エアコンクリーニング
更新日:2019/06/18

エアコン洗浄スプレーで汚れは落ちない!?エアコン洗浄スプレーの使い方

エアコン洗浄スプレーで汚れは落ちない!?エアコン洗浄スプレーの使い方

面倒なエアコンの掃除を簡単にするために、エアコン洗浄スプレーを使えばラクにできると思いがちですね?実は、そこには落とし穴が…!市販のエアコン洗浄スプレーの8割がフィンの掃除にしか適応していないということです。ではファンの掃除はどうすればいい?という疑問にお答えします。

みなさんはエアコンの市販の洗浄スプレー(エアコンクリーナー)を使って、エアコンを掃除した経験はありますか?

エアコンをこまめに掃除しないと、部屋が冷えなくなったり、エアコンの中にカビが繁殖したりして、部屋の空気が悪くなってしまうことがあります。

そんなことにならないために、掃除が大事です。

自分で掃除しようとすれば、多くの人が市販のエアコン洗浄スプレーを買ってしまいますよね?

しかし、市販のエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は、エアコンの一部しか掃除できないと知って使っていますか?

エアコンの一部というのは、熱交換器(フィン)という部分のことです。
市販のエアコン洗浄スプレーは、この熱交換器(フィン)を掃除するスプレーなんです。

熱交換器(フィン)の奥にあるファンを洗浄することはできません。

ファンを洗浄する市販のスプレーを販売していますが、種類が少なくフィン洗浄スプレーより値段も高めです。

市販のエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は、大まかに分けると4種類あります。
その8割がフィン用の洗浄スプレーで、内部までの汚れを落とせないスプレーです。

購入する前には、よく確認して購入しましょう。

今回は、そんなエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)の種類や、使い方について紹介します。

>>プロのエアコンクリーニング業者の一覧

エアコン洗浄スプレーは大きく分けて4種類あります

エアコン洗浄スプレーは大きく分けて4種類あります

吹き出す空気に、イヤな臭いを感じたり、吹き出し口の汚れが目立ってきたと思ったら、それはエアコンの掃除のサインです。

最近は自分でエアコンを掃除する時に便利に使える、エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)が、多種販売されるようになりました。

このエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は、どういうものなのでしょうか?
エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)の種類は、大きく分けて4種類あります。それぞれ特徴を紹介します。

エアコンのフィルター洗浄スプレーの特徴について

フィルター洗浄スプレーは、名前の通りエアコンのフィルターを洗浄する時に使うスプレーのことです。

商品の数は少なく、インターネットなどで購入可能です。エアコンフィルターに直接スプレーすると泡になりフィルターにくっつきます。

他に飛び散る可能性が高いのでスプレーする時は、外やお風呂場で使用しましょう。
泡が消えれば水で洗い流せばフィルターがキレイになります。

エアコンのフィン洗浄スプレーの特徴について

フィンというのはエアコンのフィルターのさらに奥にある、薄い金属の部分のことをいいます。空気の温度調節をしてくれる役割をしています。

フィンは特にカビが生えやすくなっているので、定期的に掃除をしキレイに保つことが大切なのです。

フィンを掃除するのに使えるのがフィン洗浄スプレーです。市販されているエアコン洗浄スプレーのほとんどが、このフィン洗浄スプレーなんです。

スプレーではないドレンホースクリーナーの特徴について

ドレンホースというのは配管のことをいいます。
エアコンの水分を排出してくれるのですが、なかなか掃除しにくい場所なので、しないという人も多いいかもしれませんね。

ドレンホースクリーナーを使えば、簡単にできます。

エアコンのファン洗浄スプレーの特徴について

ファンというのはエアコンの空気の排出口から、見える部分のことをいいます。
これが回転することによって、空気を発生させてくれます。

このファンのカビを取り除かないと、エアコンのカビ臭いにおいは取れないといわれています。
この部分を掃除できのものを、ファン洗浄スプレーといいます。

商品の数はそれほど多くなく、値段も他の洗浄スプレーより高めになっています。

フィルター洗浄スプレーを使ってフィルターを掃除する方法

フィルター洗浄スプレーを使ってフィルターを掃除する方法
  • こまるちゃん
    こまる

    たまには僕も、エアコンの掃除をしないとね…(泣)


  • モップ

    それはいい考えだね!
    エアコンの説明書でもフィルターは定期的に清掃することを強くすすめていて、自分でも掃除しやすいような構造にしてあるよ~♪

フィルタ―の掃除方法は、自分でやることを基本に考えられているので比較的簡単です。

用意するもの

必須
掃除機
エアコンフィルター洗浄スプレー
1

説明書通りにエアコンカバーを開ける

メーカーの説明書に従い、エアコンのカバーを開けるとフィルターが見えます。フィルターに付いたホコリを掃除機で吸い取る。

2

エアコンフィルターを取り外しホコリを掃除機で吸う

フィルターを取り外し、掃除機でフィルターの表から裏の順にホコリを吸い取る。

3

フィルター洗浄スプレーをフィルターに吹き付ける

エアコンからフィルターを取り外し、フィルター洗浄スプレーを裏から表の順にスプレーしてしばらく放置する。汚れが浮いてきたらフィルターの裏から水を流し、乾燥させます。乾いたらエアコンに取り付けて完了。

エアコンのフィルタ―の掃除は、比較的簡単にできます。

掃除をするとエアコンの効率がよくなるので、電気料金の節約にもつながります。
ぜひ、やってみましょう。

エアコンのフィンを掃除する前にやっておく4つの準備をしよう!

エアコンのフィンを掃除する前にやっておく4つの準備をしよう!

エアコンのフィンを掃除するには、まず準備が大切です。

汚れなどを周りに広げないようにしたり、エアコンは高い位置に設置してあるので、安全に掃除できるように準備が必要なんです。

それでは準備の手順を紹介します。

用意するもの

必須
ビニールシート
脚立
1

エアコンの下にビニールシートを敷く

エアコンの下にビニールシートを敷く。エアコン洗浄スプレーの洗剤などが下に垂れてくる場合があるので、床が汚れを防止するために敷く。

2

換気のため窓を開けたり、換気扇をまわす

洗浄するスプレーにもよりますが、臭いが強いものもあります。窓を開けて換気をして安全面に掃除する。

3

エアコンの下に脚立を用意する

高い位置にエアコンはあるので、踏み台が必要です。一番安定するものは、脚立ですが、ない場合は椅子などで代用する。

4

エアコンのコンセントやブレーカーを落とす

掃除中にエアコンが動き出すと危険です。忘れずにエアコンの電源を切りプラグも抜いて完了。

エアコンのフィンをフィン洗浄スプレーを使って掃除する方法

エアコンのフィンをフィン洗浄スプレーを使って掃除する方法
  • モップ
    モップ

    エアコンから吹き出したイヤな臭いなどは、フィルター掃除だけでは解決されません!
    エアコンのもっと奥にあるフィンや、ファンの掃除が必要です!

フィンの洗浄に活躍するのが、フィン洗浄スプレーです。

フィンの狭い隙間にホコリがたりやすく、空気が冷える時に発生する結露の水分でカビが生えたり、イヤな臭いの元になったりします。

用意するもの

必須
説明書
掃除機
フィン洗浄スプレー
あると便利
綿棒
1

エアコンのフィルターを説明書通りに外す

フィルターを外した後に見える部分がフィンです。掃除機で汚れを吸い取る。フィンは繊細な部分ですので、慎重に扱いう。

2

掃除機でフィンに付いたのホコリを吸い取る

フィルターを外したら、まず掃除機でフィンの隙間にたまったホコリを吸い取る。このとき綿棒や歯ブラシで優しくこするとホコリを吸い取りやすくなります。あまり力を入れすぎると簡単にフィンが曲がってしまい、エアコンの能力が落ちてしまいますので慎重に行いましょう。

3

フィン洗浄スプレーをフィンに吹きかける

.フィン洗浄スプレーをフィンにスプレーする。基本的にはスプレーをかけるだけですが、かける時に上下に動かしながらスプレーを全体に吹き付ける。スプレーする時は、5cm程度の距離をおいてスプレーする。あまり離れて吹き付けると、フィンの奥まで洗剤が届かないので注意する。

※フィン洗浄スプレーは必ず1本使い切りましょう。フィン洗浄スプレーを1本吹き付けたら、10分程度放置する。フィンの掃除は比較的簡単にできますよ。

ファンを掃除する前にやっておく汚水を流すための養生をしよう!

ファンを掃除する前にやっておく汚水を流すための養生をしよう!

ファン洗浄スプレーを使用するときには、ゴミ袋やテープ、ゴミ箱が必ずに必要になるので準備してください。

ファンを掃除する前も、エアコンのコンセント抜いて、窓を開けて掃除をするようにしましょう。

用意するもの

必須
45Lゴミ袋4~5枚
養生テープ
ハサミ
バケツ
1

エアコンの周りを養生する

ファン洗浄スプレーはどうしてもスプレーをかけると、泡が外側にこぼれたり洗い流す際に大量の汚水が出ます。ゴミ袋とテープでエアコンの所に、こぼれてもいいような枠を作ななくてはなりません。

エアコンの吹き出し口あたりから下に繋げて、エアコンの下に置いたバケツまで繋げましょう。エアコンからの汚水がバケツにたまるようにします。

エアコンのファンをファン洗浄スプレーを使って掃除する方法

エアコンのファンをファン洗浄スプレーを使って掃除する方法

用意するもの

必須
掃除機
ファン洗浄スプレー
霧吹き
1

ルーバーを外してブラシや掃除機で汚れを取る

ファンを掃除する時には、ルーバーという吹き出し口にある動く板を外す。エアコンの種類によってルーバーの外し方は違うので、取扱説明書を確認してから外す。外したルーバーは、ブラシや掃除機を使い軽く掃除するす。

2

ファン洗浄スプレーをファン全体にスプレーする

ファン洗浄スプレーをファン全体にスプレーする。手で回転させながら全体にスプレーする。ファン洗浄スプレーを吹き付けて20分~30分程度放置する。

3

霧吹きに水を入れて洗剤をキレイに洗い流す

霧吹きに水を入れて、ファンをキレイに洗い流す。洗い流す時は、精密機械の部分に水がかからないように慎重にする。

4

エアコンのファンをしっかり乾燥させる

ファンを洗い流した後は5分程度放置し乾燥させる。残りの洗剤などが流れ落ちなくなれば、送風機能を使いエアコン内部を乾燥させて完了。

エアコン洗浄スプレーを使わない方がいい3つの理由がある!

エアコン洗浄スプレーを使わない方がいい3つの理由がある!
  • こまるちゃん
    こまる

    よくネットで目にするのが、エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)を使用しないほうがいいという記事があるけど、それは本当なの~??


  • モップ

    なぜ使わない方がいいのか、理由がきになりませんか~?
    今後自分でするか、業者に依頼するべきか参考になるように、理由を3つ紹介するね~♪

エアコン洗浄スプレーは火災の危険性がある

エアコン本体のかけてはいけない場所にスプレーをかける危険性があります。

エアコンの電子機器は、特に電圧も高く火事の原因になってしまうことがあります。

せっかく、自分で安く掃除しようと思って、やっても火事になってしまっては意味がないので、エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)の使用は注意が必要です。

エアコン洗浄スプレーは水漏れの危険性がある

エアコンない部位に汚れが詰まってしまう場合があります。

洗浄スプレーの泡がエアコンの中に残ってしまたり、その泡に汚れがくっつきやすくなったりして汚れが残っていたりすると、その結果ホースが詰まってしまい水が排出できなくなくなり、水漏れの原因になります。

エアコン洗浄スプレーは故障の原因になる

素人がやると間違ったところにエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)をかけてしまったり、詰まってしまったりして故障してしまうことがあります。

故障するとエアコンクリーニングをエアコンのクリーニング業者に依頼するよりも、料金が高くなってしまうので注意しましょう。

このようにエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)を素人が使うとなると、注意しなくてはならないことがたくさんあります。

もし、それでも自分でやるという人は細心の注意を払って、あくまでも自己責任で行うようにしましょう。

室内機だけではなく室外機も定期的に確認しよう!

室内機だけではなく室外機も定期的に確認しよう!

エアコンは室内機だけではなく、室外機も家の外に設置されています
この室外機は、室内機で取り込んだ室内の熱を、室外機まで運び室外に排出する役目があります。

重要な役目を持った室外機ですが、もともと風雨にさらされる室外での設置を前提に作られているので、エアコンの室外機の掃除はあまり考えなくていいといわれています。

月に1回程度はエアコンの室外機をチェックしておけば安心ですね。
チェックポイントは3項目です。

エアコン室外機の周りを確認しよう

室外機に周りには枯れ葉や、クモの巣などがないか確認しましょう。

内部に入り込むとファンが故障する原因になりますのでブラシでかきだすか、掃除機で吸い取りましょう。

エアコン室外機の裏側も確認しよう

室外機の裏側も異物が絡まったり、ゴミが入っていたりしていると故障の原因になりますので、ブラシを使って優しく取り除きましょう。

室外機の裏側の金属板はあまり力を入れすぎると、簡単にフィンが曲がってしまいエアコンの効率が落ちるので慎重に行いましょう。

エアコンのドレンホースを確認しよう

室外機の近くにあるドレンホースは、室内機からの結露水を排出する大事なホースです。

虫や砂埃が入りやすいので詰まっていれば、割り箸などでかき出しましょう。

エアコン業者はどんな洗剤を使ってるの?エアコン業者の洗浄力はスゴイ!

エアコン業者はどんな洗剤を使ってるの?エアコン業者の洗浄力はスゴイ!

エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)使い方を紹介しましたが、これ以上の掃除は、素人には難しいようです。

自分でやれば手間はかかりますが、費用をあまりかけずにすむのがメリットです。

しかし、エアコン専門業者に依頼すると、自分では掃除が難しいエアコンの内部のファンやフィンの掃除をしてもらえます。

専門業者さんのお話しでは、エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は表面の汚れしか落ちなかったり、ホコリなどの汚れがドレインを詰まらせる原因になったりすることがもあるそうです。

では、費用をかけて専門業者さんにエアコンクリーニングをお願いすると、どこまでやってもらえるのでしょうか?

エアコン業者によりますが、経験と技術をもった業者さんにお願いすれば、エアコンを分解し専用の洗浄器具を使って奥の奥まで、新品同様にピカピカにしてもらえます。

防カビや抗菌処理なども、オプションでお願いできますよ。

エアコンクリーニングは業者に依頼しよう!

今回は、そんなエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)の種類や、使い方について紹介しました。

市販されているエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は、フィン用がほとんどですが、最近はファンの清掃にも対応した洗浄スプレーも販売されています。

しかし、値段が高くファン掃除をするときは、下に垂れ落ちる洗浄剤の対策で、養生が必要になり更に手がかかります。

皆さんは、エアコンの掃除は「自分でやる派」、「業者さんにお願いする派」どちらですか?

筆者は自分でやる派です。フィルター掃除は、月1回し、フィンを毎年使い始めの時期に、エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は使わず、掃除機でホコリを吸い取る作業をします。

そして2年に1回は、業者さんにエアコンクリーニングをお願いすることにしています。

エアコンクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングをプロに依頼するなら

エアコンクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にエアコンクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、 住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、 まいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
0 投票, 平均点: 0.00

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事