最終更新日:

コンセントから火花が!慌てる前にコンセントから火花がでる原因や対処方法

コンセントから火花がでたら、あなたならどうしますか?原因と対処方法を知っていれば、落ち着いて対処できるはずです。そこで今回は、コンセントから火花がでる原因や、対処方法について紹介します。電気は便利なものですが、使い方によっては感電や発火などの危険性もあります。

コンセントから火花が!慌てる前にコンセントから火花がでる原因や対処方法

コンセントから火花が出て驚いた経験はありませんか?

コンセントは電化製品に電気を供給する重要なパーツです。

コンセントから火花が出る原因と対処方法を知っていれば、落ち着いて対処できます。

そこで今回は、コンセントから火花がでる原因や、コンセントから火花がでた時の対処方法について紹介します。

電気は便利なものですが、使い方によっては感電や発火などの危険性もあります。

電気を安全に使うために、コンセントにも気を配りましょう。

>>プロのコンセント増設・スイッチの修理業者の一覧

【コンセントの火花】コンセントから火花がでる原因

【コンセントの火花】コンセントから火花がでる原因

コンセントから火花が出る原因はいろいろあります。

まずは、コンセントから火花が出る主な原因を確認してみましょう。

【コンセントの火花】電源が入っている状態で電源を抜く

電化製品の電源が入っている状態で、コンセントから電源プラグを抜くと火花が出やすいです。

特にドライヤーなどの消費電力が大きい電化製品は、火花が出やすいので注意しましょう。

【コンセントの火花】電気使用量が超えている

1つのコンセントから使用できる電気は1500Wと決まっています。

1度に1500Wを超える電気を使用すると、コンセントや電源プラグが発熱したり、コンセントから火花が出ることがあります。

コンセントに電源プラグを挿す時、コンセントから電源プラグを抜く時は、電化製品の電源をOFFにしてからにしましょう。

また、断線する可能性があるため、コンセントから電源プラグを抜く時に、電源コードを引っぱって抜かないようにしましょう。

【コンセントの火花】電圧が高い時にコンセントを挿す

家庭用の電気の流れは、一定の周期で電気が向きを交互に変えながら流れています。

定期的に電流、電圧が変わっているため、電圧が高い時にコンセントを挿すと火花が発生することがあります。

交流のおかげで、電源プラグをどちらの向きに挿しても使えます。

【コンセントの火花】コンセント内に異物

コンセント内に異物が入っていても、火花が出ることがあります。

小さなお子さんが異物を入れてしまうことがあるため注意しましょう。

【コンセントの火花】電源コード内部で断線

電源コード内部で断線していると、火花が出ることがあります。

長期にわたり電源コードが絡んだまま使用したり、電源コードをきつく縛ったり、電源コードが引っ張られていると断線する可能性が高まります。

また、コンセントから電源プラグを抜く時に、電源コードを引っぱって抜くのも断線する可能性が高くなります。

【コンセントの火花】長時間コンセントに電源プラグを挿しっぱなし

長時間コンセントに電源プラグを挿しっぱなしにしていると、コンセントや電源プラグにホコリがたまります。

このホコリが湿気を吸収すると、漏電して火花がでたり、発火することがあります。

この現象をトラッキング現象といい、火災にもつながる危険な現象です。

【コンセントの火花】落雷

落雷でコンセントから火花が出ることもあります。

瞬間的に落雷による異常高圧電力が流れ、火花を発生します。

これを「雷サージ」といいます。

雷サージにより、電化製品が故障する恐れもあるため注意しましょう。

【コンセントの火花】火花がでた時の対処方法

【コンセントの火花】火花がでた時の対処方法

コンセントから火花がでたら、火花が出たコンセントが含まれている回路のブレーカーを落としましょう。

ブレーカーを落とすと、落とした回路には電気が流れません。

感電や発火の心配がなくなるため、落ち着いてコンセントや電源プラグ、電源コード、電化製品の様子を確認できます。

ブレーカーを落とす前に、素手でコンセントから電源プラグを抜かないようにしましょう。

コンセントから火花がでた時に、素手でコンセントや電源プラグを触ると、感電することもあります。

もし、ブレーカーを落とす前にコンセントから電源プラグを抜くのであれば、絶縁グローブを着用しましょう。

ブレーカーを落としたら、コンセントや電源プラグ、電源コード、電化製品の様子を確認します。

異常に熱くなっていないか、傷やヒビはないか、焦げていないか確認しましょう。

異常に熱くなっていたり、傷やヒビ、焦げている場合は、コンセント及び電化製品を使用せず、電気工事業者に見てもらいましょう。

賃貸物件の場合は、大家や管理会社へ連絡しましょう。

コンセントや電源プラグ、電源コード、電化製品に異常がない場合は、注意しながら使用し繰り返すようなら、やはり電気工事業者に見てもらいましょう。

【コンセントの火花】火花で注意したいコンセント

【コンセントの火花】火花で注意したいコンセント

コンセントから火花が出る原因の中でも、特に気をつけたいのが「トラッキング現象」です。

トラッキング現象は、ホコリと湿気が揃うと発生しやすいため「ホコリをためない」「コンセント周りの湿気」に注意しましょう。

家の中はホコリがたまりやすい場所や、湿気がたまりやすい場所があるため、特に注意しましょう。

【コンセントの火花】大型家具や電化製品の裏側

大型家具や電化製品の裏側は、目が行き届きにくいため掃除を怠りやすい場所です。

ホコリがたまりやすいので、定期的に掃除しましょう。

【コンセントの火花】キッチン、洗面所、バスルームなどの水回り

水回りは、ホコリと湿気がたまりやすいです。

冷蔵庫や洗濯機など、挿しっぱなしのコンセントも多いので注意しましょう。

【コンセントの火花】エアコンのコンセント

消費電力が大きいエアコンは、コンセントを挿しっぱなしにしていることが多いです。

ホコリがたまりやすいので、定期的に掃除しましょう。

【コンセントの火花】直射日光があたる場所や温度変化が激しい場所

コンセントや電源プラグ、電源コードは経年劣化します。

直射日光があたる場所、極端に高温または低温になる場所は、経年劣化しやすいので注意しましょう。

【コンセントの火花】予防するには定期的な確認と掃除

【コンセントの火花】予防するには定期的な確認と掃除

コンセントから火花がでて、コンセントの修理、交換、増設が必要な場合は自分でできません。

感電や発火の恐れがあり危険なため、電気工事士の資格が必要です。

「何か自分でできるのはないの?」と思っている人にオススメしたいのが、コンセント、電源プラグ、電源コードの定期的な確認と掃除です。

掃除してホコリをためないことはもちろんですが、コンセント、電源プラグ、電源コードの状態も確認しましょう。

コンセント、電源プラグ、電源コードは経年劣化するため、定期的に確認する必要があります。

コンセントや電源プラグが「異常に熱くなっていないか?」「変形していないか?」「傷やヒビはないか?」確認しましょう。

また、電源コードの絡みや、折り曲がりにも注意しましょう。

電源コード内部で断線する可能性があります。

コンセント、電源プラグ、電源コードに異常を発見したら使用を中止して、電気工事業者に修理、交換を依頼しましょう。

コンセントから火花がでて困ったら業者に相談しよう!

今回は、コンセントから火花がでる原因や、コンセントから火花がでた時の対処方法について紹介しました。

電気は生活に欠かせない便利なものですが、感電や発火など危険性があります。

電気を安全に使用するには、コンセント、電源プラグ、電源コードの状態に注意し、掃除してホコリをためないことが重要です。

何か異常を見つけたら、すぐに使用を中止して、電気工事業者に相談しましょう。

コンセント増設・スイッチの修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

コンセント増設・スイッチの修理ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったコンセント増設・スイッチの修理の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す