【ブロックノイズの対処】テレビのブロックノイズの原因と対処方法

アンテナ工事・取付け
更新

自宅でテレビを見ていると、テレビ画面からチラチラと四角いものがチラついたことはありありませんか?このチラつきは「ブロックノイズ」と呼ばれる現象です。そこで今回は、ブロックノイズの原因や、自分でできる対処方法について紹介します。

【ブロックノイズの対処】テレビのブロックノイズの原因と対処方法

自宅でテレビを見ていると、テレビ画面からチラチラと四角いものがチラついたことはありありませんか?

このチラつきは「ブロックノイズ」と呼ばれる現象です。

ずっとは続きませんが、突然現れるのでドラマや面白い番組を見ている時にでると気分が盛り下がります。

そこで今回は、ブロックノイズの原因や、自分でできる対処方法について紹介します。

>>プロのアンテナ工事・取り付け業者の一覧

【ブロックノイズの特徴】ブロックノイズはどんな現象?

【ブロックノイズの特徴】ブロックノイズはどんな現象?

テレビのノイズと言われると、画面全体が砂嵐になったり、ザーという雑音というイメージがありますが、これはアナログ放送の時代のノイズです。

2012年にアナログの地上波放送から、デジタル放送に完全に移行してからは、ノイズの種類も様変わりしました。

そのデジタル放送の代表的なノイズが、「ブロックノイズ」です。

テレビ画面の一部が、チラチラと四角いモザイクのように歪み、見ていてとても気になります。

デジタル放送のノイズは、ブロックノイズの他にもあります。

【ブロックノイズの特徴】バーストノイズ

バーストノイズとは、電波不足が原因で画面の一部が止まったり、半分黒くなるフリーズ現象です。

しばらくすると戻ることがほとんどです。

【ブロックノイズの特徴】モスキートノイズ

モスキートノイズとは、テレビがデジタル放送の高画質処理が追い付かず、画像全体が劣化したように見える現象です。

現在は、4K放送を受信の時に発生することが多いです。

【ブロックノイズの特徴】降雨対応放送

降雨対応放送とは、台風、大雨の際に一時的に画質と音質が低下し「E201」というエラーコードが現れます。

この場合は、天気が回復すると元に戻ります。

【ブロックノイズの対処】接触不良が原因と対処方法

【ブロックノイズの対処】接触不良が原因と対処方法

画面が四角くチラつき、テレビが見づらいブロックノイズの原因は、ケーブルの接触不良の可能性があります。

アンテナケーブルがテレビ機器に、きちんと接続されているか確認しましょう。

掃除やテレビを動かす機会があった時など、アンテナケーブルが抜けかけたり、接触不良でテレビ画像が乱れるということがあります。

きちんと接続されていないのが原因の場合は、接続し直すとブロックノイズがなくなります。

一見、きちんと接続されているように見えても、緩んでいる可能性もあります。

一度ケーブルを抜き、しっかりと接続し直してみましょう。

さらに、B-CASカードを差して見るタイプのテレビは、B-CASカードが原因の場合があります。

B-CASカードを抜いてみて、汚れなどが付いている場合は、拭き取り奥まで差し込みましょう。

また、アンテナケーブルが切れていたり、接続部分の芯線などが歪んでいたりする場合は、アンテナケーブルを新しく買い替えて交換しましょう。

CS・BSの場合は、業者に相談しましょう。

筆者のテレビは、数年前にBSだけ見られなくなった時がありました。テレビの裏側のアンテナケーブルを確認したところ、アンテナケーブルが抜けていました…。

【ブロックノイズの対処】電波不足が原因と対処方法

【ブロックノイズの対処】電波不足が原因と対処方法

ブロックノイズの原因は、地デジの受信レベルが低い電波不足の場合があります。

地デジの全チャンネルにブロックノイズが起きている場合は、電波不足が原因と考えられます。

テレビのリモコンの「設定」メニューから、地上デジタル自動設定を初期スキャンしましょう。

それでもブロックノイズがでる場合は、2つの原因が考えられます。

【ブロックノイズの対処】分配器を使っている!

家の中で複数のテレビを使う時に使用する分配器を使っているかどうかです。

1つのアンテナで受信した電波を分配器で分けると電波不足になります。

【ブロックノイズの対処】電波が弱い!

お住まいの地域に届いている電波が弱いのが原因の場合があります。

テレビのリモコンの「設定」のアンテナ設定から、電波状況(アンテナレベル)のメニューを試してみると、電波状況が確認できます。

電波不足が原因とわかった場合は、ブースターを設置して電波を増幅する方法があります。

ブースターは屋内用と屋外用がありますが、屋外用の方が屋内用より多くの電波を受信できるため、屋外用がオススメです。

しかし、屋外用は素人では設置が難しいため、業者に依頼する必要があります。

【ブロックノイズの対処】アンテナやテレビが原因と対処方法

【ブロックノイズの対処】アンテナやテレビが原因と対処方法

接触不良や、電波不足が原因で起きることが多いブロックノイズですが、原因がどちらでもないこともあります。

その場合はテレビや、アンテナに原因があるかもしれません。

【ブロックノイズの対処】テレビが原因の場合

テレビ自体の故障で、ブロックノイズが起きる場合があります。

まずは、テレビ本体の電源ボタンを5秒以上押し続けて電源を切り、1分後に電源を入れてテレビを再起動します。

「テレビを買ってから、もう10年近く経っている…」という場合は、テレビの故障も視野に入れましょう。

長年使用していると、液晶パネルなどが傷み、画面が見づらくなることがあります。

【ブロックノイズの対処】アンテナが原因の場合

家のアンテナも確認しましょう。

  • お住いの地域の送信基地局の方にアンテナが向いていない
  • アンテナが破損している
  • アンテナが向いている方角に障害物(建物、樹木)がある

上記の場合は、電波が受信しにくい状況になっています。

【ブロックノイズの原因】対処方法を試しても直らない原因は?

【ブロックノイズの原因】対処方法を試しても直らない原因は?

テレビのブロックノイズの3つの原因と対処方法を紹介しました。

  • アンテナケーブル、B-CASカードなどの接触不良
  • 分配器や地域などによる電波不足
  • テレビ、アンテナの故障、不具合

「うちは地上デジタル放送受信ではなく、ケーブルテレビや光回線なのに、ブロックノイズが発生する」という場合は、専用の周辺機器が原因かもしれません。

使用サービスの業者に確認しましょう。

また、BDレコーダー、4K8Kチューナーなども原因の場合があるので、故障していないかを確認してみましょう。

ブロックノイズが解決しない場合は業者に相談しよう!

今回は、ブロックノイズの原因や、自分でできる対処方法について紹介しました。

アンテナケーブルなどの接触不良や、ケーブルが抜けているのが原因のことが多いです。

また、アンテナの修理、屋外用ブースターなど取り付けは屋根の上での作業になり、素人では危険が伴う場合もあります。

快適にテレビを楽しむために、どうしてもブロックノイズが解決しない場合は、早めに業者に相談しましょう。

アンテナ工事・取り付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

アンテナ工事・取付けをプロに依頼するなら

アンテナ工事・取付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にアンテナ工事・取付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる