ベトベト換気扇の油汚れ!触らずに汚れが取れるつけおき掃除術とは?

拭いても拭いてもベタベタが残る換気扇の油汚れ、この油汚れをどうやって、みなさんは掃除していますか?換気扇にこびりついた真っ黒な油汚れを、手間をかけずに賢く落とし切る方法をご紹介します!

更新日:2018/05/07
 
ベトベト換気扇の油汚れ!触らずに汚れが取れるつけおき掃除術とは?

拭いても拭いてもベタベタが残る換気扇の油汚れ、この油汚れを皆さんはどうやって掃除していますか?洗剤を吹き付けて、力任せにこすり落とすのもありですが、もっと楽してキレイになれば嬉しいですよね。

今回は、換気扇にこびりついた油汚れを、触らずに汚れが取れるつけおき掃除術を紹介します。

換気扇の油汚れがつきやすい3大ポイント

換気扇の油汚れがつきやすい3大ポイント

換気扇の油汚れが付きやすい箇所は、ご存知ですか?料理で食材を加熱する時に、白煙のような蒸気が立ち上りますよね?発生した蒸気の中に、たくさんの油が含まれているために白くなります。

どうして換気扇は油でベタベタに汚れるかについては、詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

知って納得!キッチン換気扇をラクに掃除するための予備知識
あわせて読みたい
知って納得!キッチン換気扇をラクに掃除するための予備知識
リンク(新しいタブで開きます)

その蒸気が付着して油汚れがこびり付く箇所は、以下3つなんです。

  • 換気扇フィルター
  • (レンジ)フードカバー
  • 換気扇ファン(内部)

油汚れがひどくなる箇所を、マメに掃除をした方が良い順から並べてみましたが、パーツを外して分解掃除ができる換気扇はつけおき掃除有効です。

掃除する前にやっておくべき3つの準備

掃除する前にやっておくべき3つの準備

では、換気扇のつけおき掃除の仕方についてご紹介する前に、必ず確認してほしい3つの注意点を紹介します。

注意点1. 換気扇の電源を切る

お掃除の最中に誤って、換気扇が動き出すと怪我をすることもあります。よくある事故は、換気扇の部品を外している時や掃除中に、脚でIHコンロのスイッチに触ってしまい、換気扇が回ってしまう事故です。とても危険なので、換気扇掃除の前はコンセントを抜いておき、できればブレーカーも落としておいたほうが安心です。

注意点2. 足場をしっかり固定する

換気扇は頭より上の設置されているため、掃除をするには足場が必要になります。椅子を踏み台代わりに使うことも多いでが、できるだけ安定感のあるものを足場として使ってください。キッチン周りにモノが多く、床に置いている方も要注意。踏み台の周りには何もモノが置いていない状態にしましょう。滑り防止マットなどを踏み台の下に敷くと、より安全性が高まります。

注意点3. 換気扇の周りを養生する

頭上にある換気扇を掃除していると、落としたはずの油汚れやホコリが飛び散ることも…。余計な仕事を増やさないよう、壁や汚したくない壁・床・コンロは新聞やゴミ袋などをかぶせて、しっかり養生しましょう。

フィルターの油汚れは粉末重曹でラクに取れる

フィルターの油汚れは粉末重曹でラクに取れる

それではさっそく、換気扇の油汚れを落としていきましょう!まずは、換気扇フィルターを簡単に掃除できる方法を紹介します。

用意するもの
  • 重曹(粉末)
  • 古歯ブラシ
  • ぬるま湯
  • 雑巾

手順1.フィルターを外して粉末重曹を振りかける

フィルターの隅々までまんべんなく、重曹(粉末)をふりかけましょう。汚れをしっかり吸着させるため、そのまま10分~15分程放置する。

手順2. 油を吸着した重曹を歯ブラシでこする

フィルターをひっくり返しながら、まんべんなく重曹(粉末)をふりかけてください。重曹が油を吸着しきれていない部分には、さらに重曹をふりかけます。汚れが特にひどい箇所は、古歯ブラシでこすり洗いするのがオススメです。

