最終更新日:

【コンセントカバーの交換方法】いたずら防止のコンセントカバーも紹介

古くなったコンセントカバーを新しい物に交換するだけで、ぐっと部屋が明るくなります。わざわざ業者を呼ばなくても自分で交換できます。そこで今回は、自分でコンセントカバーを交換する方法や、赤ちゃんや子どものいたずら防止について紹介します。安全な生活を送る上での参考にしてください。

【コンセントカバーの交換方法】いたずら防止のコンセントカバーも紹介

古くなったコンセントカバーを新しいコンセントカバーに交換するだけで、ぐっと部屋が明るくなります。

コンセントカバーの取り付け費用は数百円から、作業時間は数十分程度と低コストで短時間作業です。

そこで今回は、自分でコンセントカバーを交換する方法や、赤ちゃんや子どものいたずら防止のコンセントカバーについて紹介します。

安全な生活を送る上での参考にしてください。

>>プロのコンセント増設・スイッチの修理業者の一覧

【コンセントカバーの種類】コンセントカバーは2種類

【コンセントカバーの種類】コンセントカバーは2種類

家中の壁に設置されているコンセントカバーがピカピカだと、室内がすっきり見えて気持ちいいですよね。

コンセントカバーが黄ばんでいたり、手垢、油汚れで茶色くなると部屋全体が汚らしく見えて嫌な気分になります。

コンセントカバーをキレイに保つためには、定期的に拭き掃除するのが一番効果的な方法です。

筆者は、実家を出て一人暮らしを始めたばかりの頃は、コンセントカバーを掃除しなければならないと思ってもみませんでした。

そのためいつの間にやらコンセントカバーが汚くなってしまい、それを見かねた父が、「こんなに汚くなっているなら掃除するよりコンセントカバーを交換する方が早い!」と、家中のコンセントカバーを付け替えてくれたものです。

コンセントそのものを交換するには、電気工事士の資格が必要ですが、コンセントカバーの交換なら特に資格は必要ありません。

コンセントカバーの交換作業は難しいことなど何もなく、新しいコンセントカバーを買って付け替えるだけで誰にでも簡単にできます。

大事なのはコンセントを付け替える前に、家のコンセントカバーの種類を確認しましょう。

コンセントカバーには、「フルカラー」と「コスモシリーズ」の2種類あります。

フルカバープレートは1971年頃から多く使用されているコンセントカバーで、JIS規格に沿った型のフルカラー配線器具です。

一方、最近の住宅で多いのがコスモシリーズです。

フルカラーとカバーの取付用ネジ穴の位置は一緒ですが、スイッチを固定する土台はフルカラーよりコスモシリーズのほうが1.6mm厚いです。

コンセントカバーを外す時は、裏側に記載されている品名に注目しましょう。

そして、ホームセンターやインターネットで同じ製品を選びましょう。

フルカバーにしろ、コスモシリーズにしろ、どちらも100円以下で購入できます。

コンセントカバーを購入する時は種類だけでなく、コンセント数も確認しましょう。

コンセントの挿入口数は2コが主流ですが、3コ用も一般的です。

また、照明用なら1コ用のコンセントも多く、テレビのアンテナ線などと一緒になった2列カバー(2連用)コンセントもあります。

1連用2コ用3コ用、2連用3コ用4コ用5コ用などの分類がありますので、事前に確認してください。

そしてコンセントカバーには花柄やキャラクター柄など、いろいろおしゃれなデザインの物がいっぱいあります。

またプラスチック素材だけでなく真鍮やアイアン素材など素材にこだわった品物もありますので、部屋の雰囲気に合わせてコンセントカバーを選ぶのもおもしろいと思います。

【コンセントカバーの交換】コンセントカバーを交換する方法

【コンセントカバーの交換】コンセントカバーを交換する方法

古くなったコンセントカバーを自分で交換してみましょう。

自分で交換するために用意するものや、コンセントカバーを交換する方法を紹介します。

用意するもの

必須
新しいコンセントカバー
ドライバー
洗剤または、アルコール
1

新しいコンセントカバーを購入する

元のコンセントに合った種類で、自分好みのデザインの物を用意します。コンセントカバーには化粧カバーと土台プレートの二つがあります。

2

古いコンセントカバーを外す

ネジ止めされているものはネジを外します。ハメ込み式の物はマイナスドライバーを差し込み、ぐっと手前に引いてコンセントカバーの化粧カバーを外します。

3

土台の金属取付枠プレートを外す

上下2個のネジをプラスドライバーでくるくると回し、金属取付枠を取り外します。

4

周囲が汚れていたら拭き掃除する

住まいの洗剤やアルコールなどでコンセントカバーの周囲を拭いてきれいにします。

5

新しいコンセントカバーを取り付ける

ネジ式のものはネジで止め、ハメ込み式の物はパチンとハメ込んで取り付けます。

【コンセントカバーの選び方】赤ちゃんや子どものいたずら防止

【コンセントカバーの選び方】赤ちゃんや子どものいたずら防止

赤ちゃんや子どものいたずら防止用のコンセントカバーについて紹介します。

赤ちゃんや子どものいたずら防止用のコンセントカバーは、「キャップタイプ」と「フルカバータイプ」の2種類あります。

【コンセントカバーの選び方】キャップタイプ

コンセントの挿込口に挿し込むタイプのコンセントカバーです。

使っていないコンセントの挿込口を閉じておくためには大変便利ですが、赤ちゃんや子どもが簡単に外せるというデメリットがあります。

【コンセントカバーの選び方】フルカバータイプ

完全にコンセントを覆ってしまうタイプで、冷蔵庫やテレビのコンセントなど普段取り外ししないコンセントに取り付けるのに向いています。

【コンセントカバーの選び方】安全性を重視して選ぶ

安全性を重視するなら、ロック機能付きのコンセントカバーがオススメです。

コンセントカバーには可愛いデザインの物がたくさんありますが、赤ちゃんや子どものいたずら防止のために選ぶコンセントカバーは、可愛いデザイン物よりシンプルなコンセントカバーの方がオススメです。

ミッキーやキャラクターもののコンセントカバーだと、かえって赤ちゃんや子どもがいたずらしてしまうことになりかねません。

コンセントカバー以外の事は業者に相談しよう!

今回は、自分でコンセントカバーを交換する方法や、赤ちゃんや子どものいたずら防止のコンセントカバーについて紹介しました。

コンセントカバーの掃除をさぼっていた人は、掃除に時間をかけるより交換してしまうほうが手っ取り早くオススメです。

また、赤ちゃんや子どもがいるご家庭では、いたずら防止用のコンセントカバーを取り付けることを推奨します。

安全な生活を送る上において、コンセントカバーは非常に重要なアイテムです。

もし、コンセントの増設やスイッチの修理サービスについて検討している人は、専門の業者に依頼することをオススメします。

コンセント増設・スイッチの修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

コンセント増設・スイッチの修理ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったコンセント増設・スイッチの修理の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す