最終更新日:

【車シートを掃除する方法】汚れが染み込んだ車のシートを掃除するコツ

汚れが染み込んだ車のシートの掃除は、皆さんどうしていますか?ホコリやダニだけではなく、食べかす、皮脂などの汚れで、想像以上に汚れています。表面をキレイにするだけではなく、クッション材に染み込んだ汚れを取る必要があります。そこで今回は、車のシートを掃除する方法を紹介します。

【車シートを掃除する方法】汚れが染み込んだ車のシートを掃除するコツ

皆さんは、車のシート掃除する方法を知っていますか?

車のシートは、ホコリやダニだけではなく、食べかすや皮脂等が落ちてしまい、想像以上に汚れています。

ただ単に表面をキレイにするだけではなく、クッション材に染み込んだ汚れを取る必要があります。

そこで今回は、車のシートが汚れる原因や、車のシートを掃除する方法について紹介します。

>>プロの車内清掃の業者一覧

【車のシート掃除】車のシートが汚れる原因を知ろう!

【車のシート掃除】車のシートが汚れる原因を知ろう!

マイカーをお持ちの皆さん、車のシートはキレイにしていますか?

筆者も愛車でよくあちこちに一家(&一匹)で出かけたり、車中泊して楽しんだりしていました。子供がまだ小さい時は、車の中にハンバーガーセットのポテトを落としたりジュースをこぼしたり、寝ている時はヨダレを垂らしたりと、旅から戻ったらすぐ掃除していました。

車のシートが汚れ原因は、食べかす、ジュース等の液体汚れ、ホコリ、人間の皮脂、フケ、髪の毛、ペットの毛などです。

これらの汚れをそのままにしておくと、ダニやカビがシートの中に染み込むように発生します。

車に乗るとかゆくなったり、気持ち悪くなる原因にもなり、長時間乗っているとあまりのかゆさに運転に支障が出るくらいひどいケースも稀にあります。

また、シートだけではなく、フロアマットやコーティングの禿げた革巻きハンドルや、シフトノブにもカビやダニの成分が発生することもあります。

【車のシート掃除】掃除する前にシートの種類を知っておこう!

【車のシート掃除】掃除する前にシートの種類を知っておこう!

