網戸の張り替えは自分でできる!?網戸を張り替え方法と掃除の方法を解説

この記事では、網戸の張り替えが必要な時期や、業者に依頼した場合の料金の相場や、自分で網戸を張り替える方法を紹介します。破れている網目の隙間が気になっているなら、本格的に活躍する夏がくる前にしっかりとメンテナンスしましょう。

網戸張替え
更新
網戸の張り替えは自分でできる!?網戸を張り替え方法と掃除の方法を解説

季節が巡り温かくなってくると、網戸が活躍する時期がやってきます。

暑い時期になったら活躍するしますが、皆さんは網戸の手入れをしていますか?

もしかしたら「一度も掃除をしたことがない…」という人もいるかもしれませんね。

網戸は他の掃除箇所より、掃除頻度が低くなりやすいです。

掃除のタイミングも難しいですが、網戸の交換時期を判断するのも難しいです。

網戸は室外にあり、雨、風、日光といった外気にふれているため、どうしても劣化してしまいます。

網戸が破けたり、枠が歪んだりした時は交換(張り替え)が必要ですが、それ以外の時は、どんなタイミングで交換するでしょうか?

また、交換(張り替え)は、自分でできるのでしょうか?疑問がたくさんでてきます。

そこで今回は、網戸を掃除する方法や、網戸を交換する時期や、網戸を自分で交換する方法について紹介します。

>>プロの網戸張り替え業者の一覧

【網戸の張り替え】網戸が劣化する原因は太陽だった!

【網戸の張り替え】網戸が劣化する原因は太陽だった!
  • こまるちゃん
    こまる

    なんで網戸は劣化して、ボロボロになるのかな~??


  • モップ

    網戸が劣化する原因は、素材や使用方法によって変わるけど、劣化の主な原因は日光なんだよ!

特に日差しが強い西側にある網戸は、劣化がスピードが早くなります。

経年劣化した網は弾力も無くなり、ちょっと手で押しただけで、ボロボロに崩れてしまいます。

一般的には、網戸の張り替えは4~5年ごとに交換(張り替え)を推奨されます。

しかし、負担が大きい場所で使用している網戸は、2年程度張り替えが必要になります。

日当たりがいい場所の網戸は、日光に強いタイプの素材を選ぶのもオススメの対策です。

【網戸の張り替え】張り替える時期を見分ける3つのポイント

【網戸の張り替え】張り替える時期を見分ける3つのポイント
  • こまるちゃん
    こまる

    僕の部屋の網戸は、触ったらボロボロと崩れてしまったよ…(泣)


  • モップ

    あちゃー!それは、網戸の交換が必要だね!

網戸の交換(張り替え)が必要かどうかは、網戸の傷み具合を確認してから判断します。

【網戸の張り替え】網戸がすでに破れているなら張り替えが必要です!

網戸が切れて破れている部分がある時や、たるんでいる部分がある時も交換時期です。

【網戸の張り替え】網戸を通り抜けて虫が入ってくるなら張り替えが必要です!

網戸をしている時にも虫が入ってきたり、網目の隙間が気になってきたりした時も交換(張り替え)をオススメします。

【網戸の張り替え】網戸を交換してから10年以上経過しているなら張り替えよう!

網戸を交換してから10年以上経過している場合も、交換をオススメします。

劣化により、網戸としての機能を果たさなくなった時が交換時期です。

【網戸の張り替え】網戸の網目にはサイズがあります!

【網戸の張り替え】網戸の網目にはサイズがあります!
  • こまるちゃん
    こまる

    網戸って僕が思っていた以上に、早めに交換が必要なんだね…(泣)
    網戸を交換する時は、網戸の網目だけ売ってるかな~?