手順3. ぬるま湯につけて重曹を落とす

油汚れは温度に弱いので、ぬるま湯を使って拭き取ることで格段に取れやすくなります。顔を洗う時も、お湯を使った方が皮脂汚れが取れやすいのと同じ仕組みです。ぬるま湯で拭き取っ後は、雑巾で水気をとって完了。

これだけで換気扇フィルターの汚れを取ることができます。手を直接汚さずに掃除できるので大変オススメです。

レンジフードのベタつきはキッチンペーパーで洗浄パック

レンジフードのベタつきはキッチンペーパーで洗浄パック

レンジフードの油汚れは、キッチンペーパーに洗剤を染み込ませて、油汚れを浮かす洗浄パックがオススメです。

用意するもの
  • 手袋
  • 中性洗剤
  • キッチンペーパー
  • 雑巾(2枚)

手順1. バケツの中で水と中性洗剤を混ぜ合わせる

バケツの中で水と中性洗剤を混ぜ合わせ、雑巾を入れてよくその水を含ませてから絞る。

手順2. 雑巾でレンジフードを拭く

取り外しが、できるレンジフードは、取り外してから拭くようにしましょう。

手順3. 乾拭きして水気を取る

汚れがある程度取れたら後は、乾いた雑巾で水分をふき取って完了。

もし、汚れが取れない場合はキッチンペーパーに中性洗剤を水で溶かしたものを染み込ませて、それを汚れのある部分に張りましょう。そして、しばらく時間をおいてからはがしてみると汚れが落ちやすくなっているのであとはふき取るだけです。

このように簡単に汚れを落とすことができます。また、中性洗剤はどこのお宅にもあると思うので、一度試してみてください。

ファンの油汚れはつけおき洗いでラクをする

ファンの油汚れはつけおき洗いでラクをする

次は換気扇の油汚れで、一番手強いと言ってもいい換気扇ファン(内部)の油汚れの落とし方について紹介していきます。

ファンの外し方も含めた掃除方法の詳細は、コチラで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

換気扇の掃除は重曹でつけおき洗い!中和の力で楽に油汚れを落とす方法
あわせて読みたい
換気扇の掃除は重曹でつけおき洗い!中和の力で楽に油汚れを落とす方法
リンク(新しいタブで開きます)

ここでは簡単に、換気扇ファンのつけおき掃除に必要な、道具と掃除の流れを紹介します。

用意するもの
  • 掃除用のゴム手袋とマスク
  • ファンが入る大きさの鍋
  • 重曹
  • スポンジ
  • 古い歯ブラシ、割り箸(ベタベタな油汚れをこそげ落とすのに便利)

ゴム手袋とマスクをして作業をしましょう!

手順1. ファンがすっぽり入る鍋にファンを入れる

ファンが隠れるくらいに水を入れて、重曹1カップ程入れる。重曹を入れすぎると、沸騰した時にあふれてきたりすることがありますので、少しずつ様子を見ながら入れていきましょう。重曹が足りないと思ったら、沸騰した後に足しましょう。

手順2. 鍋をそのまま火にかける

沸騰してから30分程度はそのまま火にかけて煮る。鍋の火を止めて、さらに30分程度放置する。

手順3. ファンを取り出して軽くこすり洗い

鍋からファンを取り出して、中和した油汚れを水洗いしましょう。スポンジで軽くこするだけで、頑固な汚れもカンタンにとれます。最後の仕上げは雑巾で、しっかりと水気を拭き取り完了。

ファンもフィルターもレンジも同時進行で掃除できます。1つ水に浸したしている間に、違う部分を掃除しておけば一石二鳥になります。

まとめ

キッチン換気扇の油汚れを落とす掃除方法をご紹介しました。

  • 「お湯を使って温度を味方につける」
  • 「時間を与えて洗剤に100%仕事をさせる」

この2点を意識すれば、苦労しなくても換気扇のおそうじが出来ます。

また、まとまった時間がとれない!という方は一度、プロにクリーニングを依頼することをおススメします。換気扇のクリーニング1万円~が相場ですが、節約できる手間と時間を考えたら、とても価値がありますよ。

換気扇クリーニング業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

pvms