最終更新日:

【トースターの掃除方法】ナチュラル洗剤でトースターを掃除する方法

トースターを掃除しても、頑固な焦げつき汚れが取れなくて困っていませんか?家にあるナチュラル洗剤で簡単にピカピカにできる方法があります。そこで今回は、汚れる原因や、頑固な汚れのトースターを掃除する方法について紹介します。

【トースターの掃除方法】ナチュラル洗剤でトースターを掃除する方法

パンを焼いたりすると、すぐに汚れるトースターですが、普段の掃除を怠ってしまいやすいですよね?

筆者は、目立ちやすい場所にトースターがあるため、こまめに掃除していすが、どうしても頑固な焦げつき汚れが取れなくて困っています。

そこで今回は、トースターが汚れる原因や、頑固な汚れのトースターを掃除する方法について紹介します。

>>プロのキッチンクリーニング業者の一覧

【トースターの掃除】トースターが汚れる原因

【トースターの掃除】トースターが汚れる原因

オーブントースターが汚れる原因は、パンくずなどの食べ物のかけらです。

気をつけていてもパンを焼くたびに、パンくずが網を抜けて下の受け皿トレイに落ちます。

トースターからパンを取り出す時も、パンくずがトースター周辺多に多少散ります。

しかし、トースター内の受け皿のパンくずは、目につきにくい箇所なので、ついつい放置しやすいです。

パンくずをそのままにしていると、トースターの熱で焦げつき、臭いや汚れの原因になったり、火がついて火災の原因になります。

また、トースターの汚れは、パンくずの他に食材の油や汁物などがあります。

チーズやマヨネーズをのせたパンを焼いた時は、飛び散ってしまう油が、トースターの熱で焦げつきます。

汚れを放置しておくと、何度もトースターを使用して熱せられることで汚れがこびりつきます。

油や汁物が原因の汚れも臭いの原因になり、時間が経てば経つほど落としにくくなるので、こまめなお手入れが必要です。

しかし、トースターをキレイにしようと思っても丸洗いできません。

直に強い洗剤を使うのも、食品を入れて使うためためらいますよね。

そこで今回は、家にある重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸を使ったトースターの掃除方法を紹介します。

しかし、トースターがアルミ製の場合は、アルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダを使用してお手入れをすると、変色などの原因になります。

トースターがアルミ製のものでないかどうかを確認しておきましょう。

【トースターの掃除】重曹ペーストでトースター掃除

【トースターの掃除】重曹ペーストでトースター掃除

自宅に重曹がある時は、重曹ペーストを作ってオーブントースターを掃除しましょう。

重曹は頑固な焦げつきを取るのにとても効果的です。

用意するもの

必須
重曹
ラップ
キッチンペーパー
ヘラまたは、プラスチックのカード
綿棒または、竹串
ゴム手袋
あると便利
メラニンスポンジ
1

網や受け皿など、取り出し可能なパーツを取り出す

業前に、オーブントースターのコンセントを抜いてくおく。網や受け皿など、取り出し可能なパーツを取り出します。オーブントースターの種類によって取り出せるパーツが違うので、無理に取り出して壊さないためにも取扱説明書をよく確認してから取り出す。

2

受け皿にあるパンくずなど捨てる

受け皿にあるパンくずなどは捨て、取り出せた網や受け皿のパーツで、特に焦げつきが酷いものはヘラやプラスチックのカードなどで、あらかじめこそげ落とします。目立つ焦げつきを先に取っておくと、汚れが落としやすくなる。

3

重曹ペースト作ってトースター本体に塗布する

重曹と水を2:1の割合で混ぜてペーストを作る。重曹ペーストをトースター本体の扉やガラス、網や受け皿に塗布します。網は重曹ペーストを塗っても通り抜けてしまうので網の下にラップを敷いてから塗布すると、よくなじみます。塗布した重曹ペーストの上にラップして1~2時間ほどなじませます。だんだんと汚れが浮き上がってきます。

4

ラップを外して拭き取る

ラップを外し、重曹ペーストをメラニンスポンジまたはキッチンペーパーで拭き取ります。ペーストと一緒に汚れも取れていきますので、きれいに取れるまで何度も拭き取りましょう。メラニンスポンジを使う場合は、トースターも傷つけないよう、優しい力で丁寧に拭き取っていきます。手荒れ予防のため、拭き取りの際はゴム手袋をはめて作業しましょう。

5

重曹水を作ってトースターを掃除する

トースターの扉、ガラスの隅、庫内、裏側の汚れは、水100mlに重曹5g(小さじ1)をまぜた重曹水で拭き取ります。扉やガラスの隅などにたまった汚れは綿棒に重曹水を染み込ませて拭き取る。隅や角にたまった焦げつきは、綿棒または竹串で取り除く。

6

トースター庫内を掃除する

トースター庫内の汚れには、キッチンペーパーに重曹水を染み込ませたものを湿布します。ヒーター部分は割れないように気をつけながら湿布します。1時間ほど放置したら、メラニンスポンジやキッチンペーパーで拭き取る。

【トースターの掃除】セスキ炭酸ソーダでトースター掃除

【トースターの掃除】セスキ炭酸ソーダでトースター掃除

家にセスキ炭酸ソーダがある場合は、セスキ炭酸ソーダスプレーを使ってオーブントースターの掃除ができます。

セスキ炭酸ソーダは重曹と同じ弱アルカリ性で、重曹よりもph値が高く、汚れを落とす効果は重曹の約10倍と言われています。

用意するもの

必須
セスキ炭酸ソーダ
空のスプレーボトル
キッチンペーパー
ラップ
ヘラまたは、プラスチックのカード
綿棒または、竹串
ゴム手袋
あると便利
メラニンスポンジ
1

網や受け皿など、取り出し可能なパーツを取り出す

作業前に、オーブントースターのコンセントを抜いておく。重曹ペーストの手順同様に、網や受け皿など、取り出し可能なパーツを取り出します。受け皿のパンくずは捨てておきます。ヘラまたは、プラスチックのカードで、網などにこびりついた焦げはこそげ落としておく。

2

セスキ炭酸ソーダスプレーを作る

500mlにセスキ炭酸ソーダ5g(小さじ1)を溶かし、スプレーボトルに入れてセスキ炭酸ソーダスプレーを作ります。トースターの庫内、裏側、網や受け皿にセスキ炭酸ソーダをスプレーし、キッチンペーパーを貼って湿布します。網の下にはラップを敷いておく。20分程度放置して、汚れが浮き上がってきたら、メラミンスポンジやキッチンペーパーで拭き取る。汚れが取れるまで何度か拭き取るう。

セスキ炭酸ソーダスプレー、重曹ペーストよりもトースターの汚れになじませる時間が少なくてすむのがメリットですね。

もし、セスキ炭酸ソーダと重曹ペースト両方ある場合は、まずセスキ炭酸ソーダスプレーで汚れを取り、残った頑固な焦げつきなどは重曹ペーストで長時間湿布して取ると効果的です。

セスキ炭酸スプレーはキッチンの油汚れや、普段の軽いオーブントースターのお手入れにも便利です。

シュッとひと拭きしてキッチンペーパーや、布などで拭き取るだけで簡単に汚れが取れますよ。

【トースターの掃除】クエン酸でトースター掃除

【トースターの掃除】クエン酸でトースター掃除

オーブントースターは、パンを焼くだけでなく、魚やフライドチキンなどの揚げ物などの料理に使うのも美味しく仕上がり重宝しますよね。

しかし、庫内に臭いが残ってい困っていませんか?

庫内の臭いを取りたいという場合は、クエン酸スプレーを使って臭いが取れます。

用意するもの

必須
クエン酸
空のスプレーボトル
1

クエン酸スプレーを作る

200mlにクエン酸5g(小さじ1)を溶かし、空のスプレーボトルに入れてクエン酸スプレーを作る。

2

オーブントースターの庫内にスプレーする

酸性のクエン酸スプレーが、アルカリ性の臭いの魚の臭いを取ってくれます。

クエン酸スプレーは他にも、キッチンの水回りなどの水垢落としや、お風呂の石鹸カスの汚れ落とし、トイレの臭い消しなど、様々な用途で使えるので便利ですよ。

【トースターの掃除】アルミ製のトースターを掃除する方法

【トースターの掃除】アルミ製のトースターを掃除する方法

アルミ製の素材のオーブントースターは、変色などの恐れがあるためナチュラル洗剤が使用できません。

アルミ製のオーブントースターの場合は、キッチンペーパーに中性洗剤(台所用洗剤)を2~3滴含ませてオーブントースター全体を拭き、最後に水で濡らしたキッチンペーパーで丁寧に拭き取りましょう。

洗剤が残らないように何度か拭き取ります。

こうしたオーブントースターの掃除の頻度ですが、最低でも年1回はするようにしましょう。

受け皿のパンくずを捨てるのは、1週間に1回が目安です。

また、普段から庫内を汚さないコツは、受け皿にアルミホイルを敷いておくことや、魚や肉などの料理を焼く際は、網の上にアルミホイルを敷いてから焼きましょう。

それだけでもオーブントースターの焦げつきや汚れを防げますよ。

自分でトースターを掃除しても落ちないよ汚れは業者に依頼!

今回は、トースターが汚れる原因や、頑固な汚れのトースターを掃除する方法について紹介しました。

ナチュラル洗剤を使用したお手入れはとても手軽に掃除できます。

ピカピカになって見た目だけでなく、余計な臭いなどもないなら嬉しいですよね。

オーブントースターの掃除は年に1度が目安ですが、自分で落とせない汚れは業者に依頼しましょう。

キッチンクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

キッチンクリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったキッチンクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す