  • モップ

    もちろん、ホームセンターなどで販売しているよ~♬
    網戸の網目は、メッシュと呼ばれているよ~♪

一般的に良く使われる網戸は、グレー色の16~24メッシュのものです。

メッシュとは1インチ=2.54㎝の網目の数を示しています。

ですので、16メッシュよりも24メッシュの方が、網目のサイズが小さくなっています。

  • 18メッシュの網目の大きさは、1.15mm×1.15mm
  • 20メッシュの網目の大きさは、1.03mm×1.03mm
  • 24メッシュの網目の大きさは、0.84mm×0.84mm

蚊の大きさは、2~4mm程度ですが、その他の虫も気になるという方は、メッシュ数の大きいものを選びましょう。

【網戸の張り替え】張り替えをするなら「業者」か「DIY」

【網戸の張り替え】張り替えをするなら「業者」か「DIY」
  • モップ
    モップ

    網戸を張り替えるには「業者に依頼する」「自分で張り替える(DYI)」の2択だよ!

【網戸の張り替え】業者に依頼して網戸を張り替えてもらう!

網戸の張替を業者に依頼する場合は、張り替える網戸を一旦引き取り、自社工場で張り替え作業をし、数日後に納品してくれるのが一般的なようです。

業者によっては、現地で張り替え作業をしてくれるところもあります。

現地で作業してもらえば、その日に張り替えは終わります。

網戸の張り替えを業者に頼んだ場合、料金の相場は1枚1,500円~4,000円が相場のようです。

これを安いと考えるか、高いと考えるかは人によって判断が分かれるところでしょう。

【網戸の張り替え】自分で網戸を張り替える(DYI)

網戸の張り替えを自分でする場合は、ホームセンターやインターネットなどで、張り替え用の網や便利な道具も揃います。

自分での張り替えても恐らくは1日または、ゆっくり張り替えても2日もあれば充分に張り替えできます。

自分で貼替えたいと、お考えの方には網戸の張り替え方を紹介します
参考になれば嬉しいです。

網戸を張り替える時には、網戸を外して作業をします。

【網戸の張り替え】網戸の張り替えに必要な5つの道具

【網戸の張り替え】網戸の張り替えに必要な5つの道具

網戸の張り替えに必要なものを確認しましょう。

必要な5つの道具と、その使い方について紹介します。

用意するもの

必須
新しい網戸
網戸用ゴム
網戸専用のカッター
網戸ローラー
網戸クリップ

【網戸張り替え】メッシュサイズを確認して網戸を準備する!

取り替える新しい網戸を選ぶときは、網目の大きさと網戸の色を意識して選ぶことが大切です。
グレーが一般的ですが、黒は室内から外をキレイに映してくれます。

中が銀で外が黒の場合は、中から外がキレイに見えますが、外から中はマジックミラーのように見えない仕組みになっています。

筆者は、グレーよりも見通しがいい黒を選びました。

メッシュには大きさがあり、18、20、24などが記載されています。

1メッシュ1インチの間に糸がどのくらい入っているのかを表しています。

数字が大きくなるほど網目が小さくて虫が入りづらくなるため、虫が気になる方は数字が大きいものを選びましょう

ポイントとして、窓のサイズよりも10cm大きいものを選びましょう。

【網戸張り替え】網戸の張り替えには網戸用ゴムが必要です!

網戸を止めるためのゴムは、経年劣化が進んでいることがあるため、網戸とともに新しい物に交換(張り替え)しましょう。

ゴムは種類がたくさんあるため、購入する前に少し切って見本として持っていくことをオススメします。

【網戸張り替え】網戸専用のカッターがあると便利です!

カッターは網戸専用のものがベストですが、なければ大きめのカッターでも大丈夫です。

網戸の網を枠に合わせて切るときに役立ちます。

【網戸張り替え】網戸ローラーは網戸をはめ込む時に使います!

網戸とゴムを溝に、はめ込むときに使います。

網戸ローラーだけでなく、溝のサイズに合うヘラでも代用可能です。

【網戸張り替え】網戸クリップがあると作業しやすい!

網戸に網を固定し、網戸用ゴムをつけるときに使用します。

特に一人で作業するときは、網戸クリップがあればとても役立ちます。

網戸は分厚く普通のクリップでは太くて挟みにくく、挟む力も弱いので網戸専用のクリップを使うことをオススメします。

【網戸の張り替え】網戸をキレイに張り替える2つのポイント

【網戸の張り替え】網戸をキレイに張り替える2つのポイント

とてもシンプルなポイントですが、知っておくと作業が進めやすいので、ぜひ参考にして下さいね。

【網戸の張り替え】網戸の張り替えスペースは広くとる!

網戸を上手く張るコツは、まず作業スペースを広くとることが大切です。

網戸を張り替えるときは、網戸の大きさは2メートル程度あるため、それを寝かせて作業できるだけの広い庭や、リビングでするのがオススメです。

【網戸の張り替え】網戸用ローラーの使い方をしっかりする!

網戸用ローラーは、押し込む強さとローラーを握る角度を一定にできるのでキレイに網戸を張れます。

自分もローラーと一緒に移動する方が、力を一定に加えやすいのでオススメです。

ローラーを使うときの注意点は、網戸の進行方向に押すように使ってしまうと網目が乱れやすくなるので、上から押すようにして使いましょう。

また、ローラーの出っ張っている部分を内側にして押さえてしまうと、ネットが切れてしまうことがあります。

そのため、外側にして押すといいですよ。

【網戸の張り替え】自分で網戸を張り替える方法を知ろう!

【網戸の張り替え】自分で網戸を張り替える方法を知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    網戸を張り替えるのに必要な道具は、インターネットで簡単に揃うからカンタンに揃ったよ~♪


  • モップ

    道具が揃ったら、実際に網戸を張り替えていこう!

網戸の張り替えに必要な道具を揃えたら、さっそく張り替えをしてみましょう。

自分で簡単にできる網戸の張り替え方法について紹介します。

1

網戸の古いゴムとネットを外す

押さえゴムの切れ端を探して押さえゴムを浮かせ、ゴムを引っ張る。ゴムが取れたら古いネットが簡単に外れる。

2

網戸のネットを切ってクリップで固定する

新しいネットをサッシの上に広げ、クリップで固定して網戸用カッターで少し大きめに切る。その後サッシの四辺をクリップで固定する。

3

網戸用ゴムを押し込む

ゴムの端が隅から5cm程度あるように、網戸用ゴムをサッシの隅に押し込む。余った網戸用ゴムはローラーで押し込み、一片ずつサッシの枠にそってゴムを押し込んでいく。

4

ネットを調整する

網戸用ゴムを一周させたらカッターで切り、ゴムを押し込む。ネットにたるみがないか確認し、ゴムを押さえたら、余分な部分をカッターで切り完了。

【網戸の張り替え】家にあるもので網戸を掃除する4つの方法

【網戸の張り替え】家にあるもので網戸を掃除する4つの方法
  • こまるちゃん
    こまる

    新しく張り替えた網戸は、気持ちがいいね~♫


  • モップ

    そうだよね~キレイになった網戸をキレイに保つには、掃除するのが一番だよ!

網戸は雨風に当たるので汚れがつきやすくいため、日頃から手入れすることで長持ちします。

自宅にあるものを使って、自分で簡単にできる網戸の手入れ方法について紹介します。

【網戸の張り替え】ストッキングと靴下で網戸を掃除する方法

使わなくなったストッキングと、靴下は網戸の手入れに使えます。

ストッキングの静電気効果で汚れをキレイに落とせるので、捨てずに再利用してくださいね。

用意するもの

必須
不要になったストッキング
不要になった靴下
新聞紙
ガムテープ
掃除機
1

網戸の内側に新聞紙を貼る

ほこりが入らないように、網戸の内側に新聞紙をガムテープで貼る。

2

ストッキングと靴下を組み合わせる

ストッキングの中に丸めた靴下を押し込み、団子状にする。

3

作ったストッキング団子で網戸の拭く

網戸の外側から上から下、右から左へと軽くこすって汚れやほこりを取る。新聞紙を取り外し、ストッキング団子のみで網戸をこする。

4

網戸の周辺を掃除機かける

網戸の周辺に落ちたゴミや、ホコリを掃除機で吸い取って完了。

【網戸の張り替え】メラミンスポンジで網戸を掃除する方法

メラミンスポンジは100均でも売っているので、手軽に購入できます。

汚れを落としやすく、網戸掃除以外にも使えるので、筆者は自宅に常にストックしています。

用意するもの

必須
メラニンスポンジ
バケツ
古歯ブラシ
掃除機
1

メラミンスポンジを使って網戸を拭く

水に濡らして固く絞ったメラミンスポンジで、網戸の上から下、右から左へ軽くなぞるように網戸を拭く。

2

古歯ブラシを使って細かい部分を磨く

汚れが残っている細かい部分を古歯ブラシでこすり洗いする。

3

網戸の周辺を掃除機かける

網戸の周辺に落ちたゴミや、ホコリを掃除機で吸い取って完了。

用意した水入りバケツは、メラミンスポンジが汚れてきたら洗うように使って下さいね。

【網戸の張り替え】クイックルワイパーで網戸を掃除する方法

フローリングなど床の掃除に便利なクイックルワイパーですが、実は網戸の手入れにも大活躍します。

たった1分で網戸の手入れができるので、忙しい人にもオススメですよ。

用意するもの

必須
クイックルワイパー
ウエットシート
1

クイックルワイパーをセットする

ウエットシートをクイックルワイパーにつけて、柄を短くする。柄を短くした方が力加減を調整しやすく、自由に動かせられる。

2

クイックルワイパーを使って網戸を拭く

クイックルワイパーを上下左右に滑らせて完了。

汚れの少ない内側を先に拭き、後から汚れの多い外側を拭くのがコツです。

クイックルワイパーを使っての掃除はとても簡単なので、筆者も週1でするようにしています。

【網戸の張り替え】網戸の汚れがひどい時の掃除方法

汚れがなかなか取れない時の、網戸の手入れ方法も紹介しておきます。

数ヶ月に1度することで、年末の大掃除からも解放されますよ。

用意するもの

必須
大きめのスポンジ
ガラスマジックリン
雑巾
1

スポンジを泡立てる

大きめのスポンジを水で濡らし、ガラスマジックリンをスポンジにつけて泡立てる。

2

泡を網戸にのせて拭き取る

網戸の片面に泡をのせ、軽くのばした後、雑巾を水で絞って網戸を拭く。

3

雑巾を使って網戸を乾拭きをする

乾いた雑巾で拭いて完了。

網戸に泡をのせることで細かい網目に泡が入り、頑固な汚れが落ちますよ。

【網戸の張り替え】業者に依頼したら費用はどれくらい?

【網戸の張り替え】業者に依頼したら費用はどれくらい?

網戸の張り替えをする時間がない人や、自分でするのが面倒だったり、自信がない人は、張り替え業者に依頼しましょう。

専門の業者に依頼すると、1枚あたり約2,500円から4,000円、作業時間は30分~1時間程度で張り替えをしてくれます。

網戸の張り替えを依頼できる業者はリフォーム業者やハウスメーカー、サッシ屋、建具屋、ホームセンターなど複数あるため、自分に合った業者を選びましょう。

自分で網戸の張り替えをしても、慣れていないと網戸の網目が歪んだり、張り方が弱いと緩んだりすることがあります。

専門業者に依頼すれば、そのような心配がなく、キレイに張り替えをしてくれるのでオススメです。

網戸の張り替えの予約や注文をする前に、業者に問い合わせをして料金や作業内容をしっかり確認しましょう。

自分で網戸の張り替えができないなら業者に依頼しよう!

今回は、網戸を掃除する方法や、網戸を交換する時期や、網戸を自分で交換する方法について紹介しました。

網戸の張り替えは、必要な道具も少なく、作業工程も複雑ではないので、自分でするのも難易度は低めです。

DIYが苦手という人でも、比較的チャレンジしやすいと思います。

網戸の張り替えのコツは、「網戸の四角をしっかりと固定しておくこと」これでネットが歪むのを阻止できますよ。

また、張り替えたなら、こまめに手入れもしたいところです。

汚れを蓄積させないことで、網戸を長持ちさせることにも繋がります。

紹介した手入れ方法はどれも簡単なので、週に1回月に1回など自分にできる範囲で継続してみて下さいね。

また、網戸のサッシの修理や掃除方法も紹介している記事があるので参考にしてみてくださいね。

網戸張り替え業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

網戸張替えをプロに依頼するなら

網戸張替えを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に網戸張替えの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
51 投票, 平均点: 4.41

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事