【布団のカビ】重曹・エタノール・塩素系漂白剤を使って布団のカビを取る方法と予防対策

布団にカビが生えたまま使っていると、アレルギー性鼻炎など人体に悪影響が出る可能性があります。重曹とエタノール、又は塩素系漂白剤を使った方法で取り除いてみましょう。今回は、布団のカビを取る方法と予防対策、どうしても取れない時の対処法などをご紹介します。

マットレスクリーニング
更新
【布団のカビ】重曹・エタノール・塩素系漂白剤を使って布団のカビを取る方法と予防対策

布団にカビが生えて、お困りになっていませんか?

布団にカビが生えると、不快なだけではなく健康にも悪影響を及ぼします。

こまめに干していたつもりが、気づくとカビが・・・!
そんな経験のある方も多いのではないでしょうか?

何度も買い換えるわけにもいかないため、日頃からしっかりと対策しておきたいですね。

今回は、布団にカビが生える原因やそれによる悪影響、布団にカビが生えてしまった時の対処法、予防法などをご紹介します。

どうしても取れない時の対処法もお伝えしますので、参考にしてみて下さいね。

>>プロのマットレスクリーニング業者の一覧

【布団のカビ】布団にカビが生える3つの原因

【布団のカビ】布団にカビが生える3つの原因

布団になぜカビが生えるのか、まず原因から考えていきましょう。

布団に限らず、室内の壁や床、室内に置きっぱなしにしておいた食品等にもカビが生えること、よくありますよね。

特に、高温多湿な梅雨時には、カビが生えやすいです。

カビが生える原因は、大きく3つあります。

【布団のカビの原因】温度

一般的にカビが繁殖しやすい温度は、20~30度くらいであると言われています。

そのなかでも、25~28度が最も生育に適した温度であるようです。

【布団のカビの原因】湿度

カビ菌が活発に活動を開始しる湿度は、60%~80%以上になると一気に繁殖します。

【布団のカビの原因】栄養分

カビ菌が繁殖するために必要な栄養分は、食品(食べカス)・埃・ダニの死骸・人間の毛髪や皮脂・爪切りのカスやフケ等からも供給されます。

これら3つの要素が合わさると、一気にカビが増殖します。

つまり、ジメジメした梅雨の時期に、ムシムシしたお部屋の中で…。

掃除をしていないお布団の上で、頭をボリボリ掻きながら、スナック菓子を食べながら食べカスをまき散らしテレビを見ている…。

こんな状況で過ごしていると、カビが繁殖しやすい条件が揃ってしまいます。

【布団のカビ】布団にカビが生えることによる人体への悪影響

【布団のカビ】布団にカビが生えることによる人体への悪影響

お布団にカビが生えると、主に人体に悪影響がでます。

少しくらいお布団がカビ臭くても、まぁいいかと気にせず寝るのはおすすめできません。

カビだらけのお布団で寝ると、次のような具体的症状が現れる危険性があります。

【布団のカビによる人体への悪影響】アレルギー性鼻炎

花粉症も同じメカニズムですが、鼻の粘膜に異物がつくと、人体はその異物を排除しようとします。

そのため、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が出ます。

【布団のカビによる人体への悪影響】肺炎

アレルギーが原因で発症する肺炎のひとつを「過敏性肺炎」といいます。

特に夏に見られるのが「夏型過敏性肺炎」と言われる肺炎です。

症状は、おもに咳・発熱・倦怠感などであると言われており、診察を受けても風邪と間違われやすいことが多いようです。

【布団のカビによる人体への悪影響】気管支肺アスペルギルス症

アスペルギルスというカビの一種が体内に入って肺で増殖し、呼吸を妨げるのが「気管支肺アスペルギルス症」です。

免疫力が低下していたり、アスペルギルスにアレルギーがあったりすると発症しやすく、咳・たん・息切れ・微熱といった、喘息と似たような症状が出ます。

また、とある機関の研究により、カビ毒の一種(マイコトキシン)は発がん性があるという結果が出ています。

最近の住宅は気密性が高く、きちんと換気の計算もされていますが、電気代がもったいないとかファンの作動音がうるさいと言って、24時間計画換気システムのスイッチを切ってしまう方が結構います。

その結果、室内の空気が循環しなくなり、湿った空気が室内にこもり、布団や衣類、室内の壁や床にカビが大量に増殖しやすくなります。

【布団のカビ】布団のカビを取る方法

【布団のカビ】布団のカビを取る方法

布団にカビが生えてしまった!
でも、捨てるわけにはいかないのでなんとかカビを取りたい…。

そんな時、ご自身で布団のカビを取る方法があります。

【布団のカビを取る方法】重曹・エタノールを使った方法

用意するもの

必須
重曹水(水300mlに対し重曹大さじ1~2杯
消毒用エタノール(濃度70~80%程度のもの)
ティッシュ
タオル
スプレーボトル2個
1

カビをふき取る

水に濡らしたティッシュで、布団の表面についたカビをふき取ります。

2

重曹水を吹き付ける

カビの部分に、スプレーボトルに入れた重曹水を吹き付け、2~3分放置します。
その後タオルで叩くように拭き取ります。

3

エタノールを吹き付ける

約5分放置し、スプレーボトルに入れたエタノールを吹き付け殺菌します。

3

乾燥させる

エタノールを吹き付けたあとは、布団をよく乾燥させてください。

完了!

