最終更新日:

【洗濯機の穴なし槽】SHARPの洗濯機「穴なし槽」特徴と掃除方法

SHARPの洗濯機「穴なし槽」は、清潔を保ちやすい、節水になる、洗浄力が高いなどのメリットがあります。デメリットとしては、脱水が弱い、掃除が大変という意見が多く聞かれます。今回は、洗濯機の穴なし槽の特徴や、掃除方法について紹介します。

【洗濯機の穴なし槽】SHARPの洗濯機「穴なし槽」特徴と掃除方法

黒カビが生えにくいといわれているのが、SHARPの穴なし洗濯槽です。

しかし、洗濯機は毎日使うものなので、定期的に掃除しないとニオイが気になったり、汚れたりします。

穴なし洗濯槽の掃除は、どうやてしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、SHARPの洗濯機「穴なし槽」の特徴や、自分で掃除する方法について紹介しました。

穴なし洗濯槽について興味がある人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>プロの洗濯機クリーニング業者の一覧

【洗濯機の穴なし槽】SHARPの穴なし洗濯槽の特徴

【洗濯機の穴なし槽】SHARPの穴なし洗濯槽の特徴

穴なし洗濯槽とは、洗濯槽に穴がない洗濯機のことをいいます。

販売されている洗濯機の多くには洗濯槽に穴がありますが、SHARPからは洗濯槽に穴がない縦型式洗濯機が販売されています。

この穴なし洗濯槽は、無駄な水をなくすために作られた洗濯機です。

昔は二層式洗濯機が主流でしたが、洗濯機の進化により全自動洗濯機が多くの家庭に広まり、そのおかげで洗濯の手間は大幅に軽減されました。

しかし、無駄な水を使いすぎてしまうというデメリットもあります。

そこでSHARPから誕生したのが、穴なし洗濯槽です。

穴がなくても脱水できるので、無駄な水を使わないようになりました。

穴なし洗濯槽は、1992年から発売されていますが、それ以来多くのユーザーに支持され続けて、今も根強い人気があります。

【洗濯機の穴なし槽】穴なし洗濯槽の3つのメリット

【洗濯機の穴なし槽】穴なし洗濯槽の3つのメリット

【洗濯機の穴なし槽】清潔を保ちやすいのがメリット

洗濯槽の穴から外側の槽にゴミが流れないので、洗濯槽に汚れがたまりにくいです。

また、黒カビも生えにくいので、穴がある洗濯槽より清潔を保ちやすいです。

洗濯物にカビ臭いニオイが付きにくいので、部屋干しすることが多い方には有難いですよね。

ただし、全くカビが生えないわけではないので、穴なし洗濯槽であっても、定期的に洗濯機掃除する必要はあります。

【洗濯機の穴なし槽】節水になるのがメリット

洗濯槽に穴がないと、水を貯める時に外側の槽へ水が流れません。

そのため、余分に水を使う必要がなくなり節水になります。

どれくらい節水になるかというと、洗濯容量が11kg(まとめ洗い位)の場合、1回あたり約35L節水できます。

これだけ節水になるので、経済的にも助かるというユーザーも多いです。

【洗濯機の穴なし槽】洗浄力が高いのがメリット

洗濯槽に穴がないので、水の勢いがより強くなり、洗浄力が高いこともメリットです。

SHARPの穴なし洗濯槽は、汚れを落とすポイントがあります。

  • 槽内側のダイヤカット形状によるこすり洗い
  • 竜巻上に巻きあがった水流でのもみ洗い

節水タイプだと洗浄力に不安を感じる人もいますが、穴なし洗濯槽は洗浄力もあるので問題ありません。

【洗濯機の穴なし槽】穴なし洗濯槽の2つのデメリット

【洗濯機の穴なし槽】穴なし洗濯槽の2つのデメリット

【洗濯機の穴なし槽】脱水が弱いのがデメリット

穴なし洗濯槽のデメリットは、脱水の弱さです。

そのため穴がある洗濯槽に比べ、洗濯物が少し乾きづらいというユーザーの声があります。

ベランダなど外で干す分には問題ありませんが、部屋干しするとなると洗濯物の乾きが遅くなったり、ニオイが気になったりする場合があります。

そのような時は、除湿器や扇風機などを使って、少しでも早く乾く工夫しましょう。

脱水が少し弱い分、干す時のシワが気にならなくなったという声もあるので、弱めの脱水がお好みの人にとっては逆にメリットかもしれませんね。

【洗濯機の穴なし槽】洗濯槽の掃除が大変なのがデメリット

穴なし洗濯槽の構造上、「槽洗浄コース」がありません。

洗濯槽を掃除する時は「毛布コース」で代用する必要があります。

この方法は排水ホースの抜き差しがあるなど、少し手間がかかります。

一般的な洗濯機であれば「槽洗浄コース」のスイッチを押すだけでいいですが、穴なし洗濯槽の場合は、時間に余裕がある時しか掃除できません。

穴なし洗濯槽はカビなどの汚れがたまりにくいので、掃除の頻度は少なくてすみますが、掃除にかかる時間や手間が少し多いのがデメリットです。

【洗濯機の穴なし槽】穴なし洗濯槽を掃除する前の準備

【洗濯機の穴なし槽】穴なし洗濯槽を掃除する前の準備

洗濯機の穴なし槽の掃除を始める前に、以下を準備しましょう。

【洗濯機の穴なし槽】洗濯槽内を空っぽにする!

洗濯物が入っている場合は、必ず出しておきましょう。

洗濯物が入ったままだと、洗濯物が傷んだり洗濯機の故障の原因になります。

【洗濯機の穴なし槽】換気する!

窓を開けたり、換気扇をまわしたり、掃除前から十分に換気しておきましょう。

それに加えて、掃除する時はマスクや手袋などをしておくと安心です。

【洗濯機の穴なし槽】道具を準備する

掃除を始めてから「必要な掃除道具がない…」と慌てないためにも、道具は事前に揃えておきましょう。

用意するもの

必須
不要になったタオルまたは、雑巾
洗濯槽クリーナー
バケツまたは、洗面器

布はやわらかいものを使うと、洗濯槽を傷付ける心配がありません。

【洗濯機の穴なし槽】穴なし洗濯槽を掃除する方法

【洗濯機の穴なし槽】穴なし洗濯槽を掃除する方法

穴なし洗濯槽には「槽洗浄コース」がないため、「毛布コース」で代用します。

1

排水ホースを外す

排水口から排水ホースを外し、ホース掛けにかける。

2

洗濯コースを選択する

フタを閉めて、洗濯機の電源を入れる。「毛布コース(洗いのみ)」を選択して、スタートボタンを押します。「毛布コース」がない場合は、「大物コース(洗いのみ)」を選択する。

3

洗濯槽クリーナーを入れる

洗濯機が動き始めたら一度スタートボタンを押して、一時停止状態にしてから洗濯槽クリーナーを入れます。

4

スタートボタンを押す

フタを閉めて、スタートボタンを押して約5分間運転させたら電源を入れ直して、フタを開けたまま「脱水のみ」でスタートします。※脱水運転させないために、必ずフタは開けたままにするのがポイントです。

5

電源を切った状態で放置する

電源を切ったらふたを閉め、約6~12時間放置する。

6

排水ホースから出る水を受ける

バケツを排水ホースの先に当てたまま、排水ホースを排水掛けから外し、出てきた液をバケツで受けます。バケツが満杯になったら、排水ホースを必ずホース掛けにかけてから、バケツに入った液を流しましょう。また、最初は勢いよく液が出てきますので、バケツからあふれ出さないように気を付ける。

7

脱水をスタートする

排水ホースを排水口に戻したら電源を入れ、「脱水のみ」でスタートします。

8

洗濯槽をすすぐ

洗濯槽をすすぐため「毛布コース」または「大物コース」を選んでスタートする。

9

残った汚れを拭き取る

洗濯槽内の汚れや、洗濯機周りの汚れが気になる時は布で拭き取って完了。

洗濯槽を掃除しても、1回カビや汚れを完全に除去することは難しいです。

カビや汚れを防ぐためには、洗濯機内の風通しよくしたり、洗濯槽を定期的に掃除しましょう。

目安としては、2~3ヶ月に1回が理想です。

自分で洗濯機の穴なし槽の掃除ができないなら業者に依頼!

今回は、SHARPの洗濯機「穴なし槽」の特徴や、自分で掃除する方法について紹介しました。

掃除の方法が少しややこしいですが、手順通りに進めてみて下さい。

自分で洗濯機を掃除してもニオイが取れなかったり、忙しくて掃除する時間や、気持ちの余裕がない時もありますよね。

そんな時は、専門業者に洗濯機のクリーニングを依頼するといいでしょう。

業者に依頼すると、洗濯機を分解して掃除してもらえるので、自分では届かない部分も徹底的にキレイにしてもらえます。

洗濯機がキレイになると洗濯物の仕上がりがよくなり、黒カビ汚れやニオイの悩みからも解放できて気持ちがいいですね。

まとめ

  1. SHARPの穴なし洗濯槽は、洗濯槽に穴がない洗濯機のことです
  2. 穴なし洗濯槽のメリットとデメリットを理解しよう
  3. 穴なし洗濯槽の掃除は、準備して手順通りにする
  4. 2~3ヶ月に1度は、穴なし洗濯槽を掃除するのが理想です。普段から、洗濯機内の風通しをよくしてカビが生えにくい状態にしよう

関連記事

洗濯機クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機(洗濯槽)クリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った洗濯機(洗濯槽)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す