トイレの尿石に悩んでいる方へ朗報!こびりついた尿石を落とす方法

時間がたつとトイレ便器にこびりつく尿石汚れは、どれだけ擦ってもなかなか汚れが落ちないですよね?そんなやっかいな汚れを、ウソのように簡単に落とす方法があります。そこで今回は、尿石を落とす方法や、予防する方法について紹介します。

トイレクリーニング
更新
トイレの尿石に悩んでいる方へ朗報!こびりついた尿石を落とす方法

少しトイレ掃除をサボると、出てくるのが黄ばみですよね?

便器にこびりついた尿石は、見た目が気になるうえ、悪臭までしてきます。

また、時間がたつと尿石は便器にこびりつき、どれだけこすってもなかなか汚れが落ちないですよね。

そんなやっかいな尿石汚れを、嘘のように簡単に落とす方法があるんです。

今回は、トイレ掃除の天敵の尿石を落とす方法や、トイレに尿石が付かないように予防する方法について紹介します。

>>プロのトイレクリーニング業者の一覧

【尿石の特徴】トイレに尿石がこびりつく悪臭がする!

【尿石の特徴】トイレに尿石がこびりつく悪臭がする!

尿石とは、人の尿に含まれる物質が、雑菌によって変質したものです。

尿石は雑菌がたまりやすい性質をもっているため、悪臭の原因にもなります。

出してすぐの尿には臭いがほとんどありませんが、雑菌によって分解されることで悪臭を放つようになります。

尿石はアルカリ性のため、酸性で中和すると汚れが落としやすくなります。

それでは、尿石に効果的な掃除方法について詳しく紹介します。

【尿石の落とし方】自分で尿石を落とす4つの方法

【尿石の落とし方】自分で尿石を落とす4つの方法

それでは、こびりついた尿石を落とす方法を紹介します。

別々の洗剤や道具を使った4つの方法です。

自分に合った方法を試してみてください。

どの方法で掃除するにも、まずは便器の水を抜いてから始めましょう。

便器に水がたまっている状態では、洗剤を流し込んでも薄まってしまい、効果が弱まってしまいます。

底にこびりついた尿石を落とすのは難しいでしょう。

灯油ポンプを使って水を抜くと簡単です。
コップで水をすくう方法もあります。

【尿石の落とし方】市販の洗剤を使って尿石を落とす方法

軽い黄ばみ汚れなら、市販のトイレ用洗剤を使用してみてください。

ここで重要なのが、酸性のトイレ洗剤を使用すると言うことです。

アルカリ性の尿石は、酸で中和させれば落としやすくなります。

用意するもの

必須
市販の酸性洗剤
ゴム手袋
トイレブラシ
1

ゴム手袋を装着して、尿石に市販の酸性洗剤をかける

手荒れ予防にゴム手袋を装着する。尿石の部分に少しずつ、洗剤をかける。便器のふちの裏側などには、洗剤が垂れてしまうので、洗剤を染み込ませたトイレットペーパーをあてて30分程放置する。時間を置くことで汚れが中和され、尿石が取れやすくなる。

2

トイレブラシでこすり洗いをしてからいつも通りトイレを流す

トイレブラシでこすって尿石を落とす。水で洗い流して完了。

【尿石の落とし方】重曹とクエン酸を使って尿石を落とす方法

市販の酸性洗剤を使っても尿石汚れが落ちなかった場合は、重曹とクエン酸を使った掃除方法を試してみましょう。

重曹やクエン酸はスーパーや、100均ショップで購入できます。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
クエン酸(粉末)
空のスプレーボトル
トイレブラシ
1

クエン酸水スプレーを尿石に吹きかける

空のスプレーボトルにクエン酸を大さじ2杯と、水を200mlを混ぜてクエン酸水スプレーを作る。
クエン酸水スプレー尿石に、クエン酸水を吹きかける。便器の水がたまる部分には、クエン酸水をそのまま流し込む。

2

尿石に重曹を振りかける

クエン酸水スプレーを吹きかけた部分に重曹を振りかけて、そのまま30分程度放置する。
便器の水がたまる部分にも重曹を入れる。クエン酸と重曹が化学反応を起こし泡が発生します。この泡によって尿石を落としていくため、しっかり反応するまで放置する。

3

トイレブラシでこすり洗いをして洗い流す

トイレブラシで尿石をこすって尿石を落とします。水で洗い流して完了。

【尿石の落とし方】耐水サンドペーパーを使って尿石を落とす方法

この方法は、尿石を耐水サンドペーパーで削る方法になります。

多くの尿石は、この方法で落とせます。

しかし、尿石を落とすと同時に、便器に傷をつけるリスクもあります。

便器に傷ができると、その傷に汚れがたまりやすくなります。

新たな汚れが入り込むと、落とすのは大変です。

便器になるべく傷をつけないためには、耐水サンドペーパーの選び方がポイントになります。

耐水サンドペーパーの番号が小さくなるほど、目が粗くなっていくことを覚えておきましょう。

まずは1500番1000番といった、目の細かい耐水サンドペーパーを選ぶようにします。

耐水サンドペーパーでこすって尿石が落ちないのであれば、800番などの、少し目が粗い耐水サンドペーパーでこすりましょう。

耐水サンドペーパーは、ホームセンターなどで購入できます。

用意するもの

必須
耐水サンドペーパー(1500番~1000番)
ゴム手袋
あると便利
ゴーグル
マスク
1

手袋やゴーグル、マスクを装着する

トイレに顔を近づけて掃除するので、汚水が飛んでくる可能性があります。なので手袋やゴーグル、マスクを着けて掃除しましょう。

2

サンドペーパーで尿石を優しく磨く

黄ばんだ尿石に耐水サンドペーパーで直接磨く。便器に大きな傷がつかないように優しくこすって完了。

耐水サンドペーパーの掃除方法はこれだけです。

便器を削るのと一緒ですので、あくまでも最終手段とお考えください。

【尿石の落とし方】業務用の尿石除去剤を使って尿石を落とす方法

酸性洗剤でも落とせない尿石は、業務用の尿石除去剤を使って落としていきましょう。

塩酸を薄めて作っているため強力ですので、容量用法を守って使ってください。

用意するもの

必須
業務用の尿石除去剤
ゴム手袋
トイレブラシ
あると便利
マスク
ゴーグル

手順は酸性の洗剤を使った方法とほぼ同じです。

1

トイレの換気をしっかりする

掃除の前にトイレの窓やドアを開けておきます。ゴム手袋、マスク、ゴーグルを装着します。

2

便器に洗剤をかけてしばらく放置する

便器のふちの裏側などには、洗剤を染み込ませたトイレットペーパーをあてておきます。洗剤の説明書を確認し、指定された時間放置しておきます。

3

トイレブラシでこすり洗いをして洗い流す

トイレブラシで尿石をこすって尿石を落とします。水で洗い流して完了。

こびりついた尿石を落とすためには、洗剤を尿石と反応させる掃除方法が有効です。

汚れが浮き上がるので、こすりすぎて便器に傷をつけることもなくなります。

【尿石の落とし方】尿石を落とす時の3つの注意点

【尿石の落とし方】尿石を落とす時の3つの注意点

今回ご紹介する尿石の掃除方法では、いくつかの洗剤を使います。

使い方を誤ると事故や、ケガにつながる恐れがありますので、用法用量を守ってください。

【尿石の落とし方】洗剤を混ぜると毒ガスが発生するかも!?

酸性洗剤と、塩素系漂白剤を混ぜると有毒ガスを発生します。

直接混ぜない場合でも、便座などに洗剤が残っている場合は、有毒ガスが発生する恐れがあるので、洗剤を水で流しきってからご使用ください。

【尿石の落とし方】洗剤が体につくとケガをする場合がある!

洗剤が体につくと皮膚につくとただれたり、失明することもあります。

酸性洗剤はもちろん、業務用の尿石除去剤を使う時には特に注意が必要です。

掃除の前にはかならず、ゴム手袋やゴーグルなどを活用しましょう。

もしも皮膚についたり目に入ったりした時には、すぐに水で洗い流します。

症状がある場合は、医師に相談しましょう。

【尿石の落とし方】便器やトイレ器具を傷めてしまう場合がある!

洗剤を必要以上に長い時間、放置しておくと便器を傷めてしまう場合があります。

洗剤の説明書を確認して、用法用量を正しく守ってください。
(一度で汚れを落ちない場合は洗剤を水で流して、繰り返し掃除してください)

また強力な洗剤を便器以外に使用した場合、傷んでしまうことがあります。

金属や人造大理石、タイルなどは変色や劣化することもあるため、注意して使いましょう。

【尿石の予防】尿石が付かないように予防する方法

【尿石の予防】尿石が付かないように予防する方法

尿石の掃除方法を知っていれば、尿石がついても怖くありませんが、そもそも尿石ができないのが一番掃除がラクになりますよね。

そこで尿石を予防する2つの方法を紹介します。

【尿石の予防】尿石が固まる前にこまめにトイレを掃除する!

最も効果がある方法は、尿石ができないようにこまめに掃除することです。

尿が便器についただけでは、尿石にはなりません。

また、尿石になる前に掃除すれば、強力な洗剤も不要です。

週に1回程度、曜日を決めるなどして定期的に掃除するようにしましょう。

余裕のある方は3日に1回程度掃除できればより安心です。

【尿石の予防】尿石予防グッズを使って予防する!

掃除以外にも尿石を予防する道具を使う方法もあります。

トイレを流すだけで便器を洗浄してくれるタイプの道具や、塗るだけで尿石予防ができる洗剤などもあります。

これらの方法を組み合わせて、尿石を予防しましょう。

自分で落とせなかった尿石は業者に依頼しよう!

今回は、トイレ掃除の天敵の尿石を落とす方法や、トイレに尿石が付かないように予防する方法について紹介しました。

掃除が大変な尿石ですが、適した方法で掃除すれば落とせます。

こまめに掃除できれば一番いいのですが、なかなか難しい方もいるでしょう。

そんな時は、トイレ掃除専門の業者に依頼するのもひとつの方法ですよ。

まとめ

  1. 尿石とは人の尿に含まれる物質が、雑菌によって変質したもの。4つの方法から、自分に合うやり方で掃除してみよう
  2. 「尿石」を落とす時は、3つの注意点を守る
  3. トイレに尿石が付かないように予防するには、こまめな掃除と市販の便利なグッズを使ってみてみる

トイレクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレクリーニングをプロに依頼するなら

トイレクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にトイレクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、 住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、 まいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
96 投票, 平均点: 4.51

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事