室外機がうるさい…エアコンの室外機がうるさい原因と対処方法を紹介

エアコンクリーニング
更新

エアコンをつけていたら家の外で「ブーン」という大きな異音がしたことはありませんか?室外機がうしるさいと眠れず、ご近所トラブルにもなりかねません。今回は、室外機がうるさい原因や、対処方法について紹介します。

室外機がうるさい…エアコンの室外機がうるさい原因と対処方法を紹介

夏や冬に大活躍する家電といえば、エアコンです。

しかし、エアコンをつけていたら家の外で「ブーン」という大きな異音がしたことはありませんか?

室外機がうしるさいと眠れず、ご近所トラブルにもなりかねません。

そこで今回は、室外機がうるさい原因や、室外機がうるさい時の対処方法について紹介します。

>>プロのエアコンクリーニング業者の一覧

【室外機がうるさい】エアコンの仕組みと室外機の役割

【室外機がうるさい】エアコンの仕組みと室外機の役割

エアコンを購入するともれなくついてくる室外機は、何のためにあるのでしょうか?

室内に取付されるエアコン本体(室内機)は、外に取付されている室外機とパイプでつながっています。

エアコンは冷媒と呼ばれる仕組みで、冷暖房時に熱を運んでいます。

冷媒は「常温の場合は気体」「圧縮されると液体に変化」します。

冷房の場合は、エアコンが部屋中の熱い空気を取り込み、室外機がその空気を排出します。

熱が奪われるのでその空気は液体となり、室外機の水抜き穴のパイプから水も排出されます。

夏の冷房時に、室外機から暖かい空気が出て、パイプから水も出てくるのはそのせいですね。

室外機によって熱を奪われた冷媒は、エアコンの中で気化して冷気になり、室内が涼しくなります。

暖房の場合は、室外機のコンプレッサーにより冷媒が圧縮されて、液体から高圧高温の気体に変化したものがエアコンに運ばれて、室内に暖かい空気が送り込まれます。

そして、熱を奪われた方の空気は室外機から外に運ばれます。

【室外機がうるさい】室外機がうるさい3つの原因

【室外機がうるさい】室外機がうるさい3つの原因

室内と室外との気温差が大きいほど、室外機の動作音も大きくなります。

暖房の方が室外機の音がうるさいです。

そして、エアコンの室外機がうるさくなる原因は他にもあります。

【室外機がうるさい】室外機が固定されていない!

エアコンを使用している時は、休むことなく室外機は動き続けています。

土台に固定されていなかったり、設置している地面が安定していない場合は、騒音が大きくなります。

【室外機がうるさい】室外機が汚れている!

常に室外に置かれている室外機。

汚れがたまると空気の排出がしにくくなったり、パーツの動作に影響がでたり、運転効率が下がり、動作音が大きくなります。

【室外機がうるさい】室外機の経年劣化や故障

エアコンを使い始めてから数年が経過していたり、故障している場合も、異音が発生したり、動作音が大きくなる原因になります。

【室外機がうるさい】室外機がうるさい時の対処方法

【室外機がうるさい】室外機がうるさい時の対処方法

室外機の土台が、軽めで強度が弱そうな素材の場合は、固定が弱く音がうるさくなります。

土台が弱い場合は、石材のように重さのあるブロックなどに交換したり、室外機と土台の間に「防振ゴム」を挟むと効果があります。

防振ゴムは、溝が彫られた板状のゴムで、室外機の振動音をおさえる効果があります。

防振ゴムは、ホームセンターやネットショッピングで購入することが可能です。

室外機の足と土台の間に挟んで取り付けましょう。

土台が防振ゴムになっている「防振ゴムブロック」や、土台の下に敷く大きめサイズの「防振ゴムパッド」など、色々な種類の防振ゴムが販売されています。

【室外機がうるさい】自分で室外機を掃除する方法

【室外機がうるさい】自分で室外機を掃除する方法

室外機が汚れている場合は、掃除して運転効率を上てげて騒音を低下させましょう。

用意するもの

必須
ほうき
雑巾
ブラシまたは、古歯ブラシ
1

室外機の外側のカバーと周辺のゴミを取る

室外機の外側のカバーと周辺を、ほうきを使って汚れやごみを取り除いてから、雑巾で拭き掃除する。

2

室外機の裏側についているフィン掃除する

室外機の裏側についているフィン(網目状の薄い金属の板)を、ブラシや古歯ブラシを使って丁寧に掃除する。フィンで手を切らないように手袋をはめて作業しましょう。また、フィンは力を入れすぎると変形したり、破損する恐れがあるので、軽い力で注意深く手入れしましょう。

3

水抜き穴のパイプを掃除する

水抜き穴のパイプの中に汚れが詰まっていると水が逆流して、エアコンの故障原因になります。古歯ブラシを使って、パイプの内部の汚れをかき出して完了。

室外機の掃除は、壊れやすい部品もあり注意が必要ですが、自分でもできるお手入れで、運転効率が上がるのは嬉しいですね。

自分で対策しても室外機がうるさいなら業者に相談!

今回は、室外機がうるさい原因や、室外機がうるさい時の対処方法について紹介しました。

室外機の土台を固定したり、掃除しても室外機がうるさい場合は、室外機の修理や交換(買い替え)を検討しましょう。

長年エアコンを使用している場合は、室外機の経年劣化で寿命がきているのかもしれません。

運転効率の悪いエアコンは、冷暖房の効きも悪いうえ、その分電気代もかかります。

修理や交換は初期費用がかかりますが、長い目で見るとお得になる可能性があります。

エアコンクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングをプロに依頼するなら

エアコンクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にエアコンクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事