結露対策したい!窓ガラスが濡れるのは結露が原因!?結露対策する方法

窓ガラスフィルム施工
更新

結露をどうにかしたいけど、どうすればいいのと悩んでいませんか?窓ガラスの結露はどのようにして発生するのか、まずはその原因から調べて結露対策しましょう。今回は、結露ができる原因や、結露対策する方法について紹介します。

結露対策したい!窓ガラスが濡れるのは結露が原因!?結露対策する方法

毎日、窓ガラスが濡れて「大変なことになっている…」「このまま放置していても大丈夫?」と悩んでいませんか?

結露はどのようにして発生するのか、原因を知ることで解決できます。

そこで今回は、窓ガラスに結露ができる原因や、結露対策する方法について紹介します。

>>プロの窓ガラスフィルム施工業者の一覧

結露対策する前に結露ができる原因を知ろう

結露対策する前に結露ができる原因を知ろう

結露は空気中の水分が、室内と外部の温度差により凝縮されてできた水分が「結露」になります。
結露は外部と室内との温度差が大きいと、窓ガラスのような場所に起こりやすい現象です。

他にも押入れ内や、家具の裏側、室内の隅などにも起こりやすい現象です。

室内と外部の温度差が大きくなりやすい冬場は、結露が起こりやすい季節です。
空気が乾燥しないために加湿することで、空気中に水分が充満して結露が起きやすい状態です。

また、人間からでる汗などから水分が蒸発して、空気中に充満することもあります。
朝起きたら窓ガラスに結露が発生しているということはありませんか?
寝ている間に汗をかいたりすると空気中に水分が充満して、室内と外部の温度差が大きくなったことで結露ができます。

結露を放置すると悪影響!結露はこまめに拭こう

結露を放置すると悪影響!結露はこまめに拭こう

結露を放置するとカビが発生する

結露は水分が気化したもので、窓ガラスに付着すると水滴(水分)へと変化します。
これが結露と言いますが、窓ガラスに発生した結露をそのまま放置するとカビが発生します。

カビは湿気や水分を好み風通しの悪い場所や、湿気や水分がまたりやすい場所に発生しやすいです。

カビは私たちの体には悪影響を及ぼす原因となります。
万が一、カビが人体に入り込むと喘息などを引き起こす場合もあります。

結露はそのまま放置しないで、タオルや雑巾などで拭き取りましょう。
また、窓ガラスだけでなく壁などのもカビは広がるので注意が必要です。

結露を放置すると家に悪影響です

結露を放置すると人体だけではなく、家にも悪影響あります。

結露を放置するとカビが発生して、窓ガラス周辺の壁にもカビが広がります。
カビは対処しないまま放置し続けると、どんどん広がり家の重要な部分も侵食します。
知らない間にカビが広がり続けて、家を修繕しなくてはいけないほどの状況になると大きな痛手になります。

便利グッズを使って結露対策する方法

便利グッズを使って結露対策する方法

外部と室内の温度差を軽減するために、窓ガラスに断熱効果のあるものを取り付けると温度差が軽減できて結露対策できます。

シート状で窓ガラスに貼り付けるだけで断熱効果があるグッズが、ホームセンターなどで販売されています。
結露対策として有効的なグッズで、シートには空気層があり断熱効果として役立ちます。

結露が発生しても毎回拭き取りしなくてもいいような、水分を吸収するシートが販売されています。

空気中に充満している水分を置くだけで、吸収するグッズが販売されています。
押入れなどの収納内部に置くと湿気を取ってくれます。

サッシを入れ替えて結露対策する方法

サッシを入れ替えて結露対策する方法

建物の壁は断熱材を使用しており、外部と室内との温度差を軽減する構造になっています。
窓ガラスはガラス1枚のみで外部と室内を隔てているだけなので、気温の差を軽減するには物足りません。
その差を軽減するには、断熱効果のあるサッシに入れ換えることで結露対策できます。

今のサッシを取り替えるには大きな作業となり、工事費も高額になります。
この問題を解決する方法が「カバー工法」という工法です。

カバー工法は窓ガラスを取り外して、サッシに新しい枠を被せるという工法です。
工事期間も短く、工事費も入れ換えるよりもお手頃な価格です。
カバー工法することでサッシ自体が新しくなるだけでなく、断熱効果も従来のサッシより効果があります。

お金をかけずに結露対策する方法

お金をかけずに結露対策する方法

結露対策やサッシを入れ換える方法など、大小ありますがどれも費用がかかる結露対策です。
できるだけ費用をかけずに結露対策するには換気しましょう。

室内に充満した湿気を換気することで外部と室内の温度差をおさえるだけでなく、室内の湿気を外部へ追い出しホコリや菌などの濁った空気を入れ換えられます。
健康面にも非常に効果的です。

換気は家にいる時は、1時間おきに10分程度を目安にすると効果的です。
冬場の朝方や夜など、外部と室内との気温差が大きくなりやすい時間帯は換気回数を増やしたり、換気の時間帯を少し長めにするのも効果があります。

今日から換気を意識してみてはいかがでしょうか?

結露対策に困ったら業者に相談しよう!

今回は、窓ガラスに結露ができる原因や、結露対策する方法について紹介しました。

様々な結露対策グッズがあり、どれが効果的か分からない人など困っている人は業者に相談してみましょう。

窓ガラスに付着した結露を防ぐためにカバー工法でサッシを入れ換える方法や、結露対策などプロ目線から的確なアドバイスしてもらえますよ。

まとめ

  1. 窓ガラスに結露ができる原因は、室内と外部の温度差です
  2. 結露を拭き取らないとカビが発生する原因になる
  3. 便利グッズや、サッシを入れ替えたり、換気して結露対策しよう

窓ガラスフィルム施工業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

窓ガラスフィルム施工をプロに依頼するなら

窓ガラスフィルム施工を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に窓ガラスフィルム施工の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

この記事のキーワード