【スレート屋根の特徴】日本で多いスレート屋根は定期的にメンテナンス

屋根塗装
更新

屋根に開いた小さな穴でも、雨水が染み込んでどんどん腐食します。日光や風雨による破損を直して、改めて塗装することで、スレート屋根が長持ちします。スレート屋根は、定期的にメンテナンスすれば、結果的に住宅の維持費が安くなります。

【スレート屋根の特徴】日本で多いスレート屋根は定期的にメンテナンス

屋根を見る機会はあまりなく、気づいたら天井からポタポタと雨漏りしているケースが多いです。

小さな穴でも雨水が染み込んで、どんどん腐食します。

スレート屋根は、日光や風雨による破損を修理して、改めて塗装することで長持ちします

そこで今回は、スレート屋根の特徴や、劣化したスレート屋根は危険性について紹介します。

>>プロの屋根塗装業者の一覧

【スレート屋根の特徴】スレート屋根の基礎知識を知ろう!

【スレート屋根の特徴】スレート屋根の基礎知識を知ろう!

日本の住宅のほとんどは、スレート屋根です。

スレート屋根の種類

スレート屋根は、下記のように天然物か加工品のどちらかになります。

  • 天然スレート
  • 化粧スレート

天然スレートは、自然の粘板岩を板の形にした屋根材です。

色などの風合いに優れており、高い加工技術を要することから、高級住宅や駅などの屋根に使われています。

化粧スレートは、セメントと繊維を混ぜた上で板にした屋根材です。

過去にはアスベストを混ぜたものが多く出まわっていましたが、平成18年頃に健康被害が判明してから禁止されています。

スレート屋根の構造

スレート屋根は、一番下になる野地板があり、その上に防水シートを広げ、そこにスレートを敷き詰めます。

そのままでは落下するため、釘や接着剤で固定します。

重なるように並べて、固定するだけなので、経験が浅い職人でも作業できます。

また、スレート1枚の重量は、瓦などに比べると軽量です。

スレート屋根のメンテナンスは、葺き替えの他に、そのまま上に別の屋根材をかぶせる工法があります。

【スレート屋根の特徴】スレート屋根のメリットとデメリット

【スレート屋根の特徴】スレート屋根のメリットとデメリット

スレート屋根が広く普及したのは、大きなメリットと、許容できる範囲のデメリットがあるからです。

それぞれの内容を知って、正しく扱いましょう。

スレート屋根は安価で軽量です!

スレート屋根の最大のメリットは、施工しやすく、屋根材として安価であることです。

薄くて軽いため、屋根までの運搬や設置が簡単で、対応できる業者が多くあります。

耐震性としても優れており、重い屋根瓦のように落下するリスクが低いです。

初期費用の安さによって、一般住宅から工場の屋根まで幅広く使われています。

和風の住宅でも、屋根を軽くしたい場合はスレート屋根が使用されています。

スレート屋根は定期的なメンテナンスが必須です!

スレート屋根は施工から10年程度で割れやすくなり、コケなどの自然現象が発生しやすいのがデメリットです。

スレート屋根の素材は、耐久性と耐水性が低く、風雨に耐えるためのコーティングが欠かせません。

屋根塗装は足場を組む関係から、外壁塗装と一緒にするのがオススメです。

専門業者の手で破損や劣化しているスレートを交換して、水はけに注意しながら再塗装してもらえば常に快適です。

【スレート屋根の劣化】劣化したスレート屋根は危険

【スレート屋根の劣化】劣化したスレート屋根は危険

古くなったスレート屋根は、様々な被害につながります。

気づいた時には深刻な事態になりやすいので、ここで学んでおきましょう。

【スレート屋根の劣化】台風による吹き飛ばし

スレート屋根は小さな板の集合体で、下地にくっつけている釘や接着剤がゆるめば、強い風で吹き飛んでいきます。

高所から落ちてきた物体は、重力による加速で大きなエネルギーを得て、落下地点に大きな穴を開けます。

近隣の住宅、車、他人に直撃した場合は、謝罪と賠償が必要です。

日本では定期的に台風が通るので、シーズンに入る前に点検と修理をすませておきましょう。

【スレート屋根の劣化】雨漏りや虫食い被害

劣化したスレート屋根は、本来の機能を発揮しません。

そのためひび割れや、穴から雨水や外気が入ってきます。

防水シートなどの内部構造は、最も外側のスレートが機能する前提なので、すぐに内部まで浸透します。

シロアリなどの住宅に巣を作る虫、湿気があればどこにでも発生するカビも危険です。

どちらも時間が経つほどに被害が広がっていき、取り返しがつかなくなる恐れがあります。

【スレート屋根の修理】屋根塗装は業者に依頼しよう!

【スレート屋根の修理】屋根塗装は業者に依頼しよう!

スレート屋根の状態が気になったら、専門業者に相談しましょう。

【スレート屋根の修理】屋根塗装できる業者

スレート屋根は、定期的に塗装するのが一般的です。

塗装工事できるのは、工務店、リフォーム会社、塗装店、ハウスメーカーなどが対応できます。

実際に現場に来るのは、塗装店や工務店の職人です。

同じ屋根塗装であれば、塗装店や工務店に直接依頼する方が安いです。

仲介しているリフォーム会社や、ハウスメーカーは、手数料を上乗せしているため割高です。

【スレート屋根の修理】耐用年数はメンテナンスで変わる

加工しやすい化粧スレートは、破損したものを交換するのが一般的です。

屋根塗装の下準備で、修理と交換した後に、新たな塗膜でコーティングします。

一度に全部が壊れるわけではないため、10年程度のサイクルで塗り直すのが理想的です。

塗膜によって保護すれば、日光や雨水による劣化を最小限におさえられます。

【スレート屋根の修理】スレート屋根を修理する料金相場

【スレート屋根の修理】スレート屋根を修理する料金相場

気になるスレート屋根の修理料金は、こまめな点検によって維持コストを減らせます。

「お金がかかるから…」と業者に依頼するのを怠ると、かえって出費が増えることがあります。

【スレート屋根の修理料金】築5年のサイクルで点検と修理した場合

スレート屋根には、新築でも細かいひびが入っています。

職人が歩く時や、釘で打ち付ける時のダメージが原因です。

細かいひびでも、日光と風雨に晒されることで、どんどん広がっていきます。

細かいひびは、専用の接着剤で固めて補修作業します。

部分的に補修するだけなら1日程度の作業で、料金相場は50,000円程度(足場を組まない場合)です。

棟という、屋根のてっぺんにある板金で塞いだ蓋は、築15年ぐらいで交換するのが目安です。

【スレート屋根の修理料金】築30年に葺き替え工事する場合

古くなった住宅の場合は、スレート屋根を下地から全て交換しなければなりません。

撤去、下地の木材の張り替えの後に、防水シートと屋根材を設置してから塗装します。

平均的な費用は、2,000,000円程度(足場代などを含む)です。

屋根の広さと、下地の傷み具合、スレートの種類、塗装の品質によって変わります。

塗装する場合は、縁切りという水抜き用の穴が欠かせません。

葺き替え工事は高額なので、スレート屋根とは別のものを選択したり、住宅を変えるのも一つの手です。

スレート屋根についてわからないことは業者に相談!

今回は、スレート屋根の特徴や、劣化したスレート屋根は危険性について紹介しました。

スレート屋根は、5年単位で業者に点検と補修してもらうことが大事です。

小さなひびのうちに接着材で固めて、縁切りする屋根塗装すれば20~30年は長持ちします。

屋根状態をしばらく見ていない人は、専門業者に見積もりを依頼しましょう。

屋根塗装業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

屋根塗装をプロに依頼するなら

屋根塗装を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に屋根塗装の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる