廃品回収車って、本当に無料で引き取ってくれる?業者のカラクリと注意点

不要になった大型家電や家具の処分、どうしていますか?一般的に処分するには費用が発生してしまうため、後回しにしている方も多いのでは。 そんなとき気になるのが無料で引き取ってくれる廃品回収車ですが、これって本当に無料で処分してくれるのでしょうか?

更新日:2018/08/21
 
廃品回収車って、本当に無料で引き取ってくれる?業者のカラクリと注意点

不要になった大型家電や家具などの粗大ごみ、どのように処分していますか?ゴミの処分費用がもったいなくて、後回しにしている方も多いのではないでしょうか?そんなとき気になるのが、廃品回収車から流れてくるあのアナウンス…「不要になった冷蔵庫、洗濯機、オートバイなど無料で回収します。」無料ならぜひ引き取ってほしい!ところですが、これって本当に無料なのか疑問に思いませんか?少し怪しいですよね…。

自治体で回収してもられば、料金が発生するのに、いらない家電を無料で引き取ってくれるなんて、ちょっと話がうますぎないか?と心配になってしまいます。廃品回収車は、本当に不用品を無料で引き取ってくれるのでしょうか?

今回は、気になる不用品回収車について詳しく紹介します。

不用品の処分は、お金が必要

不用品の処分は、お金が必要

結論からいうと自治体や、街の廃品回収業者に関わらず、不用品を回収してゴミとして処分するにはお金がかかります。さらに電化製品は、リサイクル料金が別途必要です。

新しい電化製品や需要のある物なら、リサイクルショップなどで買い取ってくれますが、すべての不用品を無料で回収はしてくれません。やはり、無料という甘い言葉には、気をつけた方がいいような気がします。

家電の廃棄方法を教えてください。
あわせて読みたい
家電の廃棄方法を教えてください。
リンク(新しいタブで開きます)

無料の廃品回収が成り立つ仕組み

なぜタダで不用品が処分できるのか?

無料回収業車が利益を出すためには、集めた不用品をお金に替えなくてはいけません。ではどこに持って行ってお金に替えているのでしょうか?「ゴミ集積場?」半分当たりです。ゴミ処理場で不用品の買い取りをしているところはあります。ただし買取額が低いため、廃品回収業者が持って行くことはあまりありません。では一体どこで換金しているのでしょうか?それは他にも買い手がいるからなんです。

1.買い取り専門リサイクル業者

電化製品の中でも冷蔵庫、洗濯機クラスの大型家電は古くてもちゃんと動けば10年以上古くても取引されている場合があります。また生活保護をターゲットにしている、リサイクルショップなどでは、10年以上経った中古でも、見た目がキレイでちゃんと動けば500円以上で買い取ります。

2.輸出業者

回収した家電などを世界各国に輸出する業者に、不用品を売っている業者もいます。

スピーカーを積んだ廃品回収車の多くは違法

許認可を持たない廃品回収業者

無料で廃品回収をうたっておいて、無料ではないというのも問題ですが、この手の業者にはもっと大きな問題がある場合が多いので気をつけましょう。

1.廃棄物処理法違反

家庭の不用品を回収するためには、一般廃棄物処理業許可が必要であることが廃棄物処理法によって定められています。しかし、これらの廃品回収業者の多くは、免許を持たず営業を行っています。「うちは産業廃棄物処理業許可や、古物商許可を持っているから大丈夫ですよ」と、説明する業者もありますが、これらの許可では廃棄物の回収を行うことはできません。

家電リサイクル法違反

冷蔵庫やエアコンなど家電4品目は、リサイクルを行うことが法律で定められています。業者による違法な取り壊しや、廃家電による火災事故が全国的に問題になっています。そもそも処分料をとって廃棄物を回収するためには、役所から「一般廃棄物処理業(収集運搬業)」の許可をもらう必要があります。

しかし、軽トラでスピーカー営業をしている業者に廃棄物処理業の許可が下りる可能性は低いため、無許可で営業していることが多いです。もし違法営業している業者と知りながら不用品の廃棄を依頼した場合、不法投棄などの罪が自分自身にも課せられることを肝に銘じましょう。

廃品回収業者とのトラブル事例と対処法

廃品回収業者とのトラブルの大半は、金額に関するものです。「無料だったはずなのに、あとで有料と言われた」「車に積んでから処分費用を請求された」「見積りより高い金額を請求された」このようなトラブルを未然に防ぐための、ポイントがあります。

1.事前に見積りを取る

事前に見積りを取ることは大切です。概算料金が分からない業者は避けるべきです。もちろん、実際に廃棄する不用品の量を見なければ、おおまかな概算しか出せないのは当然ですが、目安にはなります。

2.断る勇気を持ちましょう

作業前に不用品と処分費用を確認しておきましょう。思っていた金額と違う場合は断ることも重要です。車に乗せてから金額を変える業者は論外ですので、そのようなことがあれば「消費者センター」に通報してください。

見積りと料金が違う場合は、業者側の責任の場合がある一方で、依頼者側に責任があるケースも多々あります。例えば、処分をお願いするゴミの量をきちんと伝えてなければ、業者も正確な見積りを出せないのは当然です。見積り後に、事前に依頼した分量よりゴミが増えれば、当然価格も上がりますので、ご注意ください。

まとめ

粗大ゴミの処分を無料回収業者に依頼しようと考えている人向けに、無料回収業者との間によくあるトラブルについて紹介しました。廃品を処理するには、費用がかかるというのが一般的です。悪質な廃品回収業者に、不用品の処分を依頼すると、高額請求や不法投棄などのトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。無料という甘い言葉に誘われること無く、廃品回収は信頼できる業者に依頼することが肝心です。

不用品回収の業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

pvms