【エアコンの移設】業者にエアコンの移設を依頼する料金相場を紹介

エアコン取付け
更新

引っ越しや部屋の模様替えする時に、エアコンを移設したいと思ったことはありませんか?「引越ししても使い続けたい…」「費用はどれくらい…」と悩んでいる人も多いと思います。今回は、エアコンを移設する料金相場や、業者選びのポイントについて紹介します。

【エアコンの移設】業者にエアコンの移設を依頼する料金相場を紹介

引っ越しや部屋の模様替えする時に、エアコンを移設したいと思ったことはありませんか?

エアコンは高いから「移設して使い続けたい…」「費用はどれくらいかかるの…」と悩んでいる人も多いと思います。

エアコンを移設する料金相場は、依頼する業者と、移設先の部屋の状況によって違います。

そこで今回は、エアコンを移設する料金相場や、業者選びのポイントについて紹介します。

>>プロのエアコン取り付け業者の一覧

【エアコンの移設】エアコンを移設する料金相場

【エアコンの移設】エアコンを移設する料金相場

【エアコンの移設】業者に依頼した時の料金相場

エアコン移設を業者に依頼した時の料金相場は、15,000円~3,0000円程度です。

これは取り外しと取り付けの料金ですが、移設作業を依頼する業者によっても違いがあります。

エアコン移設を依頼できる業者は、以下のとおりです。

  • 引越し業者
  • エアコン専門業者
  • 電気工事業者

引越し業者の場合は、引越しの時にオプションで依頼する流れです。

料金相場は14,000~20,000円程度です。

引越し業者は、重い荷物を運んだり、運搬に慣れているので、遠隔地にも故障なく運んでもらえます。

しかし、エアコンの取り外しなどは提携業者となります。

エアコン専門業者や、電気工事業者に依頼する料金相場は10,000~15,000円程度です。

【エアコンの移設】状況により発生する追加料金

移設先の状況によって、追加料金が発生する場合があります。

  • 追加の配管取り付け…1mあたり2,000円程度
  • 壁穴あけ(壁の素材による)…5,000円〜20,000円程度
  • 電圧変換工事…6,000円程度
  • コンセントの交換…3,000円程度

移設先が現在の設置状況と大きく違う場合は、追加工事が必要になる可能性が高いです。

筆者は以前、移設工事を依頼した業者に言われたのが「エアコン移設工事の場合、大体追加で何かしらの料金はかかります」との事でした。

そのあたりも見積書の内訳を見て確認したいところですね。

購入して間もないエアコンや、高機能で価格も高いエアコンは、費用がかかっても移設するメリットがあります。

しかし、購入してから年数が経っているエアコンの場合は、買取りが難しいため、無理に移設するより新品を買った方がいいでしょう。

エアコンには、10年という標準使用年数があり、5年以上のエアコンは、ほぼ買取りできません。

かかる費用を考えて、移設するか決めましょう。

【エアコンの移設】自分でエアコン移設するリスク

【エアコンの移設】自分でエアコン移設するリスク

エアコンの移設は、手順通りに専用道具を使って作業しないと、エアコン本体が故障する恐れがあります。

取り外し作業だけを例にすれば、

  • ポンプダウン作業
  • 配管、配線を外す
  • 室外機、室内機を外す

という工程です。

ポンプダウン作業とは、エアコン内部に冷媒ガスを閉じ込める作業です。

作業中は配線を再利用することも考えて、折ったりしないように気を付けましょう。

自分でエアコンの取り外しすれば、自好きな時に作業できて、費用がかかりません。

しかし、正しい作業しないとエアコンだけでなく、室外機も故障してしまう可能性があります。

エアコン内に冷媒ガスを閉じ込めるポンプダウン作業は重要です。

冷媒ガスは漏れてしまうと、エアコン本体の機能低下をまねくだけでなく、環境にもよくありません。

また、取り付け作業は、エアコン用コンセントの新設が必要になる可能性があり、この場合は、電気工事士の資格が必要になります。

一人では難しいと思ったら、すぐに業者に依頼しましょう。

筆者も自分でエアコン移設しようと挑戦しましたが、踏み台でバランスを崩して、エアコンと一緒に落ちそうになりました。

素人がする作業ではないと、改めて思い知らされました…。

【エアコンの移設】エアコン移設する前に考えよう!

【エアコンの移設】エアコン移設する前に考えよう!

エアコン移設するより、新しいエアコンを買ってしまった方がいいケースもあります。

  • エアコン移設先の部屋が広くなる場合
  • 購入してから10年近く経っているエアコンの場合
  • そもそもそこまで高くないエアコンの場合

エアコンは部屋の大きさに合わせて使用します。

移設先の部屋が今より広くなりすぎると、性能が合わなくなります。

筆者も引っ越し先にエアコンを移設しましたが、部屋の間取りが広くなったため、エアコンの効きが悪くなり、結局買い換えました。

エアコンの状態も考えて、移設するかどうか決めましょう。

【エアコンの移設】業者に依頼する時の3つのポイント

【エアコンの移設】業者に依頼する時の3つのポイント

【エアコンの移設】業者を選ぶ3つのポイント

エアコン移設業者を選ぶポイントは3つあります。

  • 相場より安すぎる料金を掲載している業者は選ばない
  • 見積もりを出してくれる業者を選ぶ
  • 作業後のアフターフォローがある業者を選ぶ

相場より安い業者は、追加で費用がかかるケースがあります。

そうならないために、見積もりを出してくれる業者を選びましょう。

また、エアコン移設後に不具合があった場合は、期間限定で無償対応してくれるといった保証を設けている業者もあります。

【エアコンの移設】複数の業者に見積もりしよう!

エアコン移設の見積り内容は、業者ごとに違います。

業者が出す見積りは、大雑把な見積りや、追加費用がかかることを想定した上での見積りなどさまざまです。

一方の業者で見積書の内訳に書いてある作業が、もう一方の業者にない場合は確認する必要があります。

筆者の知人の場合は、エアコン移設工事に関係ない作業が含まれており「費用を取られてしまった…」ということがありました。

インターネットで評判のいい会社の見積りを何社も取り、内訳と費用を確認しましょう。

エアコン移設でわからないことは業者に相談しよう!

今回は、エアコンを移設する料金相場や、業者選びのポイントについて紹介しました。

エアコンを移設する時は、移設先の状況や、エアコンの劣化を判断して移設するか、新しいものを買うかを決めましょう。

移設すると決まったら、業者に依頼しましょう。

まとめ

  1. エアコンを移設する料金相場は、15,000円~3,0000円程度です
  2. 自分でエアコン移設すると、エアコン本体が故障する恐れがある
  3. エアコン移設を業者に依頼する時は、見積もりを出してくれる業者や、作業後のアフターフォローがある業者に依頼しよう

エアコン取り付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコン取付けをプロに依頼するなら

エアコン取付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にエアコン取付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事