【てんとう虫の駆除】要注意!テントウムシダマシと見分けて害虫となるてんとう虫を駆除しよう

幸福の象徴とされ、アブラムシを退治してくれる益虫のてんとう虫は駆除しませんよね。しかし、その中には、葉を食い尽くし、農作物を枯らしてしまう害虫もいます。今回は、正しいてんとう虫の駆除(テントウムシダマシと見分け方や予防方法)をご紹介します。

クモ駆除
更新
【てんとう虫の駆除】要注意!テントウムシダマシと見分けて害虫となるてんとう虫を駆除しよう

幸福の象徴とされ、アブラムシを駆除してくれる益虫のてんとう虫。

赤くて丸い姿のてんとう虫を庭で見かけると、こちらも幸せな気分になりますね。

しかし、てんとう虫の中には、葉を食い尽くし、農作物を枯らしてしまう害虫のてんとう虫がいることをご存知でしょうか。

てんとう虫にも種類があり、また、てんとう虫にそっくりの害虫もいるのです。

今回は、益虫・害虫となるてんとう虫の種類を解説、見分け方や害虫の駆除方法、予防法などについてご紹介します。

>>プロのクモ駆除業者の一覧

【てんとう虫の駆除】益虫だけじゃない!?3種類のてんとう虫

【てんとう虫の駆除】益虫だけじゃない!?3種類のてんとう虫

てんとう虫と言えば、葉の栄養を吸い取ったり、植物の病気のウィルスを媒介するアブラムシを食べてくれることで有名です。

ある日、我が家の家庭菜園のトマトの葉にちょこんと乗っていました。

「かわいい姿で、うちの植物を守ってくれてるんだな」とほっこりしたのもつかの間、よく見ると、自分がよく知っているてんとう虫じゃない…!?ということに気がつきました。

そのてんとう虫は、黒い星が小さく、沢山ついており、よく顔を近づけてみると、体の表面にうっすらと白くて細かい毛が生えています。

そして、その毛のためか、体の色は鮮やかな赤ではなく、ちょっとくすんだオレンジに近い赤。頭の部分も黒くなく、体と同じように、うっすらと毛&くすんだ赤色をしています。

気になって調べてみたところ、このてんとう虫は、「ニジュウヤホシテントウ」と呼ばれるてんとう虫!

よく私達が花壇などで見かけ、イメージする、七つの黒い星、くっきりとした赤の体に、頭の部分が黒いてんとう虫は、「ナナホシテントウ」で、種類が違っていたのです。

てんとう虫は、国内では150種類いると言われていますが、食べるもので分類すると大きく3種類に分けられます。

  • 肉食系
  • 菌食系
  • 草食系

てんとう虫って、みんなアブラムシを食べると思っていたのに!?…と、ビックリしますよね。

みなさんも、ご自宅の庭にてんとう虫をみかけたら、じっくり観察してみて下さい。

このタイプ別のてんとう虫について、次で詳しくご紹介しますので、良いてんとう虫なのかそうではないのかチェックしてみましょう。

【てんとう虫の駆除】肉食系・菌食系・草食系の種類と特徴

【てんとう虫の駆除】肉食系・菌食系・草食系の種類と特徴

てんとう虫は、大きく分けて肉食系・菌食系・草食系の3タイプに分けられることがわかりました。

それぞれの特徴をみていきましょう。

【てんとう虫の駆除】肉食系のてんとう虫

肉食系のてんとう虫は、アブラムシやカイガラムシを食べるてんとう虫で、主に3種類に分けられます。

【てんとう虫の駆除】ナナホシテントウの特徴

  • 体の特徴:体が鮮やかな赤、黒くて大きい七つ星(斑点)、頭部・胸部が黒、頭部の両脇に白い斑点
  • 大きさ:5~9mm
  • 分布:北海道、本州、四国、九州、沖縄
  • 発生時期:3~11月

【てんとう虫の駆除】ダンダラテントウの特徴

  • 体の特徴:体が黒、まだらの赤い星(斑点、模様)、頭部・胸部が黒、頭部の両脇に白い斑点
  • 大きさ:4~7mm
  • 分布:本州、四国、九州、沖縄
  • 発生時期:3~11月

【てんとう虫の駆除】ナミテントウの特徴

  • 体の特徴:体が黒、2つ以上の赤い星(斑点)、頭部・胸部が黒、頭部の両脇に白い斑
  • 大きさ:5~8mm
  • 分布:北海道、本州、四国、九州
  • 発生時期:3~11月

先ほども述べた通り、私達が「てんとう虫」と聞いて思い浮かべる、赤い体に大きめの黒い斑点の「ナナホシテントウ」や、黒い体に大きめの赤い斑点の「ダンダラテントウ」や「ナミテントウ」は、肉食で、植物を育てる私達にとっては益虫です。

【てんとう虫の駆除】菌食系のてんとう虫

菌食系のてんとう虫は、ウドンコ病の原因となる菌を食べるてんとう虫です。

【てんとう虫の駆除】キイロテントウの特徴

  • 体の特徴:体が黄色、頭部が薄い黄色、頭部の両脇に黒い星(斑点)
  • 大きさ:4~5mm
  • 分布:本州・四国・九州・沖縄
  • 発生時期:4~10月

キイロテントウは、植物の葉の表面についている菌だけを食べ、中に入り込んでしまった菌までは食べることはできない(ウドンコ病そのものを治せない)のですが、予防の役目は十分できると考えられています。

肉食系・菌食系とともに、これらのてんとう虫は、体がつやつやと輝き、鮮やかな色をしているのが特徴です。

最近では、肉食系てんとう虫の特徴を生かして、アブラムシ駆除対策の「飛ばないテントウムシ」が販売されています。

農薬を使わなくて済むので、農作物にもやさしく、安心してアブラムシを退治できますね。

【てんとう虫の駆除】注意が必要!草食系のてんとう虫の特徴

【てんとう虫の駆除】注意が必要!草食系のてんとう虫の特徴

庭や畑で植物を育てている私達が注意しなければいけないのは、草食系のてんとう虫です。

「ニジュウヤホシテントウ」や「オオニジュウヤホシテントウ」が該当します。

これらのてんとう虫は、同じてんとう虫の仲間ではあるのですが、アブラムシを食べるナナホシテントウに見た目が似ているけれど、葉を食べるため「テントウムシダマシ」と呼ばれています。

【てんとう虫の駆除】ニジュウヤホシテントウの特徴

  • 体の特徴:体の表面全体に白い毛、体から頭部までくすんだ赤、20個以上の小さい黒い星(斑点)
  • 大きさ:5~7mm
  • 分布:本州・四国・九州・沖縄
  • 発生時期:4~10月

オオニジュウヤホシテントウは北陸などの地域に生息し、体の大きさが7mm~と、ニジュウヤホシテントウと少し大きめですが、体の特徴は同じです。

「テントウムシダマシ」の他にも、てんとう虫に似た害虫がいます。

【てんとう虫の駆除】ヒメマルカツオブシムシの特徴

  • 体の特徴:黄色(黄土色)っぽい体の色、黒と白のまだらの斑点
  • 大きさ:約4mm
  • 分布:全国
  • 発生時期:3月~6月

ヒメマルカツオブシムシは、カツオブシムシ科の昆虫です。

他にも体が黒いヒメカツオブシムシがいます。

体長がてんとう虫より細長く、小さいのが特徴です。

カツオブシムシは例年3~4月ごろ、主に洗濯物から人間の家の中に入り、卵を産み付け幼虫になります。

その名の通り、カツオブシなどの食べ物が大好きで、シンク下や棚などに収納していると、茶色っぽく産毛の生えた、細長い小さなこの幼虫が食べ物を食べたり、タンスに入りこんで衣服の繊維を食べて穴を開けたりします。

人間にとって害をなすのは、この幼虫の時期です。

成虫が外に出ると、デイジーやマーガレットなどの白い花に集まり、蜜を吸います。

白いシーツやシャツについて家の中に侵入することが多いので、洗濯物を取り込んだときは注意しましょう。

【てんとう虫の駆除】ヘリグロテントウノミハムシの特徴

  • 体の特徴:体は黒、2つの赤いまだら状の星(斑点)、触覚
  • 大きさ:約3mm
  • 分布:本州・四国・九州・沖縄
  • 発生時期:3~9月

ヘリグテントウノミハムシは、てんとう虫の仲間ではなくコウチュウ目ハムシ科の昆虫です。

草食系てんとう虫と同じく、植物の葉や根を食い荒らします。

見た目がダンダラテントウにそっくりなので間違いやすいのですが、ダンダラテントウと比べ、体の大きさが約3mmと小さめであることと、やや長めの触覚が2本ついているかどうかが見分けるポイントです。

また、てんとう虫と違い触ると跳ねる特徴があるので、少しつついてみると違いがわかります。

【てんとう虫の駆除】テントウムシダマシがつきやすい条件

【てんとう虫の駆除】テントウムシダマシがつきやすい条件

テントウムシダマシとは、植物の葉を食べてしまう、草食系てんとう虫の総称です。

テントウムシダマシは成虫で越冬した後、春にジャガイモの葉裏に卵を産み付けます。

ジャガイモの葉を食べつくした後、ナス科やウリ科の植物に飛んでいき、今度はその葉を食べ始めます。

家庭菜園などで、ジャガイモの近くに

  • ナス
  • トマト(ジャガイモ、トマト、ピーマンなどもナス科の植物)
  • キュウリ

などを植えると、大量発生してしまう可能性があるので注意しましょう。

テントウムシダマシは幼虫も成虫も、裏から、葉脈を網目状に残す形で葉を食べつくします。

植物の葉にテントウムシダマシが沢山つき、放っておくと葉がすべて食い尽くされ、光合成が出来なくなり、枯れていきます。

植物(農作物)を枯らさないためには、テントウムシダマシを見つけたら駆除をしたり、ジャガイモの葉などに卵を産み付けさせないようにすることがポイントです。

【てんとう虫の駆除】テントウムシダマシの予防と駆除方法

【てんとう虫の駆除】テントウムシダマシの予防と駆除方法

それでは、ここでテントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)の予防と駆除方法を紹介します。

【てんとう虫の駆除】テントウムシダマシを早期発見する方法

まずは、家庭菜園や畑にジャガイモを植えている場合は、春先にジャガイモの葉裏をチェックします。

ニジュウヤホシテントウは年に2回、オオニジュウヤホシテントウは年に1回産卵します。

葉裏に黄色くて小さなものが無数に植え付けられていたら、それがテントウムシダマシの卵です。

卵を植え付けられた葉は取って、卵を潰して捨てます。

また、テントウムシダマシの幼虫は、黒くて先分かれした毛が生えた黄色い体をしています。

幼虫は集団で行動する習性があるので、小さいうちはひとかたまりで発見する場合が多いです。

幼虫を見かけた場合も、葉を取って潰しましょう。

また、春先はジャガイモにネットを張って、卵を産み付けられるのを防ぐのも1つの方法です。

春先にしっかりとジャガイモの葉裏をチェックすることで、早期発見し、被害を最小限に食い止めましょう。

【てんとう虫の駆除】テントウムシダマシの予防と駆除方法

テントウムシダマシの予防と駆除は、以下の3つの方法があります。

  • ジャガイモの近くにナス科やウリ科の植物を植えない
  • 植物(農作物)を揺らしてみる
  • 農薬を使う場合は、テントウムシダマシだけに効くものを用意する

万が一、ジャガイモにテントウムシダマシが発生してしまった時のために、ナス科やウリ科の植物にも被害を与えないために近くに植えないようにしましょう。

テントウムシダマシを1匹見かけたら、その植物には数匹葉についている可能性が高いです。

その場合は、その植物を揺らしてみましょう。

テントウムシダマシは葉についている力が弱いので、揺らすだけで地面に落ちます。

落ちてきたテントウムシダマシは、放っておくと産卵をしてしまいますので、処分するようにしましょう。

どうしてもこまめにテントウムシダマシが退治できない場合は、農薬を使う方法もあります。

その際は益虫である肉食系のてんとう虫には効かず、草食系のテントウムシダマシだけに効く農薬を選び、用法・用量を守って使用しましょう。

スミチオンやアクタラなどの農薬が適しています。

【てんとう虫の駆除】てんとう虫の種類を見分けて楽しくガーデニング!

今回は、てんとう虫の種類や特徴、テントウムシダマシの予防や駆除方法についてご紹介しました。

「てんとう虫は益虫」と思っていたら、実は害虫になってしまうてんとう虫の仲間や、似た虫がいることがわかりましたね。

その名の通り「テントウムシダマシ」に騙され、気がついたら家庭菜園の植物を枯らされてしまった…ということがないように、普段からしっかりと予防し、てんとう虫を見分けて、楽しくガーデニングしましょう。

まとめ

  1. てんとう虫には、益虫・害虫となるてんとう虫の種類がいる。
  2. 益虫と害虫のてんとう虫を見分けるポイントを覚えて、春先はじゃがいもの葉裏をチェック!
  3. テントウムシダマシを早期発見したら、植物を揺らして落として処分しよう。
  4. テントウムシダマシの駆除に困ったら、益虫である肉食系のてんとう虫には効かず、草食系のテントウムシダマシだけに効く農薬を使ってみよう。

クモ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

クモ駆除をプロに依頼するなら

クモ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にクモ駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事