【フクロモモンガ飼い方】フクロモモンガのトイレ事情や臭いのまとめ

最近ペットの中で人気がでてきているのが「フクロモモンガ」です。飼いたいと思っている人も多いのではないでしょうか?フクロモモンガは「昼間留守にしても心配いらない」「散歩に連れて行かなくても大丈夫」など、比較的飼いやすい動物です。今回は、特徴や、飼育ポイントを紹介します。

出張ペット火葬
更新
【フクロモモンガ飼い方】フクロモモンガのトイレ事情や臭いのまとめ

ペットは、人の心を癒してくれますよね。

最近ペットの中で人気がでてきているのが「フクロモモンガ」です。

飼いたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、フクロモモンガについてよく知らないと「よし、飼おう!」と決断できませんよね。

フクロモモンガは「昼間留守にしても心配いらない」「散歩に連れて行かなくても大丈夫」など、比較的飼いやすい動物です。

そこで今回は、フクロモモンガの特徴や、フクロモモンガの飼育ポイントについて紹介します。

フクロモモンガの魅力を知り、あなたもフクロモモンガにはまってみませんか?

>>プロの出張ペット火葬業者の一覧

【フクロモモンガの特徴】フクロモモンガの特徴を知ろう!

【フクロモモンガの特徴】フクロモモンガの特徴を知ろう!

フクロモモンガは、ムササビや他のモモンガと同様に、羽のような飛膜を持ち、木から木へと滑空するのが特徴です。

フクロモモンガは、ムササビに比べて体が小さく、体に比例して飛膜も小さいため、滑空距離も短いです。

ペットとして飼うには向いているといえるでしょう。

また、見た目もムササビに比べて目や耳が大きく、フクロモモンガは表情がかわいいです。

そして、フクロモモンガは赤ちゃんを育てる袋があり、コアラやカンガルーの仲間に分類されます。

  • 分布…オーストラリア、ニューギニア諸島、タスマニアなど
  • 体長…12~20cm前後で長い尻尾を持ち、その長さは体長と同程度
  • 体重…オス110~150g前後、メス90~130g前後
  • 寿命…平均寿命は8~10年

フクロモモンガの生態は、夜行性です。

昼間は巣穴でおとなしく過ごし、暗くなってから行動します。

野生のフクロモモンガは、群れで生活していますが、性格は臆病で警戒心が強く、縄張り意識が強いです。

縄張りは匂いで判断して、鳴き声でコミュニケーションをとります。

食性は雑食性で、昆虫類、植物の樹液、蜜、果実などを食べます。

【フクロモモンガの魅力】フクロモモンガは可愛い!

【フクロモモンガの魅力】フクロモモンガは可愛い!

フクロモモンガの最大の魅力は、ズバリかわいい見た目でしょう。

目と耳が大きく、とてもかわいいです。

特に、丸く大きな瞳はキラキラしていて、どんな時もかわいく見飽きません。

美人は3日で飽きるといいますが、あれは嘘ですね。

筆者はかわいいフクロモモンガに、一生飽きることはないと断言できます。(笑)

また、部屋に放した時に、高い所から飛ぶ姿もたまりません。

運動不足解消のため、一日数時間はゲージから出してあげましょう。

カーテンをのぼったり、飛ぶ姿を見ていると、まるでジャングルにいるかのような解放感に包まれます。

警戒心の強いフクロモモンガですが、小さい頃から飼い、飼い主の匂いを覚えるとなつきます。

フクロモモンガは、散歩に行かなくても部屋で運動できるので助かりますよ。

また、フクロモモンガは夜行性で、昼間は巣穴でおとなくしています。

昼間仕事に出ていても、寂しい思いをさせないところもフクロモモンガの魅力といえるでしょう。

【フクロモモンガの飼育】飼育に必要なものを揃えよう!

【フクロモモンガの飼育】飼育に必要なものを揃えよう!

フクロモモンガは、ペットショップやブリーダーから購入できます。

フクロモモンガを飼うとなると、必要なものを揃えておかなければなりません。

フクロモモンガにできるだけストレスを感じさせずに、飼育する時に必要なものを紹介します。

【フクロモモンガの飼育】ケージ

フクロモモンガは飛びまわるので、なるべく高さのあるケージが望ましいです。

最低でも60cm以上の高さがあるものを選びましょう。

筆者は、フクロモモンガが十分運動できるように、高さ1m程度のケージを使っています。

【フクロモモンガの飼育】床材

フクロモモンガは匂いで縄張りを判断します。

フクロモモンガは、トイレのしつけはできません。

ペーパーチップや新聞紙などを床材として使用して、こまめに交換して衛生的に保ちましょう。

【フクロモモンガの飼育】エサ入れ

フクロモモンガは体が小さいので、大きすぎず、あまり深さのないものを選びましょう。

また、すぐにひっくり返らないよう、ある程度の重さがあるものがオススメです。

【フクロモモンガの飼育】水入れ

衛生面を考えると、ケージの側面に取りつけられるボトルタイプの水入れがオススメです。

水は毎日交換してあげましょう。

【フクロモモンガの飼育】登り木

フクロモモンガに木登りは欠かせません。

【フクロモモンガの飼育】ステージ

フクロモモンガがケージ内で遊ぶのに必要です。

【フクロモモンガの飼育】かじり木

フクロモモンガのストレス解消のため、かじり木も用意しておきましょう。

【フクロモモンガの飼育】巣箱

日中、フクロモモンガが寝るのに必要な暗がりです。

【フクロモモンガの飼育】保温器具

フクロモモンガは寒さが苦手です。

25~28℃が適温で、冬場のヒーターや、夏場の冷却ボードなどの保温器具は揃えておきましょう。

【フクロモモンガの飼育】温度計

温度計は、温度を知る上で必要です。

【フクロモモンガの飼育】エサ

栄養バランスのとれた食事が望ましいです。

動物性のエサ、植物性のエサをバランスよくあげましょう。

【フクロモモンガの飼育】ビタミンゼリー

食事で栄養バランスがとれない場合は、ビタミンゼリーを併用しましょう。

人間にとっても、成人病予防には食事と運動が重要です。

フクロモモンガも同様で、病気を予防するには食事と運動、そして衛生的に保つことが重要になります。

フクロモモンガを飼うなら、必要なものを揃えてあげましょう。

【フクロモモンガの飼育】飼育する時のポイント

【フクロモモンガの飼育】飼育する時のポイント

フクロモモンガを飼う時のポイントは、食事と運動です。

栄養バランスのいい食事と、適度な運動が病気の予防に欠かせません。

野生のフクロモモンガは、生きた昆虫や、植物の樹液、花の蜜、果実、野菜などを食べています。

自然に栄養バランスの取れた食事しています。

ペットとしてフクロモモンガを飼う場合も、栄養バランスのいい食事を心掛けてあげましょう。

生きた昆虫や、植物の樹液、花の蜜、果実、野菜などを毎日揃えるのは難しいので、フクロモモンガ用のペットフードをあげましょう。

ペットフードは、栄養バランスがとれています。

ビタミンゼリーを併用するのもオススメです。

エサの量は、フクロモモンガの体重5~10%程度を目安に、食べきる量を与えましょう。

フクロモモンガは夜行性なので、エサを与えるタイミングは夕方がいいでしょう。

フクロモモンガの飼育に、食事と共に重要なのが運動です。

ケージ内では十分な運動はできず、ストレスもたまってしまいます。

1日数時間ケージから出して、部屋に放ってあげましょう。

フクロモモンガとのコミュニケーションもとれて、楽しい時間になるはずです。

くれぐれも窓の戸締り、誤飲、誤食に注意してくださいね。

フクロモモンガを部屋に放つのは、フクロモモンガの楽しみでもありますが、飼い主にとっても楽しみです。

【フクロモモンガの飼育】臭い対策は欠かせません!

【フクロモモンガの飼育】臭い対策は欠かせません!

フクロモモンガは、トイレのしつけができません。

そのため床材は、こまめに交換しないと臭いが気になります。

糞、尿はもちろん、食べかすや食べ残しも臭いの原因となります。

床材をこまめに交換しないと、ダニ、カビ、細菌が増えて、フクロモモンガが病気にかかってしまう恐れがあります。

また、床材の種類によっては、アレルギーを起こす場合もありますので、注意深く観察してあげてくださいね。

臭い対策は、床材をこまめに交換するだけでは十分ではありません。

トイレのしつけができないフクロモモンガなので、ケージの外に尿が飛び散ることもありますし、部屋に放った時にどこでも用を足します。

ケージの周りの床や壁にシートで養生するなどして、すぐに拭けるようにしておきましょう。

部屋に放った時に用を足した場合は、すぐに拭き掃除です。

かわいいフクロモモンガを飼うための努力ポイントだと思い、がんばって掃除しましょう。

フクロモモンガの臭いはもう1つあります。
それは体臭です。

フクロモモンガは匂いで縄張りを判断するため、臭腺から強力な臭いの液を出します。

発情期にはさらに強烈です。

体臭対策や、ケージ内の掃除もこまめにするしかありません。

フクロモモンガの巣箱や、遊び道具は特に臭いがつきやすいので、掃除した後に日干しするといいですよ。

しかし、フクロモモンガは匂いで縄張りを判断するため、巣箱や遊び道具の臭いを完全に消す、消臭剤を使うのはオススメできません。

フクロモモンガがストレスを感じてしまいます。

フクロモモンガが常に触れているものは、ある程度匂いを残しておいてあげましょう。

かわいいフクロモモンガですが、臭い対策だけはなかなか大変かもしれません。

フクロモモンガの臭い取れない時やお別れの際は業者に!

今回は、フクロモモンガの特徴や、フクロモモンガの飼育ポイントについて紹介しました。

フクロモモンガを飼うには、臭いを上手くコントロールする必要があります。

自分で掃除しても「部屋の臭いがとれない…」「臭いが気になる…」そんな時はハウスクリーニングを利用するのも1つの手ですよ。

また、いつか訪れるお別れの時、ペットの供養を依頼できる業者も探さなくてはなりません。

まとめ

  1. フクロモモンガは性格は臆病で警戒心が強く、縄張り意識が強いです
  2. フクロモモンガの飼育は食事と運動が大切です
  3. フクロモモンガの臭い対策はこまめする

出張ペット火葬業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張ペット火葬をプロに依頼するなら

出張ペット火葬を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張ペット火葬の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事