最終更新日:

【アース付きコンセント】端子の種類やアース付きコンセントの変換工事

アース付きコンセントとは、水回りにある電化製品の感電や、電磁波を軽減するために、アースを接続して大地へ受け流すものです。今回は、アース付きコンセントの特徴や、端子の種類や、変換工事についてまとめて紹介します。

【アース付きコンセント】端子の種類やアース付きコンセントの変換工事

アース付きコンセントとは、水回りにある電化製品の感電や、電磁波を軽減するために、アースを接続して大地へ受け流すためのコンセントです。

アース用プラグの3つ穴用コンセントもあり、感電の恐怖や電磁波などから身を守るためにあります。

アース付きコンセントは種類がります。

そこで今回は、アース付きコンセントの特徴や、端子の種類や、変換工事について紹介します。

>>プロのコンセント増設・スイッチの修理業者の一覧

【アース付きコンセントの特徴】アース付きコンセントとは?

【アース付きコンセントの特徴】アース付きコンセントとは?

アース付コンセントとは、コンセントを挿しこむ穴の下に、アース線を接続するつまみやネジなどがあります。

水を使う電化製品の近くや、湿気が生じる可能性のある家電付近にあることが多いです。

電子レンジ近くや、洗濯機のコンセントなどの付近にみられます。

【アース付きコンセントの特徴】アースとは?

家電など電気機械と大地をつなぐことを「アース」と言います。

電化製品の劣化などで漏電していても、アース線を接続していれば、その電気を地面に逃がせるため、アース側に大量の電流が流れて人体への影響は軽くなります。

水気があるものや、湿気などが発生する可能性が高い冷蔵庫などには、アース線は必要不可欠です。

【アース付きコンセントの特徴】感電防止やノイズから守る!

アースのメリットは、静電気障害の防止、ノイズの影響を軽減などがあります。

パソコンやテレビの電磁波がノイズとなり、受信状況などに影響を与えていることも多くあります。

アースで電磁波を地面に逃がすだけで、影響をおさえることにつながります。

【アース付きコンセントの種類】アース端子の種類

【アース付きコンセントの種類】アース端子の種類

アース端子の種類と、付け方について紹介します。

とは言っても簡単なので、それぞれの種類の違いはあれどほぼ同じです。

【アース付きコンセントの種類】つまみ式

  • アース端子側のつまみを回して緩める
  • アース線を端子にはさみこむ
  • 端子のつまみを回して締める

【アース付きコンセントの種類】ネジ式

ネジ式のアース端子のつけ方を紹介します。

用意するもの

必須
プラスドライバー
マイナスドライバー
1

マイナスドライバーで金属のフタを上げる

マイナスドライバーでコンセントの下部にある金属のフタを上げる。上げるとネジがあるので、プラスドライバーで緩める。

2

アース線を挟み込む

ネジをゆるめてアース線を挟み込む。ネジをプラスドライバーで締めて、少しずつ固定する。少し引っぱって取れないくらいがいいですね。

【アース付きコンセントの種類】ワンタッチ式

ワンタッチ式も上記と同じで、アース端子に線を挟み込むだけです。

【アース付きコンセントの対処】アース線の対処方法

【アース付きコンセントの対処】アース線の対処方法

アース線の応用や対処方法について紹介します。

【アース付きコンセントの対処】複数のアース線を接続する方法

キッチンまわりにアース線をつなげたい家電がたくさんあるけれど、対応コンセントが少ない時は困ってしまいます。

そんな時は、いくつかのアース線を一つにつないでも構いません。

いざというときのアース線なので、基本的にはこれで問題ありませんが、つなぎすぎは注意しましょう。

接触不良などを起こす可能性もあり、多すぎる場合はアース付きコンセントを増設工事しましょう。

【アース付きコンセントの対処】アース線の長さが足りない対処方法

アース線の長さが足りない時は、アース線とアース線をつないでも対処できます。

アース線同士をつないだら、つないだ接続部分には絶縁テープを巻きましょう。

【アース付きコンセントの対処】変換プラグを利用する方法

変換プラグを使うことで、アースをとれます。

  • 電化製品が普通の2つ穴用プラグとアース線で、コンセントが3つ穴(アース対応)
  • 電化製品のプラグがアース対応の3つ穴用で、コンセントが2つ穴

いずれも変換プラグを購入することで、アースを接続することが可能です。

3つ穴コンセント用の変換プラグは、外れないように家電の位置などに注意して接続してください。

また、2つ穴コンセントに対して、3つ穴プラグを2つ穴とアース線へと変換するプラグも同じく、ホームセンターや電気屋さんで売っています。

日本では、今までのよくある普通のコンセントがいまだ多いため、2つ穴コンセント用に、アース線が最初から付いている製品もあります。

このように、変換プラグを使用することでアース接続できすが、アース端子がないコンセントでは、当然使用できません。

【アース付きコンセントの変換】アース付きにする変換工事

【アース付きコンセントの変換】アース付きにする変換工事

【アース付きコンセントの変換】料金相場

アース付きコンセントにする変換工事の料金相場について紹介します。

  • アース線がすでに敷いてある場合は、5,000円~8,000円程度
  • ケーブルの新設は内装工事になり、15,000円~30,000円程度

【アース付きコンセントの変換】マンションの場合

マンションで変換工事する場合は、勝手にはできません。

管理会社に問い合わせの上、アースの引き込み線を確認してからの工事になります。

【アース付きコンセントの変換】専門業者に依頼する場合

アース付きコンセントへの変換工事は、電気工事の資格が必要です。

電気工事士免許がないと工事ができないため、ここはDIYなどと言わず、プロの専門業者に依頼しましょう。

筆者も家電が大好きで、パソコンやテレビなど家中に電化製品が多くあったのですが、アース付きコンセントをつけるため業者に依頼しました。

アース付きコンセントについて不明点は業者に相談しよう!

今回は、アース付きコンセントの特徴や、端子の種類や、変換工事について紹介しました。

家の電化製品に関わっているアースは、感電防止、ノイズ軽減、電磁波対策のためにも、アース接続しておいて間違いはありません。

そもそもアース端子がないコンセントを変換するには、電気工事の資格がないと取り付けられません。

コンセントにアース端子がなければ、電気工事業者に依頼して交換してもらいましょう。

アース付きコンセントで、快適な生活を送る一助になれば幸いです。

コンセント増設・スイッチの修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

コンセント増設・スイッチの修理ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったコンセント増設・スイッチの修理の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す