【シーリングライトのリモコン】故障したシーリングライトのリモコン対処

ほとんどのシーリングライトにはリモコンが付属されています。便利なリモコンですが、もしかして故障!?まさか紛失!?そんな時、とても困りますよね。今回はシーリングライトのリモコンについて、トラブル時の対処法や取り付け方法、業者の料金相場について紹介します。

照明取り付け(シーリングライト・ダウンライト)
更新
【シーリングライトのリモコン】故障したシーリングライトのリモコン対処

部屋の天井照明を、シーリングライトに交換する家が増えています。

ほとんどのシーリングライトには、リモコンが付属されています。

あまり活用されていない人もいるかもしれませんが、使い慣れるとかなり便利です。

そこで今回は、シーリングライトにリモコンがついている理由や、リモコンが故障や紛失した時の対処方法について紹介します。

>>プロの照明取り付け(シーリングライト・ダウンライト)業者の一覧

【シーリングライトのリモコン】照明にリモコンは必要なの?

【シーリングライトのリモコン】照明にリモコンは必要なの?

シーリングライトとは、天井照明に使う家電です。

シーリングライトを直訳すると、シーリングは天井、ライトは照明の意味です。

今まで、リビングや寝室などの天井照明に蛍光灯を使っていた家庭でも、デザインがおしゃれで、省エネルギーなLEDシーリングライトに替える方が増えていますよね。

そんなシーリングライトには、リモコンがついています。

【シーリングライトのリモコン】電気スイッチを押す手間が省ける!

リモコンがあると、手元で照明の電源を入れたり切ったりできるので、当然便利です。

寝室で電気を消す時に、いちいち壁スイッチまで行く必要がありません。

また、布団の中から、電球につけた紐スイッチで消すよりもスマートですよね。

【シーリングライトのリモコン】照明の調色調光機能を使いこなすため!

室内の照明の明るさは、それぞれの家庭で必要な明るさが違います。

仕事部屋であれば、細かいところまでくっきり見える明るさが必要で、寝室ではあまり光が強すぎない方が落ち着きます。

LEDシーリングライトには、用途に合わせて、照明を調色調光できる機能がついています。

壁スイッチだと当然ON/OFFしかできないため、この調色調光機能を生かせません。

LEDシーリングライト調色調光機能を使うために、壁スイッチをLED専用調光器に変えるのは、手間もコストもかかります。

しかし、リモコンがあれば、壁スイッチの工事が不要です。

そのため、多くのメーカーがリモコンを付属して、簡単に家庭で調色調光機能を使えるようにしています。

【シーリングライトのリモコン】リモコンが反応しない時の対処方法

【シーリングライトのリモコン】リモコンが反応しない時の対処方法

急に「あれ、リモコンが効かない!」という時がありますよね?

まさか故障と、焦る気持ちはわかりますが、落ち着いて5点を確認してみましょう。

【シーリングライトのリモコン】リモコンの送信部の向きを確認しよう!

きちんとリモコンの送信部を器具に向けて、送信しているかどうかを確認してみましょう。

たいていのリモコンには、上部に丸い送信部があります。

その部分を、シーリングライトに向けて使わないと、シーリングライト本体の受信器が反応しません。

【シーリングライトのリモコン】シーリングライトの間に物がないか確認する!

リモコンとシーリングライトの間に、さえぎる物がないか確認しましょう。

リモコンとLEDシーリングライトの間に障害物がない場合は、LEDシーリングライト本体にホコリがたまってないか確認してみてみましょう。

掃除したらリモコンが使えるようになることもあります。

本体だけでなく、リモコンの送信部もホコリなどで汚れると効きにくくなります。

【シーリングライトのリモコン】リモコンの電池を確認しよう!

当たり前ですが、リモコンの電池が正しく入っていないとリモコンが使えません。

  • +と-を逆に入れていないか?
  • 電池が消耗していないか?

電池は、半年を目安に交換するといいですよ。

全然使っていなかったので、リモコンの中で電池が腐敗していることもあります。

【シーリングライトのリモコン】壁スイッチの状態になっていないか確認する!

いつもリモコンでON/OFFしていると、見落としなのが壁スイッチの状態です。

壁スイッチが「OFF」になっているのに気づかなかったということもあります。

壁スイッチが「ON」になっているか、確認しましょう。

【シーリングライトのリモコン】チャンネル設定があってるか確認しよう!

リモコンのチャンネル設定が合っていないため、リモコンが効かないという場合もあります。

リモコンのチャンネルとは、1台リモコンで複数のLEDシーリングライトを操作できる機能のことです。

例えば、チャンネル1にリビングのシーリングライトを設定、チャンネル2に隣の部屋のシーリングライトを設定しておくと、2つのライトを同時に点灯できたり、別々に消灯できます。

リモコンが効かない時は、リモコンのチャンネルを変更して操作してみましょう。

【シーリングライトのリモコン】リモコンを紛失した時の対処方法

【シーリングライトのリモコン】リモコンを紛失した時の対処方法

リモコンでシーリングライトライトを操作することに、すっかり慣れてた生活をしていると、リモコンが見つからない時も本当に困りますよね。

探しても探しても見つからない時の、3つの対処方法について紹介します。

【シーリングライトのリモコン】昔のスマホの赤外線機能を使う!

昔のスマホには、赤外線機能がついています。

昔のスマホを持っている方は、リモコンアプリをインストールして急場をしのげます。

リモコンを失くしても、翌日に見つかることもありますから、試してみてもいいですね。

ただ、最新のスマホには赤外線機能が搭載されていないことが多いので、他の対処法が必要になります。

【シーリングライトのリモコン】純正品のリモコンを購入する!

徹底的に探した結果、それでも出てこない場合のオーソドックスな対処方法は、メーカー純正品のリモコンを購入することです。

使っているLEDシーリングライトの説明書を見てメーカーに問い合わせるか、ホームページで注文します。

電気店でも取り寄せられますし、Amazonなどのネット通販でも販売しています。

【シーリングライトのリモコン】汎用リモコンを購入するのも手です!

汎用リモコンを購入する方法もあります。

汎用リモコンとは、さまざまなメーカーに対応できるリモコンです。

お使いのLEDシーリングライトが対応している機種なら、汎用リモコンの方が純正リモコンより安価で購入できる場合もあります。

一度、電気屋やインターネットで調べてみるといいですね。

【シーリングライトのリモコン】シーリングライトを取り付ける方法

【シーリングライトのリモコン】シーリングライトを取り付ける方法

天井に配線器具がついていれば、工事しなくてもシーリングライトや、リモコンを自分で取り付けできます。

用意するもの

必須
新しいシーリングライト
脚立
1

既存の配線器具に新しいシーリングライトを取り付ける

既存の配線器具(丸型や角型の引掛シーリング、引掛埋込ローゼット等)のスライド穴に、アダプタのツメを入れます。そして、アダプタに本体の穴を合わせてカチッとなるまで押し上げます。

2

シーリングライトのコネクタをアダプタに差し込む

シーリングライトのコネクタをアダプタに差し込み、照明カバーを取り付ければ完了です。

3

付属のリモコンボックスの位置を決めて取り付ける

リモコンには、紛失防止の目的からリモコンボックスが付属されています。ネジで壁に取り付けて使います。壁に穴を開けることに抵抗がある方は、テレビやエアコンのリモコンのように、テーブルに置くだけでもいいでしょう。

LEDシーリングライト取り付ける位置は、明るさセンサーが窓の光を直接検知しない程度に離れた場所を選びます。

そして、水平な天井面に取り付けます。

傾斜した天井や、格子天井へ取り付けると、落下のおそれがあるので危険です。

  • モップ
    モップ

    くれぐれも安全対策には、気を付けよう~!

【シーリングライトのリモコン】配線器具の取り付けは業者に依頼

【シーリングライトのリモコン】配線器具の取り付けは業者に依頼

天井に丸型や角型の引掛シーリング、引掛埋込ローゼット等の配線器具が無い場合は、業者に工事を依頼しなくてはなりません。

配線器具の取り付けは、電気工事士の資格が必要となります。

DIYが得意だったり、電気関係に強いという理由で素人ができる工事ではないので、きちんとした業者に取り付けを依頼しましょう。

  • LEDシーリングライトのメーカーや、販売店
  • 工務店
  • 町の電気屋
  • 便利屋

さまざまな業者に、作業を依頼できます。

シーリングライトを購入する時に、同時に工事を申し込めるようになっています。

インターネットで購入したシーリングライトなどの取り付けけについては、リフォーム業者や近くの電気店へ工事を依頼しましょう。

料金相場は、5,000円~10,000円程度(商品代は別)です。

配線器具がある場合でも、商品によっては「取り付け工事は、必ず電気店や工事店にご依頼ください」となっているシーリングライトがあります。

その時は、業者に取り付けを依頼しましょう。

シーリングライトのリモコンはとっても便利なアイテムです!

今回は、シーリングライトにリモコンがついている理由や、リモコンが故障や紛失した時の対処方法について紹介しました。

リモコンが効かない場合は、電池の状態や、壁スイッチなどを確認しましょう。

それでダメなら、製品の取り扱い説明書に記載されているメーカーのお問合せに電話かメールをしてみて下さい。

紛失した場合は、スマホアプリ、純正リモコンまたは、汎用リモコンを購入して対処しましょう。

シーリングライトとリモコンの設置は、自分で取り付けできますができない環境の場合や、不安な時は業者に依頼しましょう。

まとめ

  1. シーリングライトのリモコンは、電気スイッチを押す手間が省けて、調色調光機能が使える便利なアイテムです
  2. シーリングライトリモコンが効かない場合は、電池の状態や、壁スイッチなどを確認しよう
  3. 紛失した場合は、スマホアプリや純正リモコンまたは汎用リモコンを購入しよう

照明取り付け(シーリングライト・ダウンライト)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

照明取り付け(シーリングライト・ダウンライト)をプロに依頼するなら

照明取り付け(シーリングライト・ダウンライト)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に照明取り付け(シーリングライト・ダウンライト)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
46 投票, 平均点: 3.85

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事