あなたの家のカーペットは本当にキレイ?ダニの住処になっているかも!?

部屋を快適に過ごすため、カーペットは必須アイテムと言えます。座ったり時には寝転んだりして、くつろぎの時間を楽しむ方も多いでしょう。だけどそのカーペットが、ダニだらけだったら気分はどうでしょうか?くつろげないばかりか、健康を崩す可能性もあります。今回はカーペットにダニを増やさないための対策について紹介します。

あなたの家のカーペットは本当にキレイ?ダニの住処になっているかも!?

新しく替えたカーペットでゴロゴロするのって気持ちいいですよね。大人でも気持ちがいいのですから、小さなお子さんやペットならなおさらです。でも、カーペットにはダニがいるって知っていますか? 「ダニがいる」なんて考えたら、気持ちよくカーペットでゴロゴロできませんね…。

  • ほっとくん
    ほっとくん

    はじめまして。プロの技で、あなたを笑顔に!を本気で目指しているほっとクンと申します!
    今回はカーペットのダニに、悩んでいる人の助けになりたいと思っています!

もし、カーペットにダニがいるなら退治して、ダニを予防をしないといけませんね。そこで今回は、カーペットのダニ退治の方法と、ダニ対策の方法を紹介します。安心してゴロゴロできるカーペットにしましょう。

カーペットには3種類のダニがいる

カーペットには3種類のダニがいる

家の中には数種類のダニがいます。その中には、カーペットにいる主なダニは、チリダニ、コナダニとツメダニ3種類です。チリダニ、コナダニの大きさは0.3~0.4mm程度で、ツメダニでも0.3~1.0mm程度と小さく、肉眼では見にくいです。

なぜカーペットにダニが繁殖するのでしょうか?それは、カーペットがダニにとって、住みやすい環境だからなんです。ダニは温度20~30℃湿度60~80%の環境を好みます。カーペットは湿気が溜まりやすく、ダニにとっての好環境なんです。それにチリダニの好物は、人やペットの毛やフケ、垢、ホコリ、コナダニの好物は食べかすときています。ゴロゴロとくつろぐカーペットの上は、チリダニ、コナダニのごちそうだらけですね…。

チリダニやコナダニの死骸、糞は立派なアレルゲンになり、気をつけなくてはいけません。また、ツメダニは、チリダニやコナダニをエサにするため、チリダニ、コナダニが住むカーペットは、ツメダニにとっても住みやすい環境という訳です。ツメダニは、人を刺すこともあるため厄介です。アレルギー症状を引き起こしたり、人を刺すダニは退治する必要がありますよね。

ダニは素人でも退治できるの?

ダニは素人でも退治できるの?

ダニはとても小さい生き物です。掃除機で一気に吸いとってしまえば、ダニを吸い取れそうな気がしますが、生きているダニは、カーペットの繊維にしがみついて、掃除機の吸引力にも耐えるそうなんです。驚きですよね…。このため、生きたままダニを掃除機で吸いとるのは難しいです。

  • スッテップ1:ダニを死滅させる
  • スッテップ2:掃除機で吸い取る

という2スッテプでダニを退治する必要があります。詳しく紹介します。

【ステップ1】ダニを死滅させよう!

【ステップ1】ダニを死滅させよう!
  • こまるちゃん
    こまる

    ほっとクン、教えてー!ダニを死滅させるにはどうしたらいいの?


  • ほっとくん

    わかったよ。僕に任せてよ!ダニは熱に弱く50℃以上の熱で20分以上または、60℃以上の熱ならすぐに死滅するんだよ。そこで熱を使ってダニを死滅させればいいのさ~!熱を使ってダニを死滅させる方法を紹介するよ♪

1.スチームクリーナーを使って死滅させる方法

スチームクリーナーの機種により差があるものの、スチームクリーナーは100℃前後の蒸気が出ます。この蒸気を利用すれば、ダニは死滅します。

用意するもの
  • 掃除機
  • スチームクリーナー

手順1. 掃除機で吸う

まずは掃除機で食べかすなど落ちている物を、吸い取る。チョコレートなどが落ちていると、熱で溶けてしまい、カーペットの繊維に染みついてしまう恐れがあるため、掃除機でホコリや食べかすなどを吸いとっておく。

手順2. スチームクリーナーを使う

スチームクリーナーでカーペットを掃除する。カーペットによっては、熱に弱いものもあるため、必ず、取扱表示を確認し、目立たない所で試してから行う。

2.スチームアイロンを使って死滅させる方法

スチームアイロンを使って死滅させる方法

スチームアイロンも、スチームクリーナー同様に高温の蒸気がでるので、ダニを死滅させることができます。

用意するもの
  • 掃除機
  • スチームアイロン

手順1. 掃除機で吸う

まずは掃除機で食べかすなど落ちている物を、吸い取る。チョコレートなどが落ちていると、熱で溶けてしまい、カーペットの繊維に染みついてしまう恐れがあるため、掃除機でホコリや食べかすなどを吸いとっておく。

手順2. スチームアイロンをカーペットにかける

スチームアイロンを直接カーペットにつけず、少し浮かせてかけるか、薄手のタオルなどで当て布をすると、カーペットを傷めずに済む。カーペットによっては、熱に弱いものもあるため、取扱表示を確認し、さらに端の目立たない所で試してから行う。

3.布団乾燥機を使って死滅させる方法

布団乾燥機を使って死滅させる方法

布団乾燥機も50℃以上の高温の熱風を出します。機種によっては60℃以上の高温のものもあるようです。

用意するもの
  • 掃除機
  • 布団乾燥機

手順1. 掃除機で吸う

まずは掃除機で食べかすなど落ちている物を、吸い取る。チョコレートなどが落ちていると、熱で溶けてしまい、カーペットの繊維に染みついてしまう恐れがあるため、掃除機でホコリや食べかすなどを吸いとっておく。

手順2. 布団乾燥機を使う

効率よくカーペットに熱を送るため、カーペットの上に布団を掛ける。カーペットと布団のダニを一緒に死滅させられる。布団乾燥機を使って、30分以上は熱風を送る。

4.コインランドリーの大型乾燥機を使って死滅させる方法

コインランドリーの大型乾燥機を使って死滅させる方法

コインランドリーの大型乾燥機も50℃以上の熱風が出るため、ダニを死滅させれます。

手順1. カーペットを洗う

コインランドリーの大型洗濯機でカーペットを丸洗いする。

手順2. 乾燥させる

コインランドリーの乾燥機で、カーペットを乾燥させる。カーペットの取扱表示を確認しておく。

  • ほっとくん
    ほっとくん

    熱に弱いカーペットの場合は、カーペットに熱をあてることができないので、ダニ殺虫剤などを使ってダニを死滅させるしかありません。

【ステップ2】ダニを逃さない掃除機のかけ方

【ステップ2】ダニを逃さない掃除機のかけ方
  • こまるちゃん
    こまる

    ダニを死滅したら、もう安心だね♫


  • ほっとくん

    ダニを死滅させたら、ダニ退治終了!という訳にはいkないよ…。ダニの死骸は、アレルギー症状を引き起こすアレルゲンになるから、しっかり掃除機で吸い取っておかないとダメだよ!

ただ、やみくもに掃除機をかけても、しっかりダニの死骸を吸いとることはできません。 ダニ退治の重要なのが掃除機のかけ方なんです。今さら掃除機のかけ方?と思うかもしれませんが、掃除機のかけ方一つで、ダニの死骸が残るのか、吸い取れるかが決まるので、とても重要なんです。

用意するもの
  • 掃除機

手順1. 掃除機をかけるスピードに注意する

掃除機をかけるスピードに注意しながらゆっくり掃除機をかける。掃除機は時間がないからと、サッサとかけてしまいがちですが、掃除機はゆっくりかけるとダニの死骸を吸いとれます。
感覚としては、掃除機がカーペットに吸いつくのを感じる程度で、スピードはゆっくりを心がけましょう。時間でいうと1往復に5~6秒程度のスピードです。1往復に5~6秒というスピードは、かなりゆっくりですよ。

手順2. 掃除機のヘッドの動かし方に注意する

掃除機のヘッドの動かし方は、ヘッドの幅の1/3~半分くらいずらしながら行う。同じところを繰り返すことで、ダニの死骸の取り残しが防げます。掃除機をかける方向も、逆方向、ななめ、クロスなどいろんな方向からかける。少し時間はかかりますが、ダニ退治対策の仕上げの作業になります。しっかり吸い取ることが重要です。

今日から実行しよう!カーペットのダニ予防

今日から実行しよう!カーペットのダニ予防
  • こまるちゃん
    こまる

    掃除をかけて、死滅したダニも吸ったし、これでもう大丈夫だよね?


  • ほっとくん

    ダニ退治は大丈夫だけど、またダニがこないように予防したくない?

ダニ退治したら、次はダニを寄せ付けないために予防したいですよね。ダニ予防は、ダニが好む環境を作らないことが大切です。ダニが繁殖する条件は、温度、湿度、エサが揃うことです。ダニが住めない温度を保つことは不可能なので、湿度とエサに気をつければいいのです。

1.湿度対策

  • こまめに換気をして、部屋の湿度を下げる
  • カーペットの部屋での部屋干しはしない
  • カーペットの部屋での加湿器のかけすぎに注意する

いくら部屋の換気をまめにしても、室内に洗濯物を干したりすれば、湿度は上昇します。雨の日など、どうしても部屋干しなければならない場合でも、カーペット敷きの部屋や和室は避けて、浴室やフローリングの部屋に干すようにしましょう。

昔は室温が下がる冬には、ダニが減っていましたが、暖房器具の普及により1年中室温が一定に保たれるようになり、冬でもダニが生きれるようになりました。そんな室内で加湿器を使いすぎれば、冬でもダニが繁殖します。カーペット敷きの部屋や和室では使用を控えめにしましょう。

2.エサ対策

  • 髪の毛や垢は、こまめに取る
  • 食べこぼしがある場合は、レジャーシートを敷く
  • ペットをカーペット敷きの部屋に入れない

髪の毛や垢は、ダニの大好物です。とはいえ、落ちるのは防げませんよね。そこで、こまめに取り除くことが対策になります。手軽に掃除できる粘着テープローラーなどで、こまめに掃除しましょう。食べかすなども、ダニにとっては格好のエサになってしまいます。小さなお子さんがお菓子を食べる時は、レジャーシートを敷くなど、カーペットを守りましょう。

ニトムズ コロコロ
ニトムズ コロコロ
  • Nitoms
  • 価格 ¥700 (2018/9/6 17:17時点)
Amazonで詳細を見る
日本製 クルクルそうじっこカーペット用

ペットの毛や、食べかすも防ぎたいところです。ペットをカーペット敷きの部屋には入れないようにするのが一番ですが、できない場合は粘着テープローラーで、こまめに掃除しましょう。

まとめ

自分でできるカーペットのダニ退治の方法と、予防方法を紹介してきましたが、なかなか時間が取れない、ちょっと掃除が面倒臭い…と感じる方も多いのでは?そんな時は、カーペットをクリーニングに出すという手もあります。

しっかり掃除しているけど、それでもダニが心配という場合には、定期的にプロのハウスクリーニングをお願いするという手もあります。プロに任せれば、部屋の隅々までキレイになりますよ。

カーペットのクリーニング業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms