最終更新日:

トイレのタオル掛けでおしゃれ空間に!トイレのタオル掛けの種類や選び方

トイレのタオル掛けが雰囲気を大きく左右することを知っていますか?しかし、どんなものを選んだらいいか迷ってしまいますよね。トイレは狭い空間だからこそ、小物選びが大切です。今回は、トイレのタオル掛けの種類や選ぶポイントについて紹介します。

トイレのタオル掛けでおしゃれ空間に!トイレのタオル掛けの種類や選び方

タオル掛けがトイレの雰囲気を大きく左右することを知っていますか?
トイレは狭い空間だからこそ、小物選びが大切です。

トイレのタオル掛けを選ぶ時は、タオル掛けの種類や、選ぶポイントを知っておくことが大切です。
自分の家のトイレに合うものを選ぶと、トイレがグンとおしゃれになり、トイレを使うたびに嬉しい気持ちになれますよ。

そこで今回は、トイレのタオル掛けの種類や、トイレのタオル掛けを選ぶポイントについて紹介します。

>>プロのトイレリフォーム業者の一覧

トイレのタオル掛けを3つの視点から知ろう

トイレのタオル掛けを3つの視点から知ろう

トイレのタオル掛けには色々な種類があります。
ここでは「形状」「素材」「取り付け方法」の3つの視点から、タオル掛けの種類について紹介します。

トイレのタオル掛けを形状から見る

トイレのタオル掛けとして思い浮かぶのは、バータイプやリングタイプという人も多いと思います。

基本的にはこの2つが主に使われていますが、他に何かを置きたい方はシェルフ付きタイプ、旅館などで見られる床置きタイプなどもあります。

トイレのタオル掛けを素材から見る

タオル掛けに使われる素材はたくさんの種類がありますが、1番使われているのは長く使えるステンレスです。
シンプルなデザインのものが多く、どんなトイレにも合わせやすいのが人気の理由です。

他にも温かみのある木材、シックな雰囲気を演出するアイアンなども人気があります。

トイレのタオル掛けを取り付け方法から見る

一言にタオル掛けといっても、取り付け方法はものによって異なります。
基本的にはねじで壁に留めるタイプのものが多く、その他には粘着テープタイプ、吸盤タイプ、ドアなどに引っ掛けるタイプ、マグネットタイプなどがあります。

トイレのタオル掛けを選ぶ3つのポイント

トイレのタオル掛けを選ぶ3つのポイント

トイレのタオル掛けをサイズで選ぶポイント

どのタオル掛けにしようか迷った時は、まずタオル掛けのサイズで選ぶのが基本です。
縦、横、奥行きのサイズをきちんと確認して、自分の家のトイレに合うものを選びましょう。

トイレのタオル掛けをタオルの掛け方で選ぶポイント

タオルを半分に折って掛けるのか、そのまま掛けるのか、大きいタオルか、小さいタオルかによっても、選ぶタオル掛けは変わります。

多くのタオル掛けの商品説明には、どんなタオルを掛けるといいか記載されているので事前に確認しましょう。

トイレのタオル掛けを雰囲気から選ぶポイント

優しい雰囲気のトイレにしたい場合は木製のもの、スタイリッシュな雰囲気にしたい場合はアイアン製というようにトイレの雰囲気に合わせて選ぶのもポイントです。
トイレは狭い空間なので、タオル掛け1つで雰囲気がガラッと変わりますよ。

3つのポイントを頭に入れておくと取捨選択しやすくなり、自分の家のトイレにピッタリなものを選べると思います。

オススメのトイレのタオル掛け7選

オススメのトイレのタオル掛け7選

タオル掛けは、素材、デザイン、形状はものによって様々です。
家のトイレに合ったものを見つけてみてくださいね。

【トイレのタオル掛け】TOTOタオルリングYT410

リングタイプのシンプルなデザインで、どんな雰囲気のトイレにも馴染みます。
ステンレス製なので錆びる心配がなく、長く使い続けられます。

【トイレのタオル掛け】ヤマソロTAO41-027

ナチュラルな木目と深緑のスチールがオシャレなタオル掛けです。
付属の木ネジ4本で固定するタイプなので、自分で取り付けられます。

ちょっとした小物が置けるのも嬉しいポイントです。

【トイレのタオル掛け】BGLBAOGELI304

マットな質感がオシャレで、シックな雰囲気のトイレにおすすめのタオル掛けです。
亜鉛ダイカストを使用して作られているので、とても丈夫です。

【トイレのタオル掛け】レックタオルリングB00045

ピンで固定するタイプのタオル掛けです。
外した跡が目立ちにくいので、賃貸でも気軽に取り付けられます。

タオルが落ちにくいよう、滑り止めが付いているのもポイントです。

【トイレのタオル掛け】Bathfirstタオルリング真鍮製

高品質の真鍮製なので腐食しにくく、長く使えるタオル掛けです。
欧州テイストやアンティーク好きな方におすすめで、このタオル掛け1つでトイレがグンとおしゃれになります。

【トイレのタオル掛け】SANEI角

バータイプのタオル掛けで、バーの部分が四角くなっているのでタオルが落ちづらくなっています。
少し大きめの作りで、大きめのタオルを掛けても大丈夫です。

【トイレのタオル掛け】DeepGreenForest

ねじ止め式のタオルハンガーでエレガントかつ上品なデザインなので、トイレの雰囲気をランクアップしてくれます。
先端が少し上向きの形状になっていて、タオルが掛けやすくて落ちにくいのも特長です。

トイレのタオル掛けのベストな高さと位置

トイレのタオル掛けのベストな高さと位置

タオル掛けを設置する時は、ベストな高さと位置を知っておくのが大切です。
ベストな位置に設置できると、手洗い後スムーズに手を拭ふけますよ。

タンク式トイレのタオル掛けの高さと位置

タンク式トイレの場合は、タンクのすぐ横にある壁に設置します。
高さは120cm程度の位置に取り付けることが一般的です。

リングタイプの場合は、リングのサイズの分だけタオルが下がることになりますので、その分高く設置しましょう。

手洗いが別にあるトイレのタオル掛けの高さと位置

トイレ本体と手洗いが別にある場合は、手洗いの場所や形によって使いやすい場所が変わります。
タオル掛けを設置する前に「どうしたら手が拭きやすいか」「どんな風に使うのか」を一度考えてみるといいでしょう。

ベストな高さと位置に設置するには、多少手間がかかるので大変です。
タオル掛け1つでトイレの使い勝手が変わるので、ベストな高さと位置に設置することはとても大切だと思います。

トイレのタオル掛けを取り付ける方法

トイレのタオル掛けを取り付ける方法

タオル掛けの取り付けは、難しそうなイメージがありますが自分でもできます。

タオル掛けで1番多く見られる「ねじ付けタイプ」の取り付け方法を紹介します。

準備物

  • 油性ペン
  • アンカーボルト

手順

1

タオル掛けを取り付ける位置を決める

タオル掛けを取り付ける位置を決めて、その箇所の下地を探す。壁を叩いてみて、硬い音がしたら下地があり、音が響くと下地がない場所です。

2

ねじを入れる位置に目印をつける

ペンを使ってねじを入れる位置に目印をつける。下地がない壁の場合は、目印の位置にアンカーボルトを埋めこむ。

3

土台やタオル掛け本体をビスで固定する

土台やタオル掛け本体をビスで固定したら完了。

おすすめ

ねじタイプであれば、「自分でも簡単に設置できる!」という声が多いです。

しかし、トイレの壁がコンクリートだったり、DIYが苦手だったりするなど、少しでも不安に感じる人は業者に依頼するといいでしょう。

トイレのタオル掛けに困った時は業者に相談

今回は、トイレのタオル掛けの種類や、トイレのタオル掛けを選ぶポイントについて紹介しました。

自分で取り付けるのが不安だったり、仕事や家事で忙しくて時間が取れなかったりする時もありますよね?
そんな時は、その道のプロである専門業者に取り付けを依頼するといいでしょう。

お気に入りのタオル掛けを選んだからこそ、最適な位置と場所に取り付けてもらうといいですよね。
仕上がりもキレイなので、自分でやるよりも安心です。

まとめ

  1. トイレのタオル掛けを選ぶポイントは3つある
  2. タオル掛けは、素材、デザイン、形状はものによって様々です。自宅に合ったものを見つけよう
  3. 自分でトイレのタオル掛けを取り付けできる

トイレリフォーム業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレリフォームならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったトイレリフォームの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す