車のシート生地には、種類があります。

生地によって特徴があり、汚れの発生方法にも違いがあります。

【車のシート掃除】本革シート

本革シートは、牛の皮膚をなめし、車のシート表面生地として使用したものです。

一般的に高級車のシートに使われています。

価格が高いですが、本革シートの生地表面には保護膜がコーティングされており、水濡れや汚れにも強いのがメリットです。

水ぶきや、簡単なホコリとりで大体の汚れは落ちます。

しかし、経年劣化でひび割れたり、表面のコーティングが剥げてきた場合は、その部分からホコリやダニが発生すため、定期的に保護劑等でお手入れしましょう。

【車のシート掃除】合成皮革シート

合成皮革シートは、本革ほど高級ではありませんが、人工皮革を表面材に用いたシートです。

基本的に、本革シート同様お手入れはしやすいです。

中には「アルカンターラ」と呼ばれるような高級な人工皮革もあり、高級輸入車やスーパーカー、国産車でも高級ミニバンやセダンによく使われています。

【車のシート掃除】ファブリックシート

いちばん多いのがこの「ファブリック生地」を使ったシートです。

価格が安価で肌触りもよく、ほぼ90%近い国産車に採用されている生地です。

布地でもあるため、汚れが染み込みやすく、カビやダニが発生しやすい生地でもあります。

【車のシート掃除】その他

商用車等には、汚れのふき取りが簡単な塩化ビニール生地のシートがよく使われています。

【車のシート掃除】ファブリックシートを掃除する方法

【車のシート掃除】ファブリックシートを掃除する方法

ファブリックシートの汚れは、自分で掃除すれば落とせることがほとんどです。

用意するもの

必須
台所用中性洗剤
バケツ
ブラシ
タオル
1

中性洗剤を水で薄める

バケツに水1Lと、中性洗剤50㏄入れてま混ぜる。バケツにタオルを入て絞り、汚れがひどい部分にポンポン叩くように洗剤を染み込ませる。

2

シートの隙間や折れ目の汚れやホコリをブラシでかき出す

シートの隙間や折れ目の汚れやホコリを、ブラシでを使ってかき出す。100円均一の靴洗い用ブラシが非常に便利です。

3

硬く絞ったタオルで拭き取りる

中性洗剤で汚れが浮き上がってきたら、硬く絞ったタオルで拭き取る。中性洗剤を残さないように、乾いたタオルで水気がなくなるまで根気よく水を吸い取る。シートの奥にガッチリ染み込んでいない飲み物などの汚れであれば、ある程度はキレイになります。市販のスチームクリーナー等で汚れを浮き上がらせて、吸い取るという方法も効果が高いです。いずれにしても、作業終了後によくシートを乾かしましょう。

これでもなかなか汚れが取れない場合は、プロにお願いするしかありません。

【車のシート掃除】シート掃除と一緒にやっておきたい掃除

【車のシート掃除】シート掃除と一緒にやっておきたい掃除

車のシートを掃除する時は、一緒に掃除しておいた方がいい場所について紹介します。

【車のシート掃除】フロアマット

フロアマットにも泥、ホコリ、水、食べかす汚れが多いです。

放置しておくとカビやダニが発生します。

マットを外して掃除機をかけて、中性洗剤をかけて水洗いし、よく乾かしましょう。

ガソリンスタンドの洗車コーナーに、マット洗うマシーンがありますので、それを使って洗うのもいいでしょう。

【車のシート掃除】ドリンクホルダ

ドリンクホルダの内側には缶飲料がよくこぼれ、砂糖入り飲料だとベタベタするだけではなく、ダニやカビの格好の餌になります。

ドリンクホルダの内部も洗剤などで洗い、最後に濡れ雑巾で汚れを取りましょう。

【車のシート掃除】ダッシュボードやトレイ

ダッシュボードやトレイもホコリ、毛髪、フケなどのカビやダニの原因物質がよく入り込みます。

濡れ雑巾を細長く丸めて拭きましょう。

【車のシート掃除】シートベルト

シートベルトは手で触るため皮脂がつきやすく、着用中は毛髪やフケもつきやすいです。

ポリエステル素材ですが、繊維の網目に雑菌が繁殖するので、軽い汚れなら中性洗剤を染み込ませたタオルでよくこすり、仕上げに乾いたタオルで水気を拭き取りましょう。

汚れが染み込んでいる場合は、一度シートベルトを目いっぱい伸ばして、伸び切ったところでクリップ止めなので巻き取られないようにしてから、洗剤入りのお水(あるいはぬるま湯)に漬け込んで汚れを取りましょう。

【車のシート掃除】業者に依頼する時に気をつけたいポイント

【車のシート掃除】業者に依頼する時に気をつけたいポイント

どうしても取れない車のシートの汚れは、やはりプロにお願いしないと落とせません。

プロにお願いする時に「どんな業者に依頼すればいいかわからない…」という人が多いようです。

車のシート掃除は、ある意味ニッチな業種ですが専門業者もいます。

あとは、ガソリンスタンドや、ハウスクリーニング業者、便利屋などに依頼できます。

いずれにしても、作業内容が明確に分かり、料金体系や汚れの種類により異なる取り方、掃除後の普段のお手入れまで詳しく教えてくれる業者がいいです。

もし比較検討で困ってしまったら「ほっとライン」のような業者さん紹介サイトでプロを探すという手もあります。

車のシート掃除を完璧にしたいなら業者に依頼しよう!

今回は、車のシートが汚れる原因や、車のシートを掃除する方法について紹介しました。

車のシート掃除は、まずは汚れを浮き上がらせることがポイントです。

浮き上がった汚れを吸い取り、よく乾燥させることが重要です。

市販の掃除道具でもある程度は取れますが、完璧な仕上がりを求めるのであれば、安心できるプロを探し、お願いしましょう。

車内清掃業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張車内清掃ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った出張車内清掃の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す