【布団のカビを取る方法】塩素系漂白剤を使った方法

用意するもの

必須
雑巾又ははタオル
衣料用塩素系漂白剤
バケツ
1

雑巾又はタオルに塩素系漂白剤を染み込ませる

雑巾かタオルを濡らしてから、塩素系漂白剤を染み込ませます。

2

布団のカビの部分をふき取る

漂白剤が染み込んだ雑巾もしくはタオルで、布団のカビの部分をふき取ります。

3

乾燥させる

しっかりと布団を乾燥させます。

完了!

塩素のにおいが結構強烈に発散される場合がありますので、きちんと換気しましょう。

小さなお子様やペットがいるご家庭は、舐めないように注意してあげて下さいね。

【布団のカビ】布団にカビが生えるのを防ぐ方法

【布団のカビ】布団にカビが生えるのを防ぐ方法

布団のカビの取り方をご紹介しましたが、どうしても取れない場合もあります。

やはり理想的なのは、布団にカビが生えるのを防ぐことですよね。

そこで、布団にカビを生やさないようにするために、日ごろ気をつけたいことや習慣づけたいことを3つご紹介します。

【布団のカビの予防方法】室内を換気する

室内に湿気の多い空気を滞留させたままにしておくと、カビが生えやすくなります。

定期的に窓を開け空気を入れ替えましょう。

窓の配置と部屋のレイアウト上、空気の入れ替えが上手くいかない場合は、扇風機などを使って空気を動かすのも有効です。

ただし、梅雨時で高温多湿な状況下で窓を開け空気を入れ替えようとすると、却って湿気を家の中に呼び込んでしまうこともありますので、外気温と湿気の状況を確認してからにしましょう。

【布団のカビの予防方法】布団を毎日上げる

布団を敷きっぱなしにして上げない、いわゆる「万年床」は、カビやすくなります。

布団に寝汗や皮膚のカス、頭髪などが付いたままで放置しておくと、カビが繁殖する要素がすべて揃ってしまいます。

面倒でも、布団は毎日上げるようにしましょう。

【布団のカビの予防方法】布団を干す・クリーナーをかける

天気が良い日を見計らって、布団を干しましょう。

カビ菌やダニを死滅させるには、お日様が有効です。

また、布団を軽くはらうことにより、埃やダニ、カビの胞子を排出しましょう。

最近テレビショッピングなどでもよく紹介されている布団専用クリーナーや布団乾燥機も効果的です。

【布団のカビ】どうしても取れない時の対処法

【布団のカビ】どうしても取れない時の対処法

布団のカビがどうしても取れない、もう自分では手に負えないという場合は、以下の2つの選択肢があります。

  • 諦めて新しいものに買い換える
  • 布団クリーニングの業者に依頼する

【布団のカビが取れない時の対処法】新しいものに買い換える

カビが取れないだけではなく、長年の使用により、なんだかふんわり感もなくなっている…。

そろそろ買い替え時かな?という場合は、自治体のルールに従って捨てて下さい。

他にも捨てるものが沢山ある場合は、不用品回収の業者に依頼するのも1つの方法です。

新しい布団を買ったら、ご紹介した予防法でカビが生えないように丁寧に扱いましょう。

最近は、比較的安い値段で良質のものも増えていますし、丸洗いできる布団も販売されているので、色々探してみて下さいね。

【布団のカビが取れない時の対処法】布団クリーニングの業者に依頼する

町のクリーニング店や布団のクリーニング専門業者など、プロにお願いすることで、カビのない爽やかな布団に戻すことが可能です。

お店によってクリーニングの方法が様々で

  • 洗剤にこだわりがある(合成洗剤ではなく石鹸で洗う等)
  • 乾燥させるときに布団の綿や羽毛を傷めない方法で行っている
  • 乾燥時に銀イオンを使う

など、各社様々な工夫を凝らしたサービスを提供しています。

また、布団をいちいち業者の所へ運ばなくても、宅配サービスを提供している業者や、お客様のご自宅まで引き取りに来てくれる業者もありますので、非常に便利です。

ここで気を付けたいのが、ご家庭を訪問し「無料布団クリーニングサービス」を謳う業者です。

無料であなたのお布団を洗う?

これだけで怪しさ満点なのですが、その裏には「このお布団は洗ってももう元には戻らないですので、どうせだったら最上級の一生使えるお布団に替えませんか?」という訪問販売の布団販売業者である可能性が非常に高いのです。

筆者も独身のときにこの業者さんが現れ、家に上がり込まれた挙句お布団を持っていかれそうになり、新人営業マンの泣き落とし営業トークを聞かされる羽目になりました。

勿論、買いませんでしたが、皆様もくれぐれもご注意下さい。

布団のカビ対策をしっかりして気持ちよく眠ろう!

今回は、布団にカビが生える原因、取り方と予防法、どうしてもカビが取れない時の対処法をご紹介しました。

布団のカビは、単に臭くて気持ち悪いだけではなく、健康に悪影響を及ぼす危険性があります。

普段から予防対策をきちんと行って、気持ちの良い布団でぐっすりと眠りたいですね。

自分では手に負えないカビが生えてしまった布団でも、プロの業者なら綺麗に取り除ける場合があります。

諦める前に、付加価値が高いクリーニングサービスをしてくれるお店に問い合わせてみて下さい。

まとめ

  1. 温度・湿気・栄養分という布団にカビが生える条件が揃うと増殖してしまう。
  2. 布団にカビが生えたら、重曹とエタノール、塩素系漂白剤を使って取る方法を試してみて。
  3. 布団にカビが生えないように3つのことを心がけよう。
  4. どうしても布団のカビが取れない時は、捨てるか専門業者に依頼してみよう。

マットレスクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

マットレスクリーニングをプロに依頼するなら

マットレスクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にマットレスクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください