網戸のたわみを直す方法を教えて!!

毎年、暑い時期になってくると、網戸の素晴らしさが良く分かりますね。 網戸は、風通しを良くしながら蚊などの害虫の侵入を防ぐ優れものですが、長く使っていたり、子供さんのチョットしたいたずらなどで、網戸の網にたわみが出てしまうことがあります。 今回は、網戸の網のたわみを直す3つの方法をご紹介します。

更新日:2017/08/15
 
網戸のたわみを直す方法を教えて!!

網戸のたわみを直す方法その一

網戸の網のたわみを直す一番手軽な方法は、ドライヤーをつかうことです。

網が、温めると伸び、冷えると縮む性質を利用したこの方法は、比較的小さいたわみに有効で簡単に直すことが出来ます。

直し方は簡単で、網から20~30cmほど離したドライヤーの熱風をあてて温めたり、冷やしたりを繰り返し、網の張り具合を調整します。

 ドライヤーは近づけ過ぎないようにしましょう。

網戸のたわみを直す方法その二

網戸の網は、サッシの溝にゴムビートと呼ばれるゴムを押し込んで固定されています。

ドライヤーでは直らない網のたわみは、たわんだ部分のゴムビートを持ち上げ、網を引っ張ってたわみを直しながら、もう一度ゴムビートを押し込みます。

やり方は、外した網戸を作業台に寝かせ、マイナスドライバーなどで、たわんだ部分のゴムビートを持ち上げ、網を外側に引っ張りながら、もう一度ゴムビートを溝に押し込みます。

網戸のたわみを直す方法その三

使い始めて数年が経過し、たわみが目立つようになった網戸は、思い切って張り替えてみてはいかがでしょう?インターネットで張り替え方法や必要なものを調べて準備すれば、意外に簡単に張り替えはできます。

準備するものは、新しい網、ゴムビード、それにゴムビードを押し込むローラーとカッターです。

この作業おポイントは、網戸を寝かせて作業出来るスペースの確保と、専用のカッターの購入がおすすめです。

最後に【まとめ】

今回は網戸のたわみを直す3つの方法をご紹介しましたが、ご自身で直すのは難しいと感じたら、業者に依頼することをおすすめします。

業者に依頼するとピンと貼れたキレイな網戸になりますよ。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms