【グラボの補助電源】高画質に欠かせないグラボ(補助電源)を紹介

パソコン設定
更新

コンピュータの画像をキレイに、スムーズに映し出すために、グラボ性能を上げることがよくあります。より高画質な画像をストレスなく映し出すためには、グラボの補助電源を必要とする機種の接続が必要です。今回は、グラボの補助電源の種類や、電気供給を紹介します。

【グラボの補助電源】高画質に欠かせないグラボ(補助電源)を紹介

いきなりですが、グラボを知っていますか?

コンピュータの画像をキレイに、スムーズに映し出すために、グラボの性能を上げることがよくあります。

グラボにも種類があり、より高画質な画像をストレスなく映し出すためには、大容量のグラボを使う必要があります。

グラボの補助電源を必要とする機種もあります。

そこで今回は、グラボの選び方や、グラボの種類や電気供給について紹介します。

>>プロのパソコン設定業者の一覧

【グラボの補助電源】グラボとは?グラフィックボードの略称

【グラボの補助電源】グラボとは?グラフィックボードの略称

パソコンを使うときによく聞く「グラボ」について知っていますか?

グラボとは「グラフィックボード」の略称で、GPUと呼ばれることもあります。

グラフィックボードとは、ディスプレイに画像や映像をよりキレイに映すために必要な部品です。

コンピュータでオンラインゲームする時や、映画、YouTubeなどの動画コンテンツを再生する時など、より鮮明でスムーズな動きの画像を見るために必要な部品の一つです。

最近のパソコンには、このグラフィックボードが最初から搭載されています。

【グラボの補助電源】グラボの2種類の特徴を知ろう!

【グラボの補助電源】グラボの2種類の特徴を知ろう!

パソコンの画像を鮮明にしたり、スムーズに表示するため必要なグラボにも種類があります。

通常はパソコンに内蔵されているグラボを作動していますが、よりよい画質でスムーズな動きを実現するためには、高性能なグラボが必須になります。

しかし、製品によっては消費電力が高いものがあり、通常通りに使うとすぐバッテリー切れを起こします。

そのような時は、グラボに補助電源を接続して給電できます。

グラボには一般的に「リファレンスモデル」と「オリジナルモデル」の2種類あります。

【グラボの種類】リファレンスモデル

「リファレンスモデル」とは、GPUのチップを製造しているNVIDIA、AMD社が設計した物をそのまま使用しているモデルのことです。

リファレンスモデルは、よくも悪くも標準仕様となるグラボであり、性能と品質が一定で安心感があります。

しかし、高い負荷がかかると熱による性能低下が起こりやすいデメリットがあります。

【グラボの種類】オリジナルモデル

「オリジナルモデル」は、リファレンスモデルに他社が独自のデザインや構想を織り交ぜて販売されているモデルのことです。

オリジナルモデルは、リファレンスモデルの弱点を解消するため、独自の冷却ファンが内蔵されているモデルが多いです。

高い負荷がかかっても熱による性能低下が起きにくいと言われています。

しかし、メーカーにより仕様が違うため、性能の単純比較がしにくいのと、後付け部品などが増えるため、どうしてもリファレンスモデルより大きめのサイズになります。

価格も、リファレンスモデルより割高な製品が多いです。

【グラボの補助電源】グラボの電気供給について知ろう!

【グラボの補助電源】グラボの電気供給について知ろう!

パソコンを電気の力で動かすには、電源ユニットが不可欠です。

電源ユニットとは、パソコンに備え付けられている電力供給装置のことです。

パソコンの充電器から家庭用の交流電気を受け、その交流の電気を直流に変換し、パソコンの電気が必要なあらゆる部品に電気を供給します。

グラボをはじめとした拡張子の場合、まずは電源ユニットから送られた電気をマザーボードが受電て、そのマザーボードが受電した電気でグラボは作動しています。

では、グラボの補助電源はどこから電気を取ってくるのでしょうか?

グラボの補助電源は、電源ユニットから直接電気を調達します。

消費電力が高いグラボは、マザーボードから受電する電力だけでは電気の力が弱すぎて、すぐに電力切れになります。

そのためマザーボードから送られる電気とは別に、電源ユニットから直接電力をもらうことで、マザーボードからの少ない電力供給を補います。

グラボの補助電源を接続するには、補助電源の種類によって、コネクターにも違うものを使用します。

補助電源に付けるコネクターは以下の通りです。

【グラボの補助電源】6ピン

6ピンは名前の通り、コネクターに6つの出っ張りがあるコネクターのことです。

供給できる電力は最大で75Wです。

【グラボの補助電源】8ピン

8つの出っ張りがあるコネクターを8ピンとよびます。

8ピンで最大150Wの電力供給が可能です。

一般的に多くのグラボで採用されているコネクターです。

また、パソコンの種類によっては、グラボ用の補助電源端子がついていなかったり、グラボそのものが搭載されていない機種もあります。

そのような時は、変換ケーブルを使い、使用可能な端子を用いてグラボに電気を供給します。

【グラボの補助電源】グラボの補助電源の接続は難しい!

【グラボの補助電源】グラボの補助電源の接続は難しい!

自分でグラボに補助電源を接続するのは可能でしょうか?

結論から言うと可能ですが、パソコンに詳しくない人にはハードルが高い作業です。

補助電源を繋ぐケーブルの種類や、端子選び、グラボの消費電力を考えてパーツを揃えないといけません。

また、パソコンの基盤を触ることになり、基本的な手順がわかっていないと難しいです。

パソコンの電源コンセントを刺したまま端子を触ると、ショートしてパソコン本体が損傷してしまったり、グラボも使用不能になってしまうリスクがあります。

パソコンは精密機器、一般家電もそうですが、やはり取り扱いには細心の注意が必要です。

少しでも不安があったり、一つでもわからないことがある場合は、迷わず業て者に相談し作業してもらうのが安心です。

グラボの補助電源についてわからないことは業者に相談!

今回は、グラボの選び方や、グラボの種類や電気供給について紹介しました。

パソコンでより鮮明に、スムーズに画像を見たいなら、グラボの処理能力を高いものにして、補助電源を必要とするタイプにする必要があります。

補助電源の接続は、パソコンに詳しくない人には難しいので、信頼できる業者に依頼しましょう。

パソコン設定業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

パソコン設定をプロに依頼するなら

パソコン設定を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にパソコン設定の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる