最終更新日:

トイレレバーが空回り・元に戻らない!トイレレバーを交換する方法

水を流そうとすと「空回りする…」「外れてしまった…」と困った験はありませんか?特殊ではない場合を除き、トイレレバーの交換は可能です。今回は、トイレレバーのおかしい症状や、自分で交換する方法について紹介します。

トイレレバーが空回り・元に戻らない!トイレレバーを交換する方法

トイレの水を流そうとすと「レバーが空回りする…」「外れてしまった…」と困った験はありませんか?
特殊なレバーではない場合を除き、トイレレバーの交換は可能です。

手順さえきちんと踏めば、そう難しい作業ではありません。

そこで今回は、トイレレバーのおかしい症状や、トイレレバーを交換する方法について紹介します。

>>プロのトイレリフォーム業者の一覧

トイレレバーがおかしい代表的な3つの症状

トイレレバーがおかしい代表的な3つの症状

トイレで用を足して水洗レバーをまわしても「水が流れない…」となった時は焦りますよね。
トイレのレバーがおかしい代表的な3つの症状を紹介します。

トイレレバーが空回りする

トイレのレバーを回してもクルクルと空回りするだけで、水が流れないトラブルは多い症状です。

大体の場合は、タンク内のレバーにつながるゴムフロートの鎖が外れていることが多いので、外れた鎖を付け直すことで解決します。

トイレレバーが取れる

トイレレバー自体の摩耗により、タンク内のレバー軸と水洗レバーの接合部が折れてしまったり、緩んで外れてしまったりすることが多いです。

折れてしまった場合は、基本的には交換するしかありません。

トイレレバーが元に戻らない

トイレレバーをまわしたらニュートラル(元の位置)に戻らず、まわったままになる症状です。

この場合は、トイレレバー自体が錆びついて動きが悪くなっているか、破損してしまっている可能性が高いです。
基本的には、交換するしかありません。

トイレレバーを自分で交換する方法

トイレレバーを自分で交換する方法

トイレのレバーは、自分で交換できるのでしょうか?
結論から言うと、タンクレス式や特殊な構造のものでない限り自分で交換できます。

少し大きめのホームセンターや、インターネットなどで部品を購入できます。

一般的によく使われているロータンクと便器がセパレートになっている製品の交換方法について紹介します。

準備物

  • 新しいトイレレバー
  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチまたはウォーターポンププライヤー(通称カラスレンチ)
  • 雑巾

手順

1

トイレのレバーを交換する前に水を止める

トイレの止水栓をマイナスドライバーを使って閉めて、水が出ないようにする。水を止めるのを忘れて作業すると、トイレ中に水が飛び散りますので注意しましょう。

2

トイレロータンクのフタを外す

トイレのロータンクのフタを外す。手洗い付きの場合は、蛇腹の細いホースがはまっているので、傷つけたり破らないように注意しながら外す。

3

ロータンク内の水を抜く

ロータンク内の水は、フロートバルブにつながっている鎖を上に引っ張ると、フロートバルブが開き水が抜ける。

4

古いトイレレバーを取り外す

レバーを外す時は、ロータンク内部のナットを緩めると外れる。レバーの先の鎖を金具ごと外して、タンク内の取りやすいところに引っ掛けておく。レバーを手で動かないように押さえて、タンク内のナットを反時計回りにまわして取り外す。レバーをタンクから引き抜く。ナットは通常手でまわせますが、固くて回せない場合は、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーを使う。

5

新しいトイレレバーを取り付ける

レバーの上下を間違えないように注意して、新しいレバーを差し込む。内側からパッキンを差し込み、次にナットを差し込む。レバーを押さえながら、ナットを手で閉める。ナットがプラスチック製の場合は、閉める時に工具を使うと締まりすぎて割れる可能性があります。

6

トイレレバーの先に鎖を取り付ける

先ほど取り外した、ゴムフロートの鎖を取り付ける。

7

水の量が適切か確認する

止水栓を開けてロータンクに水を張ります。レバーをまわして、トイレに流れる水の量が適切か確認する。手洗い機付きタンクの場合は、水か飛び散るので一旦フタを戻した後で確認する。水の流れる量が多ければ鎖を長く、少なければ鎖を短く調整する。

8

ロータンクにカバーとフタを戻す

手洗いがついている場合は、タンクから本体の手洗い管につながるパイプと手洗い管を、正しく合わせるように注意しながらフタを閉める。最後にレバーはスムーズに動くか?トイレに流れる水の量は適切か?タンクの周りから水が漏れていないか?を確認して作業完了。

おすすめ

トイレレバー交換を業者に依頼する料金相場は?

トイレレバー交換を業者に依頼する料金相場は?

基本的には自分でレバー交換できますが「自信がない…」「面倒くさい…」という時は業者に依頼するしかありません。
水道工事業者、町の便利屋、リフォーム屋など依頼する選択肢は数多くあります。
基本的にそんなに難しい作業ではないので、どの業者に依頼しても大体やってくれます。

基本1~2時間あれば終わる作業で、料金相場は8,000円~12,000円程度がです。(部品代は別)

比較するべきポイントの一つとして、経験の豊富さと細やかな心配りができるかどうかがあります。

簡単な作業だからと言って、外したロータンクのフタや部品を無造作に床に置いたりする業者は、経験上仕事も雑な方が多く、あまり気分がいいものではありません。

比較サイトなどでお気に入りの業者を見つけて、依頼するといいでしょう。

自分でトイレレバーを交換できないなら業者に依頼

今回は、トイレレバーのおかしい症状や、トイレレバーを交換する方法について紹介しました。

トイレのレバーがおかしい時は、ロータンク上部のフタを外して、レバーと止水弁が鎖でつながっているか、レバーから延びる軸が正常かどうかを確認しましょう。

簡単に直る場合と、そうでない場合があります。

もし自分で修理できない時は、経験豊富で安心できる業者を探しましょう。

まとめ

  1. イレのレバーがおかしい症状は「空回りする」「取れる」「元に戻らない」の3つが代表的です
  2. トイレのレバー交換は自分でできる
  3. 業者にレバー交換を依頼する時は、経験の豊富さと細やかな心配りができる業者に依頼しよう

トイレリフォーム業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレリフォームならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったトイレリフォームの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す