自分でグリストラップを清掃する頻度や効率的な清掃方法のポイント

グリストラップ清掃
更新

飲食店で設置が義務付けられているグリストラップ清掃。でも日常業務に加えて、油汚れがついたグリストラップの清掃が手間で面倒!いう方も多いのでは。掃除をサボって汚れがたまると悪臭や害虫の発生、さらに油で排水口が詰まると汚水が流出することもあります。そこで今回は、グリストラップの清掃についてご紹介します。

自分でグリストラップを清掃する頻度や効率的な清掃方法のポイント

キッチンの排水から油脂分を分離させる役目を持つグリストラップ(油水分離阻集器)。定期的にお掃除していますか?掃除をサボって汚れがたまると悪臭や害虫の発生、さらに油で排水口が詰まると汚水が流出することもあります。

そこで今回は、グリストラップを清掃する方法や、グリストラップの清掃頻度について紹介します。

>>プロのグリストラップ清掃業者の一覧

グリストラップとは?その役割と構造

グリストラップとは?その役割と構造

グリストラップとは、キッチンの排水から油脂や残飯などのゴミを取り出す装置のことです。。飲食店のキッチンでは油脂を扱う量も多く、油を含んだ汚水がキッチンから排水されます。グリストラップの掃除を怠ると悪臭や害虫が発生するもとになってしまうので、日常的な掃除がとても重要なのです。

グリーストラップの設置場所

大抵はグリーストラップは飲食店内のキッチン床下にあり、金属製のフタに覆われています。各自治体により細かな要件に多少の違いはありますが、加熱調理した食品をお客様に提供する飲食施設、調理加工施設では、ほぼ例外なく設置が義務付けられています。

グリーストラップの構造と仕組み

中身は大きな受け皿に2枚の仕切り板があり、3つの水槽に仕切られています。キッチンからの汚水は3つの層に分かれた装置をくぐり抜けることで油分を分離させます。第1層にはバスケットがあり、残飯などのゴミを取り除きます。第2層では、水と分離させた油を浮上させて貯めます。第3層にトラップが設置され、排水管に油脂を分離させた水が流れるという仕組みです。

グリストラップ【第1槽】
厨房のシンク(流し台)から流れてくる排水は、まずはこの第1槽に流れます。この第1槽には大きなステンレス製のザル(バスケット)が付いており、野菜クズや肉片等の大きな固形物をキャッチします。

グリストラップ【第2槽】
第1槽で固形物をすくい取った排水が流れ込みます。そしてここで、油と水を分離します。油は水より比重が軽いため、第2槽の表面に浮かび上がります。

グリストラップ【第3槽】
第2槽で油分を取り除いた排水が流れ込みます。ここに排水トラップが付いており、排水はトラップを経由して施設内の排水管に流れ、最終的には公共下水(下水未整備の地区は合併浄化槽)に排出されます。

グリストラップの清掃を怠ると悪臭がたちこめ雑菌が繁殖する

グリストラップの清掃を怠ると悪臭がたちこめ雑菌が繁殖する

グリストラップを清掃しないまま放置すると、食材クズや油が水槽にどんどんたまります。そうなると、飲食店にとっては、致命的となる不衛生な状態になります。

  • 不衛生で雑菌が繁殖する
  • ネズミやゴキブリが棲み処を作る
  • 悪臭がする

グリストラップの清掃や、メンテナンスをきちんとしていなかったせいで大変な目にあったお店の事例を紹介します。

先日とある焼肉屋から「厨房の排水口から汚水があふれて店中がとんでもない臭いになっている!早く来て!」と連絡があり、その焼肉屋に行ってみました。

行ってみると「厨房の床が油まみれ…」「ヌルヌルした酸味がかった汚水まみれ…」になっていました。グリストラップの蓋を開けてみると案の定、第1槽のバスケットにはカルビ肉の切れ端やナムル、カクテキのカスがこんもりとたまっていました。

第2槽は、油が固まり膜を張った状態で、第3槽もトラップ周りに油の塊がこびりつき、完全にトラップを塞いでいる状態でした。

さらにCCDカメラで排水管を覗いてみると、スラッジ(油の塊)がびっしり付着していました。とてもこのままお店の営業を続けられる状態ではありませんでした。

最終的には、排水パイプの高圧洗浄と、グリストラップの清掃に半日、費用も軽く10万円を超える高額なものに…。もちろん、お店中の悪臭が抜けるまで営業はできず、17時オープン予定が22時オープンになってしまいました。

グリストラップの清掃を怠ると、このようなことになってしまいます。不衛生で雑菌が繁殖、ネズミやゴキブリなどが棲みつく格好の条件が揃ってしまい、お客様に食事を提供するお店としては大問題です。

また、店内にも何となくドブ臭いような悪臭が漂うようになり、お客さまが楽しくお食事を楽しめる空間ではなくなります。お店の評価サイト等にも「店内がドブ臭い」というコメントが書き込まれていることがあり、集客にも大きなマイナスになります。

グリストラップの清掃方法とおすすめグッズ

グリストラップの清掃方法とおすすめグッズ

グリストラップの清掃は「面倒くさい…。」と思っている飲食店のオーナーが多いと思います。気持ちもわかりますが、基本的にはオーナーまたは従業員で清掃しましょう。

準備物

  • ゴム手袋
  • 網じゃくし
  • ゴミ袋
  • キッチンペーパーか雑巾
  • 柄の付いたタワシ
  • 金ヘラ

手順

1

グリストラップの第1槽のゴミを取る

第1槽のゴミを取り除きます。第1槽のバスケットに溜まった固形物を回収し、ゴミ袋に入れます。(産業廃棄物の可燃ゴミとして出せます。)バスケットに専用の水切りネットをかけておくと、次回から固形物の回収がしやすいです。

2

グリストラップの第2槽の油を取る

第2槽の油を取り除きます。表面に浮いた油(スカム)を網じゃくしですくい取り、ゴミ袋に入れます。スカムを吸い取る便利な吸着グッズも市販されていてオススメです。

3

グリストラップの第3槽の油を落とす

第3槽の油をこすり落とします。トラップの周りにこびり付いた油の塊(スラッジ)を、タワシでこすり落とします。タワシで取れない頑固な塊は、金ヘラを使ってこそげ落として完了。

定期的なグリストラップの清掃はこれだけで大丈夫です。これにあわせて月1度は、洗剤を使ってキレイに清掃るといいですね。グリストラップ清掃に便利なグッズを紹介します。

グリストラップ用水切りネット

サイズや枚数を考慮して、あなたのお店でにあったものを選びましょう。

グリストラップ用油吸着シート

最初からカットされているシートと、好きなサイズにカットして使えるシートがあります。

網じゃくし

網じゃくしも、グリストラップ清掃専用のものも販売されています。持ち手が長くて使いやすそうですね。

【グリストラップの清掃】グリストラップクリーナー

濃縮タイプなので、薄めて使用できてコスパもよさそうです。

グリストラップの清掃頻度は2日に1回が理想

グリストラップの清掃頻度は2日に1回が理想

グリストラップの清掃は、どの程度の頻度ですればいいのでしょうか?清掃箇所別に目安を紹介します。

グリストラップ第1槽の掃除頻度は2日に1回が基本

第1槽のバスケットはできれば毎日、少なくとも2日に1回は掃除しましょう。厨房内は基本的に火を使うため、冬場でも非常に高温になります。そのため、ゴキブリやネズミが繁殖しやすくなってしまいます。できるだけ餌となるものはバスケットに残さないようにしましょう。

余談ですが、某研究機関の発表によると、ゴキブリの大好物はビーフと玉ねぎの匂いだそうです。

グリストラップ第2槽の油(スカム)取り頻度は最低でも週1回

第2槽の油(スカム)取りは、週1回は行いましょう。油をよく使う飲食店は、季節やお客様の数により変動がありますが、できれば毎日行いたいところです。

グリストラップ第3槽のトラップ管の掃除頻度は2~3ヵ月に1回

第1槽、第2槽を定期的に清掃していれば、第3槽は2~3ヶ月に1回行えばいいでしょう。しかし、油をよく使うお店は毎月1回しましょう。

グリストラップの清掃業者に依頼する時の注意点

グリストラップの清掃業者に依頼する時の注意点

グリストラップの清掃は「やはり面倒くさい…」と言う人が多いのは事実です。気が付けば、手に負えない状態になってしまったケースも非常に多いです。

そういう場合は、業者にグリストラップの清掃を依頼することになりますが、どのような業者に依頼すればいいか悩みますよね?選択肢としては「おそうじ専門の業者」「町の便利屋」が一般的です。

汚れがひどい場合は、排水管の洗浄まで含めて丸1日かかるものと覚悟しなければなりません。おそうじ専門の業者にしても、町の便利屋にしても、まずは現状を確認してもらいましょう。

  • グリストラップのみの清掃ですむか?
  • 排水管の洗浄まで必要になるのか?

上記2点を確認しましょう。中には事前確認しないで、いきなり配管の高圧洗浄まではじめて、最後に高い金額を請求してくる酷い業者もいます。

必ず3社以上の相見積を取り、作業内容と金額を予めきちんと説明してくれる業者を選びましょう。

こまめにグリストラップを清掃して清潔なお店を保とう

今回は、グリストラップを清掃する方法や、グリストラップの清掃頻度について紹介しました。グリストラップの清掃は、自分で定期的にするものです。適切な頻度で清掃していれば、それほど大きな手間はかかりません。

オーナーであるあなたが毎日イキイキと働き、お店に来てくれるお客様の笑顔が見られる快適なお店作りのために、グリストラップの清掃やメンテナンスをきちんと行いましょう。

まとめ

  1. グリストラップとは、飲食店の厨房に設置してある油水分離阻集器(ゆすいぶんりそしゅうき)のことです
  2. 3つの水槽に仕切られた構造で、水槽ごとに清掃が必要です
  3. グリストラップの清掃は、基本的には自分でできる
  4. 水槽ごとに清掃の頻度が違う。毎日清掃する箇所、月1回の箇所とわけて清掃しよう
  5. グリストラップの清掃を業者に依頼するなら、業者比較して納得のいく業者に依頼しよう

グリストラップ清掃をプロに依頼するなら

グリストラップ清掃を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にグリストラップ清掃の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる