【証明写真機の撮り方】就活や受験写真を証明写真機でキレイに撮ろう!

受験写真や、履歴書の写真や、パスポート写真に欠かせないのが証明写真です。就活ではインターンシップの応募もあるので、たくさんの枚数が必要です。そんな時に証明写真機が、よく利用されています。最近の証明写真機は、性能がアップしており、画像処理も多様です。

出張カメラマン
更新
【証明写真機の撮り方】就活や受験写真を証明写真機でキレイに撮ろう!

受験や、履歴書の写真や、パスポート写真に欠かせないのが証明写真ですよね。

就活ではインターンシップの応募もあるので、たくさんの枚数が必要になります。

そんな時に証明写真機が、よく利用されています。

最近の証明写真機は、性能がアップしており、画像処理も多様になっています。

証明写真機の使い方次第で、より印象のいい写真を撮れます。

そこで今回は、証明写真機の特徴や、証明写真機を使ってキレイに写真を撮るポイントについて紹介します。

>>プロの出張カメラマン

【証明写真機の特徴】証明写真機の特徴を知ろう!

【証明写真機の特徴】証明写真機の特徴を知ろう!

証明写真機は、スピード写真機とも言われますがショッピングセンターや、駅の構内など街のあちこちで見かけます。

そのため必要な時に気軽に、証明写真の撮影ができます。

また料金が安く、写真館で撮影する場合と比較するとかなりリーズナブルです。

1コマ当たり200円程度で、撮影したデータをスマホにダウンロードできる機種などもあります。

焼き増しも同額程度でできます。

そのためかなりの枚数が必要となる就活では、助かりますよね。

しかし、ライティングなどの操作は決まっており、撮影する環境としては十分でありません。

そのためライティングの微調整や、身だしなみなどは自分で確認するしかありません。

【証明写真機の特徴】誰が見ても本人とわかるものに!

【証明写真機の特徴】誰が見ても本人とわかるものに!

証明写真機で撮った写真で「就活は大丈夫かな…」と不安に思う人もいるかも知れません。

証明写真で就活担当者が評価するのは、どのような点なのでしょうか?

就活担当者が、証明写真でポイントを置くのは、誰が見ても本人に見えるという点です。

それは、パスポート写真などにおいても同様です。

さらに就活では、証明写真での身だしなみや表情を特に見ています。

証明写真で撮る場合は、服装の襟元や、髪型に注意した方がいいということです。

そして履歴書の写真が、写真館で撮影した物か、証明写真機で撮影した物か、あまり重要視していない場合もあります。

証明写真とは文字通り、履歴書に記載された人物と本人が間違いなく同一であることを示し、相手に認識してもらうためのものです。

履歴書などの写真は、就活担当者にとっては記憶の鍵となるものです。

数多く面接した後に、どの学生かを思い出すための資料として、把握できるものにしましょう。

そのため何よりも証明写真では、修正しすぎて実物とイメージが異なると、本人と認識されない可能性があります。

目を大きく修正したり、髪型、肌の色などが違っていたり、現在の姿と異なる写真を使用するのは避けましょう。

何よりも履歴書の顔写真から、すぐに記憶している評価と結びつく実物の貴方であることが重要です。

【証明写真機の撮り方】証明写真機をキレイに撮るポイント

【証明写真機の撮り方】証明写真機をキレイに撮るポイント

証明写真機を使って撮影する時は、より自然に実物と近い証明写真を撮るポイントを紹介します。

【証明写真機の撮り方】姿勢を正して位置を調整する!

就活などでは、証明写真の姿勢がいいかどうか確認しています。

まず背筋を自然に伸ばして、あごを引き目の位置が合うように、椅子の高さなどを調整しましょう。

筆者も証明写真機で撮影した時に、無理やり目の高さを合わせたため、うつむき加減になってしまい印象の悪い写真になったことがあります。

【証明写真機の撮り方】服装の色合はコントラストを強めにする!

自然な陰影を出すには、服装も重要な要素です。

上着は、濃い色のものが適しています。

女性もスーツの上着などを着て写真撮影するのがオススメです。

また男性は、ネクタイの色合を背景色と比較して、コントラストの強いものを締めた方が印象的になります。

例えば、背景色が淡い色合のグレーやブルー系の場合は、レッド系の強い色合のネクタイが映えます。

【証明写真機の撮り方】ストロボの光を遮らない!

証明写真機の中には、ストロボがいくつか配置されており、被写体に光を均一に当てられるようになっています。

特に足元には、両サイドの後ろ側にストロボを設置していることが多いです。

足や荷物などでストロボを遮ると、写真に不自然な影ができてしまいます。

写真撮影する時は、足を広げないで揃えて、ストロボの光を遮らないようにしましょう。

ストロボの光が効果的に当たらなければ、首と顔の一部が暗くなってしまいます。

【証明写真機の撮り方】補正機能を使ってみる!

写真は実物が把握できるのが重要ですが、証明写真機には肌色や肌質などが補正できるものがあります。

肌が荒れていたり、くすんでいたりする時は、機能を活用してより明るい自分らしい写真にすることもオススメです。

仕上がりの画像を見ながら、肌の色合などを調整しましょう。

通常の撮影料金にプラスされますが100円程度で、肌の色の調整ができます。

より自然で印象のいい写真にできます。

【証明写真機の撮り方】自分で撮影した物を証明写真に!

【証明写真機の撮り方】自分で撮影した物を証明写真に!

コンビニで証明写真をプリントできるのを知っていますか?

スマホやデジカメで撮影して、マルチコピー機で証明写真としてプリントアウトできるサービスです。

主にセブンイレブンやローソン、ファミリーマートで取り扱っています。

料金は一般的なサイズの横が3.5cm、縦が4.5cmのもので証明写真3枚では200円です。

それよりも大きなサイズは、2枚200円程度です。

コンビニのマルチコピー機での支払いとなります。

写真サイズをフリーサイズ入力すると、最小1.5cm~最大7cm範囲を1mm単位でサイズを選択できます。

コンビニが開いている時間であればいつでもプリントできます。

しかし、メールアドレスの登録は、プリントの予約番号がメールで送られてきますので必要です。

使用方法は、スマホやパソコンのブラウザからアップするだけで利用できます。

証明写真機で上手に撮影できないならプロに依頼しよう!

今回は、証明写真機の特徴や、証明写真機を使ってキレイに写真を撮るポイントについて紹介しました。

証明写真機を使って証明写真を撮影すると、格安で多くの枚数がプリントできます。

また、コンビニで証明写真をプリントできるので、急いでいると時は便利です。

それぞれの証明写真機の機能を比較して、より良い写真を撮ってくださいね。

証明写真機で上手く撮影できない時は、プロに依頼するのも1つの手ですよ。

まとめ

  1. 証明写真機は、ショッピングセンターや、駅の構内など街のあちこちにある
  2. 証明写真で重要なのは誰が見ても本人に見えることです
  3. 証明写真機をキレイに撮るポイントは4つある

出張カメラマン業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張カメラマンをプロに依頼するなら

出張カメラマンを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張カメラマンの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事