【夏のマスク】飛沫感染対策!少しでも快適に着けられるおすすめの夏用マスクをご紹介

コロナ禍でマスクが夏でも必要な状況が続いていますね。飛沫感染対策には欠かせないものですが、熱中症の危険や肌荒れの原因にもなるため、少しでも快適に着用できるものを選びたいものです。今回は、夏用マスクの種類やおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

片付け・家事代行
更新
【夏のマスク】飛沫感染対策!少しでも快適に着けられるおすすめの夏用マスクをご紹介

コロナ禍で夏でもマスクをしなければならない、息苦しくてもマスクを外せない状況ってありますよね。

筆者も仕事柄(便利屋)、屋内作業のときは勿論のこと、屋外でもマスクを着用しながら作業しなければならないときがあり、熱中症&呼吸困難になり倒れかけたことがあります。

最近は夏用のマスクがいろんなメーカーから発売されていて、少しでも暑い夏でも快適に着用できるマスクが増えています。

今回は、マスクの種類や夏におすすめの人気商品などをご紹介します。

あなたに最適なマスクを探してみて下さい。

>>プロの片付け・家事代行業者の一覧

【夏のマスク】真夏でもマスクの着用が必要な理由

【夏のマスク】真夏でもマスクの着用が必要な理由

2020年の1月下旬あたりに中国の武漢で感染が確認され、今や全世界で猛威を振るう新型コロナウィルス(COVID-19)、その勢いはとどまることを知りません。

日本国内でも、ゴールデンウィーク明けに一時的に感染拡大が止まったかのように見えましたが、6月下旬あたりからその勢いは再加速、連日のように感染者数記録を更新し続けています。

コロナウィルス感染予防策として、一番手軽で身近なのが「マスクの着用」による、飛沫感染の防止です。

自分の飛沫で移してしまうばかりではなく、他人の飛沫からコロナウィルスをもらうリスクを避けるための有効な手段です。

たまに、電車の中でノーマスクでくしゃみや咳をしている人を見かけますが、正直、恐怖以外の何物でもありませんよね。

マスク着用は最も有効な手段の一つですが、それ以外にも、最近は徐々に浸透しつつある「withコロナ」時代の「新しい生活様式」でよく言われるのが

  • 「3密(密集・密接・密閉)」を避ける
  • ソーシャルディスタンスを保つ
  • 不要不急の外出を控える

ことの重要性です。

また、接触感染のリスクもある為、手に触れるものの消毒、外出先から戻ったときのうがい・手洗いも積極的に励行しましょう。

つまり、夏でもマスクの着用は必要ですが、マスクさえしておけば大丈夫、ということではありません。

マスクを着用しながら、日々の生活の中でコロナ感染しないよう、改めてご自身が今できることを考え、すぐ行動に移すことが何より大切ですね、

【夏のマスク】一般的に販売されているマスクの種類

【夏のマスク】一般的に販売されているマスクの種類

昔はマスクと言えば、ガーゼを折りたたんで耳紐をつけて縫い合わせたものでした。

しかし、最近は使い捨てのマスクが数多く出回り、逆にガーゼのマスクは少数派になりましたね。

マスクには大きく分けて「使い捨てタイプ」「繰り返し使えるタイプ」の2種類があります。

【夏のマスク】洗えるタイプ:ガーゼマスク

「ガーゼマスク」は前述の通り、ガーゼでできていて、洗って繰り返し使用することができます。

昔、学校の給食当番のときも、皆さんガーゼマスクをしませんでしたか?

最近では、政府から1家庭に2枚ずつマスクが配られましたね。

ダブルガーゼを使って、マスクを手作りされる方もよく見かけます。

ガーゼマスクには

  • 保湿性に優れている
  • 防寒・乾燥対策にも向いている

という特徴があります。

【夏のマスク】洗えるタイプ:その他

最近は、ガーゼマスク以外にもいろんな素材の繰り返し使えるマスクが各メーカーから発売されていますね。

  • 水着の素材
  • 肌着と同じ素材
  • スポンジ素材

等、それぞれ本業で実績のある素材をマスクに転用し、ユニーク且つ機能的な製品が出回るようになりました。

【夏のマスク】使い捨てタイプ

一方、コロナ禍の始まりと同時に爆発的に売れ、転売により価格が大きく高騰した使い捨てのマスクは、一般的に「PP不織布」というポリプロピレン(合成布)でできています。

価格が安価で大量製造できるということで、現在ドラッグストアや雑貨店などで一番多く店頭に並ぶマスクの種類です。

筆者は未だにこの不織布のマスクを繰り返し洗いながら、耳紐が切れるまで使用しています。

春先のマスク騒動がトラウマになっており、いつまた買えなくなるか心配でなりません。(本当はよくないんでしょうけど…苦笑)

この使い捨てマスクのメリット・デメリットを次で詳しく解説します。

【夏のマスク】使い捨てマスクのメリットとデメリット

【夏のマスク】使い捨てマスクのメリットとデメリット

今現在、マスクの主流となっている使い捨てタイプのマスクには、メリットとデメリットがあります。

【夏のマスク】使い捨てマスクのメリット

  • 比較的安価に購入できる
  • 衛生的
  • フィルターが中に入っており、防塵効果が高い

春先のマスク不足の時期は、不織布の使い捨てマスクが50枚入り1箱1万円以上もする異常事態でしたが、今は供給も落ち着き、値段はほぼコロナ禍以前の水準に近付きつつありますね。

先日筆者がドラッグストアで見かけた不織布のプリーツ付きマスクは、30枚入り600円でした。

海外製ですが、物はしっかりしていそうでした。

また、使い捨てマスクは、文字通り1回使用したら捨てるため、衛生上も非常に安心できるのがメリットです。

【夏のマスク】使い捨てマスクのデメリット

  • 濡れると息苦しくなる製品が多い
  • 耳紐が切れやすい
  • 肌荒れの原因になる場合がある

ウイルスやハウスダストなどを通しにくい代わりに、息苦しくなりやすいです。

作業をしていて汗をかくと不織布マスクはグショグショに濡れ、マスク繊維の細かい穴が水滴で詰まり、非常に息苦しくなります。

そのため、人が多い場所での使用には向いていますが、外での作業やスポーツ時には不向きといえます。

また、安物のマスクを買うと、1回紐を耳にかけるだけで簡単に紐が切れてしまいます。

マスク不足のときは、それでも強引にホチキスで止めて使用している人もいましたが、海外製の安いマスクはその傾向が強いようです。

【夏のマスク】繰り返し使えるマスクの種類と特徴

【夏のマスク】繰り返し使えるマスクの種類と特徴

コロナ禍により、それまで主流であった使い捨てマスクやガーゼマスクに代わり、新しい素材でできた繰り返し使えるマスクがいろんなメーカーから数多く発売されています。

夏におすすめの繰り返し使えるマスクの種類と特徴をご紹介します。

【夏のマスク】冷感マスクの特徴

マスク自体にひんやり感じる生地が織りこんであり、肌に触れるとひんやり感じ、夏場には非常に気持ちの良いマスクです。

また、保冷剤を入れるポケットが付いたマスクも発売されており、保冷剤を入れると文字通りひんやりした着け心地になります。

※但し、保冷剤が溶けてしまうと生ぬるくて重たいだけのマスクになってしまうようです…。

記事の最後でおすすめ商品をご紹介します。

【夏のマスク】通気性の良いマスクの特徴

「通気性が良い」という点に注目し、各社様々なタイプのマスクを販売しています。

  • 温度を感知しマスクの繊維が変形し通気性をよくする素材のマスク
  • メッシュ素材と綿のパイル素材を使うことにより呼吸しやすいマスク
  • 肌着の素材を使い呼吸する素材を使ったマスク
  • 水着の素材を使ったマスク

などがあります。

【夏のマスク】着用による肌荒れがなく、かぶれないマスク

不織布のマスクは肌との摩擦があり、かぶれたり肌荒れしやすくなります。

肌荒れしにくい綿やシルク製のマスクはなかなか評判も良いようです。

また、立体的なマスクのほうが肌にフィットし、生地がずれて摩擦を起こしにくいそうです。

【夏のマスク】Amazonでおすすめの夏用マスクを紹介!

【夏のマスク】Amazonでおすすめの夏用マスクを紹介!

夏場に使うマスクは、何を一番重要視するかによってベストバイが変わります。

ひんやりした気持ちよさ、通気性が良く息がしやすい、肌に優しい等、とにかく価格が安いもの、どれを重視するかは人それぞれですね。

ですが、どのマスクを買うにしても、一番重要なのは「飛沫感染の防止」です。

また、価格が安いからと言って使い捨てマスクを多用するのと、少々お値段が高くても繰り返し機能を損なわずに使えるマスクを大事に使う、最終的にどちらがお得かを検討しましょう。

現在、大手通販サイトの「Amazon」でおすすめの夏用マスクをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

Arisana(アリサナ)マスク/Sサイズ(880円/枚)

日本製で、洗って繰り返し使える、水着素材のUVマスクです。

マスク内の温度の上昇を抑える遮熱性に優れた生地を使用しています。

3Dデザインの立体マスクが、家族みんなのお顔にフィットします。

ポケットつきの二重構造なので、ガーゼや不織布等を入れることが可能です。

Xingmengマスク/3枚入(1,699円)

吸汗速乾機能を備えており、汗をかいても吸収し蒸発します。

すばやく熱を拡散する接触冷感素材を使用しており、蒸れずに使えます。

耳にかけるゴムは伸縮性があり、長さの調整もできるため、長時間つけても耳が痛くなりません。

立体形状で自分のフェイスサイズに合わせた着用ができます。

雑貨の国のアリス/冷感5枚(700円)

接触冷感でひんやり感じるマスクです。

繰り返し洗って使えるので経済的なだけでなく、立体型の男女兼用マスクで、顔にフィットします。

【夏のマスク】快適に安心して使用できるマスクを選ぼう

今回は、夏用のマスクについてご紹介しました。

コロナ禍で、真夏の猛暑の中でもマスクを付けなければならない状況は避けられないことがあります。

そんなとき、少しでも快適に安心して使用できるマスクを付けたいものですね。

夏用マスクはいろんなメーカーから次々に機能性に優れた製品が発売されています。

今回ご紹介した商品も参考にしていただきながら、気になった製品を、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  1. コロナ禍における「飛沫感染の防止」のため、夏でもマスクの着用は大切。
  2. 夏用のマスクも様々な種類が販売されているので、チェック!
  3. 使い捨ての不織布マスクのメリット・デメリットを理解しておこう。
  4. 熱中症や肌荒れに気をつけながら、少しでも快適に着けられる夏用マスクを探してみよう。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

片付け・家事代行をプロに依頼するなら

片付け・家事代行を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に片付け・家事代行の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事