【ナメクジを駆除する方法】ナメクジに効果的な予防方法も合わせて紹介

ナメクジは、繁殖力が強く、放っておくと大量発生し、大切に育てた畑の野菜や花に被害を及ぼします。自分で駆除をするには、塩、熱湯、ビールなどをかける方法があります。駆除剤を使う時は、植物やペットに安心なものを使用しましょう。今回は、ナメクジの駆除や予防について紹介します。

クモ駆除
更新
【ナメクジを駆除する方法】ナメクジに効果的な予防方法も合わせて紹介

雨の日が続く季節に、普段見かけないナメクジを見かけて困った経験はありませんか?

見た目が不快で謎のナメクジを好まないかたは多いですよね。

特にナメクジの生態を知らないかたにとっては、どう対処したらいいのか迷うところです。

そんな得体の知れないナメクジですが、自宅にある身近なもので簡単に駆除できます。

そこで今回は、ナメクジの特徴や、効果的な駆除方法や予防方法について紹介します。

>>プロの(ナメクジ)クモ駆除業者の一覧

【ナメクジの特徴】ナメクジの特徴を知ろう!

【ナメクジの特徴】ナメクジの特徴を知ろう!

ナメクジは大切に育てた畑の野菜や花に被害を及ぼします。

繁殖力が強く、放っておくと大量発生してしまう厄介な存在です。

そんなナメクジが、一体どんな生態や特徴なのかについて紹介します。

【ナメクジの特徴】ナメクジの種類と体長

ナメクジの種類は、外来種も含め複数存在します。

日本で主に見かける種類は「チャコウラナメクジ」と言い、体長が5cm程度のナメクジです。

チャコウラナメクジは、食害につながる直接的な害虫ではなく、見た目の不快さが嫌われる「不快害虫」に分類されます。

そして最近新たに「マダラコウラナメクジ」と呼ばれる、20cmもの巨大ナメクジが日本で発見され、現在も生域地を広げています。

体長が大きいこともあり、ナメクジの食べ物とされる野菜や植物を食べる範囲が広く、今までは心配されなかった食害が懸念されています。

【ナメクジの特徴】似ていると言われるカタツムリとの違い

ナメクジとカタツムリは同じ陸に住む巻類で、カタツムリが進化する過程で殻がなくなったものがナメクジです。

ナメクジとカタツムリは、体の構造や食べるものが違います。

カタツムリの殻には内臓があり、それらは体の一部です。

そのため、殻を無理やり取ってしまうと死んでしまいます。

一方でナメクジは、体の中に内臓があり、成長する過程で殻を持ったり、カタツムリの殻を取ったらナメクジになったりすることはなく、カタツムリとは全くの別の生き物です。

【ナメクジの特徴】ナメクジの繁殖時期

ナメクジは乾燥が苦手で、自ら粘液を出して体が乾かないようにしています。

湿気を好み、1年の中でも3月~11月の多湿時期、特に梅雨時期に発生します。

【ナメクジの特徴】ナメクジが好む場所

ナメクジは葉っぱやプランターの裏など、暗くジメっとした場所にひっそりと隠れています。

環境さえ整えば、室内への侵入もあり得ます。

湿気を好むナメクジですが、暑さに弱く、寒さに強いのが特徴です。

【ナメクジの駆除】家にあるものでナメクジを駆除する!

【ナメクジの駆除】家にあるものでナメクジを駆除する!

駆除剤の成分には、ペットが中毒を起こす危険性のある「メタルアルデヒド」や「リン酸鉄」が使用されている製品があります。

そのため、ナメクジが発生した環境によっては駆除方法に注意が必要です。

駆除剤以外に家にあるもので、ナメクジを駆除する方法を紹介します。

【ナメクジの駆除】塩をかけて駆除する!

ナメクジを1、2匹自宅で見つけたときは、塩をかけるのが効果的です。

塩には脱水作用があるので、ナメクジの体が溶けていきます。

しかし、溶けてなくなるわけではなく、水をかけると元の姿に戻るので、塩をかけたあとはピンセットで駆除しましょう。

【ナメクジの駆除】熱湯をかけて駆除する!

ナメクジは暑さ全般に弱いのが特徴で、炎天下のコンクリートの上で生育するのは不可能です。

ナメクジの体はたんぱく質でできているため、熱湯をかけるとたんぱく質が固まり死滅します。

とても即効性があり、簡単な駆除方法です。

【ナメクジの駆除】ビールを仕掛けて駆除する!

ナメクジはビールの酵母と麦芽の香りを好む傾向があります。

飲み残しのビール缶や、深めの容器にビールを入れて仕掛けておくとナメクジが集まってきます。

ナメクジがビールを飲んでそのまま駆除できるケースと、逃げてしまうケースがあるので、駆除剤をビールの中に入れておくと効果的です。

【ナメクジの駆除】植物や動物に安全なナメクジの駆除剤

【ナメクジの駆除】植物や動物に安全なナメクジの駆除剤

外では葉っぱの裏に潜んでいたり、室内では床に這っていたりするナメクジを駆除する時は、植物やペットに悪影響となる方法は避けたいものです。

駆除剤と聞くと、ナメクジを殺す強い殺虫効果がある製品ばかりと思いますが、天然由来の製品も多く市販されています。

植物やペットを守る安全性の高い駆除剤を選ぶようにしましょう。

【ナメクジの駆除】エムシー緑化/ナメクジ駆除剤

こちらの製品は、天然植物由来の成分が使用されているため、植物や動物にとって安心で、雨や湿気に強いのもおすすめポイントです。

薬剤を食べたナメクジの駆除効果は土に戻ってから発揮されるため、死骸を見ることはありません。

食べ残された粒は土に戻る作用があるので、環境にも配慮されています。

【ナメクジの駆除】ナメトール

ナメトールの有効成分は、土の中に存在する成分と似ています。

ナメクジ駆除効果は1~3ヶ月持続します。

新しい製剤技術でナメクジを引き寄せる力に優れ、殺虫力もあります。

農薬なので大切な花や野菜などを育てている周辺でも使用可能で、ナメクジの被害から農作物を守ります。

【ナメクジの駆除】住友化学園芸/ナメ退治忌避粒剤

有効成分はハーブなどの植物にも含まれる天然系成分を使用しています。

薬剤を撒くだけでナメクジが嫌がる臭いを放ち、植物にナメクジを寄せ付けない忌避剤です。

カビが生えにくい工夫がされとても衛生的で、ベランダや室内での使用にもおすすめです。

【ナメクジの駆除】住友化学園芸ナメ退治ベイト330g

ナメ退治ベイトは、ナメクジが発生しやすい場所に事前に撒いてナメクジを誘い出すエサタイプの殺虫剤です。

雨が降るとエサとなる粒は崩れますが、効果はそのまま持続します。

有効成分は、植物性有機物のため環境に優しく植物や花類にとって安心です。

誘引力が強いので、夜行性のナメクジを退治するのに便利な殺虫剤です。

【ナメクジの駆除】住友化学園芸/不快害虫殺虫剤

こちらの製品は、有効成分が容器に入った置き型タイプで、薬剤を撒けないベランダや庭まわりに最適です。

主成分のメタルアルデヒドがナメクジを誘引して駆除します。

エサはナメクジが好む半生で、誘引力は協力です。

動物や人の手にエサが触れない安全設計となっており、雨が降っても薬剤が流れ出る心配はありません。

【ナメクジの駆除】アース製薬/ナメクジかじりん棒

ナメクジかじりん棒は、土に刺して置くタイプのナメクジ誘引駆除剤です。

名前の通りナメクジがエサをガリガリかじってその場で退治します。

雨や水にも強い耐震性に優れていて、効果は約1ヶ月持続します。

土には触れない設計となっていますが、ペットに毒となるメタルアルデヒドを含んでいるため、誤って口に入れないように十分な注意が必要です。

【ナメクジの影響】ナメクジが及ぼす人体と植物への悪影響

【ナメクジの影響】ナメクジが及ぼす人体と植物への悪影響

ナメクジは身近な存在ではないため、人や植物にどんな害があるか知らないかたは多いのではないでしょうか?

好んで触ることはなくても、何気に触れた葉っぱの裏にナメクジが潜んでいるケースもあります。

害虫ではないナメクジですが、いくつかの危険が隠れています。

【ナメクジの影響】ナメクジが手に触れてしまったときの対処法方法

ナメクジは「広東住血線虫」と呼ばれる寄生虫がいる可能性があります。

人が寄生虫に感染してしまうと、発熱、頭痛、嘔吐などを引き起こし、潜伏期間は16日間と言われています。

免疫力が弱っている時は、特に注意が必要です。

もしもナメクジを手で触ったら、水で直ぐに洗い流しましょう。

【ナメクジの影響】畑の野菜や植物への被害

ナメクジのエサは野菜全般やバラ、アジサイなどの花類、多肉植物などの葉や茎です。

ナメクジは夜行性なので、直接見ることは少ないですが、野菜や植物の葉っぱに何か這ったような光るものが残っていたら要注意です。

無農薬野菜などは、サッと洗って食べるかたもいるかも知れませんが、ナメクジの被害を考えると、しっかり洗うことが大切です。

【ナメクジの予防】ナメクジを発生させない予防方法

【ナメクジの予防】ナメクジを発生させない予防方法

ナメクジが発生したら、効果的な方法で駆除するしかありませんが、事前に予防すれば、不快なナメクジに悩むことはありません。

発生する条件が整わないとナメクジは生育できないので、何よりもナメクジが好む環境を作らないことがポイントです。

【ナメクジの予防】ナメクジは大量発生しやすい!

ナメクジはメスとオスに分かれていない雌雄同体で、オスが2匹でも卵を産めます。

繁殖力が極めて強く、一度の産卵で20~60個と言われています。

卵はとても小さいので気づかないことが多いため、いつの間にか大量発生していることも珍しくありません。

【ナメクジの予防】室内の侵入経路を確認する!

ナメクジは、わずかな隙間から侵入します。

1匹でも見つけた場合は、窓周りに隙間がないか確認しましょう。

もう一つの侵入経路は、野菜や花の葉っぱの裏に卵が付着していることです。

野菜は洗うと予防できても、花は意識的に確認するしかありません。

定期的によく観察することが大事です。

【ナメクジの予防】ジメジメした場所を作らない

ナメクジは湿度が高いところに生育します。

特に雨の日が続く梅雨時期は、家の周りにプランターなどの物を置いたりせず、カラっとしておく工夫や、雑草は刈り取ることがおすすめです。

浴室も換気を心がけ、玄関の掃除で水を撒くのは控えましょう。

【ナメクジの予防】身近なもので事前に対策

ナメクジはコーヒーに含まれるカフェインが苦手です。

カフェインを含むコーヒーを撒くことで忌避効果が期待できます。

その他に、ナメクジは酸性の土を好む特徴もあるので、アルカリ性の石灰を撒くのもよいでしょう。

ナメクジの発生を防ぐ予防策もさまざまあるので、気軽にできることから始めてみてください。

ナメクジが大量発生したら業者に依頼しよう!

今回は、ナメクジの特徴や、効果的な駆除方法や予防方法について紹介しました。

「一匹だけなら...」と安心せず、ナメクジが発生した場合は早めの駆除と予防をオススメします。

一方で、ナメクジが大量に発生した時は、自宅にあるものでなんとかしようとせず、プロにお任せすることが大切です。

この記事を参考に、状況に合った判断と選択をしましょう。

まとめ

  1. ナメクジは、繁殖力が強く、放っておくと大量発生する。
  2. ナメクジを放置すると、大切に育てた畑の野菜や花に被害を及ぼすため、駆除が必要。
  3. 家にあるものでナメクジを駆除するには、塩、熱湯、ビールを使った方法がある。
  4. ナメクジの駆除に薬剤を使う場合は、植物やペットに害のないものを選ぼう。
  5. ナメクジが手に触れてしまったら、水で直ぐに洗い流そう。
  6. ナメクジを発生させないよう、環境を整えよう。

クモ駆除の業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

クモ駆除をプロに依頼するなら

クモ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にクモ駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事