ハウスクリーニングって資格があるのですか?

今ではどの職業でも資格があり、中には資格がないと出来ないこともあります。では、ハウスクリーニングの資格があるのでしょうか?また、資格がないと仕事が出来ないのでしょうか? いろいろと気になることがありますね? 今回はハウスクリーニングの資格についてご紹介します。

更新日:2018/11/06
 
ハウスクリーニングって資格があるのですか?

ハウスクリーニングってどんなことをするの?

ハウスクリーニングとよく耳にすることがあります。

一昔で言うと美装屋ですね。では、ハウスクリーニングはどんなことをしてるのでしょうか?

簡単に説明するとその名のとおり家の美装で、家の全般を美装します。

様々なハウスクリーニング業者があり、美装内容も違う所はありますが、家を対象とした美装は変わりません。

ここでは家と言っていますが、ビルや公共施設などの建築物も対象となります。

主に床の掃除やキッチンやトイレといった水回りのクリーニングがよくされています。

ハウスクリーニングの資格はあるの?また、どんな資格?

気になるのはハウスクリーニングの資格ですよね?ハウスクリーニングの資格はあります。

では、資格とはどんなもの何でしょうか?

これもその名のとおり美装に関する資格で、様々な汚れに対しての美装技術や美装に関する知識を学び得られる資格です。

では、資格がなければ駄目なのでしょうか?

今では、起業するのに必要とはまだされていませんが、近い将来必要になるかもしれませんね。

また、資格がなくても業務はできます。

ただ、資格が、あることにより信頼性があり、様々な業務が可能となります。特に、公共施設や大型物件など業務の視野が広がります。

起業を考えており、信頼性や大きくしたい方は資格をぜひ取得することをオススメします。

クリーニングの天敵

ハウスクリーニングでは、建物全般が対象でクリーニングをしてもらえます。

ビルや施設などでは、窓や廊下やホールといった人の目につく場所を重点的にクリーニングの依頼などがあります。

住宅でもクリーニング業者により対象内容が違いますが、ほぼ見える所は対象となり、相談内容によれば見えにくい場所もクリーニングしてもらえます。

ただ、気をつけて欲しいのは業者にとっては荷物が一番の天敵です。

荷物があることにより、クリーニングに時間がかかるだけでなく荷物移動費として余計な出費となります。

また、紛失などのトラブルにも繋がるので事前に相談をしておきましょう。

最後に【ハウスクリーニングの資格取得について】

ハウスクリーニングの資格対象者はハウスクリーニングの業務を実務経験年数が3年以上必要です。

また、学科と実地試験があり、年間1回の受験となります。

つまりは、ハウスクリーニングのノウハウを知っていれば試験に合格して取得できるということです。

ハウスクリーニングの資格は国家資格になります。

やはり取得しておけば信頼性も高く評価されやすいので顧客も安心出来て依頼することができます。

資格取得も考えてみてはいかがでしょうか?

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms