最終更新日:

カーペットのダニに注意!布団やカーペットのダニを退治して安心に!

部屋を快適に過ごすためカーペットは必須アイテムといえます。しかし、カーペットがダニだらけだったら気分はどうでしょうか?くつろげないばかりか、健康を崩す可能性もあります。今回はカーペットにダニを増やさないための対策について紹介します。

カーペットのダニに注意!布団やカーペットのダニを退治して安心に!

新しく替えたカーペットで、ゴロゴロするのって気持ちいいですよね?
大人でも気持ちがいいのですから、小さなお子さんやペットならなおさらです。
しかし、カーペットにはダニが潜みやすいです。

そこで今回は、カーペットに潜むダニを退治する方法や、ダニを対策する方法について紹介します。
安心してゴロゴロできるカーペットにしましょう。

>>プロのフロアクリーニング業者の一覧

カーペットに潜むダニは3種類

カーペットに潜むダニは3種類

カーペットの毛が長いものにダニが発生しやすいと思いやすいですが、それは間違いです。
というのもカーペットよりも塩ビタイルやコルク材などの方が、喘息などのアレルゲンになるダニが多いといわれています。

ダニの発生には、ダニの種類や環境の条件が影響しています。
人間に影響を与えるダニには「チリダニ」「コナダニ」「ツメダニ」の3種類です。

チリダニ、コナダニの大きさは0.3~0.4mm程度で、ツメダニでも0.3~1.0mm程度と小さく、肉眼では見にくいです。

カーペットはダニが繁殖しやすい環境

カーペットはダニが繁殖しやすい環境

なぜカーペットにダニが繁殖するのでしょうか?
ダニは温度20~30℃、湿度60~80%の環境を好みますが、カーペットは湿気がたまりやすくダニにとっての好環境になります。

ダニが好む温度は20~30℃のため気温が下がる秋~冬は、ダニは卵の状態で孵化しないまま春の温かくなる時期を待ちます。

ダニは-10℃以下になると死滅するといわれていますが、家の中で室温が0℃以下になることはあまりありません。
ダニは高温にも弱く60℃以上になると干からびて死滅しますが、日本の家屋では50℃以上の温風が30分以上あたるような環境にならないのでダニは繁殖し続けます。

また湿度としては、ダニに適しているのは70%程度です。
湿度が低くなるとダニは死滅しますが、カーペットや布団などに入り込むことで真冬でも生存します。
特に人間やペットなどが触れるような場所は、ダニにとっては適温で湿度もあるので好み繁殖します。

ダニの餌となるのはゴミ、フケ、髪の毛、また食べかす、ダニの死骸、糞なども餌になり繁殖していきます。
また、ツメダニはチリダニやコナダニをエサにするため、チリダニやコナダニが住むカーペットはツメダニにとっても住みやすい環境になります。
ツメダニは人を刺すこともあるため厄介です。

カーペットに繁殖したダニを死滅させる方法

カーペットに繁殖したダニを死滅させる方法

ダニを死滅させるには、どうしたらいいのでしょうか?
ダニは熱に弱く50℃以上の熱で20分以上または、60℃以上の熱ならすぐに死滅します。

ダニはとても小さい生き物で掃除機で一気に吸いとってしまえ吸い取れそうな気がしますが、生きているダニはカーペットの繊維にしがみついて掃除機の吸引力にも耐えるそうです。
そのため生きたままダニを掃除機で吸いとるのは難しいので、ダニを死滅させましょう。

スチームクリーナーでダニを死滅させる方法

スチームクリーナーの機種により差があるものの、スチームクリーナーは100℃前後の蒸気が出ます。
この蒸気を利用すればダニは死滅します。

準備物

  • 掃除機
  • スチームクリーナー

手順

1

掃除機を使ってカーペットに落ちている物を吸い取る

掃除機を使って、カーペットに落ちた食べかすなどを吸い取る。チョコレートなどが落ちていると、熱で溶けてしまい、カーペットの繊維に染みついてしまう恐れがあるため、掃除機でホコリや食べかすなどをしっかり吸い取る。

2

スチームクリーナーを使ってカーペットを掃除する

スチームクリーナーを使ってカーペットを掃除する。カーペットによっては、熱に弱いものもあるため、必ず取扱表示を確認して、目立たない所で試してからしましょう。

スチームアイロンでダニを死滅する方法

スチームアイロンもスチームクリーナー同様に、高温の蒸気がでるのでダニを死滅できます。

準備物

  • 掃除機
  • スチームアイロン

手順

1

掃除機でカーペットに落ちている物を吸い取る

掃除機を使ってカーペットに落ちた食べかすなどを吸い取る。チョコレートなどが落ちていると熱で溶けてしまいカーペットの繊維に染みついてしまう恐れがあるため、掃除機でホコリや食べかすなどをしっかり吸い取る。

2

スチームアイロンをカーペットにかける

スチームアイロンを直接カーペットにつけず、少し浮かせてかけるか、薄手のタオルなど当て布するとカーペットを傷めずにすみます。カーペットによっては熱に弱いものもあるため取扱表示を確認して、さらに端の目立たない所で試してからしましょう。

布団乾燥機でダニを死滅させる方法

布団乾燥機も50℃以上の高温の熱風を出します。
機種によっては60℃以上の高温のものもあるようです。

準備物

  • 掃除機
  • 布団乾燥機
  • 布団

手順

1

掃除機でカーペットに落ちている物を吸い取る

掃除機を使ってカーペットに落ちた食べかすなどを吸い取る。チョコレートなどが落ちていると熱で溶けてしまいカーペットの繊維に染みついてしまう恐れがあるため、掃除機でホコリや食べかすなどをしっかり吸い取る。

2

布団乾燥機をカーペットの上で使う

効率よくカーペットに熱を送るためカーペットの上に布団を掛ける。カーペットと布団のダニを一緒に死滅させらます。布団乾燥機を30分以上熱風を送って完了。

コインランドリーの大型乾燥機でダニを死滅させる方法

コインランドリーの大型乾燥機も50℃以上の熱風が出るため、ダニを死滅できます。

手順

1

コインランドリーの大型洗濯機でカーペットを洗う

コインランドリーの大型洗濯機でカーペットを丸洗いする。

2

コインランドリーの大型乾燥機で乾燥させる

コインランドリーの大型乾燥機で、カーペットを乾燥させる。カーペットの取扱表示を確認しておく。

ダニを死滅させた後は掃除機をかけよう

ダニを死滅させた後は掃除機をかけよう

ダニを死滅させた後はダニの死骸を掃除機で吸い取らなければなりません。
そこで重要なのが掃除機のかけ方です。
今さら掃除機のかけ方?と思うかもしれませんが、掃除機のかけ方一つでダニの死骸が残るか、吸い取れるかが決まります。

準備物

  • 掃除機

手順

1

掃除機をかけるスピードに注意する

掃除機をかけるスピードに注意しながらゆっくり掃除機をかける。掃除機は時間がないからとサッサとかけてしまいやすいですが、掃除機はゆっくりかけるとダニの死骸を吸いとれます。感覚としては掃除機がカーペットに吸いつくのを感じる程度でスピードはゆっくりを心がけましょう。時間でいうと1往復に5~6秒程度のスピードです。1往復に5~6秒というスピードは、かなりゆっくりですよ。

2

掃除機のヘッドの動かし方に注意する

掃除機のヘッドの動かし方は、ヘッドの幅の1/3~半分くらいずらしながらする。同じところを繰り返すことでダニの死骸の取り残しが防げます。掃除機をかける方向も逆方向、ななめ、クロスなどいろんな方向からかける。少し時間はかかりますがダニ退治対策の仕上げの作業になります。しっかり吸い取ることが重要です。

注意して!ダニの忌避剤と駆除剤は違います

注意して!ダニの忌避剤と駆除剤は違います

市販のダニ駆除剤の種類はスプレー型や据え置き型、吊るして使用するもの、煙霧型やパウダー状のものがあります。
これらの効果は忌避剤でダニを寄せ付けない状況にするものです。ダニを死滅させるものは駆除剤となります。

ダニの忌避剤の特徴

ダニの忌避剤はスプレータイプのものが多く、カーペットの1㎡あたりの表面に10回程度スプレーして乾かします。
効果としては1ヶ月ほど持ちますので、定期的にスプレーしましょう。

ダニ獲り用の置きマットもあり、カーペットの下などに設置するだけで3ヶ月程度効果が持続します。
2㎡の範囲で効果を発揮するため大きいカーペットであれば、置きマットの枚数も合わせて増やしましょう。
交換時期は新しいマットに交換して、古いマットはゴミとして処分できます。

ダニの駆除剤の特徴

駆除剤で一般的に使用されるものは、ピレスロイド系の殺虫剤です。
主に除虫菊の成分からできており、即効性があり持続性も高いためダニを素早く駆除できます。
人体に対しての毒性もあまりなく周りの環境に優しいタイプで、隠れているダニにも効果的です。

「フェノトリン」というピレスロイド系殺虫剤は、人体への影響は少ないのですが魚類などに対しては毒性が高いものです。
そのため金魚などを飼っている場合は、同じ部屋などで使用しないようにしましょう。

カーペットにダニが繁殖しないように予防する方法

カーペットにダニが繁殖しないように予防する方法

ダニを予防するには、ダニが好む環境を作らないことが大切です。
ダニが繁殖する条件は「温度」「湿度」「エサが揃う」の3つです。
ダニが住めない温度を保つことは不可能なので、湿度とエサについて気をつけましょう。

湿度対策してダニが繁殖しないように予防する

  • こまめに換気して部屋の湿度を下げる
  • カーペットの部屋での部屋干しはしない
  • カーペットの部屋での加湿器のかけすぎに注意する

いくら部屋の換気をまめにしても、室内に洗濯物を干したりすれば湿度は上昇します。
雨の日などどうしても部屋干しなければならない場合も、カーペット敷きの部屋や和室は避けて、浴室やフローリングの部屋に干すようにしましょう。

昔は室温が下がる冬にはダニも減っていましたが、暖房器具の普及により1年中室温が一定に保たれるようになり、冬でもダニが生きられるようになりました。
そんな室内で加湿器を使いすぎれば、冬でもダニが繁殖します。
カーペット敷きの部屋や、和室では加湿器の使用を控えめにしましょう。

エサ対策してダニが繁殖しないように予防する

  • 髪の毛や垢はこまめに取る
  • 食べこぼしがある場合はレジャーシートを敷く
  • ペットをカーペット敷きの部屋に入れない

髪の毛や垢はダニの大好物です。とはいえ、落ちるのは防げませんよね?
そこで、こまめに取り除くことが対策になります。
手軽に掃除できる粘着テープローラーなどで、こまめに掃除しましょう。

食べかすなども、ダニにとっては格好のエサになってしまいます。
小さなお子さんがお菓子を食べる時はレジャーシートを敷くなど、カーペットを守りましょう。

カーペットのダニが退治できなかったら業者に依頼

今回は、カーペットに潜むダニを退治する方法や、ダニを対策する方法について紹介しました。

しかし、「なかなか時間が取れない…」「掃除が面倒臭い…」と感じる人も多いのではないのでしょうか?

そんな時は、カーペットの掃除を業者に依頼するという手もあります。

プロに任せれば、部屋の隅々までキレイになりますよ。

まとめ

  1. カーペットはダニが繁殖しやすい環境です
  2. カーペットに繁殖しだダニを自分で死滅させるには、スチームクリーナーやスチームアイロン、布団乾燥機が効果的です。丸洗いできるものはコインランドリーで洗うのもオススメです
  3. ダニに効く薬剤の種類と使い方を知り、正しく使おう
  4. 湿度対策とこまめな掃除で、カーペットのダニ予防しよう

フロアクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

床(フロア)クリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った床(フロア)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す