カーペットの掃除ってどうしたらいいの?

フローリングの床の上に使うカーペットは、部屋に敷き詰めて使うため使う内に毎日少しずつ汚れが溜まっていきます。しかし、お気に入りのカーペットはキレイに使いたいものですね。 今回は、そんなカーペットのお掃除方法をご紹介します。

カーペットの掃除ってどうしたらいいの?

カーペットのお掃除の基本は?

カーペットに寝転んだりすると気持ちが良いですよね。

でもカーペットの毛並みの間は人の髪の毛や皮膚などのゴミや埃が溜まりやすく、放っておくとダニの発生なども心配です。

そこでカーペットのお掃除方法の基本は、こまめにゴミや埃を掃除機で取り除くことです。

掃除機を使うコツはカーペットの毛並みの逆方向から、そしてゆっくりと(1平米あたり20~30秒が目安)かけることで毛並みの根元のゴミまで吸い取れます。

カーペットに食べ物などをこぼしたら

カーペットを食べ物などで汚したら急ぎの対処が重要です。

お茶など水溶性、マヨネーズなど油性汚れでは対処方法が少し違います。

水溶性の場合は乾いたタオルやティッシュで叩くようして大まかに汚れを取り、その後薄めた台所洗剤を含ませた雑巾で汚れの中心を軽く叩き、水拭きと空拭きをします。

油汚れは、汚れを取り除いてからベンジンを含ませた雑巾で叩くこと、その後は水溶性の汚れと同じです。

(ベンジンは火気厳禁です)

カーペットのダニを退治する方法は?

カーペットで一番気になるのがカーペットに棲みついたダニですね。

ダニは熱に弱いので天日干しが効果的ですがラグマットなどはともかく、サイズの大きいカーペットでは天日干しも難しいですね。

そんな時は、ちょっと大変ですがスチームアイロンをかけるのが効果的です。

カーペットの毛並みに沿ってゆっくりと全面にアイロンをかけることでダニを退治し、カーペットの毛並みも復活してキレイに仕上がります。

最後に【それでもカーペットの汚れや匂いが気になったら】

カーペット全体の汚れや匂いが気になったら、洗剤を含んだ雑巾で全体を叩くように拭いたり、重曹を使うなどの掃除方法もありますが、もっとキレイにしたいならプロの業者さんに相談してはいかがでしょうか?

カーペットを敷いたままのクリーニングも可能です。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms