間程度つけ置きする。

3

魚焼きグリルの網汚れをスポンジや古歯ブラシで洗い落とす

つけ置きから網を取り出し、浮いた汚れを古歯ブラシやスポンジで優しくこすり洗いをして、洗い流して完了。

【キッチンの掃除】冷蔵庫の汚れを掃除する方法

【キッチンの掃除】冷蔵庫の汚れを掃除する方法

用意するもの

必須
重曹(粉末)
空のスプレーボトル
保冷バッグ
1

重曹(粉末)を使って重曹水スプレーを作る

空のスプレーボトルに水100mlに対し、重曹小さじ1杯を入れてよく振り完成です。

※重曹は水に溶かすより、お湯に溶かした方が効果UPします。しつこい油汚れには、水の代わりに40℃位のお湯を使うと効果が上がります。

2

冷蔵庫の中身をすべて出して保冷バッグに入れる

冷蔵庫の中身を全て出し、保冷バッグ等に一時的に入れる。

3

重曹水スプレーを使って冷蔵庫内を拭き掃除する

キレイな雑巾に重曹水を吹きかけて、冷蔵庫内を拭く。汚れがひどい箇所は、直接重曹水を吹きかけてから雑巾で拭く。冷蔵庫の扉についているパッキンも忘れずに拭く。

※角や細かい溝は、古歯ブラシや綿棒を使うと掃除しやすい。

4

冷蔵庫の中身をすばやく戻す

冷蔵庫のパーツと、冷蔵庫の中身を戻して完了。

自分でキッチンを掃除しても落ちな汚れは業者に依頼!

今回は、キッチンまわりの掃除に使える洗剤や、キッチンを掃除する方法について紹介しました。

重曹は食品添加物にも使われており、比較的安全といえますが、一度に大量に摂取すると体調を壊すこともあるので、小さいお子さんやペットには注意が必要です。

また、肌荒れが気になる場合は、手袋を装着して掃除しましょう。

重曹とクエン酸を使っても落ちないキッチンの汚れは、プロに依頼するのも一つの手ですよ。

時間の経ったキッチンの汚れは、素人が掃除すれば時間も労力もかかりますが、プロなら特殊な洗剤や経験でキレイなキッチンに戻してくれますよ。

まとめ

  1. キッチンの掃除には重曹とクエン酸が効果的です
  2. ガスコンロ、IHクッキングヒーター、床、シンク、電子レンジ、排水口、魚焼きグリル、冷蔵庫など、同じキッチンの掃除でもその場所にあった方法で掃除しよう
  3. 紹介した掃除方法は、わかりやすく簡単なのでぜひ試してみてみよう

キッチンクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

キッチンクリーニングをプロに依頼するなら

キッチンクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にキッチンクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事