最終更新日:

【ドライブレコーダーの選び方】愛車を守るドライブレコーダーの選び方

近年あおり運転や、危険運転が社会問題になっており、ドライブレコーダーの選び方に悩んでいませんか?あおり運転や危険運転の被害者になった時に、有効な証拠として動画や音声記録が役に立ちます。そここで今回は、ドライブレコーダーの選び方について紹介します。

【ドライブレコーダーの選び方】愛車を守るドライブレコーダーの選び方

近年あおり運転や、危険運転が社会問題になっており、ドライブレコーダーへの関心が高まっています。

ドライブレコーダーに道路状況や、周囲の状況を記録して、あおり運転や危険運転の被害者になった時に、有効な証拠として動画や音声記録が役に立ちます。

そここで今回は、ドライブレコーダーの種類や、ドライブレコーダーの選び方について紹介します。

ドライブレコーダーを取り付けて、安全運転に役立てましょう。

>>プロのドライブレコーダーの取り付け業者の一覧

【ドライブレコーダーの選び方】ドライブレコーダーとは?

【ドライブレコーダーの選び方】ドライブレコーダーとは?

あおり運転や危険運転など、ニュースがよく流れるようになりました。

あおり運転や危険運転の様子や、音声が流れますが「どうやって撮影しているんだろう…」と思ったことはありませんか?

動画や音声は、同乗者がスマートフォンや携帯ビデオレコーダー等で撮影している場合と、車載の録画録音装置で撮影している場合があります。

「ドライブレコーダー」とはまさに、車載の録画録音装置のことす。

運転中に自動車の前方や後方(あるいは側方も)の画像や音声を録画する装置です。

トラック、バス、タクシー、重機など、業務用車両に搭載されている「タコグラフ」という運行時間中の速度変化を記録する装置もありますが、タコグラフには動画や音声の録画機能はありません。

ドライブレコーダーを付ける目的は、走行中の道路状況や環境を、動画と音声で収録することが大きな目的です。

収録した動画や音声は、ドライバーが何かの事故や、交通トラブルに巻き込まれた時に、有効な証拠資料になります。

また、加害者になってしまった時の証拠にもなります。

ドライブレコーダーを搭載することにより、ドライバーの安全運転啓発にも役立ちます。

タコグラフを搭載した業務用車両も最近はデジタル化が進み(以前は円盤状のチャート紙にグラフが印字されるだけでした)、ドライブレコーダーと「デジタコ」と呼ばれるタコグラフを組み合わせた運行管理システムを搭載するシステムが一般的になっています。

