【雨漏りの応急処置】雨漏りの応急処置を自分でする?業者に依頼する?

屋根修理
更新

雨の日が続くと思っていたら、天井から雨漏りが起きたということはありませんか?応急処置を自分でするか?業者に依頼するかも悩みますよね。そこで今回は、雨漏りの箇所別に応急処置する方法や、確認するポイントについて紹介します。

【雨漏りの応急処置】雨漏りの応急処置を自分でする?業者に依頼する?

雨の日が続くと思っていたら、天井から雨漏りが起きたということはありませんか?

雨漏りの応急処置を自分でするか?業者に依頼するかも悩みますよね。

そこで今回は、雨漏りの箇所別に応急処置する方法や、雨漏りしているか確認するポイントについて紹介します。

>>プロの屋根修理業者の一覧

【雨漏りの場所】雨漏りしやすい4箇所を知ろう!

【雨漏りの場所】雨漏りしやすい4箇所を知ろう!

実際に雨漏りしている箇所を特定するのは、専門業者でないとなかなか難しいです。

しかし、雨漏りがしやすい箇所を知っておくことで、早めの処置ができることもあります。

また、雨漏りをそのままにしておくと二次被害が起こります。

雨漏りを放置することでカビやシミなどが広がり、シロアリが発生する危険性が高まります。

さらに漏電の被害も起こりやすくなり、火災に繋がることもありますので早めに対処しましょう。

【雨漏りの場所】屋根

屋根材や瓦がずれたり、傷んでひび割れた箇所が、大雨や台風の時に傷みが広がり雨漏りすることがあります。

そのため屋根は、一般的な雨漏りの場所として一番多い箇所です。

天井などから水が落ちる場合は、屋根からの雨漏りが想定されます。

【雨漏りの場所】窓

窓枠と窓ガラスの間に隙間は、サイズが合っていない場合や、接合材の劣化で雨漏りすることがあります。

風向きによって、隙間から水が侵入します。

窓周辺の部材にカビなどが生えている場合は、窓から雨漏りしている可能性があります。

【雨漏りの場所】壁

外壁塗装が剥がれたり、シーリング材が経年劣化していたりすると雨漏りが起きます。

壁にヒビが入っている場所は、入り込んだ雨水が木材を腐食させてしまい建物の劣化に繋がります。

【雨漏りの場所】屋上やベランダ

コンクリートや防水シートなどで覆われている場所ですが、経年の劣化や施工不良などでひび割れたり、排水溝などに枯葉などが詰まることで雨漏りの原因とになります。

また、ベランダは人の出入りや、植物の置き場所となることもあり傷むことが多い場所です。

定期的なメンテナンスして、雨漏りを防ぐ必要があります。

【雨漏りの確認】雨漏りしているか確認しよう!

【雨漏りの確認】雨漏りしているか確認しよう!

雨漏りがひどくなる前に、前触れのような現象を見逃さず対処しましょう

室内がカビ臭かったり、壁紙、天井、床、サッシまわりが濡れている状態であれば注意が必要です。

また、雨が降っていないのに水音が聞こえるのであれば、雨漏りしている可能性が高いです。

【雨漏りの確認】雨の日に点検する!

雨の日に壁や天井などのつなぎ目に、カビが生えていたり、触ると濡れている場合は、雨漏りしている危険性があります。

また壁紙が剥がれかけている周辺、床、サッシまわりにシミがないかも確認しましょう。

季節などで結露という可能性もありますが、雨天時にだけそのような状況になっているのであれば雨漏りが考えられます。

また、天井裏を調べられるのであれば、カビが発生している場所は雨漏りしています。

【雨漏りの確認】雨の日を避けて点検する!

屋根を確認する場合は、瓦屋根やスレートなどにひび割れやずれている場所がないかな確認してください。

しかし、高所作業となりますので、危険性が高くなります。

十分に注意して、無理のない程度で確認してください。

【雨漏りの応急処置】雨漏りを応急処置する方法

【雨漏りの応急処置】雨漏りを応急処置する方法

雨漏りしている状況に応じて、応急処置しましょう。

【雨漏りの応急処置】室内

天井からの雨漏りは、バケツ、雑巾、新聞紙、ブルーシートなどで防ぎましょう。

ブルーシートの上に新聞紙を置き、バケツの中に雑巾などを入れておくと水の飛び散りを防げます。

【雨漏りの応急処置】窓やサッシ

カーテンを取り付けている場合は、取り外しましょう。

床まで流れている場合は、壁面に流れる雨水を雑巾などでこまめに拭き取りましょう。

カーテンが濡れている場合は、洗濯して乾かさないとカビが発生する可能性があります。

【雨漏りの応急処置】屋根の上

屋根に上るのは十分に注意して、無理のない範囲で実施してください。

一人ではしごには登らず、他の人にはしごを支えてもらいましょう。

はしご上部を雨樋などの支持器具にひもなどで固定して、登る時にはできるだけ身体をはしごに近づけて登りましょう。

屋根や壁の雨漏りは、防水テープ、ブルーシート、コーキング剤などが必要になります。

【防水テープ】
防水テープの使用方法は、雨水が流れていく方向を考えて貼りましょう。

雨水の流れる方向と逆に、下から上に空気が入らないように貼るのがポイントです。

またテープの効果を持続させるためには、できるだけ重ねないようにすることがポイントです。

広範囲にやみくもに貼ると、別の場所からの雨漏りを誘発する危険性がありますので注意しましょう。

【ブルーシート】
雨漏りの場所が特定できない時は、広範囲に覆えるブルーシートを使用して応急処置しましょう。

その場合は、ブルーシートと重しとして砂利を詰めた土のう袋も用意しましょう。

ブルーシートをロープなどで固定すると、風にあおられた時などに別の場所を傷つけることがありますので避けましょう。

ブルーシートを固定するための土のう袋に入れる土は、砂利などの目の荒いものを詰めます。

細かい砂をつめると雨が降った時に、泥水となり屋根をいためることがあります。

【コーキング】
雨漏り箇所が特定できている場合は、コーキング材を使用して応急処置します。

コーキングに必要な物は、防水用のコーキング材、コーキングガン、マスキングテー、プライマー、カッターです。

コーキング材には、様々な種類がありますので修理する箇所によって適切なものを使用しましょう。

修理箇所を掃除して、コーキングするまわりにマスキングテープを貼ります。

次にコーキングの効果を高めるためにプライマーという薬剤を散布して乾かした後に、コーキング材を使用しましょう。

また、マスキングテープは、コーキング材が乾く前に剥がしましょう。

外壁からの雨漏りには、防水スプレーを使用すると一時的な効果があります。

【雨漏りの応急処置】応急処置する時の3つの注意点

【雨漏りの応急処置】応急処置する時の3つの注意点

応急処置する方法によっては、状況を悪化させてしまうことがあります。

【雨漏りの応急処置】板金などに釘を打つ!

屋根材を元の位置に固定しようとして、板金などに釘を打つのは避けましょう。

固定はできても力加減を誤り、屋根自体に穴が空くことがあり返って状況が悪くなります。

【雨漏りの応急処置】雨漏りの箇所を特定せずシーリングを使用する!

雨漏りの箇所を特定せずに、誤った箇所にシーリングを使用して埋めてしまうと、雨水の経路事態が変化することがあります。

【雨漏りの応急処置】パテ材を使用する!

シーリング材の代わりにパテ材を使用しても、あまり効果は長続きしません。

一時的にパテ剤を使用したまま放置すると、悪影響となります。

自分で雨漏りが直せないなら業者に依頼しよう!

今回は、雨漏りの箇所別に応急処置する方法や、雨漏りしているか確認するポイントについて紹介しました。

急な雨漏りは驚きますが、自分でできる範囲で応急処置しましょう。

被害箇所や原因がわからない場合や、屋根などの高所作業は専門業者に依頼することをオススメします。

屋根修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

屋根修理をプロに依頼するなら

屋根修理を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に屋根修理の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事