【冷蔵庫の霜取り】霜ができる原因や冷蔵庫の霜取りする方法を紹介

冷蔵庫クリーニング
更新

霜が気になっているけれど「そのままの状態…」「面倒でやっていない…」という人も多いのではないでしょうか?冷蔵庫の霜取りは、大変そうなイメージがありますが、適切な方法でするれば簡単にできますよ。そこで今回は、冷蔵庫の霜取り方法について紹介いたします。

【冷蔵庫の霜取り】霜ができる原因や冷蔵庫の霜取りする方法を紹介

冷蔵庫に付いた霜は、見た目がよくないだけでなく、収納量が減る原因にもなります。

霜が気になっているけれど「そのままにしている…」「霜取りが面倒でやっていない…」という人も多いのではないでしょうか?

冷蔵庫の霜は放って冷ますこと切です。

そこで今回は、冷蔵庫に霜ができる原因や、冷蔵庫の霜取りする方法について紹介します。

冷蔵庫の霜が気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

>>プロの冷蔵庫クリーニング業者の一覧

【冷蔵庫の霜取り】冷蔵庫の霜取りは必要なの?

【冷蔵庫の霜取り】冷蔵庫の霜取りは必要なの?

「冷蔵庫の霜取りはやるべき!」と聞いたことがあっても、なぜ霜取りが必要なのか知っていますか?

冷蔵庫の霜取りが必要な理由は2つあります。

【冷蔵庫の霜取り】電気代がかかる!

霜は冷気を伝えにくい性質があり、冷蔵庫に霜が付くと冷えにくくなります。

冷蔵庫が冷えにくいと、その分冷やすのに時間がかかり、余計に電気代がかかります。

また、食品自体もすばやく冷やせないので、いつもより食品が傷みやすくなります。

【冷蔵庫の霜取り】冷蔵庫が開かなくなる!

霜は放っておくと、どんどん巨大化してしまうため、霜が厚くなると冷蔵庫のドアが開かなくなることもあります。

筆者も冷蔵庫の霜をそのままにしていた時は、ドアが開きづらくなり、結構な力で開けていました。

勢いよく開けるので、中の食品を落としてしまうこともありました。(笑)

【冷蔵庫の霜取り】冷蔵庫に霜ができる4つの原因

【冷蔵庫の霜取り】冷蔵庫に霜ができる4つの原因

【冷蔵庫の霜取り】食材を詰めすぎが原因

冷蔵庫に詰める量は、容量の70%くらいがベストだと言われています。

しかし、まとめ買いしたり、作り置きしたりすると、すぐに冷蔵庫がいっぱいになります。

しかし、これは霜ができる原因の1つになりますので、入れすぎないように日頃から気を付けましょう。

【冷蔵庫の霜取り】ドアの開け閉めが多いのが原因

ドアの開け閉めが多いと、外の温かい空気が冷蔵庫に入る機会が多くなります。

そうなると、中に入った空気が冷えて霜に変わります。

隙間があったり、ドアに袋などがはさまったりしていても、同じように霜ができやすくなります。

【冷蔵庫の霜取り】ドアパッキンの汚れや劣化が原因

冷蔵庫のドアパッキンに汚れや劣化があると、外の空気が入りやすくなり、霜ができる原因になります。

掃除したり、修理を依頼したり、ドアパッキンがダメにならないようにしましょう。

【冷蔵庫の霜取り】冷却機能の故障が原因

色々と気を付けたり、定期的に霜取りしたりしても、霜が大量にできることがあります。

もしかしたら、冷却機能が故障しているのが原因かもしれません。

一度メーカーや電気屋などに相談してみるといいでしょう。

【冷蔵庫の霜取り】自分で冷蔵庫の霜取りする方法

【冷蔵庫の霜取り】自分で冷蔵庫の霜取りする方法

【冷蔵庫の霜取り】冷蔵庫の霜取り機能を使う方法

冷蔵庫には「自動霜取り機能」が搭載されているものが多いです。

機能が付いているかどうか取扱説明書等で確認しましょう。

「自動霜取り機能」が搭載されていなくても、霜取りしやすくなる機能が付いた冷蔵庫もあるので、活用するといいでしょう。

【冷蔵庫の霜取り】お湯とタオルを使う方法

霜取り機能が付いていない場合は、お湯とタオルを使って霜取りしましょう。

用意するもの

必須
タオル
あると便利
洗面器
クーラーボックス
1

タオルをぬるま湯に浸して軽く絞る

タオルを40℃前後のぬるま湯に浸して、その後軽く絞る。

2

冷蔵庫の霜に温かいタオルを当てる

冷蔵庫の霜に温かいタオルを当て、霜を溶かしながら拭き取る。

ドアを開けたまま作業していたら「食品を傷めてしまった…」という声もあるので、作業する時は食品をクーラーボックスなどに移動させておくといいでしょう。

【冷蔵庫の霜取り】冷蔵庫の運転を止める方法

なかなか霜が取れない場合は、冷蔵庫の運転を止めて、冷蔵庫内を室温にして霜を溶かしましょう。

用意するもの

必須
クーラーボックス
タオル
1

冷蔵庫内の食品を取り出す

冷蔵庫内の食品を取り出してクーラーボックスに入れる。冷蔵庫の電源を抜く。

2

冷蔵庫を開けたままにして霜を溶かす

冷蔵庫を開けたままにして、霜を溶かす。霜が溶けたら、タオルで拭き取る。

この方法は時間と手間がかかりますが、確実に霜を取り除けます。

巨大化した霜がある場合は、この方法がオススメです。

【冷蔵庫の霜取り】霜が付かないように防ぐポイント

【冷蔵庫の霜取り】霜が付かないように防ぐポイント

霜はとてもやっかいですが、日頃から霜ができないように冷蔵庫を使うと、霜が発生しにくくなります。

【冷蔵庫の霜取り】食材を詰め込み過ぎない!

食材を詰めすぎると、冷蔵庫の冷気がまわりにくくなり、結果的に霜ができる原因となります。

特に冷気が出てくる穴の前には、食材を置きすぎないようにしましょう。

【冷蔵庫の霜取り】ドアを開けたらすぐ閉める!

ドアを開けたままにしていると、霜の原因である結露が発生します。

ドアはしっかり閉めて、開けたらすぐに閉めるようにしましょう。

【冷蔵庫の霜取り】食材を入れる時は冷ましてからにする!

食材を冷蔵庫にしまう時は、しっかりと冷ますことが大切です。

温度差は霜の原因になります。

また、ラップをかける場合は、隙間がないようにする。

そうすることで、食材から水分が蒸発するのを防ぎ、霜の予防につながります。

【冷蔵庫の霜取り】霜取り不要の冷蔵庫にする!

霜取り不要の冷蔵庫もあるので「霜を取る時間がない…」「霜取りは面倒だな…」と感じる人は、霜取り不要の冷蔵庫を選ぶことをオススメします。

自分で冷蔵庫の霜取りするのが面倒なら業者に依頼!

今回は、冷蔵庫に霜ができる原因や、冷蔵庫の霜取りする方法について紹介しました。

自分で霜取りするには時間と手間がかかります。

仕事や家事、育児に忙しい人は専門業者に依頼するのも1つの方法です。

業者であれば、確実かつ丁寧に霜取りしてもらえるので、自分で時間と手間をかけてやるよりも効率よくしてくれます。

冷蔵庫クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

冷蔵庫クリーニングをプロに依頼するなら

冷蔵庫クリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に冷蔵庫クリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる