最終更新日:

【グリストラップの蓋】劣化したグリストラップの蓋を放置すると危険

劣化したグリストラップの蓋や取っ手、そのままにしていませんか?放置していると落下によるケガ、異臭が店内に広がる、ゴキブリなど害虫の発生につながるなど、お店にとって困ることがたくさんあります。今回は、グリストラップの蓋のメンテナンスについて紹介します。

【グリストラップの蓋】劣化したグリストラップの蓋を放置すると危険

飲食店のオーナーの皆さま、毎日お仕事お疲れ様です。

突然ですが、グリストラップの蓋は定期的に交換していますか?

蓋の交換どころか「グリストラップの掃除が面倒で仕方ない…」という人多いかもしれません。

本体はもちろんですが、蓋も長期間使用すると劣化します。

劣化したグリストラップの蓋を放置するのは、衛生面においても安全面においても危険です。

そこで今回は、グリストラップの蓋の役割や、グリストラッの蓋のメンテナンス方法について紹介します。

>>プロのグリストラップ清掃業者の一覧

【グリストラップの蓋】グリストラップの蓋の役割

【グリストラップの蓋】グリストラップの蓋の役割

飲食店や調理加工施設を営む場合は、グリストラップの設置が自治体によって義務付けられています。

食品のカスや油などを含んだ汚水が、排水管設備に流れ込むのを防ぐために必要なものです。

グリストラップの蓋は2つの役割を果たしてくれます。

  • グリストラップから上がってくる悪臭を予防する
  • グリストラップの穴の中に落ちないようにする

表面にでこぼこした滑り止め用の突起と、取っ手がついています。

人や車が乗っても壊れることはありません。

そのくらいの耐久性もあり、金属を腐食から守ってくれる耐食性や耐水性を考えて作られています。

【グリストラップの蓋】劣化した蓋を放置する起こる問題

【グリストラップの蓋】劣化した蓋を放置する起こる問題

グリストラップを長年使用すると、どうしても劣化してしまうのが蓋です。

蓋が錆びてボロボロになったり、取っ手が無くなっていませんか?

そのまま放置していると、衛生面、安全面にも問題がでてきます。

【グリストラップの蓋】落下によるケガする!

頑丈に作られているグリストラップの蓋ですが、完全に腐敗するほど放置すると、その上を歩いた人がグリストラップに落下する危険性があります。

食品のカスや油でドロドロに汚れたグリストラップの中に落ちるなんて、想像するだけで悲惨ですよね。

グリストラップの掃除をこまめにしていたとしても、気持ち悪さはぬぐえません。

また最悪の場合、骨折などのケガする危険性もあります。

オーナーであるあなたと、大切なスタッフの身を守るためにも、劣化したグリストラップの蓋はきちんと交換しましょう。

【グリストラップの蓋】店内に悪臭が充満する!

グリストラップの蓋から取っ手が外れたままだと、その部分から悪臭がします。

厨房だけでなく、お客様のいる店内にまで臭いが広がる可能性もあります。

悪臭のするお店では、とてもじゃありませんが楽しく食事ができません。

口コミサイトなどに「お店が臭くて、もう2度と行けません」など書かれてしまったら、経済的な被害にまで発展してしまいます。

【グリストラップの蓋】虫が侵入したり発生する!

取っ手の蓋が外れたままの場所から、ゴキブリやハエなど虫が侵入する可能性もあります。

取っ手がないために蓋の開け閉めがしにくく、グリストラップの掃除を怠るようになると、侵入した虫やネズミが巣を作るという恐ろしい状態になることもあります。

【グリストラップの蓋】蓋の素材と耐用年数の目安

【グリストラップの蓋】蓋の素材と耐用年数の目安

グリズトラップの蓋の素材や特徴について紹介します。

【グリストラップの蓋】鉄製の特徴や耐用年数

鉄製のグリストラップの蓋は、価格も安く、耐久性もあります。

また、加工しやすいのが特徴です。

しかし、鉄は耐食性が低く、錆が発生しやすいです。

そのため、2年~3年程度で交換が必要になります。

【グリストラップの蓋】ステンレス製の特徴や耐用年数

ステンレス製のグリストラップの蓋は、鉄製に比べると高価ですが、耐水性、耐食性に優れており長期間使用できます。

また、ステンレス製は傷がつきにく、8年~10年程度が交換目安です。

【グリストラップの蓋】グリストラップの蓋のサイズと取っ手

【グリストラップの蓋】グリストラップの蓋のサイズと取っ手

【グリストラップの蓋】サイズ

グリストラップの蓋が劣化して交換が必要になった時は、本体とサイズが一致しているものを購入しましょう。

蓋を踏んだ時に蓋が動く場合は、サイズが合っていない証拠です。

また、グリストラップの蓋がグラグラする場合は、蓋だけではなく、枠の交換が必要になります。

新しい蓋を購入する時は、適切に採寸してくれる業者を選ぶと安心です。

【グリストラップの蓋】取っ手

グリストラップの蓋を製造している業者によって、取っ手にも様々な工夫がされています。

  • 丸穴カット
  • 長穴カット
  • スライド型

スライド型は使用しない時は下に取っ手が下がるようになっており、メンテナンスする時に取っ手を取り出せます。

また、グリストラップのサイズによって、取っ手の数も重要です。

グリストラップを安全に使うためにも、専門的な知識のある業者に製造を依頼しましょう。

取っ手が取れて、そのまま使用しているお店も多いようですが「たかが取っ手」とあなどってはいけません。

【グリストラップの蓋】グリストラップの蓋の購入方法

【グリストラップの蓋】グリストラップの蓋の購入方法

グリストラップの蓋は、寿命がきたら交換する必要があります。

新しい蓋を購入する方法は、インターネットやホームセンターでも可能ですが、できれば専門の業者に依頼する方が安心です。

グリストラップ専門の業者なら、以下のような点に応えてくれます。

  • サイズ間違いの心配がない
  • 蓋と取っ手の素材について相談できる
  • グリストラップ周辺についてアドバイスしてもらえる
  • 製造から取り付けまで依頼できる

インターネットで「グリストラップ 蓋」と調べるとたくさん業者がでてくるので、気になるお店をいくつか絞ってみましょう。

最低でも3社くらいは見積もりをとるのがオススメです。

お店のサイトから、必要な情報を入れると自動で見積もりをとれる場合もあります。

  • 素材
  • 蓋の裏の溶接
  • 枚数
  • 取っ手の数

料金システムや、納期が明確に記載されているお店を選ぶと安心ですね。

グリストラップの蓋もメンテナンスが大切です!

今回は、グリストラップの蓋の役割や、グリストラッの蓋のメンテナンス方法について紹介しました。

汚れや錆は気になるものの、これまで特に重要性を感じていなかった人もいたかもしれませんね。

「たかが蓋…」と放置していると落下によるケガや、異臭、害虫の発生など、大切なお店が大変なことになりかねません。

今回の記事で、安全で衛生的なお店づくりのヒントになれば幸いです。

まとめ

  1. グリストラップの蓋は、悪臭予防と穴への落下を防ぐ大切な役割がある
  2. 劣化したグリストラップの蓋を放置するとケガや悪臭、虫の侵入のリスクがある
  3. グリストラップの蓋の素材は2種類ある。それぞれ耐用年数が異なる
  4. グリストラップの蓋を交換する際は、サイズと取っ手の数の確認が大切です
  5. グリストラップの蓋は専門の業者から購入しよう

グリストラップ清掃業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

グリストラップ清掃ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったグリストラップ清掃の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す