【LANケーブル】形状、芯線の違いと長さ、速度から選ぶ!LANケーブルの種類と特徴

LANケーブルを挿してインターネットを接続することを有線LANといい、Wi-Fiなど電波で接続することを無線LANと呼びます。ネットワークトラブルが続くときは、環境を変えてみるのも一つの方法です。今回は、LANケーブルの種類、選び方、おすすめの商品をご紹介します。

インターネット設定
更新
【LANケーブル】形状、芯線の違いと長さ、速度から選ぶ!LANケーブルの種類と特徴

Wi-Fiなど無線LANでパソコンを使っていると、ときどきインターネット回線がつながりにくくなることがありませんか?

Wi-Fiは便利ですが、無線LANは有線LANに比べてネット環境が不安定です。

ネットワークトラブルが続くときは、LANケーブルを使ってみてはいかがでしょうか。

ただ、市販されているLANケーブルにはいろいろな種類がありますよね。

どれを選んだらいいのか迷ってしまうのではないのでしょうか。

そこで、今回はLANケーブルの種類と選び方についてご紹介します。

形状で選ぶ方法、芯線の違いと長さで選ぶ方法、速度で選ぶ方法、おすすめLANケーブル商品もありますので、ぜひ参考にしてください。

>>プロのインターネット設定業者の一覧

【LANケーブル】LANケーブルとは

【LANケーブル】LANケーブルとは

LANケーブルとはLocal Area Networkの略で、「狭い範囲のネットワーク」という意味です。

LANケーブルを挿してインターネットを接続することを有線LANといいます。

そして、Wi-Fiなど電波でインターネットを接続することを無線LANと呼びます。

無線LANは便利ですが、壁などの障害物の影響を受けるため、より安定したインターネット環境を望むのであれば、有線LANを使うほうがおすすめです。

LANケーブルの構造は、8極8芯というシンプルな構造です。

ただし、LANケーブル製品によって素材や形状やカテゴリ(規格)が違います。

LANケーブルを選ぶ際は、素材や形状やカテゴリが自分の用途に適しているかをチェックしましょう。

次に、LANケーブルの素材や形状の違いについてご説明します。

【LANケーブル】選び方~素材や形状で選ぶ~

【LANケーブル】選び方~素材や形状で選ぶ~

LANケーブルは素材や形状によっていろいろなタイプがあります。

これから主なタイプとおすすめ商品をご紹介します。

【LANケーブルの選び方】爪折れ対応タイプ

LANケーブルは、片方の端をモデムやルーターやハブに挿し、もう片方の端をパソコンやテレビやオーディオに挿して使います。

機器に挿し込みケーブルを固定するツメ部分が、折れないよう保護カバーがついているものを「爪折れ対応タイプ」と呼んでいます。

参考商品:「バッファロー」BSLS6SU10BK2(1m)346円

【LANケーブルの選び方】ストレートタイプ

ケーブル内部の配線が同じ順番にストレートに並んでいるケーブルです。

参考商品:「バッファロー」BSLS6ANU10BL(1m)358円

【LANケーブルの選び方】クロスタイプ

ケーブル内部の配線が異なる順番で結線されているケーブルです。

以前はパソコン同士をつなぐときに使っていました。

しかし、最近はルーターやハブやパソコンに「LANケーブル自動判別機能(AUTO-MDIX)」があり、ストレートタイプのLANケーブルでも接続できるようになったため、現在はあまり使われていません。

参考商品:「グリーンハウス」GH-CBE6X-1M(1m)660円

【LANケーブルの選び方】スタンダードタイプ

太くてかたく丸い形状のLANケーブルです。
曲げづらいので直線長距離配線に向いています。

ノイズが少なく安定性に優れたLANケーブルです。

参考商品:「エレコム」LD-CTN/WH1(1m)207円

【LANケーブルの選び方】極細タイプ

スタンダードより細くやわらかい素材のLANケーブルで、曲げて使えるため、狭い場所の配線に便利です。

また、外観をすっきりさせたいときに適しています。

参考商品:「サンワサプライ」KB-SL6-01(1m)413円

【LANケーブルの選び方】フラットタイプ

別名パスタケーブルともいいます。

薄く平たい形状のLANケーブルで、カーペットなど床下やドアの下を通す際に使います。

ただ、強く引っ張ると断線してしまいますので、注意してください。

参考商品:「エレコム」LD-GFAT/BK10(1m)454円

【LANケーブルの選び方】リールタイプ

別名巻取り用ともいうタイプで、携帯用ケーブルとして外出時に重宝します。

旅行先のホテルや会議室でLANをつなぐときに便利です。

参考商品:「キャンドゥ」LANケーブルリール(1m)380円

【LANケーブルの選び方】STPタイプ

ケーブル内部の導線がシールドで保護されており、ノイズに強いLANケーブルです。

【LANケーブルの選び方】2重シールドタイプ

STPは内部の導線をひとまとめにし、その外側をシールドで覆って保護しています。

2重シールドはその内側でさらに2本ずつペアシールドで覆われているLANケーブルです。

STPよりノイズに強く、通信状態が安定しています。

【LANケーブル】選び方~芯線の違いと長さで選ぶ~

【LANケーブル】選び方~芯線の違いと長さで選ぶ~

LANケーブルの芯線には、単線とより線の2種類があります。

【LANケーブルの選び方】単線の特徴

単線は、1本の太い導線が1芯となっており、それが8芯分入っているLANケーブルです。

太くてかたいため曲げて使うことはできませんが、その分ノイズに強く通信状態が安定しています。

10m以上の長い距離に使う場合に適しています。

【LANケーブルの選び方】より線の特徴

より線とは、1芯が細い7本の導線でできており、それが8芯分より集められてつくられたLANケーブルです。

やわらかいので折り曲げて使うことができます。ただ、安定感は単線より劣ります。

5m以下の短い距離で使うのに適しており、一般家庭で多く使われているケーブルです。

【LANケーブルの選び方】LANケーブルの長さ

LANケーブルの長さはどのくらいあればよいのでしょうか。

一般家庭であれば1~2mで十分だと思います。

広い部屋のはじからはじまでケーブルを伸ばして使うときは、8~10畳程度の部屋なら5~10mあれば足りるのではないのでしょうか。

とにかく、LANケーブルを購入する場合は、必ず事前にどのくらいの長さが必要か正確なサイズを測りましょう。

そのうえで、購入するときはその長さより少し長めのケーブルを選べば間違いないです。

【LANケーブル】選び方~速度で選ぶ~

【LANケーブル】選び方~速度で選ぶ~

LANケーブルを速度で選ぶときは、カテゴリ(規格)をチェックします。

現在販売されているLANケーブルのカテゴリは、CAT5~CAT8まで7つのカテゴリがあり、CATの後ろの数字が大きいほど通信速度(単位:Gbps(ギガビッド))と周波数(単位:MHz (メガヘルツ))が上がります。

ただし、高性能になればなるほど値段も高くなるので、自分の用途にあったカテゴリを選びましょう。

では、これから各カテゴリの特徴についてご紹介します。

【LANケーブルのカテゴリ】CAT5の特徴

古いカテゴリで今ではほとんど販売されていません。

【LANケーブルのカテゴリ】CAT5e:1Gbps/100MHz/UTP(非シールド)の特徴

1m180円~という低価格で購入できますので、企業の大量導入や家庭での日常使いに向いています。

光回線はたいてい1Gbpsの回線速度で契約していますから、1Gbpsを超えるケーブルであれば一般家庭でも業務用でも問題なく使用できます。

ただし、CAT5eの場合、動画視聴やダウンロードなど大量のデータ転送をするときは速度が遅くなることがあります。

【LANケーブルのカテゴリ】CAT6:1Gbps/250MHz/UTP(非シールド)の特徴

動画をみたりネットサーフィンをするのに適しています。

速度はCAT5eと同じですが、周波数が2.5倍あり、より多くのデータを送ることが可能です。

【LANケーブルのカテゴリ】CAT6A(CAT6e):10Gbps/500MHz/UTP(非シールド) の特徴

CAT6の10倍の速度と2倍の周波数があり、大量のデータ転送と長い距離での通信が可能です。

家でテレビとパソコンを接続してオンライン動画をみたり、仕事で会議室などの広い場所に使用するときに使います。

【LANケーブルのカテゴリ】CAT7:10Gbps/600MHz/ScTP(二重シールド)の特徴

オンラインゲームをするにはCAT7以降のLANケーブルが必要です。

CAT7以降であれば途中で通信エラーが起こることなく、スムーズにオンラインゲームを楽しめます。

業務用サーバーとの接続や基幹配線としても使用されています。

【LANケーブルのカテゴリ】CAT7A:10Gbps/1000MHz/ScTP(二重シールド)の特徴

CAT7よりもより安定した高速通信が可能です。

【LANケーブルのカテゴリ】CAT8:40Gbps/2000MHz/ScTP(二重シールド)の特徴

今販売されているLANケーブルのなかで最新の規格で、最も速い速度と周波数で通信できます。

【LANケーブル】おすすめ商品を紹介!

【LANケーブル】おすすめ商品を紹介!

今までご紹介したLANケーブル以外の種類で、おすすめしたい商品を3つご紹介します。

Amazon等でチェックしてみて下さい。

【LANケーブルのおすすめ商品】ペット対策用LANケーブル

  • ブランド名:サンワダイレクト
  • 商品番号:500-LAN6AMT01
  • 長さ:1m
  • Amazon販売価格:780円

金属外皮のLANケーブルなので、動物にかじられたり足で踏みつけられても断線しにくいケーブルです。

【LANケーブルのおすすめ商品】屋外用LANケーブル

  • ブランド名:ベイキャン
  • 商品番号:cat6a-n5
  • 長さ:5m
  • Amazon販売価格:2,380円

防水・難燃・高耐候(悪天候に強い、という意味)性の被膜でコーティングされたLANケーブルです。

PoEタイプ(PowerOverEthernet、ケーブルでPoE対応機器に電力を供給できるタイプ)なので、防犯カメラなどを設置するとき電源を確保する必要がなく便利です。

【LANケーブルのおすすめ商品】自作用LANケーブル

  • ブランド名:エレコム
  • 商品番号:LD-CT6/BU100/RS
  • 長さ:100m
  • Amazon販売価格:6,156円

自分の求める長さのLANケーブルが売られていない場合は、必要な工具や部品を購入してLANケーブルを自作できます。

この商品は100mの長さがありますので、2階から1階への配線や3部屋分をつなぐなど長距離の配線に対応できます。

LANケーブルは自分の用途に応じたものを選ぼう!

今回はLANケーブルの種類と選び方についてご紹介しました。

形状で選ぶ方法、芯線の違いと長さで選ぶ方法、速度で選ぶ方法などいろいろな選び方がありますので、自分の用途に応じたLANケーブルを選んで快適なパソコンライフを楽しみましょう!

もし、接続トラブルなどパソコン関連でわからないことがあったら、自分一人で悩まず業者に相談してみましょう。

インターネット設定代行やパソコン機器の故障、修理などパソコンに関するさまざまな問題に対応してくれますよ。

まとめ

  1. 安定したインターネット環境を望むのであれば、有線LANを使うほうがおすすめ。
  2. LANケーブルの選び方は、形状、芯線の違いと長さ、速度で選ぶ方法がある。
  3. 高性能になるほど高額になるので、予算と用途に応じたLANケーブルを選ぼう。

インターネット設定業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

インターネット設定をプロに依頼するなら

インターネット設定を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にインターネット設定の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事