家電の廃棄方法を教えてください。

電化製品は常に進化し、買い替え意欲をかきたてます。また、年数が経てば、いつか故障する時がきます。 家電を買い替えたり、故障してしまった時に古い家電はどうやって廃棄したらいいのでしょうか? リサイクル料金がかかる家電とかからない家電があるのをご存知ですか? 今回は、家電の廃棄方法について確認してみましょう。

家電の廃棄方法を教えてください。

リサイクル料金がかかる家電

家電リサイクル法により、家電の中で、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機を廃棄する時に、有用な部品や材料をリサイクル化し、廃棄物をなるべく減らし、資源を有効に利用しなくてはいけないと定められています。

このリサイクルに必要な費用を負担しなくてはいけないのです。

上記の4品目以外の家電は、リサイクル料金を必要としません。

廃棄しようとする家電がリサイクル料金が必要な家電であれば、運搬費や収集費用と別にリサイクル料金が発生するのです。

家電の廃棄方法

リサイクル料金が必要な家電を廃棄する方法としては、比較的新しく、まだ売れそうな家電であれば、ネットオークションに出品するか、不用品回収業者やリサイクルショップに買い取ってもらうという方法があります。

しかし、大抵の場合、売れそうもない家電を廃棄したいとお考えですよね。

このような場合には、運搬費や収集費用、さらにリサイクル料金を払って、買ったお店やメーカーに廃棄処分を頼むか、リサイクル券を郵便局で購入し、地域の指定取引場所に自分で搬入するか、収集費用を払い、収集してもらう方法があります。

また、パソコンも、自治体のごみ回収に出すことはできません。

つまり、リサイクル料金が必要な家電とパソコンは、自治体のごみ回収に出すことはできないのです。

その他の家電については、自治体の指定に従い、分別してごみ回収に出すことができます。

買い取り対応してくれる不用品回収業者

家電を廃棄する際に、買い取り可能かどうか判断したり、家電ごとに廃棄費用がいくらかかるのか?を調べるのも面倒ですね。

また、自分で運ぶというのも大変です。

買い取り対応してくれる不用品回収業者にお願いすれば、買い取りできるものは、買い取ってくれ、回収費用が必要なものは買い取り費用と相殺して清算ができるので便利です。

また、他にも廃棄したい家具、家電がたくさんあれば、トラック積み放題の不用品回収という手もあります。

ただし、信頼できる業者に依頼しないと、不法投棄されたり、高額請求されたり、しつこい営業されたりするので注意が必要です。

最後に【信頼できる業者に依頼することが重要】

家電を廃棄する便利な方法として、不用品回収業者に依頼するという方法がありますが、信頼できる業者に依頼することが重要です。

ほっとラインでは、料金、サービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分に合った安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms