最終更新日:

【洗濯機の掃除方法】洗剤別に洗濯機を掃除する方法を紹介します!

洗濯機を掃除しないとカビが生える可能性が高く、衛生的とは言えません。今回は専用の洗剤を使わなくてもできる「塩素系漂白剤」「酸素系漂白剤」「重曹」を使った洗濯機の掃除方法を紹介します。梅雨のジメジメが来る前に、綺麗さっぱり汚れを落としましょう。

【洗濯機の掃除方法】洗剤別に洗濯機を掃除する方法を紹介します!

洗濯機は洋服をキレイにしてくれる電化製品で、今はなくてはならない家電ですよね?

そんな洗濯機が、汚れていると想像したことはありますか?

洗濯機でキレイに洗濯したはずの洋服に「鰹節やワカメのような汚れがついていた…」ということはありませんか?

実は鰹節やワカメのような汚れの正体は、洗濯槽にこびりついた黒カビです。

洗濯機は黒カビや汚れを防ぐために、定期的に掃除する必要があります。

そこで今回は、洗濯機を掃除する方法や、洗濯機をキレイに保つポイントについて紹介します。

>>プロの洗濯機クリーニング業者の一覧

【洗濯機の掃除】洗濯機は掃除しないとカビが生えるかも!?

【洗濯機の掃除】洗濯機は掃除しないとカビが生えるかも!?

洗濯機にカビが生えやすい場所は「洗濯槽の裏」です。

洗濯槽の裏側には溶け残った洗剤や、石けんかすが残りやすく、そこに洋服に付着したホコリや、泥汚れが混ざり洗濯槽にひっついてしまいます。

洗濯機の掃除しないと汚れが膜のように固まり、洗濯槽の裏にひっつき黒カビの栄養源や、繁殖の原因となってしまいます。

この膜のように固まった黒カビや、汚れが洗濯槽から剥がれて、鰹節やワカメのように洗濯物にひっついてしまうことがあります。

【洗濯機の掃除】カビはアレルギーや肌荒れの原因になる!

キレイにするために洗濯した洋服が、雑菌だらけでは自分で着るのも、お子様に着せるのも抵抗がありますよね?

洗濯機は汚れた洋服を洗濯してキレイにするものですが、洗濯機も同じように定期的に掃除する必要があります。

雑菌や黒カビが付いた服を着るとアレルギーや肌荒れ、喘息を引き起こす原因になります。

小さいお子様がいるご家庭は、こまめに洗濯機掃除しておきたいですね。

【洗濯機の掃除】洗濯機の掃除ができる洗剤は3種類ある!

【洗濯機の掃除】洗濯機の掃除ができる洗剤は3種類ある!

洗濯槽クリーナーの種類は、作用の強い順に「塩素系➡酸素系➡重曹」があり成分や特徴違います。

それぞれの特徴を紹介しますので、自宅の洗濯機の掃除頻度に合わせて、どのクリーナーで掃除するか選びましょう。

【洗濯機の掃除】塩素系漂白剤の特徴と注意点

塩素系漂白剤は、ドラッグストアなどで購入できます。

塩素系漂白剤は非常に強い殺菌効果があり、目に見えない雑菌も分解してくれます。

黒カビや汚れの成分を分解してしまうため、洗濯槽を掃除した時に、汚れ落ちは目視確認できません。

※塩素系は取扱には注意が必要です。

塩素系は強力ですが洗濯槽の錆をまねくなどの、副作用が起きることもあります。

掃除後に排水する水は、環境への悪影響もあるようです。

【洗濯機の掃除】酸素系漂白剤の特徴と注意点

酸素系漂白剤もドラッグストアなどで購入ができます。

酸素系漂白剤は、強い発泡力で黒カビや汚れを剥がします。

汚れを剥がしてくれるので洗濯槽を掃除した時に、汚れ落ちを目視確認できます。

衣服へのダメージは少ないのですが、殺菌効果は塩素系より劣ってしまいます。

掃除する時は、洗濯槽にお湯をためて掃除すると効力を発揮します。

そのため準備に手間が少しかかります。

最近SNSで話題の「オキシクリーン」も酸素系漂白剤です。

オキシクリーンは、アメリカ産と中国産2種類があります。

おおきな違いはアメリカ産は界面活性剤を使用しており、中国産は界面活性剤が使用されていない点です。

そのため中国産は安全ですが汚れ落ちは、アメリカ産に劣ってしまいます。

【洗濯機の掃除】重曹の特徴と注意点

重曹はドラッグストアや、スーパーなどで安価に購入できます。

赤ちゃんや肌の弱い人向けには、より安全性の高い食用重曹がオススメです。

重曹は酸性の汚れを落とすのが得意です。

重曹も酸素系漂白剤を使って洗濯機を掃除した時と同じように、汚れ落ちを目視確認できます。

重曹は塩素系や、酸素系より洗浄力が劣るため月1回は洗濯機掃除することをオススメします。

【洗濯機の掃除】塩素系クリーナーで洗濯機を掃除する方法

【洗濯機の掃除】塩素系クリーナーで洗濯機を掃除する方法

用意するもの

必須
塩素系漂白剤
ゴム手袋
1

洗濯機(洗濯槽)の中を確認して空にする

洗濯槽についているゴミ取りネットなどの備品は、事前に外しまこれは洗濯機を掃除する時の共通作業です。備品を取り外さずに掃除すると、剥がれ落ちたカビや汚れなどがこびりついてしまいかえって掃除の邪魔になります。

2

塩素系漂白剤を洗濯機(洗濯槽)の中に入れる

塩素系漂白剤は、洗濯機が空(水の入っていない)状態で入れる。そうすると洗剤が跳ね返って目に入ったり、服に飛んで色落ちしてしまうという事を防げます。

3

洗濯機(洗濯槽)に水を高水位まで入れる

洗濯機の高水位の位置まで水を入れます。塩素系漂白剤を使用する場合は、お湯ではなく水でも効力を発揮してくれるので準備が簡単です。

4

洗濯機を1コース回す(標準コース洗い~脱水)

「槽洗浄モードまたは、槽洗浄コース」がある場合は「槽洗浄モードまたは槽洗浄コース」を押して「スタート」を押すだけで、洗濯機が止まれば完了。
「槽洗浄モードまたは、槽洗浄コース」がある場合は、洗濯物を洗う時と同様に「標準コース洗い」を選択し、「スタート」を押して洗濯機が止まると完了。

【洗濯機の掃除】酸素系クリーナーで洗濯機を掃除する方法

【洗濯機の掃除】酸素系クリーナーで洗濯機を掃除する方法

用意するもの

必須
酸素系漂白剤(オキシクリーンなど)
洗面器(バケツでも可)
ゴム手袋
ゴミすくいネット(持ち手のあるもの)
1

洗濯機(洗濯槽)の中を確認して空にしてからお湯を入れる

洗濯槽についているゴミ取りネットなどの備品は事前に外す。これは洗濯機を掃除する時の共通作業です。備品を取り外さずに掃除すると、剥がれ落ちたカビや汚れなどがこびりついてしまい、かえって掃除の邪魔になります。漂白剤の効力を十分に活かすため、水ではなく45℃~50℃のお湯を準備して洗濯機の高水位の位置まで入れます。

2

酸素系漂白剤を洗濯機(洗濯槽)の中に入れる

粉末であれば500g~1kg、液体は500ml~1000mlを入れます。汚れがひどい場合は適量に調整する。
※オキシクリーンを使用の場合は、アメリカ産なら5杯(専用の計量スプーン)、中国産なら20杯(専用の計量スプーン)

3

洗濯機を回して6時間~1晩放置する

洗濯機の「槽洗浄モードまたは槽洗浄コース」で5分ほど撹拌(かくはん)します。この洗い作業を30分置きに3回繰り返します。5分間×3回の洗いで洗濯槽にこびりついた黒カビや汚れにに薬剤を浸透させます。撹拌し終わっても排水せずに、水は一晩そのままにします。洗濯機のフタを閉めて最低6時間程度つけておけば、洗濯機についた頑固な黒カビや汚れが取れます。

4

浮いている黒カビや、汚れをゴミすくいネットを使って取り除く

洗濯槽に浮いてきた黒カビ汚れをゴミすくいネットを使って取り除く。この時しっかり汚れを取っていないと、排水の詰まりの原因になります。手間のかかる作業ですが、根気よくしっかり取り除く。

5

洗濯機を1コース回す(標準コース洗い~脱水)

キレイな水で1コース洗濯機を回します。洗濯機が止まれば取外した洗濯槽のごみ取りネットを取り付けて完了。

【洗濯機の掃除】環境に優しい重曹で洗濯機を掃除する方法

【洗濯機の掃除】環境に優しい重曹で洗濯機を掃除する方法

重曹で洗濯機を掃除するポイントは、水ではなくお湯(45℃~50℃)を使うことです。

重曹は環境や赤ちゃんや肌の弱い人には、オススメの洗濯機の掃除方法です。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
洗面器(バケツでも可)
ゴム手袋
ゴミすくいネット(持ち手のあるもの)
1

洗濯機(洗濯槽)の中を確認して空にしてからお湯を入れる

洗濯槽についているゴミ取りネットなどの備品は事前に外す。これは洗濯機を掃除する時の共通作業です。備品を取り外さずに掃除すると、剥がれ落ちたカビや汚れなどがこびりついてしまい、かえって掃除の邪魔になります。
重曹の効力を十分に活かすため、水ではなく45℃~50℃のお湯を準備して洗濯機の高水位の位置まで入れる。

2

重曹を洗濯機(洗濯槽)の中に入れる

洗濯機の大きさによりますが、150~200g程度の重曹を入れる。

3

洗濯機を「洗いのみ」で回して6~10時間放置する

重曹を投入して洗いのみのコースで回します。すすぎや脱水すると排水してしまいますので、間違えないようにする。洗濯機を回して撹拌が終われば、6~10時間ほど放置する。

4

浮いている黒カビや、汚れをゴミすくいネットを使って取り除く

洗濯槽に浮いてきた黒カビ汚れをゴミすくいネットを使って取り除く。この時しっかり汚れを取っていないと、排水の詰まりの原因になります。手間のかかる作業ですが、根気よくしっかり取り除く。

5

洗濯機を1コース回す(標準コース洗い~脱水)

キレイな水で1コース洗濯機を回します。洗濯機が止まれば、取外した洗濯槽のごみ取りネットを取り付けて完了。

【洗濯機の掃除】取り外せるパーツも忘れずに掃除しよう!

【洗濯機の掃除】取り外せるパーツも忘れずに掃除しよう!

ドラム式の洗濯機には乾燥フィルターが付いているので、忘れないように掃除しましょう。

洗濯機によっては、取り外せないパーツものがあります。
事前に説明書で確認してください。

用意するもの

必須
洗面器
古歯ブラシ
ぬるま湯
雑巾
1

洗濯機(洗濯槽)の取り外せるパーツを外す

無理にパーツを引っ張ったりせず、取り扱い説明書類を参考にしながら外す。洗濯機の機種によりますが、どうやって外すか説明書に各パーツ、記載されていますので参考に取り外す。

2

洗濯機の洗剤投入ケースを古歯ブラシで洗う

洗剤投入ケースは洗剤や、カビ汚れが残りやすいのでしっかり洗っておく。カビ汚れを放置しておくと、洗濯のたびに衣類に混じることになります。洗面器にぬるま湯を入れて、はずした洗剤ケースを5分程度浸け置きし、古歯ブラシでこすり洗いをしカビやヌメリを取る。

3

古歯ブラシを使ってゴミ取りネットの汚れを取る

ゴミ取りネットは、衣類などの糸くず等のゴミが一番たまってしまう場所です。こびりついた汚れは、水につけて古歯ブラシでこすってゴミを取る。

4

古歯ブラシを使って排水フィルターの汚れを取る

排水フィルターは、ゴミ取りネットの次にゴミが多くたまっていませんか?手で取れるゴミは取りだして、あとは水の中で水洗いします。このとき、古歯ブラシなどでこすり洗いをすると取れやすいですよ。

5

外したパーツを乾燥させて、元の位置に取り付ける

パーツを乾燥しないまま取り付けると、カビの繁殖の原因になります。しっかり乾燥させてから元に位置に取り付けて完了。

取り外せないパーツは、無理に外さず雑巾で拭きましょう。

掃除中の感電などを防ぐため、洗濯機のコンセントを抜いて蛇口の水栓を締めてから掃除しましょう。

【洗濯機の掃除】外せない洗濯機本体も掃除する方法

【洗濯機の掃除】外せない洗濯機本体も掃除する方法

用意するもの

必須
掃除機
古歯ブラシ
雑巾
1

雑巾を使って操作パネルを拭き掃除する

操作パネルにホコリや汚れがたまると、洗濯機が故障する場合もあります。固く絞った雑巾を使って操作パネルを掃除する。汚れが取れない場合は、薄めた洗剤でふき取ってから、水拭きし乾拭きする。

2

蓋(フタ)のホコリを掃除機で吸い取る

洗濯機の蓋フタは、ホコリやカビがたまりやすい場所です。まずは掃除機でホコリを吸い取って、そのあと固く絞った布で拭く。特にゴムパッキンに溜まった汚れは入念に拭き取る。汚れが取れない場合は、古い歯ブラシを使ってこすり洗いするのがオススメです。

3

外側部分を硬く絞った雑巾で拭き掃除する

洗濯機の外の部分は硬く絞った雑巾で拭く。取り外せないパーツも掃除しておかないと、洗濯槽の中にホコリやゴミが入り込んでしまうので定期的に掃除する。

【洗濯機の掃除】洗濯機をキレイに保つ4つのポイント

【洗濯機の掃除】洗濯機をキレイに保つ4つのポイント

洗濯機をキレイに保つ4つのポイントについて紹介します。

【洗濯機の掃除】洗濯槽の中に洗濯物を入れっぱなしにしない!

汗や泥で汚れたままの洋服を、洗濯機の中にいれっぱなしにするのはやめましょう。
そのまま放置しておくと、湿気がたまってカビが発生します。

洗濯機は使用する時以外は、洗濯槽を空にしてフタを開けるようにしましょう。

【洗濯機の掃除】洗濯洗剤を入れ過ぎないようにする!

洗剤を入れすぎると、洗濯機のすすぎでは落としきれずに洗濯槽に残ってしまいます。

洗剤が蓄積されカビや、雑菌の元になるので洗剤の使用量は守りましょう。

【洗濯機の掃除】使用後は洗濯槽を乾燥させてカビ予防する!

毎日は難しいかもしれませんが、週1回は洗濯後に「槽乾燥」しましょう。

梅雨の時期はこまめに、濯槽を乾燥させてカビの繁殖を予防しましょう。

【洗濯機の掃除】月に1回は洗濯機を掃除する!

最低でも月に1回は、洗濯槽や洗濯機本体を掃除するようにしましょう。

自分で洗濯機を掃除しても汚れが落ちない時は業者に依頼しよう!

今回は、洗濯機を掃除する方法や、洗濯機をキレイに保つポイントについて紹介しました。

洗濯槽の黒カビや、汚れはキレイに取れましたか?

洗濯機パーツまで、お手入れすると、気持ちよく洗濯できますよね?

洗濯槽クリーナーで掃除しても、洗濯槽や洗濯物に汚れが付いてるという場合は、一度洗濯機の分解掃除をプロに依頼することをオススメします。

洗濯機の分解掃除を自分でしようとして、元に戻せなくなった場合は、保証対象にならないので気をつけましょう。

まとめ

  1. 洗濯機にカビが生えやすい場所は、洗濯槽の裏です
  2. 洗濯槽クリーナーの種類は、作用の強い順に「塩素系➡酸素系➡重曹」の3つある。それぞれの特徴を理解し、掃除方法を確認しよう
  3. ドラム式の洗濯機には乾燥フィルターが付いているので、忘れないように掃除が必要です
  4. 外せない洗濯機本体は、掃除機、古歯ブラシ、雑巾を使うと掃除しやすい
  5. 洗濯機をキレイに保つ4つの習慣を実践してみよう

洗濯機クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機(洗濯槽)クリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った洗濯機(洗濯槽)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す