【みかんの木の育て方】正しいみかんの木の剪定方法とポイントを紹介

みかんの木は、2~3月頃に剪定をしますが、樹齢によって切るべき枝などのポイントが異なります。正しく作業することで、より美味しい果実に育ちます。今回は、みかんの木の剪定のタイミングや、必要な道具や、成長に合わせた剪定方法について紹介します。

庭木の剪定(手作業)
更新
【みかんの木の育て方】正しいみかんの木の剪定方法とポイントを紹介

みかんの木を植えている家庭では、収穫できる日がとても楽しみですよね。

美味しいみかんを作るには、剪定が重要だということを知っていますか?

間違えた剪定をしてしまうと、みかんが美味しくならないだけではなく、木自体をダメにしてしまう恐れがあります。

大切なみかんの木を上手に育てるために、剪定の必要性や正しい方法を学びましょう。

今回は、みかんの木を剪定する時期や、剪定方法や、美味しいみかんを育てるポイントについて紹介します。

>>プロの庭木(みかんの木)の剪定(手作業)業者の一覧

【みかんの木】みかんの木に剪定が必要な理由を知ろう!

【みかんの木】みかんの木に剪定が必要な理由を知ろう!

剪定とは、みかんの木はもちろん、それ以外の木や植栽などを専用の工具を使い、不要な枝などを切り落とすことです。

よく公園や庭などで木を整理している方を見かけたことはありませんか?

植物の見た目をよくするだけでなく、成長を促したり、病気の予防にもなる大切な作業です。

みかんの木に剪定が必要な理由

みかんに限られたことではありませんが、木は成長すればするほど、葉や枝が増えていきます。

この増えた葉や枝が実は、自身の成長を妨害してしまいます。

増えすぎた葉や枝が邪魔をして、日の光が細部まで届かなくなり、光合成が全体でできずに片寄った成長になったり、他に風の通り道まで塞ぐので通気性が悪くなり、濁った空気層ができると病気などを引き起こす原因となります。

そうなると木の成長を妨げるだけでなく、木全体を腐らせてしまう恐れがあります。

そういったことがならないように、剪定が必要になります。

また、病気になっている枝を切り落として、広がらないようにする目的もあります。

みかんなどの実に養分を蓄えさせるために、あえて余分な枝などを切り落とすことで養分を確保するだけでなく、より美味し実ができます。

しかし、必要以上の剪定はかえって、木に悪影響を与えるので、正しい方法で木を守りましょう。

【みかんの木】みかんの木を剪定する時期は2月~3月

【みかんの木】みかんの木を剪定する時期は2月~3月

植物の剪定は、それぞれにベストな時期があります。

適していない時期に剪定すると、上手く育たないことがあるので、時期はとても大切です。

みかんの木は春、夏、秋と年に3回の過程で成長期を迎える木です。

その中で冬の時期に養分を蓄えて、新たに春を迎えて成長する新芽が出始める前の2月~3月頃に剪定するといいとされています。

成長する前に、先に余分な枝を切り落として、養分を必要な部分に分け与えましょう。

【みかんの木】みかんの木を剪定するときの3つの注意点

【みかんの木】みかんの木を剪定するときの3つの注意点

みかんを剪定する時は、以下の3つのことに注意しましょう。

【みかんの木】切りすぎには注意しよう!

枝の切りすぎは、かえって木自身に大きな負担を与えてしまいます。

切った部分を修復しようと栄養分を使うため、本来栄養が必要な部分に届かなくなります。

枝は必要以上に切り落とさずに、木全体の1割程度でおさえておくといいでしょう。

【みかんの木】みかんの成長に合わせよう!

みかんの木は、毎年剪定が必要とは限りません。

成長に合わせてみかんの木を剪定することで、より美味しいみかんに育ちます。

【みかんの木】適切な処置をしよう!

ただ枝を切り落とすだけで、みかんが美味しくなるわけではありません。

切った枝の部分を必ず保護剤で処置しましょう。

そうすることで、切った部分から虫や病気などが広がることも予防できます。

また、病気や虫の被害がある枝を見つけたら、被害範囲が大きくなる前に適切な処置をしましょう。

枝をどうしても取り除かなければならない場合は、躊躇せずに取り除くことで、みかんの木を救えます。

【みかんの木】みかんの木を剪定する時に必要な道具

【みかんの木】みかんの木を剪定する時に必要な道具

みかんの木を剪定する時に必要な道具を紹介します。

ホームセンターやインターネットで購入できるので、口コミや店員の説明を聞いて揃えましょう。

【みかんの木】剪定バサミ

剪定バサミは植物を剪定する時に必ず必要になります。

間引いたり、取り除きたい枝を切り取るために使います。

剪定バサミのサイズは何種類かあり、大きなサイズや小さなサイズがあります。

大きなサイズは、両手に持ちながら枝を切り落とすタイプで、太い枝も切り落とせます。

小さいサイズは片手で持つことができ、片方は切り取りたい枝をおさえながら、ハサミを持っている方で切り落とせます。

あまり太い枝は切り落とせませんが、慣れていない人は小さい片手用の剪定バサミが使いやすくて便利なので、まずは小さい片手用から始めるといいでしょう。

【みかんの木】保護剤や肥料

保護剤とは、保護剤切り落とした枝が、病気や害虫などから守るための保護する薬です。

剪定後は、必ず保護剤を塗ることをオススメします。

また、みかんの木が病気や虫の影響であまり元気がない場合は、剪定を必要最小限にしましょう。

しかしそれだけでは、みかんの木を元気にすることが難しい場合があります。

元気を取り戻すために、必要な養分が行き届くようにみかんの木全体に肥料を混ぜることでより、濃度の濃い栄養分がみかんの木に吸収されるので回復効果の助けにもなります。

【みかんの木】軍手と服装

みかんの木の剪定する時に、擦り傷や切り傷などから手を守るために軍手を使いましょう。

作業する時の服装は、長袖の服装で腕全体を保護すると安心です。

木や葉っぱで手などを切って、ケガしないように注意してくださいね。

【みかんの木】脚立

手が届かない高い場所の枝を切る際に、脚立があれば高い場所でも届いて作業がしやすくなります。

しかし、足元が不安定な場合は大変危険ですので、高い場所の剪定は必ず2人以上で作業しましょう。

1人は脚立を支えて、もう1人が脚立に上って作業するというスタイルができない場合は、作業を中止する方が安心です。

どうしても1人で作業する場合は、扱いが難しいですが伸縮できる剪定バサミで高い場所の枝を切り取りましょう。

【みかんの木】シート

作業を始める前に、みかんの木の足元にシートを敷きましょう。

そうすることで、剪定後の枝集めが簡単になります。

【みかんの木】みかんの木の成長に合わせた剪定方法

【みかんの木】みかんの木の成長に合わせた剪定方法

みかんの木は成長に合わせて剪定することが大切です。

【みかんの木】1年目の剪定方法

1年目はみかんの木をしっかりとした木にするために、太い枝を残すように約3分の1程度を剪定して間引きする。

【みかんの木】2年目の剪定方法

2年目からは、全体のバランスを考えながら、延びすぎた枝を優先的に間引くようにしましょう。

【みかんの木】5年目の剪定方法

5年目あたりからは、みかんの実が数多くなります。

いくつかの実の栄養分を他に分け与えるように、必要な枝のみを残しながら剪定します。

この時もあまり切りすぎずに、その年の成長に合わせて剪定範囲をじっくりと決めましょう。

【みかんの木】美味しいみかんを育てるためのポイント

美味しいみかんを育てるために、2つのポイントを紹介します。

【みかんの木】間引きでみかんをより美味しく育てる!

「間引き」とは、みかんの木だけでなく、他の植物でもおこなう作業です。

みかんの実の成長を確認しながら、小降りなモノや形や色合いなどまた、実が密集し過ぎてるなどの場合は、残したい実以外を適度に取り除きます。

取り除いた分の栄養が残った実に濃縮されるので、より美味しいみかんが育ちます。

間引きは、あまり多くの枝や実を取り除くとかえって実の育ちが悪くなるので、慣れていない人は1割程度を目安にしましょう。

【みかんの木】病気や虫の被害からみかんを守る!

みかんの木を育てる上で、様々な病気や虫などの被害があります。

そういった被害は、早い段階で見つけて取り除かないとみかんの実がおいしくなくなるだけでなく、実が育たないという事もあります。

定期的にみかんの状態を確認することを忘れずに、特に成長期の時期はより注意して見ておきましょう。

枯れた枝や変色した枝は、変色や枯れ木の起きる手前の枝の根元から取り除きましょう。

虫などの被害は虫よけ剤を飛散した上で、虫食いの酷い部分だけを取り除きます。

虫食いや病気などの被害で取り除いた部分は、必ず保護剤で処理する。

保護剤は、人間で例えると薬の役割になります。

傷口に薬を塗ることで、傷口にバイ菌などが入って酷くならないための役割です。

みかんの木を正しく剪定!美味しい実を育てよう

今回は、みかんの木を剪定する時期や、剪定方法や、美味しいみかんを育てるポイントについて紹介しました。

みかんは古くから日本で栽培されており、比較的育てやすいのが特徴です。

病気や害虫の心配が少ないため、初心者の人にも向いている果実です。

しかし、自分で剪定して「切りすぎてしまわないか…」など、自信がない人もいるのではないでしょうか。

庭木の手入れは、知識や経験が豊富な「業者に依頼する方が安心!」という人も多いです。

品種によって収穫時期が異なりますが、10月頃から収穫を楽しめますので、美味しいみかんの収穫を目指して、自分にあった方法で育てて下さいね。

まとめ

  1. みかんの木には剪定が必要です。新たに春を迎えて成長する新芽が出始める前の2月~3月頃がベスト
  2. みかんの木を剪定する時は、切りすぎない、樹齢に合わせて作業する、保護剤などの処置を必ず行うことが大切です
  3. 剪定に必要な道具を揃えて、みかんの木の成長に合わせた剪定方法を理解しよう
  4. 美味しい実を育てるために、間引きしたり、病気や虫の被害は早期に発見しよう

関連記事

庭木の剪定(手作業)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の剪定(手作業)をプロに依頼するなら

庭木の剪定(手作業)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に庭木の剪定(手作業)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事