最終更新日:

【液晶ディスプレイの処分方法】無料で液晶ディスプレイを処分できる?

故障や買い替えで不要になった液晶ディスプレイの処分はどうしたらいいのでしょうか?メーカーのリサイクルや、自治体連携の回収サービスは、お金と手間をかけずに液晶ディスプレイを処分できます。PCリサイクルマークがあれば基本無料回収で、自治体が参加している回収も無料回収が多いです。

【液晶ディスプレイの処分方法】無料で液晶ディスプレイを処分できる?

液晶ディスプレイの故障や、買い替えによって不要になった液晶ディスプレイは、家の中で場所をとって邪魔ですよね?

メーカーのリサイクルや、自治体連携の回収サービスによって、お金と手間をかけずに液晶ディスプレイを処分できます。

PCリサイクルマークがあれば基本無料回収で、自治体が参加している回収でもお金がかからない場合が多いです。

そこで今回は、液晶ディスプレイの処分方法について紹介します。

>>プロの不用品回収業者の一覧

【液晶ディスプレイの処分】パソコンは液晶ディスプレイ

【液晶ディスプレイの処分】パソコンは液晶ディスプレイ

日常生活で必需品となった液晶ディスプレイは、処分の方法に注意しなければなりません。

【液晶ディスプレイの処分】パソコンは液晶ディスプレイです!

パソコンに使われているモニターは、基本的に液晶ディスプレイです。

薄くてテレビ番組を見られないものを探せば、だいたい該当します。

液晶テレビは、法律によって小売店か指定業者への引き取りが義務づけられています。

家電リサイクルの対象なので、ゴミとして処分できません。

スマートフォンやタブレットの画面も、液晶ディスプレイです。

【液晶ディスプレイの処分】液晶ディスプレイはリサイクルの対象

液晶ディスプレイの処分は、原則的にリサイクルです。

スマートフォンやタブレットは買い替え時に引き取ってもらうか、買取専門店で売却できるため、パソコンのモニターのことになります。

不要な液晶ディスプレイを回収してもらい、各パーツに分解して再利用する施設へと運ばれる流れです。

地球の資源は有限のため、貴重な金属などが使われている液晶ディスプレイをリサイクルに出しましょう。

筆者が液晶ディスプレイのリサイクルした時には、何だか気分がよくなりました。

自宅が広くなっただけではなく、世の中のためになることをしたと思えました。

【液晶ディスプレイの処分】液晶ディスプレイをリサイクル

【液晶ディスプレイの処分】液晶ディスプレイをリサイクル

リサイクルは、消費者が利用しやすい仕組みになっています。

【液晶ディスプレイの処分】リサイクルは専門の業者に依頼

液晶ディスプレイに限らず、リサイクルは多くの業者が扱っています。

消費者と接するだけなら、中古品を売買するための古物商許可でできます。

長く経営しているリサイクル業者や、メーカーまたは行政の指定業者が液晶ディスプレイをリサイクできます。

店頭などで買取してくれるリサイクルショップについては、他の消費者へ再販売が目的のため、こちらがお金をもらえるのです。

【液晶ディスプレイの処分】液晶ディスプレイの処分にはお金がかかる

液晶ディスプレイは、単体で処分すると原則的に有料です。

故障して映らない場合は、リサイクルショップの買取の対象外になります。

液晶ディスプレイは、1人で抱えていくには重いです。

専門業者の無料回収サービスを利用することをオススメです。

【液晶ディスプレイの処分】処分するならメーカー公式情報

【液晶ディスプレイの処分】処分するならメーカー公式情報

液晶ディスプレイの処分について知りたければ、製作メーカーの情報を入手しましょう。

製造者として責任を持った公式情報を発信しているので信頼できます。

【液晶ディスプレイの処分】メーカー情報を確認する!

メーカーはインターネット上の公式サイトに、最新情報を掲載しています。

問い合わせ用のコールセンターもありますが、いつでも閲覧できる公式サイトがオススメです。

使用している液晶ディスプレイのメーカー名は、外箱や本体の一部に記されています。

購入した時のレシートや、取扱説明書は処分が完了するまで大切に保管しておきましょう。

公式サイトには、画面上で文章などを入力できる問い合わせフォームもあります。

今すぐに液晶ディスプレイを処分したい場合でなければ、早めに質問することで解決します。

>>Princeton/液晶ディスプレイの回収・再資源化(リサイクル)について

【液晶ディスプレイの処分】安全で快適なメーカー回収

資源有効利用促進法により、メーカーは不要になったパソコン一式を回収しています。

所謂メーカー回収で、液晶ディスプレイも対象です。

正規品は各メーカーへの直接申し込みで、倒産した企業や自作の場合には「パソコン3R推進協会」に担当が変わります。

>>一般社団法人パソコン3R推進協会

周辺機器であるプリンタなどはリサイクルの対象外のため、それぞれ別で処分しなければなりません。

メーカー回収は簡単で、オンラインの申し込みと集荷の依頼だけで終わります。

【液晶ディスプレイの処分】自治体連携で処分する方法

【液晶ディスプレイの処分】自治体連携で処分する方法

一部の自治体では、認定業者と提携して、液晶ディスプレイなどの無料回収しています。

安心できるサービスを利用したい人にオススメです。

【液晶ディスプレイの処分】名古屋市と連携した宅配便回収

名古屋市では、小型家電リサイクル法の認定事業者であるリネットジャパンと提携しています。

不要になった個人のパソコンを宅配便で回収する、1箱まで基本無料のサービスです。

デスクトップ型パソコンで、本体とモニターが別の箱になると有料に変わります。

CRTというブラウン管のモニターの回収についても別料金です。

有名な自治体が公式に行っている上に、大手の業者によるサービスなので安心して申し込めます。

>>不要なパソコン「宅配便回収サービス」

【液晶ディスプレイの処分】パソコンのデータを忘れずに消去する!

液晶ディスプレイと同時にパソコンの本体も処分する場合には、データの消去が必須です。

パソコンの「ゴミ箱」を空にしても、まだ内部にデータが残っているので注意しましょう。

名古屋市と提携しているリネットジャパンの無料回収サービスの公式サイトで、申し込み後に消去ソフトをダウンロードして自分でするか、有料のデータ消去代行を選択できます。

パソコンが壊れている場合は、内部のハードディスクを破壊、または取り外した後に指定の宅配業者に回収してもらうのがオススメです。

自治体が公認しているから、安心感が大きいサービスですね。

【液晶ディスプレイの処分】セット処分がオススメ

【液晶ディスプレイの処分】セット処分がオススメ

民間の宅配業者が回収してくれるサービスは、パソコン本体とのセット処分がお得です。

【液晶ディスプレイの処分】液晶ディスプレイだけでは処分しにくい!

単体で処分する時には、店頭や最寄りの郵便局などに持ち込む手間が加わります。

宅配便による回収や出張買取でも、液晶ディスプレイの一品のみで呼ぶと、引取料や出張料を請求されるケースが多いです。

自治体にもよりますが、液晶ディスプレイは原則的に粗大ゴミでも捨てられません。

【液晶ディスプレイの処分】買い替えてリサイクルへ出そう!

今のパソコンには「PCリサイクルマーク」がついているので、液晶ディスプレイの処分の費用も支払いずみです。

液晶ディスプレイだけ別にして処分したら、本来は必要のない出費を強いられます。

液晶ディスプレイとパソコンは、できるだけ一緒に買い替えるのが基本です。

そうすれば「PCリサイクルマーク」によって、賢く入れ替えられます。

液晶ディスプレイと本体のセット処分で、社会のインフラが整備されているのが現状です。

液晶ディスプレイの処分でわからないことは業者に相談!

今回は、液晶ディスプレイの処分方法について紹介しました。

液晶ディスプレイの処分は、行政の粗大ゴミではなく、業者に引き取ってもらうのが一般的です。

宅配便による回収がおすすめで、重い液晶ディスプレイを持ち運ぶ必要がありません。

メーカーや、自治体と提携している業者へ連絡すれば、指定の宅配業者が戸別に来てくれます。

無関係な宅配業者に依頼するなど、手順を守らない場合には有料になります。

関連記事

不用品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った不用品回収の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す