【お灸で肩こりは解消】お灸で肩こりを楽にする方法やオススメのツボ

出張整体
更新

辛い肩こりに悩んでいませんか?「肩こりは仕事にはつきもの…」「もう年で仕方ない…」と諦めていませんか?つらい肩こりを和らげる1つの方法にお灸があります。今回は、お灸で肩こり改善する方法や、肩こりを改善できるツボについて紹介します。

【お灸で肩こりは解消】お灸で肩こりを楽にする方法やオススメのツボ

「肩こりに悩んでいる…」「肩こりを感じたことがある…」と問われたら多くの人は「はい」と答えるのではないのでしょうか?

しかし「肩こりは仕事にはつきもの…」「年だから仕方ない…」と諦めていませんか?

つらい肩こりを和らげる1つの方法にお灸があります。

もちろん、お灸さえすれば肩こりを解消できるわけではありません。

日常生活において、気をつけなければいけないこともいくつかあります。

そこで今回は、お灸で肩こり改善する方法や、お灸以外に肩こりを改善できるツボについて紹介します。

つらい肩こりを少しでも和らげましょう。

>>プロの出張整体業者の一覧

【お灸の種類】お灸を使って肩こり改善しよう!

【お灸の種類】お灸を使って肩こり改善しよう!

お灸には2,000年以上もの歴史があります。

お灸は熱によりツボを刺激して、血流よくして、人体が本来持つ治癒力を高める東洋医学の治療法です。

お灸すると血行がよくなり、筋肉のこわばりを緩めてくれるため、姿勢、目の疲れ、ストレス、運動不足、冷え、加齢を原因とする血行不良や、筋肉のこわばりによる肩こりを改善するのに適しています。

特に血行が悪い冷え性や、低血圧の人は、お灸で肩こりが改善する可能性が高いです。

ご家庭でお灸する場合には、台座タイプのお灸が使いやすいです。

台座タイプのお灸なら、台座にもぐさを置いた状態で火を着けるので、火傷するリスクをおさえられます。

ツボに置いてから火をつけるのではなく、火をつけてからツボに置いた方がより安全です。

また、発熱剤を使い、火をつけないタイプのお灸もあります。

火をつけるタイプのほうが本格的ですが、火をつけないタイプのお灸は、臭いもなく、外出時にも使えるメリットがあります。

【お灸以外】お灸以外で肩こり改善できるツボを紹介

【お灸以外】お灸以外で肩こり改善できるツボを紹介

お灸はどこに置いてもいいという訳ではなく、きちんとツボに置かなければ意味がありません。

人体には数多くのツボがあります。

たくさんあるツボの中から、特に肩こりにオススメのツボについて紹介します。

【お灸以外で肩こり改善】合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨のつけ根にあるツボで、少し人差し指寄りにあります。

肩こり改善にいいツボです。

【お灸以外で肩こり改善】手三里(てさんり)

人差し指、中指、薬指を揃え、肘を曲げた時にできるシワに人差し指を合わせます。

薬指の位置が手三里です。

肩こりや肘の痛みを和らげます。

【お灸以外で肩こり改善】肩井(けんせい)

首のつけ根と肩の先端との真ん中あたりにあります。

肩こり改善の代表的なツボです。

【お灸以外で肩こり改善】天髎(てんりょう)

乳頭からまっすぐ上に手を運び、肩を通り、軽く押しながら背中へ移動させます。

気持ちいいと感じたところが天髎です。肩甲骨を保持する筋肉をほぐします。

【お灸以外で肩こり改善】肩ぐう(けんぐう)

両手を真横にあげ、反対側の手で肩周辺を探ってみてください。

くぼみがあるはずです。くぼみの中心が肩ぐうです。

肩こりや眼精疲労を改善します。

【お灸以外で肩こり改善】曲垣(きょくえん)

肩甲骨に沿って肩甲骨内側を上に向かって指を運びます。

それ以上進めないところが曲垣です。

四十肩、五十肩などを改善します。

【お灸以外で肩こり改善】足臨泣(あしりんきゅう)

足の甲側で、薬指と小指の骨のつけ根にあるツボです。

首から肩にかけてのこりを和らげます。

指圧の場合、ピンポイントでツボを押さなければなりませんが、お灸なら、お灸を置いた周辺も温まるため「ここら辺かな?」と思える場所で大丈夫です。

【お灸の注意点】お灸する時の注意点を知ろう!

【お灸の注意点】お灸する時の注意点を知ろう!

火をつけないタイプのお灸を除き、基本的にお灸は火をつけます。

火傷しないように注意しなければいけないことはいうまでもありませんが、お灸する上で気をつけなければいけないことがいくつかあるので確認してみましょう。

  • 熱いのを我慢して火傷しないようにする。無理は禁物です。位置を変えるなり、途中でやめるなりする。また1日3回を限度とし、同じ位置は避けて少しずらす
  • プロの施術ならともかく、ご家庭でお灸する場合には、顔にお灸はしない
  • ご家庭でお灸する場合は、子供や妊婦へのお灸は避ける
  • 入浴前後、食事直後、飲酒後、発熱時は避けてください。お灸の効果が薄れる、火傷する可能性があります
  • お灸した後は、パソコン・スマホを見ないようにする。人間の自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は興奮状態にする神経です。一方、副交感神経は筋肉を緩め、血行がよくなり、リラックス状態にする神経です。お灸して筋肉を緩めて血行がよくなっても、お灸した後にパソコンやスマホを見てしまうと交感神経を刺激してしまいます
  • お灸した後にカフェインを摂取しないようにしましょう。カフェインも交感神経を刺激します

お灸についてわからないことはプロに相談しよう!

今回は、お灸で肩こり改善する方法や、お灸以外に肩こりを改善できるツボについて紹介しました。

お灸は肩こりを改善する方法の1つです。

しかし、自分でお灸を試みてみたものの、なかなか肩こりが改善されないこともあるでしょう。

そもそも自分でやるのに抵抗があるという人もいるはずです。

そんな時は、プロのお灸や整体、マッサージを受けてみるといいでしょう。

プロにお願いするのなら、自分に合った業者を選びましょう。

出張整体業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張整体をプロに依頼するなら

出張整体を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張整体の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事