【ガジュマルの剪定方法】自分でガジュマルを剪定する方法のまとめ

庭木の剪定
更新

育てやすく初心者にも人気が高く。その外観から観葉植物として魅力的ですが、ぐんぐん枝葉を伸ばすためガジュマルには剪定が欠かせません。そこで今回は、ガジュマルを剪定する方法や、育て方のポイントについて紹介します。

【ガジュマルの剪定方法】自分でガジュマルを剪定する方法のまとめ

ガジュマルは、育てやすく初心者にも人気の高い観葉植物です。

外観から魅力的ですが、ぐんぐん枝葉を伸ばすため剪定が欠かせません。

「どう切ったらいいかわからない…」という人も多いと思います。

ガジュマルの剪定方法は2種類あり、やり方とポイントさえつかめば簡単です。

そこで今回は、ガジュマルを剪定する方法や、ガジュマルの育て方について紹介します。

>>プロの庭木の剪定(手作業)業者の一覧

【ガジュマルの剪定】ガジュマルの剪定方法は2種類ある!

【ガジュマルの剪定】ガジュマルの剪定方法は2種類ある!

ガジュマルは強い生命力を持ち、生育期にはぐんぐん枝葉を伸ばすため剪定は欠かせません。

剪定方法は「切り戻し」と「丸坊主」の2種類あります。

【ガジュマルの剪定】切り戻し

伸びすぎた枝を切りそろえ、バランスを整えるために枝葉を切りそろえる剪定方法です。

切り戻しする場合は、強く勢いのある枝から剪定しましょう。

生育し過ぎの枝を切り戻すことで、弱く細い枝の方へ生長が促されて、結果的に全体の生長へとつながっていく効果があるためです。

バランスのいいシルエットにするため、イメージする形よりも、ひと回り小さくするのがポイントです。

ガジュマルは伸びるのが早いため、思い切って切り落としても問題ありません。

切り戻しする時期は、5月~6月の間であれば問題ありません。

切り戻しの枝がたくさんある場合は、余裕を持って早めにしましょう。

5月に剪定する必要がない場合は、その後の生長を見ながら6月中にバランスを整えるます。

【ガジュマルの剪定】丸坊主

その名前のとおり、枝葉をすべて切り落として幹だけを残します。

本来のガジュマルに戻す目的の剪定方法です。

枝葉をすべて切り落として、エネルギーを芽吹きに集中できます。

十分な日当たりがない場所で育ち、枝が細い状態のまま伸びるなど、本来の勢いがない場合に有効です。

丸坊主剪定は、普通に育っている場合は必要ありません。

細く間延びした枝ばかりになってしまった時にします。

枝葉をすべて切り取るため、5月に入って気温が安定してきたらしましょう。

【ガジュマルの剪定】「切り戻し」「丸坊主」する方法

【ガジュマルの剪定】「切り戻し」「丸坊主」する方法

ガジュマルを剪定する道具と方法について紹介します。

【ガジュマルの剪定】切り戻しする方法

用意するもの

必須
園芸用手袋
剪定バサミかナイフ
ノコギリ
癒合剤(ゆごうざい)

ガジュマルはゴムの木なので、剪定した枝の切り口から白い液が出てきます。

がぶれを防ぐため、手袋をつけると安心です。

1

ガジュマルを切り戻し後の形をイメージする

ガジュマルを切り戻して、完成後の形をイメージする。

2

真上に伸びるガジュマルの枝の先端を切る

高くなりすぎないよう、真上に伸びる枝の先端を切る。枯れている枝は根元から切り落とす。

3

飛び出すように外や内側に伸びている枝を切る

飛び出すように外や内側に伸びている枝は、全体のバランスに合わせて切る。重なり合っている枝は、どちらかを根本か途中で切る。ガジュマルの生え際(根元)から生える枝を切る。

4

切り口に癒合剤を塗る

切り口に癒合剤を塗り、雑菌を防いで完了。

【ガジュマルの剪定】丸坊主する方法

ガジュマルは熱い地域の植物で、寒さや日陰に弱く、育て方が悪いと細長い枝ばかりになってしまいます。

元の姿に復活させたいときは、丸坊主剪定しましょう。

1

すべての枝葉を切り落とす

丸みのある太い幹を残し、すべての枝葉を切り落とす。

2

1週間ほど直射日光を避けて保管する

切り終えたら、1週間ほど直射日光を避けて保管する。

3

新芽が出てきたら日当たりのいい場所に置く

新芽が出てきたら、日当たりのいい場所に置いて完了。

日当たりのいい場所に置き、水と肥料などを守っていれば、元のしっかりとした姿に戻りますよ。

【ガジュマルの剪定】ガジュマルを剪定するポイント

【ガジュマルの剪定】ガジュマルを剪定するポイント

ガジュマルの個性的なフォルムを生かすためには、思いきった剪定がポイントです。

ガジュマルを剪定する時の注意点をについて紹介します。

  • 剪定時期を間違えない
  • 剪定時、枝は斜めに切るように
  • 剪定後は直射日光に当てない
  • 剪定後は、普段より控えめな水やりを心がける
  • 枝を切った際、白い液が出てくるので洗い流す

剪定後の水やりは普段より控えめにして、土が完全に乾いてから水を与えましょう。

枝を切った時に出てくる白い液は樹液で、固まると切り口からの吸水性が落ちてしまうため注意が必要です。

【ガジュマルの剪定】ガジュマルを育てるポイント

【ガジュマルの剪定】ガジュマルを育てるポイント

剪定以外でガジュマルを育てるポイントについて紹介します。

【ガジュマルの剪定】ガジュマルの木で挿し木する方法

ガジュマルは剪定した元気な枝を、挿し木にして増やせます。

枝を観葉植物用の土などに半分ほど挿せば、挿し木は完成です。

挿し木後はたっぷりの水やり、土が乾かないよう半日陰で管理しましょう。

1週間~2週間は、風通しのいい屋外の木陰などに置き、3週間経過したら液肥をあげましょう。

ガジュマルの挿し木は3ヵ月程度で根が張るといわれています。

【ガジュマルの剪定】日当たりが育て方のポイント

室内でガジュマルを育てている場合は、冬は日当たりのいい場所に置きましょう。

また、春や夏に直射日光を当てると、ガジュマルの葉が焼けてしまいます。

日陰、半日陰、日当たりのいい場所など、少しずつ移動させて日光に慣れさせましょう。

【ガジュマルの剪定】水やりが育て方のポイント

生育が止まる冬には、水やりしすぎないようにしましょう。

水を吸い上げる力が落ちており、根腐れの原因にもなります。

土が乾燥するまでは、水やりを控えましょう。

反対に夏場は暑いため、土の蒸発が早くなります。

土の状態を確認しながら、朝と夕方のタイミングで水やりしましょう。

自分でガジュマルの剪定ができない時は業者に依頼!

今回は、ガジュマルを剪定する方法や、ガジュマルの育て方について紹介しました。

ガジュマルの剪定は切り過ぎても、すぐに生育してくれるメリットがあります。

それでも忙しくて剪定の時間が取れない人には、プロの手を借りるという方法もありますよ。

まとめ

  1. ガジュマルの剪定方法は「切り戻し」と「丸坊主」の2種類ある
  2. ガジュマルの個性的なフォルムを生かすためには、思いきった剪定がオススメです
  3. ガジュマルは剪定した元気な枝を、挿し木にして増やせる

庭木の剪定(手作業)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の剪定をプロに依頼するなら

庭木の剪定を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に庭木の剪定の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事