最終更新日:

白いベタベタした物はカイガラムシの排泄物!?カイガラムシの発生原因や駆除

カイガラムシは植物に寄生して、樹液を吸うことで植物を枯らすします。植物を育てる時に注意したい小さな虫のことです。そこで今回は、カイガラムシが発生する原因や、駆除や予防する方法について紹介します。皆さんの役にたてば幸いです。

白いベタベタした物はカイガラムシの排泄物!?カイガラムシの発生原因や駆除

みなさんはカイガラムシを知っていますか?
カイガラムシは植物を育てる時に注意したい小さな虫のことです。
風通しの悪いところにある植物の枝や、葉っぱに「びっしりついていた…」という経験のある人もいるかもしれません。

そこで今回は、カイガラムシが発生する原因や、カイガラムシを駆除する方法について紹介します。

>>プロの毛虫・チャドクガ駆除業者の一覧

カイガラムシの特徴や被害について知ろう

カイガラムシの特徴や被害について知ろう

カイガラムシの生態や特徴

カイガラムシは2mm〜10mmほどの小さい害虫で、植物に寄生して樹液を吸うことで枯らしてしまうため、植物を育てている人にとっては厄介な虫と言えるでしょう。
庭木や観葉植物まで幅広く寄生します。

カイガラムシは1年中活動しますが、5月~8月頃が活発になります。
カイガラムシが寄生しているか見分ける方法は、植物に白くベタベタしたものがついていないかどうか確認することです。
白いベタベタした物は、ガラムシの排泄物の可能性が高いです。

カイガラムシの被害

カイガラムシによって植物が病気になる可能性もあります。
カイガラムシが植物に排泄することによってカビが繁殖して、植物が黒いすすで覆われたようになってしまう「すす病」になります。
すす病になってしまうと育ちが遅れて、植物の元気がなくなってしまいます。

また、排泄物に含まれる糖分にアリやアブラムシ寄ってくることがあるので、カイガラムシを駆除する必要があります。

カイガラムシが発生する3つの原因

カイガラムシが発生する3つの原因

カイガラムシが発生する原因は3つのことが考えられます。

  • 衣服についたまま部屋に持ち込んでしまう
  • 風に運ばれてくる
  • 風通しが悪い、ホコリっぽいなどの環境に植物がある

衣服についてしまう場合は風でカイガラムシが服にくっつき、そのまま部屋に持ち込んでしまい植物に寄生させてしまいます。
風に運ばれてくる場合は、部屋の窓を換気している時にカイガラムシが入ってきてしまい観葉植物に寄生します。

また、風通しが悪い場所やホコリっぽい環境に植物がある場合は、カイガラムシが好む環境のため大量発生につながることがあります。
植物が多い場所から帰宅した時は、着ていた服をすぐに洗濯しましょう。

自分でカイガラムシを駆除する方法

自分でカイガラムシを駆除する方法

カイガラムシの幼虫を駆除する方法

幼虫のカイガラムシを駆除する方法は、牛乳や木酢液をカイガラムシに振りかけます。
乾いた牛乳は膜を張り、カイガラムシを覆って窒息させます。
アブラムシにも効果的ですが、臭いの観点から観葉植物にはオススメできません。
木酢液は水で薄めて振りかけましょう。

殺虫剤を使いたくない場合にはこの2つが便利ですが、一番簡単に素早く駆除できるのはやはり殺虫剤です。
5月~8月頃に使用すると、カイガラムシが成虫になる前に駆除できます。

カイガラムシの成虫を駆除する方法

カイガラムシの成虫を駆除する方法は物理的です。
成虫のカイガラムシは分泌物の薄い膜や排泄物などで体を覆ってしまうため、薬もあまり効かず幼虫の時期とは違う方法を取る必要があります。

  • 古歯ブラシなどでのこすり落とす
  • 枝を切り取る(剪定)

こすり落とす場合は、固めの歯ブラシなどでこすって落としていきましょう。
この時、カイガラムシの体から体液が出ることもあります。マスクと手袋を装備して、植物が傷つかないようにしましょう。取ったカイガラムシはティッシュなどに包んで捨てて大丈夫です。
こすり落としたら水道水で洗い流しましょう。強めの水流でできれば40℃程度の温水で洗い流すと、ベタベタになった葉や枝もよみがえります。

また、カイガラムシが発生している部分を剪定できる場合は、無理にこすり落として植物を傷つけてしまうより切った方がいい場合もあります。
切り落とした枝は卵がついていることも考えられるので、大きい袋などに入れて殺虫剤などをかけて処分しましょう。

カイガラムシを予防するポイント

カイガラムシを予防するポイント

カイガラムシを予防するポイントはこまめな水やりと観察です。
葉に水をやる時によく観察して、カイガラムシがいないかを日頃から確認しましょう。
こまめに水をあげて植物を健康に保ちホコリやゴミなどがたまらないように掃除することでカイガラムシ予防になります。

また早めの対策として、マシン油乳剤という殺虫剤をスプレーする方法があります。
12月~2月頃に何回かスプレーして予防すると効果的です。
一度、カイガラムシが大量発生した箇所は再度発生することが多いと言われており、あらかじめの対策として有効です。

カイガラムシを駆除できない時は業者に依頼

今回は、カイガラムシが発生する原因や、カイガラムシを駆除する方法について紹介しました。

カイガラムシを知ることで、有効な対策が取れると思います。
一人で作業するには範囲が広すぎて人手が足らない時や、忙しく時間がないという場合は駆除業者に依頼するという手もあります。
庭が広い人や、たくさんの植物に囲まれている人は、快適な生活空間のためにも検討してみましょう。

まとめ

  1. カイガラムシは植物に寄生して樹液を吸うことで植物を枯らす
  2. カイガラムシが発生する原因は3つある
  3. 幼虫のカイガラムシを駆除する方法は牛乳や木酢液で駆除できる
  4. 成虫のカイガラムシを駆除する方法はこすり落とすか、枝ごと切る

毛虫・チャドクガ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

毛虫・チャドクガ駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った毛虫・チャドクガ駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す