【洗濯機の穴なし槽】SHARPの洗濯機「穴なし槽」の特徴と掃除方法

SHARPの洗濯機「穴なし槽」は、清潔を保ちやすい、節水になる、洗浄力が高いなどのメリットがあります。デメリットとしては、脱水が弱い、掃除が大変という意見が多く聞かれます。今回は、洗濯機の穴なし槽の特徴や掃除に必要な道具と手順などをご紹介します。

洗濯機クリーニング
更新
【洗濯機の穴なし槽】SHARPの洗濯機「穴なし槽」の特徴と掃除方法

黒カビが生えにくいといわれている、SHARPの穴なし洗濯槽。

しかし、洗濯機は毎日使うものなので、定期的に掃除をしないとニオイが気になったり、汚れたりしますよね。

穴なし洗濯槽の掃除は、正しい手順で行うことがポイントです。

手順通りに掃除をすれば、ハードルが高い洗濯槽の掃除もスムーズにできますよ。

今回は、SHARPの洗濯機「穴なし槽」の掃除方法について詳しくご紹介いたします。

メリット・デメリットもご紹介しますので、掃除方法が知りたい方はもちろん、穴なし洗濯槽について興味がある方も是非参考にしてみてくださいね。

>>プロの洗濯機クリーニング業者の一覧

【洗濯機の穴なし槽】SHARPの穴なし洗濯槽とは

【洗濯機の穴なし槽】SHARPの穴なし洗濯槽とは

穴なし洗濯槽とは、洗濯槽に穴がない洗濯機のことをいいます。

販売されている洗濯機の多くには洗濯槽に穴がありますが、SHARPからは洗濯槽に穴がない縦型式洗濯機が販売されています。

この穴なし洗濯槽は、無駄な水をなくすために作られた洗濯機です。

昔は二層式洗濯機が主流でしたが、洗濯機の進化により全自動洗濯機が多くの家庭に広まり、そのおかげで洗濯の手間は大幅に軽減されました。

しかし、無駄な水を使いすぎてしまうというデメリットもあります。

そこでSHARPから誕生したのが、穴なし洗濯槽です。

穴がなくても脱水できるので、無駄な水を使わなくてもよくなりました。

穴なし洗濯槽は、1992年から発売されていますが、それ以来多くのユーザーに支持され続け、今も根強い人気があります。

【洗濯機の穴なし槽】3つのメリット

【洗濯機の穴なし槽】3つのメリット

【洗濯機の穴なし槽のメリット】清潔を保ちやすい

洗濯槽の穴から外側の槽にゴミが流れないので、洗濯槽に汚れがたまりづらいです。

また、黒カビも生えにくいので、穴がある洗濯槽より清潔を保ちやすいです。

洗濯物にカビ臭いニオイが付きにくいので、部屋干しすることが多い方には有難いですよね。

ただし、全くカビが生えないわけではないので、穴なし洗濯槽であっても、定期的に洗濯機掃除をする必要はあります。

【洗濯機の穴なし槽のメリット】節水になる

洗濯槽に穴がないと、水を貯める時に外側の槽へ水が流れることがありません。

そのため、余分に水を使う必要がなくなり、節水になります。

どれくらい節水になるかというと、洗濯容量が11kg(まとめ洗い位)の場合、1回あたり約35ℓも節水できます。

これだけ節水になるので、経済的にも助かるというユーザーも多いです。

【洗濯機の穴なし槽のメリット】洗浄力が高い

洗濯槽に穴がないので、水の勢いがより強くなり、洗浄力が高いこともメリットです。

SHARPの穴なし洗濯槽は

  • 槽内側のダイヤカット形状によるこすり洗い
  • 竜巻上に巻きあがった水流でのもみ洗い

このダブル洗浄効果で、汚れをしっかり落とします。

節水タイプだと洗浄力に不安を感じる方もいますが、穴なし洗濯槽は洗浄力もしっかりあるので問題ありません。

【洗濯機の穴なし槽】2つのデメリット

【洗濯機の穴なし槽】2つのデメリット

【洗濯機の穴なし槽のデメリット】脱水が弱め

穴なし洗濯槽のデメリットとしてまず挙げられるのは、脱水の弱さです。

そのため、穴がある洗濯槽に比べ、洗濯物が少し乾きづらいというユーザーの声があります。

ベランダなど外で干す分には問題ありませんが、部屋干しするとなると洗濯物の乾きが遅くなったりニオイが気になったりする場合があるかもしれません。

そのような時は、除湿器や扇風機などを使って、少しでも早く乾く工夫をしましょう。

ちなみに、脱水が少し弱い分、干す時のシワが気にならなくなったという声もあるので、弱めの脱水がお好みの方にとっては逆にメリットかもしれませんね。

【洗濯機の穴なし槽のデメリット】洗濯槽の掃除が少し大変

穴なし洗濯槽の構造上、「槽洗浄コース」がありません。

ですから、洗濯槽掃除をする時は「毛布コース」で代用する必要があります。

この方法は排水ホースの抜き差しがあるなど、少し手間がかかります。

一般的な洗濯機であれば「槽洗浄コース」のスイッチを押すだけでOKですが、穴なし洗濯槽の場合は時間に余裕がある時しか掃除できません。

穴なし洗濯槽はカビなどの汚れがたまりづらいので掃除の頻度は少なくて済みますが、掃除にかかる時間や手間が少し多いのがデメリットです。

【洗濯機の穴なし槽】掃除前の準備

【洗濯機の穴なし槽】掃除前の準備

洗濯機の穴なし槽の掃除を始める前に、以下の準備をしましょう。

【洗濯機の穴なし槽を掃除する準備】洗濯槽内を空っぽにする

洗濯物が入っている場合は、必ず出しておきましょう。

洗濯物が入ったままだと、洗濯物が傷んだり洗濯機の故障の原因になったりします。

【洗濯機の穴なし槽を掃除する準備】換気する

窓を開けたり、換気扇を回したりするなど、掃除前から十分に換気しておきます。

それに加えて、掃除の時はマスクや手袋などをしておくと安心です。

【洗濯機の穴なし槽を掃除する準備】道具を準備する

掃除を始めてから、「必要な掃除道具がない!」と慌てないためにも、道具は事前に揃えておきましょう。

用意するもの

必須
不要なタオル<又は雑巾/dd>
洗濯槽クリーナー
バケツ又は洗面器

布はやわらかいものを使うと、洗濯槽を傷付ける心配がありません。

カビ・汚れが気になる時は別売りの洗濯槽クリーナー、カビ・汚れを予防したい時は市販の洗濯槽クリーナーを使います。

【洗濯機の穴なし槽】掃除の手順

【洗濯機の穴なし槽】掃除の手順<

穴なし洗濯槽には「槽洗浄コース」がないため、「毛布コース」で代用します。

1

排水ホースをかける

排水口から排水ホースを外し、ホース掛けにかけます。

2

コースを選択する

ふたを閉め、洗濯機の電源を入れます。
「毛布コース(洗いのみ)」を選択し、スタートボタンを押します。
※「毛布コース」がない場合は、「大物コース(洗いのみ)」を選びます。

3

洗濯槽クリーナーを入れる

洗濯機が動き始めたら一度スタートボタンを押して、一時停止状態にしてから洗濯槽クリーナーを入れます。

4

スタートボタンを押す

ふたを閉め、スタートボタンを押して約5分間運転させたら電源を入れ直し、ふたを開けたまま「脱水のみ」でスタートします。
※脱水運転をさせないために、必ずふたは開けたままにするのが大事なポイントです。

5

電源を切った状態で放置する

電源を切ったらふたを閉め、約6~12時間そのままにします。

6

排水ホースから出る水を受ける

バケツを排水ホースの先に当てたまま、排水ホースを排水掛けから外し、出てきた液をバケツで受けます。
※バケツが満杯になったら、排水ホースを必ずホース掛けにかけてから、バケツに入った液を流しましょう。
また、最初は勢いよく液が出てきますので、バケツからあふれ出さないように気を付けてください。

7

脱水をスタートする

排水ホースを排水口に戻したら電源を入れ、「脱水のみ」でスタートします。

8

洗濯槽をすすぐ

洗濯槽をすすぐため、「毛布コース」or「大物コース」を選んでスタートしてください。

9

残った汚れを拭く

洗濯槽内の汚れや洗濯機周りの汚れが気になる時は、布でしっかり拭きます。

完了!

洗濯槽を掃除しても、1回でカビ・汚れを完全に除去することは難しいです。

カビ・汚れを防ぐためには、洗濯機内の風通しを良くしたり、洗濯槽の掃除を定期的に行いましょう。

目安としては、2~3ヶ月に1度できるのが理想です。

そうでなくても、洗濯機から気になるニオイがした時はすぐに掃除しましょう。

洗濯機の穴なし槽の特徴を理解しよう!掃除は手順通りに

今回は、SHARPの洗濯機「穴なし槽」の特徴や掃除方法をご紹介しました。

掃除の方法が少しややこしいかもしれませんが、手順通りに進めてみて下さい。

ただ、自分で洗濯機を掃除してもニオイが取れなかったり、忙しくて掃除をする時間や気持ちの余裕がない時もありますよね。

そんな時は、専門業者に洗濯機のクリーニングをお願いするといいでしょう。

プロにお願いすると、洗濯機を分解して掃除してもらえるので、自分では届かない部分も徹底的にキレイにしてもらえますよ。

洗濯機がキレイになると洗濯物の仕上がりが良くなり、黒カビ汚れやニオイの悩みからもサヨナラできて気持ちが良いですね。

まとめ

  1. SHARPの穴なし洗濯槽は、洗濯槽に穴がない洗濯機のこと。
  2. 穴なし洗濯槽のメリットとデメリットを理解しよう。
  3. 穴なし洗濯槽の掃除は、準備をしっかりして、手順通りに行って。
  4. 2~3ヶ月に1度は、穴なし洗濯槽の掃除をするのが理想。普段から、洗濯機内の風通しを良くしてカビが生えにくい状態にしよう。

洗濯機クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機クリーニングをプロに依頼するなら

洗濯機クリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に洗濯機クリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事