浴槽の湯垢にはダントツ「重曹」が効果的!重曹でお風呂を丸洗い!

お風呂掃除って、やるところが多くて大変ですよね。でも、大変だからといって、さぼっているとひどい状態に…今回は、掃除に使える上に入浴剤としても使える大活躍の重曹の使い方について紹介します。

浴槽の湯垢にはダントツ「重曹」が効果的!重曹でお風呂を丸洗い!

お風呂掃除って、掃除する箇所が多くて面倒ですよね。面倒だからといって、さぼっているとひどい状態に…なります。いろんな色汚れや、ヌメヌメした汚れがつきます。

実は、お風呂の汚れには、3種類あるってご存知ですか?汚れの種類にあった適切な洗剤を使うと、キレイに汚れを落とす事ができるんです。

お風呂掃除の効果が上がり、お風呂掃除が楽しくなると嬉しいですよね。そこで今回は、掃除で大活躍する重曹の使い方について紹介します。

お風呂掃除は【水垢】と【湯垢】の両方を落とせば、ピカピカになる!
あわせて読みたい
お風呂掃除は【水垢】と【湯垢】の両方を落とせば、ピカピカになる!
リンク(新しいタブで開きます)

重曹が得意とするお風呂の3種類の汚れ

重曹が得意とするお風呂の3種類の汚れ

お風呂の汚れと一口に言っても、お風呂にはいろんな汚れがあります。重曹が得意とする、代表的な3種類の汚れについて紹介します。

1.湯垢

お風呂の水に溶け込んだ皮脂汚れです。その汚れに菌が繁殖してヌルついたものです。酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤で落とせます。

2.酵母菌

ピンクのヌメヌメした汚れで、シャンプーボトルの底や排水口まわりによく発生します。黒カビの一種と勘違いされやすいのですが、酵母菌の一種でカビではありません。しかし、汚れを放置しておくと黒カビが生えやすくなりますので、注意しましょう。

3.黒カビ

浴室の壁やゴムパキンに発生しやすい厄介な黒カビです。黒カビは温度20~30℃で、湿度80%以上で発生します。浴室はカビにとって、好条件なのがわかりますよね。

お風呂のカビの取り方と予防方法大公開【天井、パッキン、エプロン】
あわせて読みたい
お風呂のカビの取り方と予防方法大公開【天井、パッキン、エプロン】
リンク(新しいタブで開きます)

なぜお風呂掃除に重曹がいいの?

なぜお風呂掃除に重曹がいいの?

重曹とは、弱アルカリ性で白い粉で薬局や、スーパーなどで購入できます。最近は安くで購入できて、環境にも優しい掃除道具として人気です。そんな重曹は、酸性汚れを落とすのが得意で、お風呂掃除なら、皮脂汚れに強いという特徴があります。湯垢や酵母菌は酸性の汚れなので、弱アルカリ性の重曹がよく効くんです。

それでは早速、重曹を使った掃除方法を、3つ紹介します。

浴槽、お風呂グッズは重曹のつけ置きで簡単お掃除

浴槽、お風呂グッズは重曹のつけ置きで簡単お掃除

浴槽とお風呂グッズは、同時にできる掃除方法があります。それは、つけ置き掃除なんです。

用意するもの
  • お風呂の残り湯
  • 重曹(粉末)
  • スポンジ

手順1. .残り湯に重曹を入れる

重曹200gをお風呂の残り湯に入れます。お湯は残り湯を使用してもOKですが、お湯が減っているので、普段お湯を溜める量より少し多めのお湯を足す。重曹も溶けやすいので、入浴後の温かいうちに掃除しましょう。

手順2. お風呂グッズなどを湯船につける

湯船をよくかき混ぜて重曹を溶かし、洗面器や風呂椅子、子供のおもちゃなどを湯船に入れ、一晩つけ置きする。け置きする際は、換気扇を必ずまわす。

手順3. シャワーで洗い流す

浴槽から、お風呂グッズを取り出し、シャワーで洗い流します。汚れが残っている場合はスポンジで擦って流す。浴槽はお湯を抜いて、スポンジで擦り洗いをしシャワーで洗い流し完了。

壁や床には重曹ペーストで掃除しよう

壁や床には重曹ペーストで掃除しよう

壁や床など洗剤が流れてしまいやすい箇所には、重曹をペースト状にする重曹ペーストを使った掃除がオススメですので、紹介します。

用意するもの
  • 重曹
  • ラップ
  • スポンジ

手順1. 重曹ペーストを作る

重曹と水が3:1の割合で混ぜてペーストを作る。重曹に少しずつ水を加えて、緩くなりすぎないように作る。

手順2. 汚れに重曹ペーストを塗る

床・壁の汚れている箇所に、重曹ペーストを塗り、ラップでパックして30分程放置する。

手順3. スポンジで洗う

ラップをはがしてスポンジで優しく洗いましょう。重曹は、研磨剤の役割になるので、あまり強く擦ると、傷ができますので気をつけましょう。床・壁をシャワーでしっかり洗い流して完了。

重曹ペーストを使った掃除のカギを握るのは、ズバリ水加減です。重曹ペーストが緩くならないように気をつけましょう。

排水口には重曹とクエン酸の合わせ技!

排水口には重曹とクエン酸の合わせ技!

匂いが気になる排水口の汚れには、重曹とクエン酸を合わせて使うと、発泡し泡が汚れを落としてくれるので、キレイになりますよ。

用意するもの
  • 重曹(粉末)
  • クエン酸(粉末)
  • 空のスプレーボトル
  • スポンジ

手順1. .重曹をふりかける

排水口のネットに溜まった髪の毛や、ゴミを取り、重曹をふりかける。排水口が重曹で覆われる位に、まんべなく重曹をかける。

手順2. クエン酸水をかける

空のスプレーボトルにクエン酸と水を混ぜてクエン酸水を作り、重曹の上からクエン酸水をスプレーする。すると、シュワシュワと発泡してきます。そのまま30分程放置する。

手順3. シャワーで洗い流す

スポンジで擦ってシャワーでこすり洗いをし、シャワーで流し完了。

まとめ

お風呂掃除は、掃除箇所が多くさまざまな汚れがあるので、掃除が苦手な人は大変ですよね。お風呂掃除が少しでもラクにでるように、重曹を使った掃除方法を3つ紹介しました。

しかし、いくら重曹が皮脂汚れに強いからといって、お風呂の全ての汚れを落とせるわけではありません。お風呂丸ごとキレイに掃除するなら、プロのハウスクリーニングを利用するというのも賢い選択です。

プロのお掃除は、知識・技・専用の洗剤などで、満足できるお風呂掃除をしてくれます。時間や労力、仕上がりを考えれば、きっと満足できることでしょう。

お風呂クリーニング業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

pvms