【ドライブレコーダーの選び方】必須の機能や性能

【ドライブレコーダーの選び方】必須の機能や性能

メーカーから様々な種類のドライブレコーダーが発売されています。

価格も10,000円を切るものから100,000円を超えるものまで様々です。

その中から、ドライブレコーダーに求められる必須の機能や、性能について紹介します。

【ドライブレコーダーの選び方】画像の鮮明さ

ドライブレコーダーの画質や解像度が低いと、前の車のナンバープレートや、信号機の点灯状態、標識や周囲の状況がわかりにくくります。

どこでどんなアクシデントがあり、関連する車両や人物の情報がわかりません。

画質は主に「解像度」と「画素数」で決まります。

相手の車のナンバープレートを確実に読み取るためには、画素数は「200万画素」以上、画質は「Full HD」以上の製品を選びましょう。

【ドライブレコーダーの選び方】水平画角や垂直画角

事故は必ず真正面で起きると限りません。

そのため、ドライブレコーダーが撮影できる画角(視野角)は広いほど安心です。

ドライブレコーダーの画角には「水平画角」「垂直画角」「対角画角」があります。

目安として、「水平画角」が100度以上、垂直画角が55度以上のものを選びましょう。

また、一部360度撮影可能なカメラを搭載したモデルもあります。

【ドライブレコーダーの選び方】夜間や逆光時でも記録できる

明るい場所や、暗い場所が同時に見える場所を撮影すると、画像が白くなる「白飛び」や黒くなる「黒つぶれ」が起きます。

そのような時に明るさを自動調整して、明暗差のついた見やすい画像にする機能を「WDR(ワイドダイナミックレンジ)」機能といいます。

夜間や逆光時の撮影には欠かせない機能です。

【ドライブレコーダーの選び方】信号の色を明確に識別できる

LED信号機の灯火は、目に見えない超高速で点滅を繰り返しています。

そのためドライブレコーダーの中には、LED信号機の光が点滅したり、真っ暗に映る機種があります。

事故が起きた時の証拠映像として「信号機の色がわからない」ということは、証拠になりません。

購入前にLED信号機対応か確認しましょう。

【ドライブレコーダーの選び方】後方撮影できる

ドライブレコーダーは前方だけではなく、後方も撮影可能かが重要です。

例えば、後方からあおり運転を受けたり、逆に自分の運転のせいで後方事故が発生してしまった場合、後方の画像や音声が重要になります。

【ドライブレコーダーの選び方】5種類のドライブレコーダー

【ドライブレコーダーの選び方】5種類のドライブレコーダー

数あるドライブレコーダーの中で、代表的な5種類の特徴を紹介します。

【ドライブレコーダーの選び方】一体型の特徴

一体型とは、ドライブレコーダーのカメラ、マイク、記録部分が一体になった製品です。

配線が不要で簡単に取り付けられて、すぐ使えるのは大きなメリットです。

しかし、後方カメラがついていない商品もあります。

【ドライブレコーダーの選び方】分離型の特徴

分離型とは、ドライブレコーダーのカメラと、記録部分が分かれたタイプです。

カメラ部分を小さくできるので、運転中視界に入ってもあまり気になりません。

カメラはどこにでも設置可能で、リア側に付けて後方を撮影することもできます。

しかし、配線が複雑なため、カー用品店などで取り付けてもらった方がいいでしょう。

【ドライブレコーダーの選び方】ミラー型の特徴

ミラー型は、カメラをルームミラーの裏側に隠せて、前方視界を遮ることなくドライブ状況を録画できます。

レコーダーの設置後に目立ってしまう確認用のモニターも、鏡面に一部に映し出すタイプが多く、面倒な配線せずにルームミラーに取り付けられます。

【ドライブレコーダーの選び方】常時録画の特徴

常時録画とは、エンジンが作動している時は、常に撮影します。

また、エンジンを切った後も、録画を続ける製品もあり、異常発生時にオーナーのスマートフォンやパソコンなどにアラームが鳴り、車上荒らしや車泥棒に遭わないような機能を備えた製品もあります。

【ドライブレコーダーの選び方】Gセンサー録画の特徴

Gセンサー録画とは、内蔵されているG(重力)センサーが、急ブレーキや接触などによる一定以上の衝撃を検知した場合に、衝撃のもととなるでき事の前後の映像をmicroSDカードに録画します。

常時録画中でも、上書きされない領域に記録することで、時間がたっても映像が保護されます。

【ドライブレコーダーの選び方】ドライブレコーダーのオススメ

【ドライブレコーダーの選び方】ドライブレコーダーのオススメ

今売れ筋のドライブレコーダーを紹介します。

  • カメラ方式は日本専用の右カメラに更新され、現在市販の11.66高解像度の製品で唯一日本専用の右側レンズの製品に適用します
  • 画面解像度は1080 Pから2.5 Kの解像度にアップされました
  • カメラセンサはソニー335からソニー415に引き上げられました
  • JADO専用の駐車配線を利用し、タイムラプス駐車監視モードができます
  • 1296P高画質記録
  • 超暗視HDR技術採用 ・前後同時記録
  • 32GB高耐久性カード付き ・多機能サポート
  • Gセンサー搭載
  • エンジンON/OFF連動・駐車補助線
  • フロントカメラ部仕様:撮像素子:1/2.8型 CMOSセンサー
  • 有効画素数:最大370万画素
  • レンズ画角:水平113°、垂直60°(対角133°)
  • WQHDノイズ対策済
  • 夜間画像補正LED信号対応

ドライブレコーダーの選び方に迷ったら業者に相談!

今回は、ドライブレコーダーの種類や、ドライブレコーダーの選び方について紹介しました。

ドライブレコーダーを設置することは、あおり運転や危険運転に遭遇した時の有効な映像証拠を取得できるだけでなく、安全運転の意識の高まりにもつながります。

しかし、ドライブレコーダーを設置したからと言って安心せずに、運転者の意識や、ゆとりの気持ちが大切です。

ドライブレコーダーの取り付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ドライブレコーダーの出張取付けならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったドライブレコーダーの出張取付けの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す