【シロッコファンの特徴】シロッコファンの取り外し方や掃除方法を紹介

レンジフード(換気扇)クリーニング
更新

換気扇は大きく分けて2種類あります。なかでも最近注目されているのがシロッコファンです。昔からあるプロペラファンに比べて音が静かで、屋外に面していない壁にも取り付けられます。今回は、シロッコファンの特徴、取り外し方、掃除方法について紹介します。

【シロッコファンの特徴】シロッコファンの取り外し方や掃除方法を紹介

換気扇には「シロッコファン」と「プロペラファン」の2種類あります。

なかでも最近注目されているのがシロッコファンです。

シロッコファンとは筒状で、昔からあるプロペラファンに比べて音が静かなことが特徴です。

また、屋外に面していない壁にも取り付けられます。

そこで今回は、シロッコファンの特徴や、シロッコファンの取り外し方や、掃除方法について紹介します。

>>プロのレンジフード(換気扇)クリーニング業者の一覧

【シロッコファンの特徴】シロッコファンの特徴を知ろう!

【シロッコファンの特徴】シロッコファンの特徴を知ろう!

シロッコファンは換気扇の一種で、正式名称は「シロッコ扇風機」という名前です。

シロッコファンとは商品名であり、小型のシロッコ扇風機のことを指しています。

また、多くの羽根を持つ扇風機のため多翼ファンとも呼ばれています。

形状は細い羽根がぐるりと輪状に取り付けられた筒形で、回転軸に対して風が90℃方向に出ます。

シロッコファンは普段レンジフードの内部や天井埋込式の蓋の裏に隠されており、むき出しになっていないので羽根が回転しているところを見る機会はありませんが、送風原理上において遠心ファンに分類されるそうです。

シロッコファンが一番多く使われている場所はキッチンです。

キッチンのレンジフード正面開口部から油や食品など空気を吸い込んで、レンジフードに連結されているダクトを通じて屋外へ排気し、室内の空気を換気します。

その他にトイレ、脱衣所、作業場の換気用、浴室暖房乾燥機、ノートパソコンのファンなどにシロッコファンが使用されています。

【シロッコファンの特徴】プロペラファンの特徴を知ろう!

【シロッコファンの特徴】プロペラファンの特徴を知ろう!

一般家庭用の換気扇として古くからおなじみのプロペラファンも、キッチンで使われています。

プロペラファンは3枚~6枚の羽根がついていて、見た目がプロペラに似ていることからプロペラファンと呼ばれています。

シロッコファンがダクトを通して排気するのに対して、プロペラファンはダクトを通さず直接外へ排気します。

そのためプロペラファンは、屋外に面している壁にしか設置できません。

プロペラファンは安いものであれば3,000円台から、平均的な価格は5,000円~10,000円程度で購入できます。

工事費用を含めた総額も全部で20,000円~40,000円くらいでおさまります。

一方、シロッコファンは本体価格8,000円~10,000円に加え、ダクトなどの工事費用を含めると総額60,000円~80,000円くらいかかります。

シロッコファンを選ぶ「メリット」と「デメリット」

シロッコファンを選ぶ「メリット」と「デメリット」

キッチンの換気扇を選ぶとしたら「シロッコファン」と「プロペラファン」のどちらがいいのでしょうか?

「シロッコファン」のメリット

シロッコファンの最大のメリットは、ダクトを通じて換気できるという点です。

シロッコファンはダクトを通すことで、家の中のあらゆる場所で換気扇として使用できます。

集合住宅で壁が屋外に面していないキッチンや、対面キッチンまたは、アイランドキッチンでよくシロッコファンが使用されます。

そして、レンジフードでコンロを覆う形状のため、ピンポイントにコンロの煙を吸気できることもメリットの一つです。

また、音が小さく静かで、電気代が安く、直接外気に接していないため外気の影響を受けないことがシロッコファンのメリットです。

「シロッコファン」のデメリット

シロッコファンのデメリットは、構造が複雑で羽根がたくさんあるため手入れしにくいです。

最近ではワンタッチで着脱できるタイプや、コーティング剤が塗ってあり掃除しやす痛いプイが販売されています。

掃除する時は、細い薄い羽根で手を切らないように注意しましょう。

さらに費用が高いこともシロッコファンのデメリットです。

シロッコファンを設置するためにはレンジフードとダクトを設置しなければならず、プロペラファンに比べて工事費用が高くなり、設置に時間がかかります。

【シロッコファンの掃除】シロッコファンを掃除する方法

【シロッコファンの掃除】シロッコファンを掃除する方法

通常シロッコファンの掃除は業者に依頼する場合がほとんどですが、簡単な掃除なら自分でもできます。

シロッコファンの取り外し方と、掃除方法について紹介しますが、作業する際は必ず取扱説明書をよく読んでその指示に従ってください。

用意するもの

必須
厚手ゴム手袋(薄手タイプはNG)
ドライバー
ビニール袋または、大きめの容器
アルカリ洗剤(重曹やセスキ炭酸ソーダなど)
古歯ブラシ
スポンジ
1

シロッコファンを取り外す前に準備する

厚手のゴム手袋をはめて、換気扇が停止していることを確認して作業に取りかかる。シロッコファンを取り外す前に周囲が汚れないようビニールで覆い、じゃまな物は他の場所に移動させます。

2

シロッコファンのネジをドライバーで外す

ネジでとめてあるタイプのシロッコファンは手前から順に端のとめてあるネジをドライバーで外す。次にベルマウスというファンを押さえている部品のネジを外す。その次に中央の大きなネジを手で右に回してファンを取り外す。

3

シロッコファンをつけ置きする

ビニール袋または、大きな容器に50℃くらいの湯とアルカリ洗剤を入れて、その中にファンを入れて漬け置きします。汚れがひどいものは1~2時間、それほどひどくなければ20~30分間漬け置きします。

4

古歯ブラシやスポンジで汚れを落とす

古歯ブラシやスポンジを使って、汚れを落として洗い流す。シロッコファンに付いた水分をよく拭き取って、乾燥させてから元に戻して完了。

最新のワンタッチ式シロッコファンはコーティング加工されているものがあり、そのタイプであれば台所用洗剤で拭くだけで汚れを落とせます。

逆に重曹などを使うと、コーティング剤が剥がれてしまいますので注意してください。

シロッコファンの掃除は業者に依頼できます!

今回は、シロッコファンの特徴や、シロッコファンの取り外し方や、掃除方法について紹介しました。

シロッコファンはプロペラファンに比べて優れた点がいろいろとありますが、高価なので必要最小限の場所にだけ設置することをオススメします。

また、シロッコファンは自分で掃除できますが、時間と手間がかかります。

難しいと感じたら無理せずクリーニング業者に依頼しましょう。

レンジフード(換気扇)クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

レンジフード(換気扇)クリーニングをプロに依頼するなら

レンジフード(換気扇)クリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にレンジフード(換気扇)クリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事